<   2006年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

鯉が窪湿原(岡山県新見市哲西町矢田矢田谷)

d0031853_018312.jpg

 暑かったですが、夫がテレビで見て、ぜひ行ってみたいというので、鯉が窪湿原に行ってきました。お出かけ日記の材料に。
 倉敷からだと、全行程が約106km、倉敷インターから岡山道、北房ジャンクションから中国縦貫道へ入り、大佐サービスエリアで昼食。ここは岡山プラザホテル経営のレストランが入っていてメニューも豊富。「ふるさと定食」850円では、炊き込みご飯、豚汁、キスの天ぷらなど。
サービスカウンターで地図をもらうと、新見インターからだと22km、その次の広島県の東城インターからだと9kmと言うので、東城インターまで行って9km一般道を引き返しました。
  管理棟が以前行ったときの小屋に比べ、立派になっていて驚きました。入場料200円を払って入ると・・・


オグラセンノウ              サワギキョウ          ジュンサイ
d0031853_0231511.jpgd0031853_0235147.jpgd0031853_024835.jpg


コバギボウシ               ビッチュウフウロ         ヒツジグサ
d0031853_0513448.jpgd0031853_0515237.jpgd0031853_052978.jpg


エゾミソハギ                クサレダマ            サギソウ
d0031853_053820.jpgd0031853_0532851.jpgd0031853_0534645.jpg







 この中にはかつて大陸と地続きであった頃のなごりで、ここ鯉が窪と北九州と朝鮮北部にだけある貴重な植物もあるそうです。山野草として掘り取っていって我が物としたり、商売にするなどもってのほか。大切に、この場所に来て探して鑑賞してもらいたいものだと思います。



d0031853_0551055.jpg

湿原というだけあって、ため池の周り2,4kmほどを1時間半かけてゆっくり歩きました。木立の間からヒグラシのなんともいえないカナカナという声が聞こえてきて、同じセミの仲間でもアブラゼミみたいな暑苦しい声と違い、優雅でした。
コースの半分ほどは、このような木道になっていて整備されています。


d0031853_0581454.jpg

1号橋から9号橋までだったか、池の周りをこのような橋を渡りながらいくと、上のような様々な野草が咲いていました。


中国縦貫道の東城インターまでの帰り道に 、若山牧水の歌碑があると聞いて立ち寄りました。牧水が早稲田の学生だった頃、宮崎の郷里に帰省する途中に旅してこのあたりで詠んだのが、あの有名な「幾山河 越え去りゆかば さびしさの はてなむ国ぞ けふも旅ゆく」だったとは、初めて知り、まさか岡山県だったとは、とびっくりでした。奥さんと、息子さん親子3人の歌碑がありました。
d0031853_14099.jpgd0031853_151215.jpg









この日の様子は、メールマガジンWeekly KURASHIKIに、「Keikoのお出かけ日記(218)鯉が窪湿原・・」として書きました。よかったら上記リンク画面でメルマガ配信登録できます。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-30 00:53 | おでかけ | Comments(9)

鶏肉のはちみつ煮とモロヘイヤの和え物、かぼちゃスープ

今夜のメイン、鶏肉のはちみつ煮は、倉敷友の会の「鍋帽子レシピ集」から。鶏もも肉をしょうゆとはちみつで8分煮てから鍋帽子をかぶせ、半日おきます。朝作って鍋帽子をかけておくと、出かけて帰宅するとメインはもうできていました。じっくり味がしみこんでいて、柔らかでした。

鶏肉のはちみつ煮       鍋帽子(倉敷友の会友愛セールにて)
d0031853_22322347.jpg
d0031853_22324148.jpg


今夜の夕食献立・・・うちではポタージュでもおわんで飲むことが実は多いです。スープ皿に入れると、お箸をスプーンに持ち替えるのが面倒なのと、おわんから飲むの方が飲み易いせいもあります。
d0031853_2234143.jpg

これは「モロヘイヤとホタテのからし和え」を、ホタテがなかったのでツナ缶で作りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-29 22:34 | 外食 | Comments(2)

夏のヘルシー献立

夏野菜をたくさんいただきました。その中から、今夜の予定の献立にモロヘイヤスープを作ることにし、レシピを探すと、鶏肉だのにんにくだのが入るのがエジプト風だとわかりましたが、使わずに簡単そうなレシピを探し、作ってみました。

レシピは4人前。ちょっと少なめかな?1人それでもお玉に2杯分になりました。涼しく見えるように、サラダのガラス蜂に入れて冷やしました。
d0031853_20595255.jpgd0031853_217177.jpg






ちなみに今日の献立はかなりヘルシー。他に、チンゲンサイとちりめんじゃこ(かまあげ)のお浸し、冷奴(たまねぎ、かいわれ、おかか)、生春巻き。油っけといえば、スープの種にたまねぎをいためたときの油くらい。 
 スープは大変おいしゅうございました。
チンゲンサイは根元の分厚い部分は斜めに細く切ります。あの分厚い部分、中華のときはいいのですが和風に使いたいときにゆでてから細く斜め切りすると、青物がないときに丈夫なチンゲンサイはかなり使えると思いました。
春巻きの皮は、外国の食材専門店に行ったときに30枚くらいあるのを買ったので。中身はビーフン、しゃぶしゃぶ用の豚肉をゆでて細切りにしたもの、エビ、かいわれ、大葉、サニーレタスなど。
 それにしても、写真を撮るのに何の飾り気もない地味な料理。もうちょっと見た目をよく盛っとけばよかったなと反省。こんながさつな私です。
d0031853_2111845.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-28 21:12 | 外食 | Comments(12)

蝉の抜け殻発見!

やっと青空
kurakuraさんが、長靴に抜け殻発見、とあったのですが、我が家はまだだなと思っていたら、今朝、水やりの時に発見しました!
背丈くらいの山茶花の、そのまた一番下の枝につかまっていました。


d0031853_13403387.jpgd0031853_1341865.jpg









★ 梅 雨 明 け ~!かな? ★
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-28 13:46 | 日常 | Comments(2)

ご苦労様、作業着

真夏の照りつける日差しの今日のような日は、上はダンガリーのこのブラウス。
d0031853_1771131.jpg
もちろん綿100%、透けない、日差しがあるときにはぐんと涼しい。これはまだ子どもが小学生だった頃には運動会に、廃品回収にと、野外活動はほぼすべてこれ。愛用してきて、しかも1着あれば充分、と他には買わず、ずっとこれ1枚きり。
 真夏の畑には、誰も来ないのをいいことになんとこれ1枚でノーブラ(!)でいたことも。これが体に日陰を作ってくれるという感覚です。考えてみたらもう20数年になります。愛着のある1枚です。

それは、ラベルが「グリークラブ」、     もう襟とか袖口が擦り切れて
私の学生時代へのノスタルジー。    全体にもくたびれてきました。

d0031853_17122952.jpgd0031853_17115234.jpg






とうとう次を買う時期が来たようです。
長い間ご苦労様、と言いたい愛着ある1枚の話でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-27 17:13 | 日常 | Comments(3)

ご立派、日野原重明先生

d0031853_059199.jpgたまたまNHKの番組を25日夜見ていたら、日野原重明先生がゲストでした。そのときはNHK教育で「趣味悠々」のブログを見るためにつけたらNHKに日野原先生。で、リモコンでその二つを往復しながら見ていましたので、どちらも全部は見ていないのですが・・・
 以前岡山で講演会を聞いたときに、1時間くらいでしたが立ちっぱなしでプロジェクターを使って、論旨もしっかりしたお話、しかもその時すでに92歳だったのに、「来年は小澤征爾氏と組んで講演と演奏の会を広島でします」とおっしゃって、内心(92歳にして来年の大きなイベントなんて計画しているとは)と驚いたものです。
 それから2年、その行事ももちろんちゃんとこなされて成功されたようですし、あれから文化勲章も受章されるなど、ご立派。多忙な日々を送っておられるご様子。
 
 番組で印象深かったのは、同時に文化勲章を受章した森光子さんからのクイズ。彼女に何かを贈ったけれどそれは何か?と言う問題。
 答えは「10年日記」だそうです。森光子さんも今年で86歳。その彼女に10年日記とは、と驚きますが、先生ご自身も10年後に彼女の日記を見るために生きています、とのことにまたびっくり。
 日記をつけることは脳の活性化にとてもいいそうです。森光子さんも、きっと毎日つけて、日野原先生のご期待に沿うように努力するに違いありません。

 実は私もその10年日記を手に入れて、2年目を書いているところ。ぜひこのお2人にあやかれるように、1日たったの3行なので、頑張って書き続けたいと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-27 01:09 | 新聞・テレビから思う | Comments(5)

夏野菜もそろそろ終わり

6月末から、最盛期には1日8本くらい取れていたきゅうりも、もうそろそろ終わりになりました。畑、といってもたったの畳2枚分くらいですが、庭先の私の菜園です。
d0031853_123633.jpg


 
最後になるかもしれない今日のきゅうりと               トマトはこんなひどい状態。d0031853_1273495.jpgd0031853_1254423.jpgd0031853_126864.jpg  


生ゴミの中から生えてきたかぼちゃは、先に1個取ったのに加えて・・・
d0031853_12162332.jpgd0031853_12164094.jpgd0031853_12165949.jpg


なんと!合計4個も取れる勢い。初めての経験~。かぼちゃは転がしておけば冬まで日持ちするらしいので、大収穫。
しかし先の1個は焦って早く取りすぎたので未熟かもしれません。かぼちゃの収穫時期を誰か教えてくださ~い。

                             
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-25 12:19 | 菜園 | Comments(8)

パンチのつぶやき?

d0031853_11081.jpg生まれてこの方、お友達も恋人?もいないで過ごしたパンチ。つがいにして増えても困るし。独房で1人物思いにふける囚人か?
d0031853_114488.jpg

 ときには三つ指ついてご挨拶・・・・しているかのようなこんなポーズをとっていることも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-25 01:06 | うさぎ | Comments(0)

キューちゃん漬け


雨でちょっと畑の様子を見ないでいたら・・・こーんな巨大きゅうりが・・・・1本だけで約1kgありました。
d0031853_12223517.jpg
そこでキューちゃん漬けを作ることにしました。私は「クックパッド」でレシピを頂きました。


きゅうり1kgを丸のまま                          しっかり絞ります。洗濯機
熱湯に2分つけます。                           の脱水機能を利用する人
巨大なので鍋の大きさに。      さめたら3mm厚さに     もいるそうですが、私は   
(このときは茹でません)↓     切ります ↓           布巾に包み手で絞りました↓

d0031853_12242558.jpg
d0031853_12254388.jpgd0031853_1228166.jpg


しょうゆ2分の1カップ           
砂糖80g、酢大さじ2
みりん大さじ3、生姜の千切り
たかの爪1本を煮立てます↓  よく絞ったきゅうりを入れて・・・↓  ふたをして2分煮ます。↓


d0031853_12355931.jpgd0031853_12361575.jpgd0031853_12363738.jpg


                    すっかり冷めると色が      巨大きゅうりもこのくらい
2分後にふたを取ったところ↓  しみてきています↓       の分量になりました↓


d0031853_12402038.jpgd0031853_12405036.jpgd0031853_12413133.jpg
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-24 12:47 | 外食 | Comments(8)

初ETC、日生漁港の五味の市へ



d0031853_1383165.jpg私の愛車にもETCがつきまして、初めて高速道路へ乗りました。和気インターで降りるときの写真です。両側の腕木がバッと開いて、料金が電光掲示。それだけ。暑いとき寒いとき窓を開けて、小銭を落とさないように気を使いながら受け渡しする手間が省けます。
 その代わり、初めての所で道案内してもらうこともできなくなりました。それはちょっと困ることも無きにしもあらず・・・


d0031853_1414046.jpg

土曜日午後2時ごろとあっては、日生漁港の五味の市もこんな有様。中は?


d0031853_143845.jpgやっぱり少しだけしか店開きしていなかったのですが、お魚の種類は、カキばっかりだった冬の頃に比べると、ベカ、エビ、小アジ、アナゴなどがありました。
 夫が自分で好物のベカを買い(1山500円)、私はいずれバラ寿司に入れるのに冷凍しておこう、と、アナゴ(15匹くらいで1,000円)とエビ(1山500円)を買いました。両側の売り場のどっちから買おうかと少し悩んで年配のおばちゃんの売り場にしました。アナゴ2本おまけしてくれました。


d0031853_1483887.jpg
1匹ずつ丁寧に頭とはらわたを取って処理した小アジも、南蛮漬けにしたらおいしいんですが、この日の下処理の手間と時間を考えるとこちらはやめときました。でも惜しかったかな。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-23 01:55 | おでかけ | Comments(4)