<   2010年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

兵庫県たつの市の古い町並みを散策

6月27日(日)、兵庫県たつの市へ行ってきました。
倉敷からの行程は約91km、うち有料区間約84kmでしたが、2,300円のところ1,000円にETC割引がありました。
この記事はメールマガジンWeeklyKURASHIKI 週刊くらしきタウン情報の記事としてもご覧いただけます。よかったら購読配信申し込みをお願いします。
d0031853_527382.jpg


d0031853_5305435.jpg
こんな経路で歩きました。(町の地図はクリックすると2倍になります)

d0031853_5331141.jpg以前止めたことがあるので、かなり奥まったこの駐車場からスタートしました。(実はそれより入れやすい市営駐車場ができていたのですが)
 調べてみると、龍野(合併により数年前からひらがなのたつの市となった)に行ったのは今回が5度目らしいことがわかりました。ブログを始める前の記事は、メールマガジンに掲載されています。この記事の末尾にそのときの、今回よりずっと詳しいもののリンクを張っていますのでよかったらそちらもご覧ください。


d0031853_5342189.jpg
この町は童謡「赤とんぼ」の作詞者の三木露風の生誕地なので赤とんぼをデザイン化した側溝のふたが各所にあります。ところどころで足元を注意してみて歩くのもまた一興。
d0031853_5352610.jpgd0031853_5354170.jpg

     続きはこちらをクリックしてごらんください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-28 06:05 | おでかけ | Comments(0)

自分のやりたかったことに挑戦―映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

雨の土曜日、夫は蒜山に行きたそうでしたが、雨では景色もよく見えないよ、と、映画を見ることにしました。次男に聞いてみたら、最近のお勧めは松たか子主演の「告白」。高校教師が教え子にわが子を殺されて・・・と言うサスペンス・推理物。あまり暗いのは娯楽として気楽に見られないし後味がねえ、と中井貴一主演の「RALWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を選び、MOVIX倉敷のネット予約をしてから出かけました。ほんと、ネット予約だと並ぶ必要が無くてぎりぎりに行っても席が確保されているので助かります。10時30分から午後1時までの上映時間。

d0031853_6452289.jpg
到着は開店の1分前でしたが、すでに駐車場は9割がた埋まっていました。雨だからみなさん思うことは一緒なのかな。夫はお楽しみのポップコーンとアイスティー、私はカフェラテを買っていざ。8番シアターはおよそ半分の入りでした。
 主演は中井貴一さん、大体のあらすじは新聞?などで知っていました。娘役はどこかで見たなと思ったら、朝の連続ドラマ「ファイト」のヒロインだった本仮屋ユイカさん。女子大生役でしたが、あの朝のドラマのころはまだ半分子供だったのが美しく成長したなと思いました。また、母親役、最初わからなかったけれど、奈良岡朋子さん。実年齢に近い役でしょうが、病気の年寄り役、しかも方言を違和感なく話していたのはさすが、と思われました。奥さんの高島礼子さんは都会的な主婦役でこれもエリートサラリーマンの妻としてははまっているかと。
脇を固めたベテラン陣、橋爪功・佐野史郎さん、アリとキリギリスの石井正則さんらは地味に地元の鉄道会社の人を違和感無く演じていてこれまたはまっていると思いました。
これは、と思ったのは、主人公と同期入社の、元野球少年の役の若い人、三浦貴大、彼は三浦と言う苗字だったのでもしや、と思って調べたらやはりあの三浦友和さんと山口百恵さんの息子さんでした。こんな若者になっていたなんて。彼もまた挫折した若者の感じがよく出ていてよかったです。
 少し無理があったなと思ったのは、事件があって辞表を出した主人公が事務所の外へ出ると、地元の人が「やめないで」と大勢集まってくるシーン、(そんなにタイミングよく集まるなんてありえないでしょう、と突っ込みを入れたくなりました)、それから「ホーランエンヤ」のお祭りの船のなかで中井貴一とその友達(役名も役者さんの名前も失念)が声高らかに歌う場面。漁師町の町単位のお祭りと聞いていたので、野菜作りをしていたおばあさんの家の息子がああいう船に乗ることはありえないけれど、中井貴一さんの歌声はかなり張りがあって、いい声だったので、ドラマの盛り上げに、地元の12年に一度のお祭りを宣伝する意味でも入れたのだろうと、まあ大目に見ることとします。

 で、ドラマそのものは、40代になっても自分のやりたいことをやっているか?、今からでもやろうと思えば道は開けるんだよ、と教えられていてとてもよかったし、個々のエピソードもとてもよくて、夫は何箇所も涙が出たと言っていました。
 それに島根の海(宍道湖?)をバックに走るのどかな電車の風景がまたすばらしくて、春から秋へと移る季節も稲穂などで現われていて、長いスパンで撮影されたことをうかがえました。私が子供の頃に利用していた、自転車を載せたり行商の人が乗っていた倉敷市の下津井電鉄の電車や、岡山市の西大寺の軽便鉄道を思い出してぐっと来ました。どの電車も廃線になってしまいました。
 それから、田舎の家に娘と主人公が行って晩御飯を食べるシーンでは、柱時計の時を刻むかすかな音が聞こえる静けさ。そうそう、昔祖父母の家に行ったら、あの静けさがあったっけ、と思い出しました。
 まだ見てない人にはお勧めしたい映画です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-27 07:09 | おでかけ | Comments(0)

我が家の食事


d0031853_27295.jpg
6月23日(水)の夕食です。水曜日は基本的に買出し日なのでお刺し身などのことが多いです。この日はかつおのたたき、新玉葱のスライスをたっぷりとポン酢で。あとは右からほうれん草の胡麻和え(青菜はだんだん高くなってきますが摂りたいものなので)、なすとピーマンと人参の揚げ浸しです。なすはこれまで4つ割にして斜めに細かく包丁目をいれてから長さを半分くらいにしていましたが、あとでお弁当に入れにくい長さなので、半割りにして斜めに包丁目をいれてから半月に切ってみました。人参は硬いので薄く斜めにスライスしています。油で揚げてから、水1カップ、みりんと醤油を各4分の1カップ、かつお節少々の中に漬け込みます。
味噌汁は豆腐、わかめ。

d0031853_2151653.jpg
こちらは倉敷中央病院の綜合保健管理センターに付属のヘルシーレストランルリエールのものです。健康診断を受けるとお昼がセットになっているものです。(一般のお客様も入れますがこのメニューは健康診断を受けた人だけのものです)
 赤米ご飯(男性170g・女性130g)、鰆の焼き浸し(ふくさ焼き、コラーゲン)、(左から時計回りに)山菜(みず)とたこのずんだ味噌かけ、サラダうどん(稲庭桜うどん)、炊き合わせ(かすみ茄子、彩り豆腐、出し巻き、生わかめ)、トマトサラダ、ひじき入り五目豆、デザート(抹茶プリン)、南京と焼き豆腐の味噌汁。
これで女性で670kcal、塩分4.7g(目標女性1日7.5g以下)、食物繊維8.5g(1日20~25g必要)・・・(頂いた説明書より)
d0031853_2354627.jpg
…1回の食事で摂りたい食品の組み合わせをわかりやすくプリントにあったので取り込ませてもらいました。

d0031853_240354.jpg
6月24日(木)の夕食です。メインはゲタ(舌平目、これから『岡山ソール』と言うブランドで売り出すとか?―西洋では高級魚も岡山では庶民の味です)の煮付け、ブロッコリーを一緒に煮て脇につけています。かぼちゃを、煮ると味が似てくるので、蒸して田楽味噌をつけて食べるようにしました。(市販のチューブ入りの手軽なものです)それに庭で取れたきゅうりの半割りをもろみで食べます。あとは冷奴、ご飯は炊き込み用の小粒の黒大豆入りです。

d0031853_2451047.jpg
6月25日(金)の夕食です。ミートローフをまとめ作りしました。合いびき肉500gと玉ねぎ1個をみじん切り、人参4分の1本をすりおろし、ミックスベジタブル少々、パン粉が無かったのでミキサーで食パン1枚を粉にして牛乳を入れて、卵1個と混ぜました。味は塩小さじ1ととんかつソース(しかなかったので)大さじ1、ケチャップ大さじ1。お弁当にも使う予定なので下味を加えました。大葉は飾り物だけではなくて巻いて食べます。サラダは自家製きゅうりと自家製アスパラ(2本だけですが)、トマトにツナ缶の油を切ってのせました。スープは玉ねぎ、人参、キャベツ、ベーコンを炒めて固形スープを加えたものです。上に乗っているパセリは、庭に生えたものをみじん切りにして冷凍していたものです。野菜がちょっと足りなかったかもしれません。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-26 02:52 | 料理 | Comments(5)

庭周りの片付け

 おばあちゃんをデイサービスに送ろうと、おばあちゃんのほうの門に車をつけてふと、門の脇のライラックの枝の剪定、花の後だから今がいいなあと思い、送り届けてから庭仕事にかかりました。ところが、南側の庭からおばあちゃんの門のほうの北側に行こうとしたら、お隣との境の路地になんとまあ、泥棒よけにと思ったのか、以前から棒を立てかけてあったのがエスカレートしてすごいことに。除けないことにはライラックにたどり着けません。それによくみると腐りかけた古い材木もあって、シロアリを招きかねない・・・

d0031853_20353069.jpgそこで思い切って路地のものを片付けにかかりました。以前住んでいた家の改築をした時に出た廃材だから、かれこれ30年近く前のもの、それにもう成人した孫たちが子どもの頃に座っていた子ども椅子の骨組み、布団干し用の器具の骨組みなど。

d0031853_20391446.jpg壊れたホースリールもありました。ひとまずこれだけ束ねました。まだ肥料の空袋だとか色々様々、ゴミ袋にして5袋分くらい。さらに、元気で園芸を楽しみにしていた頃の、りんご箱くらいの発泡スチロールの箱が5個、これは積み残しでまた今度に。
 ・・・それにしても、これらを片付けながら、家の歴史を思わせられました。義父は家の改築が好きで、昔の玄関を古書店にしていたのを洋間に変え、さらに広い玄関の間に変え、その時に出た床材が今回の廃材の中にありました。その一部はかつてウサギを外の小屋で飼っていたころには雨戸代わりに小屋にはめ込む板になりましたし、夕涼みの一畳台にもなりました(非常に重かったですが)。
捨てがたい思いがあったのかもしれませんが、この先使うあても無いので思い切って処分。
 路地がやっとすっきりしました。思い出のものだからといってうじうじしていては絶対にすっきりした暮らしは生まれないということですね。思い切りと、とっかかり。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-25 20:53 | 日常 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」158号ができました


d0031853_855080.jpg今回は記事が盛りだくさんでした。
ゆうくんが3ヶ月検診を受けたことがトップです。それから浴室リフォーム、私の同窓会、ぶどう棚作り、父の日プレゼントもらったこと、おばあちゃんのデイサービスからのお便りに写真が載っていたのでそれを、玉ねぎもらってほくほく、娘のお弁当作りサポート。
家庭生活も色々ありますね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-24 08:08 | 家族新聞 | Comments(0)

ほおずき ―黙って買い物しますか?―


d0031853_16213919.jpg
ホームセンターへ行ったついでに花の苗を色々見ていたら、ほおずきが目に付きました。うちのおばあちゃん、最近はぶどう棚を作ってあげたり、生協のカタログで落花生の苗を買って植えてあげたら非常に喜んで朝晩水遣りをしているので、ほおずきもあったら楽しいかな、と2株買いました。
 で、外のレジに並んだら・・・前にいたのはシニア男性と、その次に若い女性でした。私の前の若い女性、レジの順番が来ると黙って買った肥料の袋を置くと、黙ってお金を出し、黙ってレシートをもらい、一言も発することなく商品を受け取って行ってしまいました。何気なく見ていたけれど、普通の光景かも知れないけれど。
 私がえらそうに言うことも無いですけれど、「○○円です。」と念のためいくら出したかを声に出して言います。それからお釣りとかレシートをもらったら必ず「ありがとうございます。」と、ちょっと恥ずかしいので小さい声になり勝ちですがその人の働きに関してお礼を言うように心掛けています。どんなに簡単で単純な仕事だと思っても、自分がもしその人の立場だったとしたら、やっぱり声をかけてもらったほうがうれしいと思うから。
 随分前ですがご近所の奥さんが私に、その事をていねいだとほめてくださったのでそれまで自分でそうしようと思ってしていたことを認めてくださる人もいるんだなとうれしく思ったことがありました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-23 16:33 | 日常 | Comments(2)

”子育てをしない男を父とは呼ばない”・・・イクメンは偉い

 新聞やテレビなどで、子育てをするかっこいいお父さんのことをイクメンというと伝えられています。できる人はできることで育児に参加するのがいいと私もこういうもてはやし方には大賛成です。
 6月20日は父の日でした。実家の父は3人の子どもたちに何もしてくれたと言うわけではなかったけれど、職業柄休みが取れないし、そんなものだと思っていました。でも、弟は「キャッチボールもしてくれなかった」と少し不満があったと大人になってから聞きました。
 夫は子供達が小さいころは割合付き合ったほうだとは思います。子ども会とか剣道の試合の付き添いとかは私でしたけれど。時代が下るにしたがって子育てに参加する男の人は確実に増えていると思います。
子育てに参加しにくい職業とか会社から転職する人もいるとか聞くと、経済面は豊かとはいえなくても、温かい思いやりのある家庭ならきっとよい子が育つと思います。(反省をこめて)

d0031853_91549.jpg長男夫婦からは、お嫁さんが気を遣ってくれたのでしょう、100%のりんごやトマトなどのジュースが送られて来ました。実家のお父さんにも贈ったそうです。やっぱり家庭で贈り贈られる習慣があったから、かなあ。。

d0031853_925381.jpg
1時前ごろ、買い物に出ようとしたら、話に聞いたバケツをひっくり返したような雨というのが降ってきました。話し声が聞こえないくらいすごい雨脚でした。その中を出かけ、スーパーから出る頃にはやんでいました。ほっとしました。

d0031853_942143.jpgゆうくんデス。新生児用の服が着られなくなったそうで、新しい服でした。こうして脱皮して?いくのね。

d0031853_953535.jpg

うちのイクメンです。子どものころは万事スローな子でしたけれど、大人になったら優しい気配りのできる人になったようです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-21 09:06 | 日常 | Comments(8)

鞆の浦へ


d0031853_2173368.jpg
6月19日(土)、曇り空ながら久々の遠出。広島県福山市鞆の浦へ。行程は約59km、うち高速道路部分40.5km、高速料金600円でした。

d0031853_2261197.jpg
ともてつ(鞆鉄)バスセンター横の駐車場へ止め、横の売店で駐車料金1,000円前払い。そこで2,000円以上の買い物をすると500円返金してくれるとのこと。お店にあったこの地図を参考に、地図ももらって、お昼も近かったので(私は)「魚源」をめざして、いざ。

d0031853_2235279.jpg

少し歩くとこんな魚屋さん。のどかというか懐かしいというか。

d0031853_225356.jpg
素敵なたたずまいの門前の通り。

d0031853_229387.jpg
こちら「魚源」のお店。
d0031853_2293357.jpgこんな見本もあり,私としては「ここでお昼ご飯」と思っていたのに…
夫は先へ先へと。「ちょっと~、地図みてよ、この先には食べ物屋さん、当分ないよ~」

続きはこちらをクリックしてご覧ください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-20 03:28 | おでかけ | Comments(0)

印刷できない


d0031853_731024.jpg
7月11日(日)に合唱団でとある老人ホームでコンサートを予定しています。いつものようにポスターを作り、交渉している指揮者に渡し、ついでプログラムも作成。
で、いつものようにA4を半分にして小冊子の形式にプリント…しようとしたら、これが上段右端のページのみしか出てきません。
 EPSONのサポートにメールで聞いて、プリンタドライバーソフトを再インストールしてみたのですが、やっぱりうまくいかず。ここ4日ほど悪戦苦闘。OSはWindows7、Word2003ですがどこかが不具合を起こしているらしいのです。半年ほど前には何のトラブルも無かったところを見ると、Windows7を入れたことによるトラブルかな?
普通の1枚の紙だと印刷できるのに、この谷折指定のパンフレットが全くダメ。
困った。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-19 07:08 | パソコン講座 | Comments(0)

我が家の食事


d0031853_543184.jpg
6月17日(木)の夕食。いつもは水曜日に4日分の買出しをするのが、最寄会で行けなかったのでこの日行ってみると、丸々としたさばがあったので筒切りにして味噌煮に。おみそが自分で作った”手前味噌”で今年仕込んだまだ浅いものなので色が白っぽいです。それに身がやわらかくて背の高い破竹があったので、あまり実質はないだろうと2本買ってきて煮てみると案外量ができ、生協の品物を取りに来た義妹におすそ分け。それからこの日は梅雨の晴れ間で暑かったので今年初めての冷奴。
それから小松菜が1束98円、これは買わなくては、と4束まとめ買いしたものをジャーっと炒めて塩とオイスターソース、醤油で味付け炒り卵をふんわりと作ってトッピングしたもの。

d0031853_5495337.jpg
朝食。やっとボストンレタスが買えたので彩がよくなりました。しかし自分用には少し黄ばんだ外葉なので微妙、かも。ミネストローネのときは薄くスライスしなくても三角に食パンを切っていてもよかったのですが、夫はポテトサラダにするとパンの間に挟んで食べたいので、5枚切り食パンを半分に薄くスライスして軽くトーストします。(実質10枚切りの厚さ、サンドイッチ用くらい、「それじゃ持たない」と友の会の若い人には言われましたが、パンにはバターもジャムも何も付けないのが夫流なので私も何もつけません)果物はなるべく国産の、かんきつ類。この日は広島産の甘夏。

d0031853_5512052.jpg
6月18日(金)の夕食。まとめ買いした小あじを頭を取って背開きにして、背骨のところも半分くらい開いて火が通りやすくして塩をして保存しておき、から揚げにしました。買出し日、小エビもあったので殻をむいておいて冷凍、でも冷凍するほどでもなくおからに入れました。おからも沢山できたので、またやってきた義妹におすそ分け。小松菜も簡単なのでまたジャーっと炒めて塩とオイスターソースと醤油、それに炒り卵。(卵が余りがちなのです、朝ゆで卵半分だから取りすぎではないと思います)味噌汁はしめじと豆腐。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-06-19 05:59 | 料理 | Comments(2)