<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

圧力鍋

 その昔、岡山友の会にいた頃、何かの講習がd0031853_22471460.jpgあってからかどうかよく覚えていないのですが、ともかくその当時お勧めだったので、初めて圧力鍋なるものを目にし、買ったのがこのラゴスティーナでした。
 大豆を煮るには最適で、短時間ですぐやわらかくなるので、300g一袋を買ってはこれで水煮して、4つに分けて冷凍しておいて、サラダに入れたり五目豆にしたり、ミネストローネに白いんげんの変わりに入れたり、また冬場の風呂吹き大根を煮たり、普通の厚手鍋としてもおでんを仕込んだりととにかく大変重宝してきました。
 このたびガスからIH調理器に変わって、底に磁石がくっつかないことが初めてわかり、ステンレス鍋なのに、こんなこともあるんだ、と、3つある火口のうちの奥のヒーターを使っておりました。
 しかしどうも勝手が悪く、「30年も使ったのだからモトは取ったと思って、この際思い切って買い換えるか」
と、思いなおしました。
 で、たまたまこの前の日曜日、地元のデパートに出かけたので思い出して家庭用品売り場へ。ラゴスティーナはなかったけれど、50年配のきりっとしてしかも優しい感じの店員さんが相手をしてくれて、フィスラーとあとパーフェクトプラスというブランドの現物があったのでふたの使い勝手などを試すことができました。家の鍋の大きさがよく分からないので、帰ってから計って比べてみます、というと、カタログのなかったフィスラーの直径、深さ、値段をメモして渡してくださり、「年に何度か安くなりますから、ついこの間も安かったことがあったのですけど」と教えてくださいました。
 しかし私は帰宅後、倉敷友の会には、家庭用品の卸屋さんからの共同購入をする「鍋係」がいますので、その人に頼んでカタログをもらい、見比べた結果、使いやすい湯沸しポットを見ていいナと思っていたメーカー、ティファールのに決めて、d0031853_2484056.jpg鍋係に早速注文をしました。片手鍋だと収納の場所に難があったので両手鍋だということと、普通の鍋として使えるガラス蓋が付いていた(別に購入しないといけないメーカーもある中で)、圧力をかける時間のタイマーが鍋についていて音で知らせてくれる、とか便利な機能が付いていたためでもあります。

・・・で、4日後の30日のこと、なんと、出かけた美容院の隣の席、あれっと思ってしばらく観察してから、わかりました。そのときの店員さんだったのです。同じ美容院でもその人は店の休みの木曜日にいつも行くので、私がたまたまこの日行くまでは知らなかったのでした。
商品についての知識も豊富な様子と、お客への丁寧な応答にとても印象深かったこの人にこんなところで再会しようとは、それにしても別のところへもう注文してしまったのが申し訳なく思ったこの日の出会いでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-31 02:45 | 日常 | Comments(0)

夏休み子供科学電話相談

 夏休みに入ると、NHKラジオで子供科学電話相談http://www.nhk.or.jp/r1/kodomoq/index.htmlが毎年あり、とても楽しみに聞いています。
大人にとっては当たり前のことが子供の感性では不思議なんだなあと思わされたり、また当代一流の科学者の先生たちのとてもまじめで丁寧なお答えに、小さい子にはこんな風に教えてやればいいのかと思ったり、自分自身知らなかったなあと思うことも教えてもらえるので、大人の方でも全国にファンがいらっしゃるようです。
 で、先週の金曜日朝8時半ごろ、娘から電話で、今、孫が電話したらつながったので、取り上げてもらえるのなら10時半ごろまでに電話があるらしい、とのこと。
 わー、うちの孫が?
 というので、ラジオのまえにICレコーダースタンバイ、私の母やら隣の義母やらにも知らせてずっと聞いていました。誰のでも面白いのに、孫が出演、かも・・となると。
d0031853_935998.gif しかし、同じ倉敷市の女の子から、「ヤマモモの実がなる年とならない年があるってお父さんが言ってますが本当ですか?」と言う質問が出たので、あー、同じ市からは出ないかなあ・・・と思っていたらやはり出ませんでした。
 孫が出なくて残念でしたが、ディレクターの方が、担当の先生に偏りがないようにとか、子供の年齢だとか地域に偏りがないようにとか、色々考えて取り上げる問題を選んでおられるのだろうなあと、番組スタッフの配慮を逆に感じたひと時でした。

 あとで孫に電話して、「何を質問したかったの?」と聞いてみたら、「〔より目〕にはなるのに、逆に〔はなれ目〕にはならないのはなぜ?」と言う質問だったそうです。やってみてもなるほど、なりません。先生のお答えはどうだったのかなあ・・・。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-27 09:00 | | Comments(4)

第39回倉敷天領夏祭り 「Oh!代官ばやし」踊り

 子供が遊学中は気楽に夫婦で出かけていた天領祭り、この日たまたま息子が外食、と言うので早めに食事を終えて、久しぶりに出かけてみました。

d0031853_3413671.jpg露店が立ち並び、お祭りムードを盛り上げています。まだ明るい夏の宵です。

d0031853_3423363.jpgすごい人出です。

d0031853_3432653.jpg「ふるいち」仲店では流行の白いたい焼きを表で売っていました。例年ここのカキ氷がおいしいのですが・・・

d0031853_3443345.jpg
人ごみの中を駅前メインストリートへ向かいます。

d0031853_3451063.jpgd0031853_3452281.jpg
d0031853_3453477.jpg
踊りのパレードに参加する人たちのいろんなコスチュームが見られるのも楽しい。

d0031853_3462156.jpgここが踊りのパレードの出発点で、そろそろ出演者が集合し始める時間でした。

d0031853_3471093.jpg
歩道はほぼ一杯の人の波。

d0031853_3475734.jpg
代官ばやしの連合婦人会の伝統的なそろいの浴衣での踊り。

d0031853_3484049.jpg
代官ばやしの最後尾らしい、なんだか地味でまじめそう、と思ったら倉敷市役所職員チーム。

d0031853_3494211.jpg
踊り終えてぞろぞろと引き上げる中国銀行チーム。

d0031853_3511070.jpgd0031853_3512747.jpg
d0031853_3514374.jpg子供たちの楽しい思い出にもなることでしょう。

d0031853_3561865.jpg
ねぐらの街路樹に帰ろうとしたらなんだか今日はやたらに人が多いので驚いたのか、鳥の大群が上空を編隊飛行?していました。大変な数でした。
d0031853_358016.jpg


d0031853_3583023.jpg
ちょうちんに灯が入り、たそがれ時。45分くらい、パレードまで歩道のふちに腰掛けて待ちました。前を通る人をみるだけでも気がまぎれました。

d0031853_4063.jpg
いよいよ、アップテンポの楽しい「Oh!代官ばやし」踊りパレードの始まりです。

d0031853_413328.jpg
倉敷市の市立幼稚園の先生たちの踊り。

d0031853_421312.jpg
倉敷成人病センターチーム。

d0031853_43249.jpg
ほっぺたに「くらかん」と書いてあって、何?と思っていたら、「倉敷看護学校」チームでした。

d0031853_435880.jpg
倉敷市立東小学校(?たぶん)の親子チーム。

d0031853_445118.jpg
「茶屋町の鬼」保存会チーム。

d0031853_452723.jpg
こちらは結婚式のキャンドルサービスなどに使われるろうそくのメーカー、ペガサスキャンドルのチーム。

d0031853_471594.jpg
「和楽」と言うチーム。お店か何か、かな?

d0031853_48420.jpg
しげい病院チーム

d0031853_483320.jpg
川崎学園チーム。川崎学園、医療関係で看護学校やらリハビリテーションやら色々ありますが、どこなんだろう?

d0031853_495689.jpg
ミス天満屋倉敷店?プラカード嬢です。

d0031853_411499.jpg
天満屋チームです。

d0031853_4114030.jpg
倉敷中央病院チームです。看護師、検査技師、その他若い職員も多い大病院なので元気一杯、数年前に見たときは「ハッスルボンバーズ」というチーム名をつけていて、パレードのコンテストで優勝していました。

d0031853_415437.jpg倉敷市西阿知の女の子のチームで、本格的な小悪魔的衣装、お母さんと思しき人たちがビデオカメラなどを持って熱心に撮影していました。

このほかにも、中学校の女子テニス部のチーム、手話サークルのチーム、保育士さんのチーム、何の団体だかわからないチーム名のチーム、と、大変たくさんのチームの踊りで、8時ごろから9時前まで、駅前メインストリートは車の通行を遮断して大盛り上がりでした。昼過ぎまで大雨だったこの日、夕方雨が上がってこの行事が無事できて本当によかったなと思いました。進行役の黒いTシャツを着た青年会議所?のメンバーの方、ごみ拾い役もして下さっていて本当にありがたいなと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-26 04:17 | おでかけ | Comments(2)

料理教室の復習

先日、友の会の料理教室で習った献立、せっかく習ったのにテーブルで2つに分かれて作って、私が分担していなかったものもあったので、献立全部を1人で作ろう、と、金曜まではもう食材を買っていたので、土曜日、レシピを見ながら食材を買いに行きました。。
 普段使わないくず粉や抹茶、甘納豆などを調達しようとしましたが、お料理教室でも言われたとおり、意外と甘納豆は夏場はないとのこと、やむなく「ゆで小豆缶」を買って粒あんの小豆で代用。あとは鶏ささみが分量的にいいのがなくて鶏むね肉に。枝豆は枝からさやをちぎるのも面倒だなあと思っていたら、さやだけを袋詰めしたのを発見、そちらを2袋買ったら1.5カップの豆が取れました。
d0031853_1383117.jpg私の作った復習の献立、「夏のかんたん寿司」「夏野菜と鶏ささみ(胸肉)の冷やし椀」「岩清水」「翡翠豆腐」「味噌汁(わかめ、みょうが)・・赤だし、だったのを手前味噌で」
お寿司のお酢は昨年製の生姜の甘酢漬けの汁を利用、入れる生姜の甘酢も昨年の残りでした。
せっかくだったのに次男は外食。翡翠豆腐は枝豆をゆでてむいてミキサーにかけてくず粉とともに練って、と手間をかけた割りに夫の感想は芳しくなくがっかり、私はわさび醤油で美味しく食べたのですが。
 冷やし椀は、なすの皮を教室では全部むいたのですが、私はまだらに残して縦じまにしてみました。

 岩清水の材料の抹茶とレモン半分、小豆缶がまだあるのと、美味しかったのでまた作ろうと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-26 01:47 | 料理 | Comments(2)

新生姜の甘酢漬け


d0031853_2284975.jpg生協で注文しておいた新生姜がたくさん来ました。

d0031853_2293299.jpg
適当にむきやすく切って・・・

d0031853_2301580.jpg
できるだけ薄く切って、ぱらぱらと塩をふります。
そこへやかんから熱湯をかけまわします。
熱でしんなりしたら・・・

d0031853_2313417.jpgあらかじめ作っておいた甘酢に浸けます。
この生姜の分量で、私は酢1と4分の3カップ、砂糖はその3分の2くらいの分量です。甘めかな?

d0031853_2332544.jpg甘酢に浸けると薄いピンクに変わりました。

d0031853_234880.jpg皮が大量に出たので、myobentoさんのブログを参考に

d0031853_2353148.jpgMyobentoさんの皮の3倍あったので、砂糖と水も3倍入れて・・・

d0031853_2361353.jpg煮詰めました。
この液でおいしいジンジャーエールになるかな?
私の夜なべ仕事でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-24 02:36 | 料理 | Comments(9)

三色どんぶり


d0031853_2213479.jpgうちの次男は三色どんぶりが大好きです。クックパッドなどには白いご飯の上に具をのせるというのが多いのですが、私はお酒とおしょうゆで味をつけ、にんじんを入れたご飯を炊きます。

d0031853_22381.jpg
盛り付けた具とご飯を食べていくと、中のにんじんの赤が顔を出してきます。

d0031853_2235353.jpgどんぶり物のときは副菜をどうしようかといつも迷うのです。あまり主役を押しやるような重い副菜は困るし、と言うので今回は小松菜とさつま揚げの煮浸し、庭で取れたトマト、それに豆腐とわかめとにらの味噌汁です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-24 02:25 | 料理 | Comments(4)

日蝕の観察、自前では・・・


d0031853_21201148.jpg望遠鏡みたいな装置は、あんまり役に立たず、ぼんやりとそれでも三日月型のが写っている?

d0031853_2121561.jpg(NHKの映像より) 悪石島は雨だったみたい、34万円もかかったと言うツアーの人、もったいない。
太平洋上の船からの観察と、硫黄島からのNHKの映像をテレビで見ました。
船に乗って出かけた中では、もと東大教授の100歳の先生の6回目という人が、「おそらくこれで見納め」と、「おそらく」とか言うところがすごいと思いました。その言葉の裏には、もうちょっと長生きできるかも、という前提が隠されているようで。

d0031853_21234977.jpg超望遠レンズによるダイヤモンドリング。やっぱりテレビの映像にはかなわない。何度も何度も見て楽しませてもらいました。
水平線のところが夜明けか夕焼けみたいに赤くなり、皆既日食の起こっているあたりだけは真っ黒、明るくなったら鶏が啼いたとか、その場にいないと体験できないことを言っていました。現場にいたいなと思わせられる風景でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-22 21:26 | 感動したこと | Comments(4)

子供と過ごす夏休み


d0031853_9451638.jpg写真は1983年8月21日とあります。長男が小学生の頃の友の会の「なつやすみ子供料理きょうしつ」の日のスナップ。大勢の小学生たちが、公民館の調理室でお料理を教わっています。
先日、片づけをしていたらこのときかどうか、会報に当時3年生の子供が書いていました。
「おねえちゃんと2人でバスにのって、くらしきの文化センター(公民館)に行きました。
 ぼくが行ったときは、5,6人ぐらいいました。全いんそろうと、おばさんが、「お米をとげる?」と言いました。
 ぼくが「とげるよ。」と言いました。それでぼくは、米をとぎました。それを3回して、5分おきました。それからわらびもちをつくって、ひやしておきました。そのあとトマトときゅうりとなっぱとピーマンを洗いました。
 それからきゅうりとトマトとピーマンをきりました。そしていかをきって、ごまをすりました。それに、すをいれて、いかサラダを作りました。こんどは三しょくおにぎりを作りました。ぼくは、さけとわかめとしそをやりました。それをみんなでたべました。それからバスにのるとき、「うのいき」とかいたのにのると児じまのほうへ行ってしまいました。それでいえにでんわをしました。それからおかあさんが車でむかえにきてくれて、うちにかえりました。 おわり」
 一生懸命にお料理に取り組む子供の様子が可愛くて、今まで保存していました。
 このとき5年生の長女は班長になるといわれ、献立のプリントを頼りにサラダ、おにぎり、卵焼き、わらびもちと親子で練習をして送り出したことを思い出します。また、私は下の子がいたからか、子供にバスの乗り方もまた勉強と、子供だけで行かせています。今はそんなこと危なくてできないかもしれませんが、当時は世間もそれほど物騒ではなかったかもしれません。
 
 また、夏休みの自由研究には困りました。長女が1年生の時には庭のありの観察をしました。観察の方法などは子供にはまだわからないので、科学の目を育てる意味では親が手伝ってもいい、と小学校の教師をしている友人に聞き、なるほど、と手伝うことにしました。子供とともに考えながらしたらこれが思いがけず低学年の部の学校代表になりました。
 また長男は紙飛行機の形によっての飛ぶ角度やら飛行距離はどうなるの?と、実験場所には長い屋内がいる、というので学校の職員室の前の廊下をお借りして、床にビニールテープでしるしをつけ、いろんな形の紙飛行機を何度も飛ばして実験。親子で楽しみ、これまた低学年の部で代表に。
 また、代表にはならなかったけれど、「へちまのつるはいつ伸びる?」と言うテーマで、娘と、庭のへちまのつるの伸び方を、下からずっとメジャーで計った年もありました。毎日とはいかず、飛び飛びでしたが、天候、気温などと比べたところ、曇りの日が一番びっくりするほど伸びること、じりじりと照りつける日は伸びないこと、それから実をつけるとつるの伸びはぴったりと止まったことなどがわかりました。
親として子供のために伸びをとめて充実に努めるんだなーと、へちまから教えられました。

それから、こども3人全員が小学生だった年が1年だけあり(1年、4年、6年生)この年は県北の蒜山三座のうち中蒜山に家族で登山しました。火山灰が積もってできた山らしく、滑って転ぶと真っ黒けになりながらも、霧の中を登頂に成功、すると一番ちびの末っ子を見て皆さんから拍手をいただきました。ガスで何も見えなかったのが残念でしたが、よい思い出になりました。

 末っ子が小学4年生からは義父の介護に入り、夏休みと言えども子供をほったらかしで下の世話、ベッドから起こし車椅子に移し、ご飯を食べさせるという日々でしたので末っ子には特にかわいそうなことをしましたが、上記はみんな元気で夏休みを過ごした宝石のような思い出です。
 若い皆さんも、夏休みは学校に預けていたお子さんをわが手に取り返す貴重な時間ですので、どうぞ家族でいろんな経験をしていただきたいと願っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-22 10:08 | がんばったなあ | Comments(0)

日食観測グッズを作りました


d0031853_8193094.jpg昨日の民放でやっていたのでまねしました。
用意するものはラップの芯などがあればよいのですが、なかったのでカレンダー、白いスーパーの袋、アルミホイル。

d0031853_8202891.jpg筒の片方にアルミホイル、もう片方に白い袋を張ります。

d0031853_821495.jpg
カレンダーの筒なので少々やわ、輪ゴムで何箇所かとめて、真円に近くしました。

d0031853_8215750.jpg
アルミ箔に竹串でピンホールを開けました。

d0031853_8222764.jpg
・・・少したるみが出ているのが気になりますが、ここから日光を集め、反対側の白いスクリーンに投影すると、間接的に日食の観測ができるそうです。
今うす曇。
晴れたらいいね・・・
9時半ごろから始まり、11時ごろがピークとか。
野次馬Keiko、見逃せないです。
おばあちゃんが昨夜微熱があるとのことで、(お医者に付き添うと見られないよ~。。。と思っていたけど)
今朝は元気に散歩に出かけてくれたので一安心。
同じく科学的なことに関してはかなりの野次馬のおばあちゃんと一緒に観察する予定です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-22 08:25 | その他 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」147号ができました


d0031853_814183.jpg今月号のトップ記事はやっぱり台所のリフォームでした。今のところきれい、と言う状態の写真を記録してっと。数年後、惨憺たる有様でありませんように。
 次は夫の会社の社員旅行、お土産を一族みんなで分け合い美味しくいただきました。イクラでしょ、ウニでしょ、生キャラメルでしょ、レアチーズケーキ(冷凍)でしょ、業者さんからのお礼のカニでしょ。しかし海産物はやっぱり現地で食べるのが一番、お土産は話だけでいいなと実感。
 あとはおばあちゃんの90歳の誕生日。歯が丈夫なのが健康に大いに関係しているのでしょう、元気にそこらへんを散歩しています。先日ガス台を撤去したのでまだ調理器に戸惑いはありますが、何度も何度もやっているうちにわかってくれるかと思います。
 それに私の投稿が地元紙に掲載されて、いろんな人から見たよと言われたこと。自分としても珍しく落ちの付いたしゃれた??文章だったとうれしいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-21 08:22 | 家族新聞 | Comments(6)