<   2007年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

年末家事のあれこれ

 今年は28日にパソコン講座があったので、おせち料理の準備が1日分遅れました。
 毎年、横着になり、新しいことをするのが面倒で毎年同じ事ばかりしています。しかし年々御節をセットで買うような風潮になっているのにはほぼ専業主婦としては抵抗があり、半分くらいは生協で購入するものの、できる限りは作ろうと悪あがき???しています。
 28日は黒豆を仕掛けて、きんとんにする鳴門金時をあくぬき、それに夜中になってから紅白なますを作りました。ちょうどゆずをいただいたので、グレープフルーツナイフでゆずの中身をこそげて噐にしてなますを入れるつもり。絞り汁はなますの酢に入れました。
 29日はきんとんを作ったりしいたけ、こんにゃく、梅花人参、たけのこ、里芋などを小さな鍋で1種類ずつの煮しめをしました。それにもらい物(生協で買ったのに)の数の子を塩出し。
途中台所に来た次男に「おれ、きんとんがあったらほかはなんでもいい「」といわれ、「もう作った」と言うと、「へ、作ったの」
 また、まだきんとんの芋を煮ている最中に義妹が生協の品物を取りに来て、義母から譲られた馬の毛で作った本格的な裏ごし器を貸して欲しいというので、うちが終わったら貸し出すことに。くちなしの実もだいぶ前にいただいて乾燥していたのがあるので、まっ黄色のきれいなのができました。

煮物をしながら傍らではこだわりのチキンカレー作り。玉ねぎをたぬき色(狐を通り越して)に炒め、にんにく、しょうがも加え、小麦粉やカレー粉をいれ、りんごと人参を摩り下ろして加え、自家製のチヤツネも加えて、チキンと、そのいためた油の後で別にくし型に切った玉ねぎを加えたもの。
 食べた息子たち、「2段熟成の普通のカレールーでよかったのに」だそうですが。日ごろメタボな夫のためにカレーは作らないのですが、たまには、と作ってみましたけど。
日ごろは口が痛いと刺激物はたべられないおばあちゃんにも言ってみたら、「カレーは何年も食べてない」と言いながら食べに来て、「昔伯父(夫の兄)さんにカレーのとろみは玉ねぎを炒めて出すんだと教わったわ」とか、色々と講釈をしていました。講釈はいいのですが、私の作ったものを否定するかのような物言いにはちょっとカチンと来て、「お母さんの作ったのを食べてみたいですね」なんてつい言って「とてもできないわ」と言うことに。年寄りだからとわかってはいるのですが、頑張っているのを否定されるのはやっぱり穏やかではありません。
 この日のテキストとした婦人之友社の「会食の日の献立」の本を見せたら興味深げに見ていました。また見せてねと言われ、あら、随分意欲的だわ、と感心。
 (なんと翌日、「ひとり分の食事作り」の本を本屋で取り寄せてもらったのが届いたから、と見せてくれました。義母、87歳、自分でこれからも炊事する意欲満々です。現実はどうあれ、意欲を持つのはいいこと、と思うべきか。)

 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-31 04:53 | 日常 | Comments(2)

年末の忙中閑あり


d0031853_402849.jpg足の踏み場も無くて日ごろ「掃除しなさい、片付けなさい」と口を酸っぱくして言っても変化なかった息子2人の部屋でしたが、年末30日になって、協力してせっせと大掃除をしていました。束ねた雑誌類やら大型ゴミ袋4,5杯分のゴミを運びおろしてきて、見違えるようになりました。(ゴミは来年に持ち越しですけどね。)
 しかし次男いわく、「お母さんは?」・・・・おせち料理の準備などで掃除どころではなく、11月中に窓拭きと、先日の最寄会のために居間と食事室を片付けたのがそれと言うことか。
 洗濯物を引き出しに仕舞いに言ったら、私の下着の引き出しが閉まらないくらいにあふれかえっていたので、せめてその引き出し1個分くらい片付けよう、と全部出して整理しました。あるわあるわ、生協でカタログを見るとついつい買ってしまうものの1つが下着、特にブラジャー。消耗もするのですが、ノンワイヤーで楽そうなものを見かけると注文してしまうのでたくさん。それにソックスやストッキングの類。昔のものは伸縮も効かなくなったり履き心地がよくなかったりするのでだんだんと残ってしまっています。
 日ごろだと時間が無くてほったらかしなので、年末休みの今でないと、と思い、そのうちのパンスト3枚から、ネットを編むことにしました。
 1cmくらいに切れ込みを入れておいてから、切り残した部分を隣の切れ込みとつないでらせん状に切っていき、1本の糸にしていきます。ずっと昔に友の会で教えてもらったものです。

d0031853_4121917.jpgパンスト3本分からなので結構長く取れ、太い鈎針で、無心に編みました。編んでいる間にたまたまテレビをつけたら、大好きなドリカムの4年に1度のライブの様子が出ていてラッキーでした。
 今回は手が入るくらいの円筒形にしてみました。
 これは流し台とか、浴槽の掃除、靴磨きなどに丈夫で便利に使えます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-31 04:17 | その他 | Comments(2)

こんな人にわたしはなりたい

先日の今年最後のゴミ回収日、ゴミ袋をゴミステーションに運んだ帰り、ふと見ると道に小さなゴミが落ちていました。我が家の前でもあり早速拾って帰りました。
 ・・・まだ子ども達が小さかった頃、お世話になっていた岡山友の会幼児生活団でのこと、指導者の中では一番年配のKさんが、友の家のお庭に落ちていた紙くずをさっと拾っておられたのを目にしたとき、私も同じものを目にしていたのに、なんとも思わなかったことをとても恥ずかしく思ったことを思い出します。
 逆に、中国の広東省東莞市を夫の仕事のことでついて訪れていたとき、ある商業ビルでテナントの自分の店の前に店員さんがゴミくずを捨てていたり、横断歩道を歩きながらチケットか何かを捨てている人を目撃したりしてとても驚いたこともありました。
 何気なくゴミを捨てる人と、何気なく拾う人と。
 私はやっぱり、何気なく拾う人になりたいと思います。勇気がなくて、そのほかのややこしいことになりそうなことにはなかなか一歩を踏み出すことができなかったりもしますが、小さな道端のゴミくらいは拾い上げる注意力と勇気ともいえないような決断力が自分にもあることを嬉しく思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-31 03:52 | その他 | Comments(0)

ルビーのブローチ


d0031853_1653443.jpg私の大切なルビーの!!ブローチです。
右は、今日お出かけのときにつけて出たもので、先日、身内の忘年会で義妹からプレゼントしてもらった、回りがビーズ細工のもので、義妹の作品です。ちょうど着ていた薄いピンクのセーターにつけたら似合って、「いつもお母さんが世話になっているから」と言うことのようでした。
 そして左は、先週身につけて出て、針がうまく止めていなかったのか、するりと落ちて帰宅したら無くなっていた物。
 今週、ペアーレ倉敷の落し物のショーウインドウをのぞいたら、ありました。うせ物が出てきて良かった。これは私が小学生の頃、母方の祖母から何かのときにプレゼントしてもらったものです。祖母は97歳で存命ですが、いまやとても大切なもの。小学生にくれるにしてはずいぶん大人びたブローチだったので、ずっと引き出しにしまいっぱなしでしたが、先日、クリスマスだから赤のアクセントもいいかな、と久しぶりにつけて出たら落としてしまって、悲しくなっていたところでした。見つかってよかった。
 どちらもくれた人のことを思いながら大切にしたいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-28 16:59 | しみじみしたこと | Comments(8)

ご近所づきあいーお葬式があって

 ご町内でお葬式がありました。
 で、うちのご近所の若い人世帯が5軒あるのですが、そのうち3軒はお通夜に出席してお香典を渡されたそうで、1軒が我が家に頼みに来られたので、お引き受けしました。
ところが金封を見ると、表書きが「お供」とあったのにちょっとびっくり。emoticon-0114-dull.gifこの際、差し出がましいとは思いましたが、年長者としてはお教えしないといつまでもわからないことになりはしないか、と老婆心ながら、自宅のもので包みなおして「御香料」とか「御香典」ですよ、とお教えしに行きました。

 たまたまご近所に住んでいらっしゃるその人のお母さんとお会いする機会があったので、思い切ってこんなことがあった、とお話しましたら、「若い者なのでこれからも色々と教えてやってください」と言われました。
落語の長屋の大家さんみたいに、少し年長のわけ知りが若い人に教えるというのはよくあること、自分もそうやって頼りになりそうな年長者に色々と教えを乞いながらこの年まできたと思います。しかし自分がいつの間にかそういう役回りになってみると、果たしてそれでいいのか、確とした自信があるわけでもなく、ほんとうに「私でよかったら」と言う気持ちです。

 今年の町内会の当番は、比較的若いお嫁さんで、「すみません、初めてのことなので色々教えてください」と言いながらのお手伝い。ご自宅ではなく会館だったので私と後2軒の、ご当家のすぐ隣の家の奥さんたちと一緒に受付を手伝っただけですが、お香典を受け取って通し番号をつけたりたちは(会葬お礼品)を渡したりしました。
 そして出棺のとき、その人に会館の係の人から故人の使っていたお茶碗がポリ袋に入れて渡され、霊柩車が出ると同時に割るようにと言われました。だいぶ戸惑っていたので、年配者がみんなで「皆さんよくわかっているから皆さんに見えるような場所で割ればいいのよ」と言ってあげました。
その後火葬場までのd0031853_144720.gifバスにのってご親族と一緒に往復しました。ご町内でも一番近いほうなのでお付き合いしたのですが、近所づきあいとしてのこういう役割は私も初めて。
で、その年若いお嫁さんは町内とは言っても少し離れた場所なので、車内で初めて親しくお話できました。ちょうどクリスマスイブに訃報が入ったので大変だったでしょう?と聞くと、夕食のしたくも簡単にしかできなかったけれどチキンとケーキがあったのでなんとか、と言っていました。
あとはクリスマスプレゼントemoticon-0123-party.gifをするときの話、サンタさんを信じているかどうかなど、クリスマスの話題を楽しく話せました。
 たまたまお葬式を通して、年若いご近所さんと新たに知り合えました。これまでは自分が育つ、学ぶことばかりを考えていましたが、少しずつ私みたいなものでも知っている限りのことを若い人に伝えて行く立場になったことを自覚させられたできごとでした。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-27 01:39 | その他 | Comments(4)

「七夕の出会い」クリスマスには教会へ行こう


d0031853_15161927.jpgクリスマスミサが終わった直後です。
倉敷カトリック教会のお聖堂の内部です。
私は一応つきの自称「かくれキリシタン」ですが、さすがにクリスマスミサには出席します。
今日も自転車を飛ばして(という近い距離でありがたい)行くと、大学時代の寮監だったシスター[O」を見かけ、声をかけました。旧姓を名乗ると、ああ、まあまあ、となつかしいお声。
ついで岡山友の会のときに子供係でご一緒だった人にもばったり、「あなた、教会へも足を向けなさい」と、ミサ後、カセットテープと本を無理やり渡されました。
そして今合唱団に入っているというと、即席聖歌隊?に引っ張られ、最後列のオルガンの前に行くように言われ、たったの4人でしたが、大きな声で歌ってみんなを引っ張るようにと言うことなのでしょう、気持ちよく声を出して歌うことができました。

d0031853_15242680.jpg

d0031853_15245374.jpg

 なにしろ年に1度しか行かないもので、知り合いも数少ないので、ミサ後の「アガペ」というお茶の会では話し相手が見つかるとほっとします。今日は幸い元友の会員の人と「年に一度の七夕みたいな出会いね」といいながら旧交を温めることができました。
また来年、です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-25 15:25 | しみじみしたこと | Comments(0)

息子と孫でWii Sports


24日の休日、↓の話題の孫と娘が来ました。婿どのが出勤のようです。
で、孫のmioがWii Fitが気に入って、とりあえずバランス年齢を測定。
たったの4才の孫、「お若い」なんて出たらどうなるの?ととても興味を持ってみていると・・・・

d0031853_158233.jpg・・・・なんと+22才!!笑えました。途中で重心がふらついたのが原因ですが。
漢字は読めないので、ボタン操作は娘が横で手伝っていました。

そして、FitのほうではなくSportsのほうにCDを差し替えて、私と次男とmioとの3世代でボウリング。d0031853_15102138.jpgd0031853_15103827.jpg

次男は投球にスピードがあり、「プロ」級でボールがキラキラしています。mioの投球はゆっくりですが、意外によく当たり、スペアなんかも取り、おだてられてご満悦です。
本物のボールだと重すぎてとても4歳児では無理でしょうが、リモコンで投球動作だけなので大人と一緒に楽しく遊べました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-25 15:13 | 元気が出たこと | Comments(1)

クリスマスの朝


d0031853_10443763.jpg朝、娘から携帯メールでこんな写真が送られてきました。
 起きぬけのmioがクリスマスプレゼント発見!!
だそうです。大きな包装、中身は何でしょう?

d0031853_10454462.jpg夢中で遊んでいます。
これは、実はお婿さんの姉が小さい頃遊んでいた「シルバニア・ファミリー」だそうです。
新しく買って与えたものでないことがまたよかったと思いました。

・・・・それを見て、私自身の幼い頃、一番記憶に古いクリスマスプレゼントのことを思い出しました。
 当時父は無給の医局員、それまでのアルバイトの貯金を取り崩しながら、大学の研究室に通って博士号の勉強をしていて手元が心細い状態の暮しだったようです。逼塞したお屋敷を2世帯で借りての借家住まい、食べるものも着るものも確かに貧しかったと記憶しています。おやつといっても「はったい粉」やらお焼き(やきもち)やら、薄く切った食パンを火鉢であぶったものだったり、24.5歳の若い母も色々と工夫してくれていたようです。
 そしてその朝、「幼年ブック」とか言うタイトルだったか、子供向きの雑誌が枕元に。テレビもない時代で、田舎で華やかなお店の飾りつけ等も見る機会もなく、サンタさんがどんな格好をしていてどんなことをする人やらまったく知識がありませんでした。
 それで私は、わけもわからず、ただ自分を上のほうから見守ってくれているなんだかわからない超自然的な存在を初めて意識しました。なまじ映像で知らなかったことが却って幸いしたのかもしれません。その日1日中、いつもと違う空気に包まれているような気がしました。 遊んでいるうちにその雑誌はその日のうちにどこかへ置き忘れてしまい、いくら探しても見つかりませんでした。そのことがかえって、まるで神様のいたずらみたいに感じられて、私が悪い子だったかな?と「神様、どうか返して、見つけさせて」と思ったのでしたが・・。
 20歳の2月2日、当時通っていた大学のチャペルで、母が縫ってくれた白いワンピースを着て洗礼を受けました。その翌朝の空気は、その時に感じたあの神々しいような、超自然的なものに見守られているという空気のうちにあり、前日までと同じ世界なのに、まったく違ったように感じました。自分はその何者かに見守られていると感じました。

・・・今日はクリスマス・イブです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-24 10:56 | | Comments(4)

家族新聞「あじさい新聞」128号が出来ました


d0031853_10402138.jpg今月号はまたたくさんの出来事があったので内容が盛りだくさん。
 トップ記事はなんといっても家族みんなで楽しんでいる「Wii Fit」です。送り先の実家の母には何のことやら分からないかもしれませんので少し詳しく。そして新聞とともに写真も焼いて同封して郵送します。
 ひ孫にはなかなか会えませんが新聞と写真で知って楽しんでもらえたらと思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-24 10:43 | 家族新聞 | Comments(0)

倉敷の和食店で忘年会


次男は会社の部署の送別会、長男は仕事で、私達夫婦と義妹夫婦、それに義母の5人で忘年会をすることになり、22日(土)午後1時半ごろ予約の電話をして見ました。1軒目は「一杯です」。それはそうですね、年末最後の土曜日の夜ですから。
 で、2件目。「いわ倉」へ電話したら、最初は「一杯です」と言われていたのに、「せっかくこうしてお電話していただいているのですから、なんとかお席を空けましょう」と言ってくださり、「何か1品でもあらかじめ注文してくださっていたら座ってすぐお持ちできますから」というので、「今ホームページを見ながら電話していますので、3000円の「いわ倉ご膳」では?」と言うと、
「実はそのホームページ、作り手がいなくなってしまって、内容が古いんですよ、今は3,670円です。」と言われるので、
「ではその一番安いコース、5人分で」と言う事で予約を入れておきました。
 1日大雨が降り続く中、おばあちゃんの支度がゆっくりなのと道が混んでいて10分遅れで到着したら駐車場は満車、義妹婿が市営駐車場まで置きに行ってくれました。
 店内は忘年会と思しき団体などでわいわいと宴会ムード一杯。そんな中、カウンター席の向かいの掘りごたつ形式のいい場所に案内されて、店長の汐田さんという感じのいい思ったより若くていなせな感じの板前さんが出てきて、「いい席でしょう?」と言われ、「ほんと、いい席を取ってくださっていて、ありがとうございます」と一同感謝しました。
ここ夫も行ったことがあるという岡山の「岩手川」と言う料理屋さんのグループ店だそうです。
お料理は・・・

たこ酢(わさびが利いていてこりこり)、お刺身、さわらの焼き物。d0031853_3572486.jpgd0031853_3575353.jpgd0031853_3581828.jpg

たこ飯と味噌汁、香の物、鯛のあら煮、天ぷら(エビと野菜)、酢の物(ままかり、シャコ)d0031853_3592675.jpgd0031853_428092.jpgd0031853_3595713.jpg

d0031853_4282551.jpgデザートはパイナップルとオレンジ。
 
 最初に出た生のたこ足の刻んだの、こりこりでおいしく、お刺身もぷりぷりでおいしく、たこ飯も味がしっかりしみていて、あら煮も甘辛くておいしい。ままかりも観光で来られた人には1匹だけでもせっかくだからないとね。あ、焼き物で出ましたが岡山はさわら文化圏というか、お刺身にさわらを食べると言うのはどうも岡山だけみたいで。デリケートなお魚なのでわざわざ岡山から産地へ行って持ち方の指導までして運んでくるそうで、(NHKローカルの『月刊岡山トラのアナ』と言う番組で見ました)全国からさわらが岡山に集結してくるらしいですね。
 お運びの若い女性たちも感じよくて、お向かいのカウンター席では最初社用族みたいなおじさんがいて、出て行ったと思ったら3組の予約なしみたいなカップルが来て座って、その向こうはいなせな板前さんたちがひっきりなしにあちこち動いているのも感じよく、スダレの向こう側のボックス席では忘年会がにぎやかでしたがいい感じでした。
 車1台で行って飲めない義妹が運転手でしたので、普段飲まない私まで安心してお酒を頂き、取りとめもなく楽しくご馳走をいただきました。

d0031853_472724.jpg8時ごろ店を出ると、斜め向かいのホテル日航のイルミネーションがきれいでした。まだ雨は降り続いていました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-23 04:08 | うれしかったこと | Comments(1)