<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

家計簿のつけ方指南

 長男のお嫁さんのために家計簿のつけ方を教えに行ってきました。
「完全記帳者」ではないものの、ずらりと家計簿コレクション29冊目の私。
1年間だけパソコンソフトでつけてみましたが、性に合わないというのか、本棚に同じデザイン、大きさの家計簿がずらり並ぶのが楽しみでもあるのと、思い立ったときにぱっと開いて見えるというのがやっぱりいいと見直してこつこつと手書きするのにこだわっています。
 かねて注文していたのがやっと来たので、お嫁さんに教えることにしました。

 まずは主婦日記。
d0031853_0591210.jpg巻頭には1日の時間の使い方、1週間の時間割、1ヵ月ごとの予定表のページ。
それから1ヵ月ごとの日記の欄には、とりあえず大変に思うであろう毎日の献立を書いてみるといいよ、といい、巻末にはベテラン友の会会員による四季の献立の例が載っているから、と教えました。また、年齢別栄養所要量の目安もその前あたりのページに載っているから、参考にと。

 次は、栄養家計簿(女子栄養大学出版部、[好きな日から始められる栄養家計簿」)。d0031853_114569.jpgこれは本当は婦人之友社の「当座帳」を使ってもよいのですが、私は縦に1日分の使ったお金を書けるばかりでなく、栄養素別に食品の項目が非常に詳しく分類されているこの家計簿を使うことによって、食料の買い物の偏りに気付きやすいと思って使っています。献立や取る食品がかたよりがちな新米主婦にとっては、自然にそういうことに気付かせられるのもいいかと思って同じものを買いました。まずはお財布の中身をこの家計簿の1日の欄の一番下に書き込み、それからレシートの内容を分類しながら書き込みます。

次に婦人之友社の家計簿。d0031853_17122.jpgこれがこれからの、大げさに言えば人生の指針ともなる大切な家計簿です。このごろ問題となっている社会保険庁の年金の記録の問題も、きちんとこの家計簿の預貯金・保険の欄に記録しておけば立派な証拠となることでしょう。それにカード払いや貯金からの引き落としも、預貯金欄で把握できます。それから面白いのが副食物費のつけ方。1日の予算をたとえば若い家庭の目安として仮に1日のおかず代を1,200円とします。仮に1,100円の野菜や肉などの買い物があったとしたら、予算に対して100円余ります。それを次の日の予算額に足して、次の日の予算は1,300円となります。で、次の日1,400円買ったら、-100円の残。それをまた翌日の予算額1,200円に加算して1,100円がその日使える額ということになります。毎日がシーソーゲームみたいで結構これが楽しい。これは草案者の羽仁もと子先生が、どうしたら月末になってお金が足りないと思わないで済むかあれこれ考えた末の工夫だそうです。
 その他、付録についている若い家庭のサンプルの予算を参考にして、大体の目安を知りました。彼女は「わあ、衣服費ってたったの5500円しかない!」とか、「夫の職業費って、何ですか?」とか盛んに質問などをしてきました。まだNHKの受信契約も来てないとか、新聞も取ってない、生協にも入りたいけど近くの班がどこなのかわからないなど、まだまだ出費がかさんで来ることでしょう。
 でも、近頃は転職だとか会社の倒産だとか、若い人が一生ひとつの会社にいるということが少なくなっていることを考えると、いったい最低どのくらいあれば暮らしてゆけるものなのか、この家計簿で把握できていたらとりあえず安心できるでしょう?といっておきました。
 わからないことがあったら何でも聞いてね、といってとりあえずこの日の説明は終了。
 これまで一度も家を出て暮らしたことがない彼女、いろんなことが初めてだらけで、不器用でゆっくりながら、やる気だけはしっかりある様子、こつこつと取り組んだら大丈夫よ、とかげながら見守りたいと思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-29 01:27 | その他 | Comments(7)

マジックアワーの天使たち


d0031853_1912452.jpgd0031853_19131432.jpg
毎週火曜日の夜7時から9時は混声合唱団パストラーレの練習に参加しています。この時期は日が長いので、練習会場に着いてもまだ薄明るいのです。
 先日の三谷幸喜さんのコラムによるとこんな日没直後の時間帯を「マジックアワー」といい、影が写らない不思議な時間帯なのだそうですが、ちょうどその時刻。これから合唱練習というときに楽器を持つ天使たちを見るとちょっとうれしい。

 この日は某企業の厚生施設で立派なピアノのある小さなホールをお借りしていて、そこの前庭です。公民館が都合で使えない日には使わせていただいています。

 この日は伴奏のF先生もおいでくださり、星野富弘さんの詩によるピアノと混声合唱のための組曲「花に寄せて」のおさらいでした。まだやってない曲もありますが、以前音をとり始めた頃はまるでエベレストに似た高さに思えた難曲も、どうにかかなり歌えるところまで来ました。先生の熱心なご指導のおかげです。

星野富弘 詩

「つばき」
木は自分で
動きまわることができない
神様に与えられた その場所で
精一杯枝を張り
許された高さまで
一生懸命 伸びようとしている
そんな木を
私は友達のように思っている

「やぶかんぞう」
いつか草が
 風に揺れるのを見て
弱さを思った
今日
 草が風に揺れるのを見て
強さを知った

「あさがお」
一本の茎が
一本の棒を登って行く
棒の先には夏の空
私も あんなふうに登って行きたい
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-28 23:57 | 合唱団 | Comments(0)

尾道に2つの出会い―頑固親爺の豆菓子屋さんと猫のいる喫茶店

 夫の気まぐれで、また尾道に出かけてきました。今回もたくさんたくさんの写真を撮ってきました。歩いているつもりでどうぞご覧になってください。

今回歩いたのは、駅前から天寧寺までの寺めぐりコース、そして商店街でした。
d0031853_4334873.jpg


d0031853_4362279.jpg林芙美子の母校、最近では「百マス計算」で有名になった土堂小学校。石段の下の掲示板にもコース図が示してあります。

d0031853_4452055.jpg「二階井戸」金網で見えにくいですが、はるか下のほうに井戸が見えます。高い場所から下の井戸の水を汲むための工夫のようです。土堂小学校のすぐ横手にありました。

d0031853_4464345.jpg最初のお寺、持光寺では粘土でこのような「にぎり仏」を観光客に作らせてくれ、焼いて送ってくれます。5人ほどの観光客が竹串で目を入れるなどして製作中でした。

d0031853_4514572.jpg古い町には猫が似合います。のたりとお昼寝中でした。

見下ろす坂道、こんな風情はどこか懐かしい。
d0031853_4525296.jpg


d0031853_4542533.jpg夫が見つけて「懐かしいなあ」昔は木で作ってこんなゴミ箱にぽんぽんゴミを入れていて、分別も何もなく取って帰ってくれていたようです。

d0031853_4562159.jpg角を曲がって左の山側にあがりかけるところで、ガスボンベがたくさん外に置いてある町工場?みたいな建物に遭遇。これが「頑固親爺」の豆菓子屋さん、木谷製菓本舗でした。
あの大林宣彦監督もたびたび買いに来られたそうです。

d0031853_458751.jpgd0031853_4582437.jpg
袋の印刷より。d0031853_4585414.jpgd0031853_459114.jpg

d0031853_522285.jpg

お菓子屋さんから少し上がっていくと、志賀直哉旧宅です。この付近まで行くと暑くなって、のどが渇いて、でも自販機もないし・・・

すると、志賀直哉旧宅の左隣に、草で隠れたような石段の上になにやら喫茶らしいドアがあり「OPEN」の看板が。
d0031853_53282.jpg


d0031853_553254.jpg店の前のスペースも素敵。

d0031853_561544.jpg店内には「年増ネコ」がのたりといました。注文の品が来る前に夫に擦り寄って。夫もびっくりしながらもなでてやると、年寄りネコなのか穏やかでされるままになっていました。窓の外はびっしりの蔦。店内は明るくて、汗ばんだ体を休めてホッと一息。
アイスレモンティーとトマトジュース、どちらも500円でした。

d0031853_594483.jpg「おのみち文学の館」の前にあった看板。このあたりがこの日のコースでは一番高い場所です。

d0031853_5112361.jpg
低めに抑えてある生垣の向こうに広がる尾道水道は大好きな風景です。林芙美子の書斎の再現がある縁側のほう。

d0031853_5131212.jpg同じくおのみち文学の館の反対側のお庭から。手入れの行き届いたお庭越しに見える海の風景は気持ちが安らぎます。

d0031853_5141628.jpg
この日の最後のお寺、天寧寺の境内から見上げた千光寺とロープウエイ。

d0031853_5155346.jpgここから線路をくぐって商店街へ。

d0031853_5165118.jpg商店街から海へ抜ける小路には名前があるようです。

そして、頑固親爺の豆菓子、商店街で販売しているのを見かけました。d0031853_5182016.jpgd0031853_518358.jpg

こちらの小路の手前右にある「桂馬」というお店はかまぼこやさんで、まるでお菓子みたいなきれいな形をした品物がたくさん。d0031853_5193375.jpgd0031853_5201690.jpg

d0031853_5222528.jpg幼い芙美子は九州方面を6年間転々とした後、この尾道で初めて6年間暮らす間に女学校へ進学、作家になりたいという希望を持つに至ったようです。お嬢様たちの中でアルバイトをしながら女学校に通ったという芙美子の才能を見つけて育てた先生も偉いけど苦学して進路を切り開いていった芙美子の生き方もすごい。
・・・と思いながら、駅前のスタート地点に戻ったのでした。

おしまい。

尾道市 ホームページ

この記事はメールマガジン「WeeklyKURASIKI 週刊くらしきタウン情報に連載中の「Keikoのお出かけ日記(292)」に関連しています。上記リンクからバックナンバーがご覧になれます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-25 23:31 | おでかけ | Comments(13)

家族新聞「あじさい通信」133号が出来ました


d0031853_6482811.jpg今月は余りにも行事がたくさんあって、実は絞り込めずに列記した感じの、レイアウト的には×の号です。

そして・・・美観地区で撮影会の最中、実家の母から「あじさい通信と写真多数受け取りました、ありがとう」という携帯メールが入ってきて、そうか、喜んでくれてよかった、と思ったことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-24 06:50 | 家族新聞 | Comments(4)

美観地区で撮影会&お食事会


この日私が見つけたのは、「のれんのゆれる店先」というテーマでした。
d0031853_6313795.jpg

県北の勝山が手作りの草木染暖簾を一人の女性が作っていて有名になっていますが、倉敷の店のも見てみると結構いろいろでした。

写真はありませんが、例の大原美術館前の似顔絵描きの千本さんと雑談。以前はH町に住んでいたのが、火事で焼け出され、今は家賃5000円ほどのT町の市営住宅に住んで通っているのだとか。医者からは「お前、この先余り生きられんぞ、といわれたけど、こうして何年も元気だわ、ガハハ」と、前歯のない口で豪快に笑っていました。「それはお日様にあたるとカルシウムも作られるというから、きっといいことがあるのでしょう。暑くなりましたね」というと、「なーに、路上で40年だぞ、こんなの慣れとるわ」とまたガハハ。以前は私の家の近くだったので、帰りに山のように絵を自転車にくくりつけて走る彼の姿を見かけたことを言うと、「警察署の前はなるべくさっさと横切るようにしとったら、あるとき川に自転車ごと落ちてナア、気がついたら警察で絵を並べて乾かしてくれとってなあ、助かったわ」。「それは、商売道具ですもんね、気を遣ってもらってよかったですね」なとど話して分かれました。

そして

d0031853_633666.jpg結婚アルバムの前撮りらしい2組のカップル。美観地区の緑の背景がとても好ましくて、そこだけほんわりとした別の空気が漂っていそうな感じ。

この日は「旅館くらしき」でお昼の予定だったのが、なんとこの日限りか、「12時半から」と掲示があり、あわててアイビースクエアのレストランへ。

d0031853_6405513.jpg値段を忘れましたが、以前より値上がりしたこの日30食限定メニューです。
揚げ物は山芋のしんじょみたいなの(右上のほう)だけで、ヘルシーでした。
で、会計のときに、以前こちらのブログでも紹介していた「ネイティブ倉敷」のカードを見せたところ、その前にお2人払っていたのに、そちらの人にも、私の1枚のカードで割引に。グループのうち一人でもそのカードを持っていたら、割引になるんですって。得しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-24 06:44 | おでかけ | Comments(8)

ホットカーペットを仕舞いホッとしたい


 今日は良く晴れたのでついにホットカーペットを日に当ててしまうようにしました。おばあちゃんのところのも。
 夫の帰宅を待って、このために作ってもらった特注床下収納庫にしまいます。(クチの悪い大工さんは「ここに死体でもしまうんか?」と言ったっけ。たしかに棺おけが縦に2個くらい入りそうな大きさ。)もともとは巻いたじゅうたんを入れるつもりだったのですが、重いのでじゅうたんのほうは敷きっぱなし。夏はその上にござを敷いています。
 その棺おけでも入るくらいの床下収納の入れ口の上げ蓋が両側の持ち手を同時に垂直に上げないといけない設計なので、一人では持ち上がらない・・・窓際に出窓形式にしてその下に転がしていってじゅうたん収納を作っているお宅の写真を見て、作りたかったのですが、こうなりました。ちょうつがいのついた片開き式にしてくれたらよかったのに。
            居間の床です。今はこの上にソファがあります。
d0031853_3504374.jpg


d0031853_351441.jpg


夏用の義母の籐の敷物を出します。

d0031853_3533924.jpg


義母のと私達のホットカーペットが納まりました。
やれやれ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-22 15:58 | がんばったなあ | Comments(6)

首も重いかな?


d0031853_1429134.jpgパンチの水のみのための器を変えました。
次男は夕食を食べるときにしか見てないにもかかわらずとてもよく観察していて、もうこれまでの水飲み器では頭をもたげるのも大変そうだというのです。ツナ缶を置いてやっていたので、軽くてひっくり返すかなと、瀬戸物に変えました。

d0031853_14383338.jpg しょぼしょぼとうつむき加減で水を飲むパンチ。
 三角コーナーみたいなトイレも、そこにあがる元気がないみたいなので撤去、すのこで直接用を足すので、風呂の残り湯で毎朝すのこを洗い、その下のペットシーツを取り替えています。
毎朝おしっこでぐっしょりになっています。
人生、ではないウサギ生はいつまで。
            老後の兎生を生きるパンチです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-22 14:37 | うさぎ | Comments(2)

フロッピーが壊れていた 

 2010年6月6日に開催予定の、味野小学校の同期会の準備のために、これまでわかった名簿の訂正をしなければなりません。
 で、前回に私が担当して、次に担当する人に託すつもりで作って会計の人に預けておいた名簿のデータの入ったフロッピーが先日の打ち合わせでやっと出てきて、いざ、開こうとすると開きません。詳しい友達Aさんがメールで
スタート → すべてのプログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト
C:¥xxxxxxxxxxxxx>dir a: ( 赤字を)入力してEnterキー  dirとa間にスペースを忘れずに( はスペースキー)
フロッピーディスクのドライブを指定(殆んどのPCはaドライブ)
★FDドライブがアクセスせず、空回り状態ならディスクは壊れています。(諦めて手打で作りましょう)

・・・と教えてくれたのでその通りにやってみたのですが、予想通り?
「要求されたセクタが見つかりません」
と出てきました。 (T_T)
 フロッピーは壊れやすいとは聞いていたし、5年前のものなのでさもありなん、とは思いますが、たった1つか2つのファイルだったのでフロッピーで十分と思って入れたのがあだ。
その後私のハードディスクが壊れてデータは消滅。というわけで、印刷した名簿を元に作り直すことに決定。あーあ。007.gif007.gif007.gif
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-22 03:00 | 反省したこと | Comments(2)

味野小学校昭和36年卒の同窓会(同期会)準備会


d0031853_5245849.jpg上のタイトルで私の年がばればれですが、もしか検索して同級生がここを見てくれると嬉しいなと思ってあえてタイトルにしました。
 18日(日)、ライフパーク倉敷の会議室で、小学校の同窓会の準備会その2が開かれました。前回は1月。なので会長からの電話があったときには「え?なんで彼から電話があるの?」とすっかり忘れていてみんなそう思ったそうでした。
 この日に開いたのは、毎月第3日曜日に休みが取れるという男性美容師のKさんに配慮してのことだったのですが、なんとこの日は大安吉日。彼は本来は休日だったのに、婚礼を3つも頼まれて致し方なく欠席。一同「今度は大安かどうか調べてからにしよう」ということに。
 でもまあ、前回とほぼ同じ10人ほどが集まり、次回の同窓会は2010年6月6日(日)正午から、せとうち児島ホテルで、と決定しました!!同じ学区の味野中学校のが来年1月3日にあるとの事なので、それから1年半後ということになったためです。(鬼が3匹くらい笑うか?)
 いつ招待状を発送するか、とか先生方の会費は、お土産は、前回不評だった2次会の会場をどうするかなどとおおよその段取りが話し合われました。
 また、私にとっては重大事の、前回の名簿の入ったフロッピーが行方不明だったのでしたが、事務の色々が入った袋から出てきて、打ち直しの手間が省けてやれやれ。これで訂正事項だけを打ち直せばよいと胸をなでおろしました。
 次回は同級生の経営するレストランが改装を終えたそうなので、11月29日(土)1時半から忘年会をかねて名簿のゲラ刷りをみんなでチェックすることなどをするということにしてお開きとなりました。

・・・最初の同窓会を開こうと動き出したOさんたちの勢いに引きずられるように実はしぶしぶお手伝いをしていたというのが真相の私で、2度目の同窓会の準備にもうーん、という感じだったのに、少しずつ、小学校の、ン十年の歳月を経ても旧姓の付き合いの友達のよさに引き込まれつつあるところです。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-19 05:39 | うれしかったこと | Comments(8)

「サラバンド」が花盛りです


我が家のバラ4種のうち、一番好きな「サラバンド」がほかの3種に少し遅れて、盛りを迎えました。特に日暮れ方、この赤がとても目立ちます。
d0031853_5221340.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-19 05:22 | | Comments(2)