<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

やっぱり「若大将」加山雄三さん

d0031853_1052864.jpg
テレビに、加山雄三さんが出演していました。
年をとって少しお肉がついていますが、今も、元ワイルドワンズのリーダー、加瀬邦彦さんがオーナーのライブハウスで月1回ライブをやっているそうです。
ファンとの交流会では、何度もコンサートに行ったファンからの抽選で、光進丸に乗せてのクルージングと、自作のお料理を振る舞い、最後に弾き語りのサービスも。
 先日倉敷市民会館でライブがあったときには、放送局勤務の友達からタダで券をあげると言われたのに、日曜夕方のことで、夫が趣味でなく行かないというので、泣く泣くあきらめたのでした。(これが平日だと?夕食を作りおいて一人で出かけた、かも・・・)
 
 やっぱり若い。
 高校生時代の若大将、今も若大将。
 高校生の頃、音楽の部活をやっていて、たまたま同級生があの「君といつまでも」を歌いだし、他の人は皆知っていたのに、私だけ知らなくて大恥、悔しい思いをして、その後気をつけて歌番組を見たり聞いたりすると、まあ、この加山雄三さんって、売れっ子だったんですね。
 それから、私もウクレレを手に入れて、コードをいくつか覚え、「お嫁においで」とか「アロハ・レイ」なども弾けるようになりました。
 それもこれも、高校時代に憧れの君だった人に少しでも近づきたいと思ったからかもしれないです。
 若さを保つ秘訣、それはいつまでも夢を追い続けること、かな。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-30 10:58 | ニュース | Comments(1)

偶然見たテレビ番組

昨日も今日も、なぜか郵便局と銀行に用事があり、午前中のほうが混まないかと、出かけました。いつもの小さな郵便局には、壁掛け型のテレビがあり、NHKの番組が流れていて、記入したりしながら音だけ聞いたり、見るともなしに見て、用事が終わればさっと出るのが常なのですが・・・
d0031853_1615712.jpg なんと、夜にやっていると聞いていてまだ1、2度しか見たことがなかったシニア向けパソコン講座(パソコン出直し塾)の再放送をやっているではありませんか。d0031853_1624411.jpg「おしん」子役の小林綾子さんがアシスタントで、シニアの受講生が学校机の前にご夫婦で何組か、神妙な顔つきで座っていました。d0031853_1632288.jpg
 昨日は、パソコンを買い換えるときに見るべきスペックの説明でしたが、(NHKでインテルとかの会社名はいえないだろうし、どうするんだろう?)等と疑問に思いながらも、じいっとその狭い場所で見入るのも気恥ずかしくて、急いで家に帰って点けましたが、やはりもう終わりに近くて見逃しました。

 そして今日も。息子に頼まれた用事ができて、またしても同じ時間帯に行って、小林綾子さんが映っていました。あー。
 今日はトラブルを自分で解決できますか、という問題でした。
 トラブルが起こった画面をプリントスクリーンで保存して、それをそのままコピーしてグーグル検索などにかける、などということでした。ふーん。自分だけわかっているようでも、人に教えるというのはなかなか難しいものです。ゆっくりながら、さすがNHK、押さえどころをきちんとやっていらっしゃる、などと感心しながら、ベンチに座って、手続きが幸い?長くかかったので昨日よりはじっくりと拝見。
 3人がけの席の端っこにかけていたのに、お隣の2人のお連れみたいな人が私とその2人の間にお尻をねじ込んできて、あー、これって都会の電車の席取りみたい、などと思いながら、その人たちの声高なおしゃべりにかき消されそうになるテレビの音声を一生懸命聞いていました。
(この人たち、パソコン操作はお手の物なのかなあ、それとも、全く触ったことがなくて興味がないのかなあ?)と考えながら。どっちなんでしょう??
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-29 15:02 | 日常 | Comments(1)

バトンを渡されて

miduki0902さんからバトンをいただきました。
ドンくさい私は運動会の花形、リレーの選手などにはなったことがないのですが、パスされたので回答することにします。

【1 回してくれた方の印象をどうぞ 】
・・・きっちりと仕事をこなす人。
言い訳しないでキチンとこなすのが偉い。
 
【2 周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください】
・・・1.家事がこなせる主婦   (もちろん美しい誤解です)
  2.お料理上手??      (おなじく)
  3.文書作成を気軽に頼める  (使えるものなら使ってやれ、と)
  4.まじめ              (つまり要領がよくないとも。)
  5.それほど頭はシャープとはいえない  (本当にシャープな人から見るとかなりドンくさい)

【3 自分の好きな人間性について5つ述べてください。 】
・・・1.誠実な人 (よそ目には損をするのにとわかっていてもまっすぐな人って尊敬します)
  2.努力する人 (泥んこの作業着など着ていて実直に一つずつ積み重ねるような人)
  3.思いやりのある人
  4.時には力が抜ける人
  5.自分の置かれた立場をわきまえている人

【4 では反対に嫌い(苦手)なタイプは? 】
・・・1.できない理由ばかり並べる人
  2.目標から逃げる人
  3.その場の空気が読めない人
  4.自分にとって正しいと信じることを人に押し付ける人
  5.好き嫌いを言わずにあなた任せな人

【5 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?】
・・・坂本竜馬>まだ見ぬ理想の日本を夢見て努力した過程
  未完に終わってもよいから前向きに生きたい

【6 自分のことを慕ってくれてる人に叫んでください。 】
・・・(そんな人がいるんだろうか?)
  「どうもありがとうございます。
  私はあなたが思っているほど立派な人間ではありません。
  けっこうグータラな怠け者かもしれません。
  できる範囲でだけ誠実でありたいと願っています」

【7 そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(印象つき) 】
・・・渡されてご迷惑とは思いますがよろしく>
 1. 私にパソコンの楽しさを教えてくれたお師匠様 
 2. 定年になりブログに興味をしめしているお兄様
 3. 花とパソコン大好きな主婦のかた 
このくらいでご勘弁を・・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-27 03:28 | その他 | Comments(1)

あじさい寺―美作市大聖寺をたずねて

d0031853_14223372.jpgここが美作市のあじさい寺、大聖寺です。
ここへは津山からカーナビを頼りに行ったのですが・・・・


d0031853_1423366.jpg「ここから先は狭小のため大型車通行不可」とあり、山ならそういうこともあるさ、と先へ進んだら、左は深い谷底、道幅は車の幅だけ、深い山、通行車両は私たちだけ。「こんなところに観光地のアジサイ寺があるの?これではお客も行ってないよね」と、勇気を振り絞っての運転でした。
カーナビっ。怒るぞ!!



もらった領収書の端っこのほうに以下の注意書きあり(時すでに遅し、でしたが、以後行く人のために)
「当山は兵庫、岡山両県境に位置するため、カーナビゲーションが、旧道を案内する場合があります。旧道(中西~大聖寺線)は幅員が極めて狭く大変危険です。
岡山県側(作東インター、美作インター)からは県道5号より豊野~大聖寺線を、兵庫県側(作用インター)からは、県道124号より才金(さいかね)~大聖寺線をご利用いただきますようお願い申し上げます。その他、詳細はご遠慮なくお尋ね下さい。大聖寺0868-76-0001  」


山門脇にあった沙羅の木に白い花が。      本堂の奥のお庭の泉水の岩には岩藤が。
d0031853_1426255.jpgd0031853_14265351.jpg

d0031853_14292516.jpg
お寺の住職さんが京都の御所に年2回通うために使用したというおかご。前2人、後ろ2人で担いで、8日かかったそうです。


d0031853_14305334.jpg
d0031853_14311287.jpg


d0031853_14315695.jpgd0031853_1432960.jpg


d0031853_14351574.jpgあじさい園地は、「農業生産法人 緑化倶楽部」の人々によって守り管理されているのでした。


d0031853_14361353.jpgこの日は、阪急航空のヘリが遊覧飛行をしており、帰り際に飛び立っていました。ドクターヘリとしての利用があるそうです。







詳しくはメールマガジン Weekly KURASHIKIに書きました。
よろしければ上記のリンク先「まぐまぐ」の登録画面からバックナンバーをご覧になったり、登録をお願いします。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-25 14:36 | おでかけ | Comments(6)

ロシアのみやげ話を聞いて

d0031853_17125751.jpgロシア旅行のお土産をいただきました。かわいい「マトリューシカ」です。
以前北海道の稚内に行ったときにもサハリンが近いからか見かけたことはあったけど、こうして実際に中身を取り出して並べてみると、なんとも愛らしく、素朴なお人形です。

彼女いわく、「ロシアのトイレはペーパーが雑なせいか、流せなくてそばの容器に入れるようになっていた」・・・ふむふむ、先日私が行った中国の東莞市でもペーパーを流せたのは5つ星ホテルだけで、容器に入れるのが普通だったような気がします。
「おみやげだって、どんなに高いものを買っても、ポイポイと雑な袋に入れるくらい、何も包んでくれないんです」 日本のデパートの過剰包装や、レジ袋をくれて当たり前のスーパーで慣れているのは贅沢だとは思うけど。
「食べ物も皆甘すぎたり、カロリー過剰だったりするんですよ、だから若い人はスマートでも、中年だとどーんと太っていて」・・・ロシア人は体脂肪がたまらない体質なんだろうか?あの寒さに耐えられるだけのカロリーを摂取しないといけないんだものね。
「田舎と都会の格差も大きくて、田舎の家などは本当に貧しそうだった」・・共産主義の国で皆平等ではなかったのか? 「国が何とかしてくれるという思いがあったからか、サービス精神なんて全然なくて、愛想がとても悪かった」・・・本当に、日本の店員さんなどは愛想もいいし、サービスも時には過剰なくらいよくて当たり前。

 ということで、結論としては、やっぱり日本が一番!!
それと、日本人は贅沢だ、と言うこと。
色々と考えさせられたみやげ話でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-23 17:25 | しみじみしたこと | Comments(0)

先制ゴール! ・・・だけど

先制したときはわーい!!
だったんですけどね。

 まさかというか当然と言うか。。。

 相手はブラジル。
 やっぱり、やっぱり強かったですね。

弱い日本だからと言って決して手を緩めず、叩きのめしに来た。
手心を加えるなんてことは無かった。

d0031853_916588.jpgやっぱり日本は実力が全然違った。
これが勝負、強いものは強い。
ブラジルに負けないように力をつけてまた行くしかないでしょうね。中田、よくやった。d0031853_652681.gif
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-23 06:05 | 興奮したこと | Comments(1)

ブラジル戦目指して早寝早おき

このところあまり寝てなかったので、昨日こそ珍しく10時に寝ました。そして3時に起きました。
 もちろんサッカーワールドカップの日本・ブラジル戦を見るためです。
私が? ・・・やっぱり向こうのブラジルの選手を見てみたいという野次馬根性のたまもの。
ロナウジーニョたちのすごいと言う動きを見てみたい、と言うひたすらそれです。
さーて、どうなることやら。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-23 04:03 | 日常 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」110号ができました

d0031853_17395183.jpg
今回はキャノンのプリンターのインクがなくなり次第、新しく買ったエプソンの複合機に乗り換えようとしているときの最後のインクということもあって、ちょっと薄めの印刷になっています。
 トップは、次男の誕生日のこと。ところが、次男の顔写真がなくて、昨年の11月のもの。夫とお出かけはあっても夫とのツーショットはあまり写してないみたいに、案外身近な人の写真って撮ってないものだなと気付きびっくりでした。孫ばかり撮っている場合じゃないわ。
 次には庭木が増えた話題、私の曾祖母97歳を訪ねた話題、新車購入(と言っても自転車)の話題、孫が三輪車をこげるようになったと言うものなど。

 こうして新聞にしておくと、あの時、あれをしたのはいつだった?と聞かれてもすぐわかるというものです。何もしないと、こんな日常はたぶん流れ去ってうずもれていくのでしょうね。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-22 17:45 | 家族新聞 | Comments(0)

高知の日曜市とお城、一豊の妻の銅像

d0031853_38134.jpg高知へ行ってきました。高知市の中央公園地下駐車場に車を止め、昼だったので・・・高知市の商店街です。この通りをまっすぐ行って右に曲がったところにあるのが



d0031853_384426.jpgd0031853_39306.jpg


「司」という土佐料理の店。            たたき和定食 1,800円です。
店員さんは和服で応対。           


d0031853_3144025.jpg大通りにそって日曜市のテントが延々と続きます。農家のおばあちゃん達が、自家生産の農産物などを売っています。この季節はかんきつ類の「小夏」やらしょうが、青梅、ラッキョウの皮をきれいにむいたの、花や苗、植木、それに土佐刃物、海産物の乾物、手作りの衣類や小物類などなど。


d0031853_3194844.jpg
d0031853_3201840.jpg 


土佐藩主山内一豊の騎馬像です         国宝高知城の大手門とはるかに天守閣。

d0031853_321640.jpg

「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助像


d0031853_3214515.jpgおりしも大河ドラマの「功名が辻」が放映されている山内一豊の妻と名馬の像。この馬、とても足が太いと夫が言うんですが、甲冑をつけた武士を乗せるんでは、丈夫な足が要ったのよ、と私。昔だからサラブレッドがいたわけでなし、たぶん農耕馬に近い種類だったのでは?


d0031853_324264.jpgお城のふもとでは、「土佐二十四万石博」が平成18年4月1日から19年1月8日まで開催中。大河ドラマ館ではNHK大河ドラマ「功名が辻」の撮影で使用した鎧や衣装を展示しています。大人1人500円。(時間がなくいけなかった)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-19 03:36 | おでかけ | Comments(4)

藤城清治 光と影の世界展 を見に行きました。

d0031853_2347467.jpg雑誌『暮しの手帖』に長年影絵を掲載されていた藤城清治さんの展覧会をしているとのこと、17日(土)に夫の用事に同行して帰りに一緒に寄りました。
 長年愛読している暮しの手帖で見覚えのある影絵なのでとてもなつかしい感じがしました。花森安治さん亡き後のしばらく、表紙画も担当されたそうで、これまたなつかしい見覚えのある絵がありました。
 影絵の図柄としては、おなじみの小人さん、それに印象深かったのは木の葉。細かく1枚1枚の木の葉を切り出していて、全体の木の枝がうねるように波打っている様子が、大変な作業だろうに、全体で1本の木としてまとまっているのがすごかったです。
 また、今回の展示にはなかったのですが、ミュージアムショップで手に入れた絵葉書に、これまでの暮しの手帖の童話のなかで一番好きだった話の挿絵がありました。


d0031853_23552819.jpg

これは「クリスマスの鐘」と言うお話です。
うろ覚えですが、以下に書いてみます。
貧しい羊飼いの少年が、働いて1枚の銀貨を報酬にもらいました。たった1枚の銀貨をもって、クリスマスに町の教会に出かけた少年。
 町の教会の鐘は、その年一番すばらしい貢物に対して鳴るといわれていて、大金持ちが多額のお金を積み上げるのですが、ことりとも鳴りません。
そんなとき、この貧しい少年が、金銀財宝の積み上げられた大聖堂の前に進み出て、自分のたった1枚の大切な銀貨をそっと乗せたところ、その鐘が高らかに鳴り響いた、と言う物語です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-19 00:01 | おでかけ | Comments(0)