<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Word2010で苦戦中


d0031853_215823100.jpg
合奏団で12月24日に老人施設でクリスマスコンサートをすることになり、楽しそうな感じがいいかな、とポスターを作りました。これを代表のFさんがA3で印刷して先方に届けるそうです。
そして…

d0031853_21595265.jpg
A4横を谷折りにする設定でプログラムを作成中なのですが・・・・最近Office2010を入れてWord2010になったので、今まで使っていた機能がどこを開けたら出るのかが分からず戸惑うことばかり。時間ばかりかかっています。使いたい機能はどこに?マニュアル読むのはめんどくさい私です。日中は家事やら義母のことやらで、夜中パソコンを開くとついついブログやネットのほうに行ってしまって能率の悪いことといったら。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-28 22:03 | 合唱団 | Comments(4)

学芸会―去る者は日々にうとし…か

27日(土)午後、娘が孫のプールの送りかなにかがあってついでに、と向こうのお父様の丹精した白菜や水菜、大根を持ってきてくれ、「実はきょうは学芸会だった」とのことで、デジカメで撮ったという映像があるというのでパソコンに取り込んで見せてもらいました。
このごろは休日でも友達と遊ぶほうが楽しいと言ってなかなかこちらには来たがらないとのこと。しかも「倉敷おばあちゃんきょうは来るの?」「来ないよ」と娘がいうと、「あーよかった」と言っている映像があって、ちょっとショック。どこがよかったのだか。うちに来てもそれほど楽しいことがないというのはわかるけれど。それと一緒に暮らして学校から帰ったらいろいろ世話をしてくれたり物を買ってくれたりする向こうのおばあちゃんがいいに決まっているけれど。
 娘から、孫は向こうで余りにも物を買ってもらいすぎると言っていたので、こちらは物を与えるのはやめよう、とか、外食はできるだけ控えて家にあるもので食べるというのも教えたいとやっているうちにこちらはつまらない、と思ったのかもしれません。
 昔私の母は、私の子供たちを遊びに行かせると必ずと言っていいほど遊園地だとかどこかへ連れ出して遊んでくれ、写真もたくさん撮ってくれていました。母は若くして子供を持ったものだから若い祖母でもあったのですが、今にして思えばあの行動力はすごかったと思います。今同じことは私にはとても出来そうもなく、孫の気持ちは引き留められないなあと残念に思います。

 ともかく、学芸会の映像を見ると

d0031853_21243524.jpg「三人太郎」という劇で、うちの孫は「すいか太郎」のおばあさん役。家事をしている様子を、なたみたいな大きな包丁でにんじんを薪割りみたいに切っているところで笑えます。

d0031853_2125718.jpg大きなすいかがとれたので、おじいさんと一緒に切ってみよう、というところでは、おじいさんがその包丁を取ってばっさばっさと大ナタを振るいます。(おいおい、そんな風に切ったら中のすいか太郎さんが切られない?)と心配になるほど元気なおじいさん役。

d0031853_21253981.jpg桃太郎ならここで「キビ団子」なのですが、すいか太郎さんは仲良く遊ぶのが大好きな子。渡すお団子は「ハッピーフレンド団子」なんだそうです。

d0031853_21261451.jpgなぜか鬼退治に行くところがミュージカル仕立てで、しかもうちの孫はひげをつけてひげダンス。一同の中で一人ひげ?
 あとは「しょうねんかいぞくだんの歌」やら合奏やら。やんちゃ坊主やかわいい女の子たちのなんともごちゃごちゃな劇でしたが、それぞれに出番があって小道具や大道具も子供や親の手作りで楽しい学芸会でした。教室であるもの身近で出番が多くていいですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-28 03:01 | | Comments(1)

ゆっくりゆっくり朝ご飯

 このごろ義母の朝ごはんがだんだんゆっくりになってきています。
デイサービスに行くという張り合いがなくなったせいもあるのでしょう。
ゆっくりなのは見越してヘルパーさんの訪問時間を11時にしてもらっているのに、昨日は「まだあと1時間もあるから大丈夫よ」と朝食のお盆を前に読みかけの句誌を見たり、居眠りしたりしていて、結局シャワー浴に取り掛かるのを待っていただいてしまって。
 でも、昨日は若手ヘルパーさんにシャワーで洗ってもらいながら「こんなにきれいになったらまた嫁に行こうかしら」などと冗談を言うなど口は元気で茶目っ気たっぷりなところがおかしい。ヘルパーさんの仕事に対する気遣いでもあるようです。
 今朝は、昨夜夜中にまた起き出して戸締りを何度も確認した模様で、そのせいで手術箇所の右太ももが痛いと言ってみたり、(それは当たり前ですよ、という言葉も飲み込んで) 眠いのか、途中お布団にもぐりなおして寝てしまっていたりして何度も起こし、朝食のデザートの梨を午後1時になってまだ食べているというありさま。苦手の青汁はまだ半分ほど残っていました。
(その合間に私もこちらで家事をしているのだからしょうがないと言えばしょうがないのですが)
友の会にセールの衣類をもって行きたいのでこちらも内心イライラ。しかし表面にこやか(なつもり)に「あまり遅くなると歯磨きもずっとながくできませんし、早く食べましょうよ]と促すと、「どうせ年寄りは・・・放り込んで食べりゃいいんでしょ」とばかりにすねたようにパクパク。しまったと思ったけれど、こちらも出かけたい時もある。時間が…と焦ると逆効果。お医者に出かける時も、決してせかしてはいけないのです。せかすと逆効果なのは何度も経験済み。焦らずゆったり構えなければ。
 裏ではセールに出す不用意類を車に積み込む用意をして、母の朝食が終わるのを待っている午後1時過ぎ。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-26 13:09 | 老いということ | Comments(2)

実家の母に孫を見せる

孫が生まれてこの方実家の母に見せに行けていなかったので、23日の祝日に初めて行きました。
家族新聞「あじさい通信」を持参しようかとも思ったのですが、郵便受に入っているのもうれしかろうと、前日にたくさんの写真を同封して郵送しました。明日くらいに着くよ、というとやはりそのほうがうれしそうでした。

d0031853_343993.jpg
弟のところの孫(母にはひ孫)も抱っこしたことがないのよ、と言いながらゆう君を抱っこ。ゆう君、自分はいったい誰に抱っこされているのかな?と思ったのかのけぞって後ろを見ながら抱かれていました。
 前日にちょうど「徹子の部屋」で中村メイコさんの「終活」つまり人生の終わりの支度についての話をしていたのと同じで、母も身辺整理をしている話、かなり撮りためた写真なども捨てたけれど、捨てがたいものがまだ残っている、と話しながら趣味の写真サークルや県のコンクールなどで賞を受けた作品のアルバムを出して解説してくれました。
 前日には夕方、岡山のシンフォニーホールに西本智実さん指揮のラトビアだったかのオーケストラのコンサートに行くために電車に乗ったら、なんと途中の駅で信号機の故障かなにかで2本運休の後だったので満員で、座っているのは白髪の老人ばかり、母も老人なのに立ちっぱなしだったのだとか。好きなクラシックのコンサートにはよく出かけているそうで、40代は祖父母の介護に明け暮れたのを見ていますし、64歳で連れ合いと死に別れましたが、1人になっても行動派で楽しくやっているようで安心しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-24 03:13 | しみじみしたこと | Comments(4)

医療ミスってこんなこともあるんですね

私はふつうの検診だと乳腺が発達しているせいかいつも引っかかるので
大学病院の乳腺甲状腺外科で受診し、毎年いらっしゃいと言われていて
来月受診の予定。

http://saigo.exblog.jp/13675766

上記ブログを見てください。
西郷輝彦さんのブログですが、高名な医者、というのを信じていたら
そこにはとんでもないからくりがあったということ。
ネットを信じるととんでもないということ。
セカンドオピニオンの大切さを訴えていらっしゃいます。
他人事ではありません。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-23 03:34 | 健康 | Comments(6)

お友達ークモ子さん


d0031853_11463279.jpg
今日は雨・・・ヘルパーさんが来てくれて、義母はシャワー浴をしてもらっています。足湯もするので結構あったまっている様子です。窓から見える風景は、お隣の借景ですが、常緑樹なのでそれほどの変化はありません。相変わらず義母は窓のカーテンと障子を開けてあげると、「くも子さーん、今日も頼むよ!」と声をかけています。
だんだん寒くなって来たし、動かなくなったそうです。

d0031853_11484884.jpg
窓辺に巣を張るクモ子さん、もしかしてもう死んでるんじゃ・・・義母には言えず、まるであのオー・ヘンリーの「最後の一葉」みたい。
 義母は大腿部の傷跡も渇いてきて、この次からはシャワーにも傷跡をテープで被わなくてもよくなりそう。お風呂場にはヘルパーさんの肩を借りて歩いていますが、だいぶ歩けるようになって、今度はまた夜に歩いて転ばないか心配で一層の見守りが必要となってきています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-22 11:51 | 老いということ | Comments(2)

家族新聞「あじさい通信」163号ができました


d0031853_726128.jpg今月のトップ記事はおばあちゃんの骨の手術、入院です。
それからゆう君のお散歩、夫婦の誕生日、ふなめしのこと、次男が昨日洗車のために帰宅したこと、囲みのトピックスはゆう君に初めての歯が生えたことでした。
私にとっての大事件は大学寮の友人たちとの旅行でしたが、家族新聞では小っちゃく取り上げました。その時のご縁で買った積み木でゆう君が遊んだことのほうが当然扱いは大きくなっています。
今月号も盛りだくさんでたくさんの出来事があったなあと振り返っております。
この後ネットで写真屋さんに写真のプリントを頼んでから新聞と一緒に実家の母やらお嫁さんのご両親やらに発送する運びです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-21 07:30 | 家族新聞 | Comments(2)

紅葉の倉敷美観地区を歩く sanpo


d0031853_6444084.jpg
11月20日(土)午後のひと時を散歩に出ました。倉敷美観地区ではこの左手、大原邸の前の楓が一番きれいな紅葉です。

d0031853_64532100.jpg
お屋敷の土塀をバックに紅葉が映えます。ここは西日が当たるときれいです。

d0031853_646361.jpg
大原家のお向かいの喫茶エルグレコを覆う蔦も今が見ごろ。

d0031853_648685.jpg
北田証券の板書のチョークの文字にはいつも感心しています。どなたがこんな美しい文字で株の状況を書かれるのでしょう。

d0031853_6491934.jpg
観光川船はお客さんにも菅笠をかぶらせてくれるサービス?いつからなんだろう。
先日美容院に行ったら、結婚写真の前撮りでこの船に花嫁衣装を着けた人も乗るらしい。
外人観光客はずーっと撮影隊についてきて「ラッキー、ワンダフル」とかなんとか言うんだそうで、迷惑だけどしょうがないそうです。確かに、外国に行って民族衣装の花嫁さんをみつけたらそれはもう、喜ぶでしょう。

d0031853_6514872.jpg
川下の前神橋のほうから見た倉敷川。本当にこの日は雲一つなくて、いい時候、観光客もいっぱい。

d0031853_6525249.jpg
川沿いのかまぼこ屋さんに初めて入り、あん入りのお団子とグリーンティーで一休み。このお店、そんなに古いのではないのですが、立地がいいので繁盛しているみたい。

d0031853_6542328.jpg
ホテルアイビースクエアや児島虎次郎記念館への路地も大勢。左手は倉敷織物研究所。故外村(とのむら)吉之助先生が沖縄から倉敷紡績に来ていた女子工員さんに織物を教えたのが始まりとか。芭蕉布なども彼女らが故郷に帰って伝統を受け継いで続けているとかうかがいます。
おかげで沖縄の竹富島だったかへ行ったときには「倉敷から来ました」というと歓迎されました。
d0031853_6565274.jpg
人だかりがしていたので見ると、少年が白鳥に餌をやっているところでした。絵になるというので素人カメラマンが多数いたのです。

d0031853_658850.jpg
倉敷考古館はその前の石の太鼓橋、中橋と柳がセットになって倉敷の象徴みたいな風景ですが、横のなまこ壁も美しいですね。

d0031853_6591780.jpg
考古館の北側から西へ行く路地、右手はギャラリー十露(じゅうろ)。ここも以前は汚らしい崩れかけたような蔵の壁だったのがきれいに修復されて活用されるようになり、この舗装もつい最近玉砂利風?に改装されてきれいになっていました。

d0031853_711257.jpg
本町の古書店「蟲文庫(むしぶんこ)」。お店の構えのほうばかりいつも見るのですが、2階の窓の格子が一番古いタイプ?であることに初めて気づきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-21 07:02 | おでかけ | Comments(2)

誕生日、でした。

11月19日(金)は私の誕生日でした。
なのに1週間ほど前、夫が大学時代の友人と外食に行く、というので、「あっそ。私の誕生日なのに。」というと、夫はしまったという顔をしたのに、その後キャンセルすることもなく、そのまま外食。

d0031853_2554320.jpg 夕食はまたふなミンチが手に入ったので、

d0031853_2584411.jpgd0031853_30419.jpg義母の喜ぶふなめしと、小松菜お浸しなど。母にお食事を届け自分は一人での夕食。

d0031853_2564639.jpg
くやしいからショートケーキを買ってきたので一人で食べました。しかも、ショートケーキ1個というのは買いにくくて、2個買ってきたのを、義母に食べさせてあげようかと思っていたのに、お食事がとってもゆっくりだったものだからあげそびれて、夫の帰りを待ってもなかなかだったので11時ごろやけ食いしてしまいました。太る~。。。。

夫が遅いので9時過ぎお先に入浴。
いつものように体重計に乗ったら、さっそく太っていたことと、それよりも何よりも、お利口な体重計に年齢が一個増えて表示されて、ま、私の誕生日を知ってるんだ、と思ってびっくりしたりがっかりしたり。

 でもいいこともありました。英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルをしている(た?)吉田都さんが主役を務めた「ロメオとジュリエット」をNHK教育テレビで午前1時40分まで通しで見られたことです。
 最初に本人へのインタビューがあり、普通の振り付けだと自立する踊りが多いのに、この振り付けは相手役に体重を預けることが多くて戸惑ったこと、相手を信頼して体を預けたことなどを話されていたので、そういう見方で見ました。
 あの「ウエストサイド・ストーリー」のことも思い出しつつ、中世の重厚な衣装や、吉田さんの軽やかなジュリエットの踊り、ロメオ役の人の顔や首筋に光る汗、男性陣のタイツにエロチックだなあと思ったり、バルコニーの場面などではなるほど、ロメオにしなだれかかるような振り付けで、相手を信頼していないと倒れてけがをするなあ、と思いつつ見たり、大変楽しませてもらいました。カーテンコールもすごくて、すでに出番が終わった群舞の出演者たちは着替えていて吉田さんにカメラを向けていたり、引退を惜しんでか花束が山のように渡されたり、大勢吉田さんにハグしたりして、スタッフたちにも愛されている様子、吉田さんよかったわーと感動。
d0031853_4293436.jpg

(NHK劇場中継の詳細サイトhttp://www.nhk.or.jp/art/archive/201011/03music.html 
http://www.nhk.or.jp/professional/2010/1025/index.html「プロフェッショナル 仕事の流儀」、見損ないましたがこの予告編をみて、ぜひ見たかったのでした。
これが私の誕生プレゼントだったかもしれませんね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-20 03:02 | 日常 | Comments(6)

誕生祝 

 本当は18日なのですが、長男の休みが17日になったので、1日前倒しで夫の誕生祝いをしました。といっても、集まってご飯を食べたくらいですけれど。

d0031853_120595.jpg
先日高山のオークビレッジのアウトレットで買った積み木をみんなで見ました。いろんな素材の無塗装の木が使われていて、それぞれの木の名前が焼印で押してあるのに興味を持ってもらいました。孫が少し大きくなったら、それらの木の名前を覚えることでひらがなが覚えられるでしょうし、そのうちそれらの木が生えている様子を図鑑で調べるかもしれないし、と夢は広がります。
ゆう君は8か月になり、お座りも上手になって安定しています。
d0031853_1241274.jpg
d0031853_124414.jpg
またがらせてみたけれど、足がつかないしにぎり棒を持たないでなんだかぱーっと手を広げるので、乗ってあそぶようになるにはまだだいぶ先のようです。

d0031853_126933.jpg
ご飯は、エビ、イカ、帆立、あさり、手羽元、赤と黄色のパプリカやトマトなどの入ったパエリヤと、かぶとリンゴのサラダ。あいにく義母はここまで歩けないというので、ベッドサイドに運びました。
お料理を作る間はお嫁さんと私のお話しできる時間で楽しみです。孫が歩行器で玄関まで行って靴ベラを持っていたとか、離乳食がここまで進んだとか、育児に関することやお料理のことなど。
今回は、「昼ご飯の片付けの時に夕食の下ごしらえをしておけるようになったり、息子が帰宅する時刻に合わせて夕食作りにとりかかるようになった」というものでした。そうそう、1品でもあらかじめ昼食の後に下ごしらえとかをしていると、夕食の前になってあわてなくてすむしとてもゆったりできるわね、とアドバイス。主婦としてのお嫁さんの成長ぶりがうかがわれてとてもうれしいひと時です。それにこの時はお料理を教えるチャンス。(といっても私のすることだから大したことはできませんが。)それと近頃は私のしていることを見て次に自分のすべきことを察してさっと食器を出したり食卓に運んだりしてくれるようになり、うれしい限りです。

d0031853_1284813.jpg
会社の親睦会からケーキが出るのですが、1日早くしていただきました。昔はもう少し大きかったので、翌19日の私の誕生日に残り半分を食べていたのですが、今年は義母も入れると大人5人でショートケーキ1切れ分くらいの大きさで、一度で食べきれてしまい、私の誕生日には何もなし・・・夫はしかも友人と外食だそうなので、(いいわ、お手盛りで1人ショートケーキでも買ってきて食べるさ)。
夫もいい年なのでろうそくはともさず、ただおめでとうだけで、先日桃のお礼にともらった栗風味の紅茶を入れて食べました。香りが栗で味は普通の紅茶なのですが、どうなってるんでしょう?不思議でした。ケーキを4分割した後で私のを半分こして義母にも持って行ったら、きれいに食べてくれました。おいしいものね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-11-18 01:34 | 元気が出たこと | Comments(4)