<   2009年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

食卓の風景

 10月29日(木)のNHK「クローズアップ現代」では、「"食”がいのちを救う」と言うタイトルで、食べることの大切さを料理研究家辰巳芳子さんのお宅の庭にカメラを据えての番組構成でした。
 その中で、今の若者にはせっかく献血しようとしても比重が軽すぎて出来ない人が2割もいて、彼らの食生活たるや、お菓子を食事代わりにしたり、朝も昼も抜きだったり、夕食がお弁当だったり。ほかにもサプリメントとカップラーメンで食事の代わりにすると言う作家や、逆に食べると言う行為によって脳に刺激を受けて病状が回復するという寝たきり老人の話なども。
 若者の話の中には、親がお金を置いて仕事に行ってしまうので、そのお金で食事をする気にもならず食べないこともあるとか、一家団欒をしたことのない人すらいると言うお話。本当に悲しい話でした。
 ちょうどその日の夕方、実家の母が、自分が育った家の大家族の食卓の話を地元の「雑記帳」というエッセイグループの今月号に載せているのを送ってくれたところだったので、余計にそう感じました。

 食卓の風景(昭和時代)
                                             洋子
 8畳の居間の隣に板敷きの食事処があり、そこには畳1枚位の大きさの木製のガッチリした食卓があった。板敷きではあったが、食卓は座卓で回りに座布団を敷いて家族が座る。
 着座の位置はきちんと決まっていた。一番上手に父が座り、その右隣は弟(長男)、父の左側に私、祖母が座り、向い側に次弟と母が座り、住み込み看護婦の2人が下座に座っていた。原則的に三度の食事は全員揃ってから始まった。
 8人家族の中心にいたのは祖母であった。祖母は父よりも偉く威厳を保っていた。子供達にとっては、祖母が絶対だと思わせられていたが、今になって思えば、母が利口だったのだと充分に理解できる。母はいつも使用人と同列だった。
 ある日の食卓を再現すると、「おばぁさーん!ご飯よ」と声をかけてしばらく待ってもなかなか現れない祖母。元気一杯の弟たちは「腹が減った!」と騒ぐ。その頃、離れのお手水(ちょうず)でバタンと戸が閉まる音がする。「もおーっ!おばあさんには早めにご飯よと言えばいいのに」と弟達が怒った。祖母が着座するまでは、お箸を取らせてもらえなかったからである。
 子供の私の役割は、座布団を敷いて食卓を拭き、お箸を配りお手塩(てしょう)皿を出す。大皿には取り箸を添える。おばあさんがやっと着座して皆の食事が始まる。私は食事の間、祖母に「肘を張るな!音を立てるな!」と小言を言われる。使用人達もおどおどしていた。
 お魚嫌いの父には、他の者が魚を食べる時も、魚が出される事はなかった。また、お肉嫌いの祖母には、高級魚が出された。祖母は鮎を好んで食べていたが、その他の川魚は駄目のようだった。私たち子供や使用人が鮎を食べさせてもらったことはなかった。大人になって初めて鮎を食べた時には、背骨をするっと抜いて祖母が食べていたのを思い出した。
 それから、他家ではスキヤキや鍋物が食卓に出ると聞いていたが、我が家では鍋物は無かった。それは使用人が何時も同時に食事していたのと、祖母が一つ鍋をつつくのを嫌がったからだと思う。叔父(父の弟)の家庭はモダンだったので、祖母に連れられて行った時、若鶏の水炊きをご馳走になって、珍しく美味しいのに驚いた。使用人と家族は、別々に卓袱台(ちゃぶだい)で食事していたのにも驚いた。単に食事処が狭いから時間差で食事していたのだったが。
 祖母が皆で揃って食事をとる習慣にこだわった訳を私が知ったのは、大人になってからだ。祖母は伊勢の出身で、嫁いできたら言葉が全く違い、一言しゃべるたびに笑いものになった。そして、祖父は偉い医者で、住み込みの書生が居て、表座敷へお膳を運ばせて、お客の相手をしながら食事する。祖父1人の時も家族と食事をしたことが無かったとか。
 私達が子供の頃は飛び入りのお客がよく有った。(中略)母の台所には、いつでも御櫃(おひつ)にご飯があり、飛び入りのお客にも対応していたのが不思議だったが、母や使用人は何時も冷やご飯を食べる羽目になったのだ。何時も炊きたてのご飯を食べさせて貰ったのは父と子供達で、感謝しなくては勿体ないと思った。(略)私が家庭を持ってから、世の中も変わって突然のお客も無く、余分のご飯を炊く必要もなくなった

d0031853_4391697.jpg

母の実家の縁先にて、1952年(昭和27年)正月。左から母の上の弟、下の弟、祖母、祖父、母、曾祖母、私。たぶんカメラを持っていたのが父だったでしょう。父は無給の医局員だったので妻の実家に親子で居候していたそうです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-31 04:44 | 健康 | Comments(0)

遠くへ行きたい 混声合唱:ジョイ・エコー


10月25日(日)の倉敷中央病院セントラルパーラーでのオータムコンサートより、仲間の1人が三脚でカメラを固定して撮ってくれていた物です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-28 21:54 | 合唱団 | Comments(4)

森下洋子さんの言葉に感動

 月曜日の夕方だったかのNHKラジオに、プリマバレリーナの森下洋子さんがゲスト出演された。
この日も6時間くらいの練習をこなして来たそうでした。
 子供の頃、自分はとても病弱だったのでバレーを習うことになったけれど、それが不器用でなかなか人と同じ様にしても出来ない。出来ないので何度も何度も練習してできるようになったら親がほめてくれた。あ、何度もやればできるようになるんだ、と思ってそれからずっとここまできた、とのこと。
あのヌレエフやらと踊って、マーゴ・フォンテーンの指導を受けた伝説的なプリマだというのに、日々努力、精進、きっとできるようになると信じて今日も練習。
 イチローの業績もひとつ一つのヒットがその日につながるように、1日、1時間の練習を重ねる努力。涙が出そうに感動しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-28 17:40 | その他 | Comments(2)

夫の夜なべ仕事


d0031853_611687.jpgファーマーズマーケットサウスビレッジで、今年も1箱買ってきました。夫の楽しみの干し柿作りです。
私の学生時代からのプチナイフを研いであげたのに、へたの部分が堅いのかすぐ切れなくなって2度も研ぎなおしました。これまではへたのひらひらの部分を残していたのですが、干しあがるとそこのところがゴミみたいに下に落ちて汚いのと、市販のはきれいに丸く落としてあるのに気付いて夫にそこも取るように言うと、面倒だなあと言いつつも今年は丸く切り取っていました。

d0031853_623726.jpgmiyakeoriibuさんから教わって、熱湯をくぐらせてから軒下につるしました。柿をお湯に通すと、お湯は褐色に変色します。渋うちわとかの柿渋を使った物もありますがすごいものです。

d0031853_642512.jpg
長さが短いのは洗濯物と仲良く同じ場所に干すためです。翌朝は雨・・・熱湯に通したお陰でたぶんかびずに済むでしょう。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-28 06:05 | 日常 | Comments(3)

我が家の食事日記


d0031853_5172754.jpg
10月23日(金)の夕食、久々のコロッケ。次男、帰宅するなり疑わしそうに「おからが入ってる?、それとも・・・」今回は普通のポテトコロッケに豚ミンチと玉ねぎと人参のみじん切りが入っています。それに余った衣にお砂糖とベーキングパウダーを入れて落とした衣のお菓子?(子供の頃実家の母がよくやっていたので)、キャベツときゅうりの千切りをチョット塩をしてしんなりさせたもの、トマト。スープはキャベツ、人参、玉ねぎ、しめじ、ご飯は十穀米を混ぜたもの。コロッケが大きいからと夫は1個だけしか食べなかった。お昼に私がありがたくいただきました。 
d0031853_5225363.jpg
夫の席のものを写すと、真上の照明がまぶし食器に反射してしまいます。10月26日(月)の夕食。メインはサゴシ(さわらの小さいの?)のムニエル、ほうれん草と赤ピーマンのソテー、いり卵添え。副菜はサトイモとインゲンの煮物(おばあちゃんメニューがメバルの煮付けだったのでそっちにあわせて)、味噌汁(豆腐、わかめ、しめじ、春菊)。味噌汁の春菊は前日の鍋に使ったのが残ったので・・・。
d0031853_5283216.jpg
冬場の定番の朝食。我が家の手抜き朝食は、こちらのミネストローネのまとめ作りです。夫の健康を考えると野菜を一杯朝食で摂りたいのですが、朝は忙しいので手早くしたい、そこでもう、4日分くらいをまとめて作ってしまいます。なのでずうっと一緒の朝食です。替わるのは果物だけ。ミネストローネの中身は、しめじ、セロリ、キャベツ、人参、じゃがいも、玉ねぎ、茹で大豆、トマトの水煮缶、それらを小さめのさいころ状に切って炒めて少ない水で煮て、後で水で延ばすのでスープキューブも3個~4個入れて、密閉器で保存します。朝はその「元」をお玉で1人1杯が約100g。それを水で延ばして煮て味を調え、パスタ用の市販のバジルソースで風味付けをしたり(わすれることもあり)して、卵を散らし、(覚えていたら)パセリのみじん切りにして冷凍にしているのを散らします。
あとは果物、リンゴなら半分が適正な摂取量なのだそうで、できればかんきつ類がいいのですが今はリンゴが旬なので。あと、低脂肪乳と、パンはこれで食パン10枚切り(市販の5枚切りを買って半分にスライスしたもの)です。薄くてクラッカーみたいにカリカリです。それで足りるの?とよく言われますが、ほんの少しのダイエット、私がしていたら夫もこれがいいというので。パンにはなんにもつけません。ジャムなどたまにいただくと、間食のヨーグルトに入れて食べたり(私だけですが)します。ヨーグルトは朝ではなくて夜、入浴後夫は豆乳で作ったものを食べています。

d0031853_5411311.jpg
10月27日(火)の夕食です。メインは鶏の手羽先で、生姜、酒、みりん、しょう油で下味をつけて保存しておき、グリル(つまり魚焼きコーナー)で焼いたものです。片栗粉をつけて揚げるというのがこれまでの定番でしたが、友の会のお友だちが炭火で焼くのをしたら鶏の嫌いだった人も喜んで食べたと聞き、うちでも初めてやってみました。結果、カロリーオフでおいしい。次から手間もかからないのでこちらにしようと思います。付け合せは生しいたけバタ焼きと、もやしとピーマンのソテー。あとはもらい物のお芋で大学芋、なすときゅうりの梅肉和え(薄くスライスして塩一つまみでしんなりさせて梅干し2個をつぶして和える)、娘のところからなすをもらったので。玉ねぎと人参のジュリアンスープ(というには大きく切りすぎた)。
 火曜日は友の会の委員会があり、終わってからも寄るところがあって帰宅が4時ごろ、義妹が来ておばあちゃんのお風呂問題(先月のガス使用量がたったの3m³でほとんど入ってなかったらしい、年を取ると入浴が面倒になるらしい)で話し合って私がお湯を入れてあげることになったり、で時間を摂られ、おまけにこんなメニューを作る事にしていたものだから合唱団に15分も遅刻してしまいました。これまでの火曜日メニューはシチューにサラダとかいう2品メニューが定番だったものでがんばりすぎた?
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-28 05:47 | 料理 | Comments(0)

倉敷中央病院で「オータムコンサート」


d0031853_10115235.jpg
10月25日(日)午後2時、入院患者さんや付き添いの方々、病院にお見舞いに訪れた人などを前に、歌ってきました。メンバーにお客様を数えたひとがいて、70人だったそうです。

d0031853_10252353.jpg
「秋のメドレー」の和音がとても難しく、特にアルトの音が取りにくいのが数箇所、最後までてこずりましたが、どうにかこうにか歌えました。指揮者がムードの盛り上げに一役、とハッピに着替え、鉢巻をして出てきたので、「秋のメドレー」では「秋祭り」の太鼓に模したパートを受け持つ女声、ここぞとしっかり「ドンドン、ド・ドン」と歌いました。
 「みんなで歌おう」コーナーの井上陽水の「少年時代」の2番に移るところが歌いだしが分からなくて歌わなかったりと多少の問題点はあったにせよ、高い天井の気持ちのよい会場にも助けられて、お客様のすぐ近くで歌うことができて、よかったです。私の右側は若い女性で、澄んだ声で「少年時代」を一緒に歌ってくれていました。左手には中年女性2人、こちらは「瀬戸の花嫁」になったらさすがに歌ってくださり、よかったです。
私的には、「遠くへ行きたい」の男声がメロディーの部分が「さすが混声の魅力」と思えて素敵でした。
終わってもすぐに席を立つ人もなく、病院側のスタッフのご挨拶の後に指揮者と伴奏者が花束をいただきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-26 10:39 | 合唱団 | Comments(4)

倉敷中央病院でコンサート


先日、こちらでお知らせしたコンサートの当日になりました。
衣装の用意もできたし、以前は楽譜を忘れて取りに帰ったこともあったからちゃんと入れたし、後で追加配布するプログラムも印刷して袋に入れたし、あとは集合時間に遅れないように、お昼ご飯を食べて行くのみ。我が家が会場にいっちばん近いです。学校時代は、校門の前の文房具屋さんの子どもが遅刻したりしていましたが、近いほど油断するみたい。私も遅れないようにしなくては。
d0031853_10393028.gif

[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-25 10:41 | 合唱団 | Comments(8)

親子給食だそうで


d0031853_4104921.jpgついこの火曜日、娘から、孫が自分の道具の整理ができない、学校の支度がなかなかできないなどの愚痴とか様々な家庭生活の不満などを聞かされました。(相当ストレスがたまっているなあ)孫は3月30日生まれの1年生なんだから、4月生まれの人に比べてもたもたするのは当たり前。「植物の種は落ちたところで根を張って生きていくのだから、あなたもその場所で不平を言わずに根を張って生きていかなければ」と、色々と考えられるアドバイスをしたところでした。
 そうしたら、親子給食があったそうで、献立は麻婆豆腐その他、親子でぺろりと平らげ、先生から感想は?と言われたら、1番に手を上げて発表したので誇らしく思ったのだそうでした。
 あれ?先日は不平不満が一杯だったのに?
 子供の一挙一動が不満だったり歓びだったり、子育ての時代はそんなものですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-24 04:17 | | Comments(2)

友の会料理教室で中華メニューを習う


d0031853_6352579.jpg秋の料理講座は3テーブル、15人の少なめ生徒さんでした。キャンセルがあったのでと言われ、入らせてもらいました。

d0031853_6361795.jpgテーブルには材料が分けて置かれていました。

d0031853_6364460.jpgマーラーカオ(中華風蒸しカステラ)の作り方を見ているところ。泡立て器はがーがーと言わせず静かにすること。目盛り1から順に早まわしにすること。普段がーがー組の私、ちょっと反省&目からうろこ。

d0031853_639228.jpg
高いところから一気に型に入れます。

d0031853_6393416.jpg強火で湯気を立たせた蒸し器に入れます。お湯はたっぷり、途中で蓋を取らないこと。(すぐのぞきたがる私、気をつけないと)

d0031853_6403397.jpg青梗菜の切り方講習。軸の太いところは縦にいくつかに切り分けること。

d0031853_6413634.jpg麻婆豆腐の講習。お豆腐は木綿のほうが絹より栄養価が高いって、知ってました?
木綿豆腐を私はしっかり水切りするのかと思ったら、このたびは水切りしないで使用したのもちょっぴり驚き。

d0031853_6434131.jpg隣のガス台では、青梗菜のオイスターソースがけの炒めにかかっています。油に塩を入れていためるというのも初めてなら、熱湯をそれにさして、・・・

d0031853_6443453.jpg熱が通ったらお湯を捨てるというのもびっくり。油もこれで取れるからヘルシー。

d0031853_6453215.jpg全体の写真からもれていましたが、先ほどの先生の講習であった、マーラーカオ(中華風蒸しカステラ)。

私の失敗。人参を、甘酢和えとスープの両方に入れるのだったのに全部甘酢和えに入れてしまい、あわてて取り出してスープ用に千切りにしたこと。マグロとアボカドのサラダのマグロの刺身の数を数えずにきってしまい、盛り付けのときに・・・私のお皿に入れるのを忘れて、あらら・・・、食べかけていた人のを分けてもらったりして失敗失敗。

d0031853_6462053.jpg
1テーブル5人で協力して作ったら、この献立が1時間もかからずにできたのは、さすが中華メニュー、切りそろえて、あわせ調味料を作っておきさえすれば、あっという間にできます。
 ・・・うちのIH調理器では、この中華なべでジャーンというのがねえ。。。悲しい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-23 06:48 | 料理 | Comments(3)

新しい暖房機


d0031853_6251484.jpgd0031853_6252826.jpg
いつも利用しているカード会社の、通販カタログが来たので何気なく見ていた夫が、「これ、いいのではないか?」と持って来た記事がこちら。
d0031853_6264472.jpg

6月末にガスを切ってオール電化の家にしたもので、これまでテーブルの下に入れて足元暖房として愛用していた「ニュー・ラジアント」という単純な構造ながら20年も長持ちしていて、まだまだ使えると思っていたガスストーブを、涙を飲んで人にお譲りしましたので、ずっとそれに替わる品を探していました。
 ・・・いいかも。 早速、注文することにしました。



d0031853_6294793.jpg
ガラステーブルも、上に逃げる熱を抑えるかもしれないとセットで購入。同じ様にテーブル下に。

d0031853_6303590.jpg熱がテーブルの木に少しでも伝わりにくいようにと、シートを貼っています。
電気代がどうなるかがちょっと怖いところですが、希望通り、ほんわかとした熱が足元に広がっていて、使い心地は「ニュー・ラジアント」と似た感じ。
今はまだしも、厳冬期にどうなるか?
とりあえず、よかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-10-23 06:32 | 住まい | Comments(2)