<   2010年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

おせち料理ーエビの柚子煮など


d0031853_1345029.jpg
28日から時々とろ火にかけては鍋帽子に入れていた黒豆、試食してみたら味がしみて軟らかくなっていたので容器に入れて冷蔵庫へ。

d0031853_136268.jpg
こちらは頭のついたクルマエビ、ではなくてブラックタイガーですが、煮魚くらいの煮汁にゆずの輪切りを入れて煮ます。煮汁ごと保存します。以前は鬼殻焼きにしていたのですが、それだと保存したらパサつくようなので、煮ることにしました。

 野菜のお煮しめを梅花にんじん、タケノコ、とお正月くらいはと1品ずつしていたら手間がかかること。その最中に電話。「おれだけど」「オレじゃわからんわ」というと、相手も乗ってきて「オレオレ。300万ほど振り込んで」。次男でしたけど。

d0031853_1401912.jpg
広島へ行っていたそうで、おなじみ「もみまん」こともみじまんじゅうのお土産ですが、これは「生まん」だそうです。さっそく3時のお茶で食べました。

d0031853_142549.jpg
カステラ生地ではなくて、お餅みたいな皮でした。なのにきつね色なのが不思議。


d0031853_143592.jpg
夕食はおでんでした。この時期、スーパーにはおせちのかまぼこ類がほとんどなので、ネタは生協の予約と、牛すじと、里芋、卵、うちの大根です。
夫はこんにゃくが大好き、義母は里芋や大根、それにやわらかな絹厚揚げがお好み。私は肉食系?牛すじが大好き。住み分けができているので助かります。
 実は夕食前、縁側で大きな音がして行ってみると義母が竿を取り込もうとしたら転んだとのこと、また骨折でもしていたらとぞっとしましたが、幸いけがはなかったようでほっとしました。

ぽちっとよろしくお願いします。お初にお目にかかります。オリジナルGIFアニメの「ホザキねこ」です。時々なにかホザくので?
d0031853_3304661.gif

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-31 01:45 | 料理 | Comments(8)

地元紙に投稿が掲載されて

お正月の準備でおおわらわだった29日午後4時ごろ、実家の母から「新聞読んだよ、よかった」との携帯メールが。かねて2つほど投稿していたのが掲載されたらしい。
と、あわてて新聞を広げてみると、20面の投稿欄「ちまた」の下のほうにありました。実はこの日、この同じ欄の一番上の記事が知り合いと同じ名前の人だったので注目したものの、その下は読んでいなかったのでした。
d0031853_220340.jpg
投稿したときのタイトルは「うれしかった話」というのでしたが、わかりやすく書き直されていました。多分この話には新聞配達の人が出てくるので、新聞社としては採用につながったのでは?とも思えます。
さっそくその話のタネをくださったご近所の奥さんに電話。それにもうお1人、私の記事が出るのが楽しみ、と言ってくださった、母と同年代のご近所さんにも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-30 02:22 | うれしかったこと | Comments(2)

おせち料理準備

この時期いつものようにバタバタとお正月準備をしています。
26日(日)夫と買い出しに行ったので、いつもは27日に購入するお飾りも購入。29日にはもういいのは売り切れ状態だったので、これくらいでよかった。それに「一夜飾り」は嫌われるというのでいつも30日に飾るところを28日に飾りつけました。八だから末広がりで縁起を担いだもの。
 28日にはお花も生け、黒豆の準備と、五目酢和えという昨年の「暮らしの手帖」の記事から作ってみることにして準備しました。それに「ブリ雑煮」のところの塩ブリの作り方も見てその通りにしました。いつもいい加減にするところを、たっぷりのブリを入れたお雑煮にできそう。

d0031853_157676.jpg
こちらの記事を参考に・・・

d0031853_1573289.jpg
塩ブリを作りました。「強塩(ごうしお)」と言ってブリの下にも上にも大さじ1ずつの塩をして、出た水を捨てながら3日間置いておくとハムみたいになるそう。それを茹でてお雑煮にします。

d0031853_1592847.jpg28日夜から皮をむいて水にさらしていた鳴門金時と、miyakeoriibuさんにたくさんいただいて家の裏にネットに入れて保存していたくちなしの実を入れて29日、きんとんを作りました。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-30 02:01 | がんばったなあ | Comments(1)

デパ地下で水漏れ、水道管の破損か?

d0031853_1015126.jpg

倉敷天満屋地下が水漏れで大変です。
お年始のお菓子を買いに倉敷天満屋の地下に朝、開店間もない時間に行ったらなんだか変。赤いテープで囲って、掃除機みたいなものが稼働していて。「あれ、まだお菓子を並べているのかな?」
と思ったらなんと、天井から水が漏れていたのです。しかもその漏れ方がだんだん激しくなり、範囲も広がってきて、お菓子のショーケースを濡らさないようにとシートをかぶせたり、雨漏りみたいに受ける容器を、最初はバケツみたいなのでしたが足りなくなって大型ポリ袋をかぶせた段ボールがあちこちに登場したりガードマンがモップで床を拭いたり、応援をトランシーバーで頼んだり。
 そのうち脚立で天井裏へ入る人も見ましたが。
 お菓子売り場の面積の5分の1から4分の1くらいが雨降り状態。旧三越の店舗を改装したものですが、天井裏の水道管が古くなったものか?
 年末の書き入れ時なのに、お菓子屋さん、お気の毒でした。

追記:この下のコメントにusatyuさんが書かれていますが、この日の午後はテント状に布を天井に貼っていたみたいです。
30日(水)に夫と行ってみると、何事もなかったかのように天井はきれいになっていました。たぶん工事の人が夜中とかに突貫工事で天井板を張り替えたのかもしれませぬ。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-28 10:15 | Comments(2)

ババ友

さっき買い出しにスーパーへ行ったら、押し車を押した90近いと思われるおばあちゃんが3人連れでいました。
「あんた、タケノコがこんなところにあるよ。」「どれどれ。」「あ、それ、てっぺんがないわ」「うん、1本だけ入っとってちょうどええなあ」「そうそう、1本で十分すぎるわ」
「れんこんはええのがなかったなあ」と言いつつ買い物していました。
ちょうどレジでもそのうちのお1人が私の前にいて、見ればリンゴ1個、キャベツのちょっとしなびて赤いテープの割引になったもの4分の1個、きゅうり1本などとささやかな、800円ほどのお買いもの。
 ごぼう4本、金時にんじん3本、鳴門金時芋3個、などなどの大量の買い物をした私、いずれ一人になったらああなるのかなあ、でもあんなお年寄りでもお友達と仲良く買い物できたらいいなあ、と思ったことでした。
 家に帰ると、お向かいの小学生の女の子が立っていて、寒いのに「お稽古に行くの?」と聞くと、「お友達を待ってるの」とのこと。小さくても年寄りでも、友だちっていいもんですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-26 14:05 | しみじみしたこと | Comments(0)

年賀状作りでおおわらわ

 只今年賀状作り真っ最中です。
クリスマスコンサートとミサ列席が終わり本気になったのですが、郵便局は受付25日までとは。このところ25日以前に出せたことはあまりなく、世間も年々投函が遅くなっているのもうなづけます。
 宛名は「筆まめ」ソフトでプリントするのですが、夫の会社向けだとか、夫の友人向け、親類向け、私の友人向けなどなど、内容によって数種類に住所録を分けていて、種類別にプリントします。一番単純で儀礼的なのから、ということで、なぜか一番近い夫の会社関係の物が1番にできます。
一番考えるのは私の友人関係の物。自由に出来るからで、どう遊ぼうか、パソコンとにらめっこしながら楽しく苦しく、考えております。
 このところは1年の出来事を報告するような内容なので、家族新聞があるからだいぶ助かります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-26 11:30 | がんばったなあ | Comments(0)

クリスマスミサに列席

 「かくれキリシタン」(江戸時代のそれとは別の意味です)を自称しているわたくしも、年に1度だけはとクリスマスミサに列席しました。
 数年前で深夜のミサがなくなってしまい、午後7時には家族と食卓を囲むもので、必然的に25日午前中のミサに出ます。例年、こんな不信心者の私でも数人は知り合いがいるのですが、今回は元気なKおばちゃま(式服を身にまとい、神父様の助手をお勤めになっていた)と、寮監でかつてお世話になっていたシスター(あだ名がゲルちゃんのほうと間違えた)Mのお2人しか認められず、大勢の参集にもかかわらず寂しいものでした。
 カトリックはグレゴリオ聖歌なので平板な音が続き単調なものなのですが、式次第の決まり文句は大体唱えられるので困ることはなく、清らかな中に緊張感と、クリスマスの喜びとに包まれた集まり。歌は普段から週1回歌いなれているので声も滑らかに出るし、歌のところになると俄然張り切る私でした。
 しかーし、途中から遅れて私の隣に座った男性、熱心な信者と見えて、率先して歌うのはともかくも、まわりの人をリードしようとする思いもあるのか、声がやたらに大きすぎる!!しかも、というか、歌の訓練をされた声でないので耳障りな大声。参りました。でも途中から彼のテンポにできるだけ添わせるようにと頑張って私も歌いました。
 もう一つ困ったことは、神父様が、肌の色では差別意識は全くないのですが、コンゴ出身らしい漆黒の人、それよりも、言葉がたどたどしく、決まり文句は慣れていらっしゃるからいいものの、お説教が分かりにくく、テンポがゆっくり過ぎて…眠くなりました。お年寄りたちも多かったのですが、意味を理解できたのかしら。もう少しメリハリのあるわかりやすいお言葉のお説教が聞きたかった、というのが正直なところです。
 でもでも、久しぶりに聖堂に大勢の人たちと集まり、御ミサに参列できて、うれしく、最後には小さい袋のお菓子も配っていただけて(そんなの初めて)、実はサンタさんが配るはずだったのですが、(たぶん外国の人が扮する予定だったか?)服が小さくて入らなかったとのことで、せっかくの企画が流れたみたいでした。
 ともかく、寒い中を自転車で往復して、運動不足を実感したクリスマスミサでした。


d0031853_1741592.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-26 11:23 | しみじみしたこと | Comments(0)

うれしかった話

 先日、ゴミステーションの資源ごみ当番で立っていた時の話です。
 ご近所の奥さんが、「こんな話、新聞投稿(10月20日付の地元山陽新聞に『ごみを拾う人』と言うタイトルで掲載)するようなあなたにだったら聞いてもらえるかと思って」とお話しされました。その話というのは、
 
 先日のふたご座流星群があったとき、たまたま朝5時半ごろ目覚めて外へ出て見てみたら、流星が見えた。今は子供たちは成人したけれどかつて5人家族だったので、5つ見えたらいいなあと思っていたら本当に5つも見えて、特別なすがすがしい感動を覚えて、近くに誰かいたら話せるのに、あいにく夜明け方のことで誰もいない。と、そこへ女性の新聞配達の人が通りかかったので、「お仕事中邪魔してごめんなさい。今、流れ星が5つも見えたのでうれしくって」と話をしたら、なんとその人も、「3時半から仕事をしていますが私も3つ見えたので誰かに話したくてしかたなかったところです」というのだそうです。お互いに、見えてよかったねえという思いでついハグしてしまった。

 というのでした。私もかつて娘が嫁に行く前、しし座流星群が見られるかな、と夜中に庭で2人、毛布をかぶってみたことを思い出し、「まあ、よかったですねえ」と答え、その方が私を見てそういう話をしたら聞いてもらえそう、と思ってくださったことも二重にうれしくて、気持ちが温かくなりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-25 00:15 | うれしかったこと | Comments(2)

クリスマスコンサート

お呼びがかかったので、玉野市の某老人施設にクリスマスコンサートの出前に行ってきました。
私も少し前なら無理だったのですが、義母がデイサービスに行ってくれるようになったので参加できることになりました。平日だったり年末だったりして仕事などのため出られないメンバーも多くて、少し残念でした。
ポスターも事前に貼っていただき、プログラムもかねて私が編集して印刷したものを皆さんにお配りして、一緒に歌っていただきました。
途中、「月の沙漠」と曲目紹介をすると、まだこちらが歌い出す前から最前列の男性が大きな声で歌い出し、キーボードで音取りをしてもらっていた音が分かりにくくなるというハプニングも。それくらいあって、みなさん「月の沙漠」は声高らかに一緒に歌ってくださいました。

d0031853_17132377.jpg


d0031853_17165449.jpg
クリスマスの歌に入る前には、サンタクロースにふんした男性メンバーや、三角帽子をかぶった女性メンバーにより小袋に入れたお菓子を皆さんに配りました。

d0031853_1742870.jpg
指揮者もサンタさんの服を着て。
天井が低かったせいか声がよく響いて気持ちよく歌わせていただきました。私たちにこうして発表の場を与えていただき感謝。今年の活動はこれでおしまい。来年まで、良いお年を、と言うことでメンバーたちと別れました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-24 17:06 | 合唱団 | Comments(2)

家族新聞「あじさい通信」164号ができました


d0031853_1656439.jpgこの1か月は特別にニュースが多くて、何をあげようかと苦心するほどでした。
 トップは実家の母にひ孫のゆう君を見せにやっと行けたこと、それに義母を連れて行けたこと、にしました。次は先月号に娘のところが載ってなかったので、大なわとびと、学芸会のニュースを。
それから義兄が帰省した時の会食風景。
あとはゆう君サンタさんがとてもかわいいことなど。
お嫁さんが初めて実家にゆう君を連れて里帰りしたのですが、そちらは画像がなかったのでこちらには載せられませんでした。
一族が元気でニュースが多いと家族新聞もやりがいがあります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-24 17:00 | 家族新聞 | Comments(0)