<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

寒中見舞い

 昨夜、年賀状のお年玉くじを仕分けしていて、ここ3年分のも整理しようとざっと見ていたらなんと、独身時代にお世話になっていたある人からの転居のお知らせが3年前の年賀状にありました。
 たくさんの中でつい見逃していたらしく、そういえばここ2年、来ていません。あらー。大失敗。すぐに寒中見舞いを、年賀状の内容を含めて書きました。もう引退されて一人暮らしをしているらしい人なので、寂しい思いをされていたのでは、と心が痛みました。見直してよかった。
 ちなみにお年玉くじは切手シートが3つ当たっただけでした。まあまあ、こんなものでしょうか。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-31 10:24 | 反省したこと | Comments(2)

吉備津神社を訪ねて

(おわび)せっかくのお出かけだったのに、うっかりデジカメを忘れて行ってしまい、携帯の画像になってしまいました。小さくて申し訳ありません。

 こちらの記事は、メールマガジンWeekly KURASHIKI 週刊くらしきタウン情報 に連載中の「Keikoのお出かけ日記(358)として掲載されています。よかったら上記リンクで受信申し込みが出来ます。バックナンバーもご覧いただけます。


d0031853_17104316.jpg
この1週間では一番寒さも厳しいという1月30日(日)、ふと気が向いて吉備津神社を訪ねてみました。
もう初詣も一段落したことだし、すいているだろう、という予想に反して、駐車場は満車状態、え~?ということ。露店も出ていたし、門前の商店の呼び込みも活発。

長いです。続きはここをクリックしてご覧ください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-30 17:25 | おでかけ | Comments(0)

みんなで焼肉


d0031853_143436.jpg
29日(土)は長男の誕生日。本人が肉が食べたいというので、誕生日を出しにして?久々に焼き肉屋に行くことになりました。次男も肉と聞けば喜んで一人暮らしのワンルームから飛んできました。
 で、一つあった個室を予約しようとしたらすでに先約があったので、6時半に行って少し待ってから席へ。
 掘りごたつ形式だったので、子供用の座席を持ってきてもらいましたが、穴に落ちそう。お嫁さんと私でかわるがわる支えて、テーブルの上を触りたがったり足をぴんぴんさせるのをなだめつつのお食事。息子たちはこれでもかと言うほどの食欲でどんどん食べましたが、おばあちゃんはクッパをゆっくりと少量食べたくらい、私とお嫁さんは交代で食べ、夫も少し遠慮がちに食べ、と言うペースでした。
 満席の店内には、後から子連れの何組かも入ってきて、ゆう君、きょろきょろ、刺激が多かったようです。
 この日、つかまり立ちができるようになったそうで、育児日記にさっそく記入したそうでした。それに、同じ日に出産したお友達のところへ先日遊びに行ったら、その子は三人目だったので上の子に刺激されてかたくさんのものを食べていたとかで、親のほうも刺激をもらったようで喜ばしいことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-30 01:50 | おでかけ | Comments(4)

バルーンの練習

 29日(土)、地域の小学校区の民生委員の定例会が朝9時からありました。
義母のデイサービスの迎えを待って少し遅れて参加。
伝達事項、最近の活動事例を1人の人から発表があったくらいで、あとは来週ある就学前の子どもの集まりでの出し物?のバルーンアートの作り方の練習がありました。

d0031853_115837.jpgてっきり口で吹くものと思っていたら、ポンプで簡単に膨らませるのでした。
2,3度引っ張って軟らかくしてから、先を10㎝位のこして膨らませます。

d0031853_1293837.jpgわんこがなんとか教えてもらってできました。

d0031853_130113.jpgこちらは剣です。持ってあそべるので喜ばれるそうです。子供のころのチャンバラごっこを思い出しました。
ひねる場所を色々工夫したらどんどんたくさん形が作れるのがなかなか面白いけれど、新任の人たち、そうそう立体にできるほど覚えられもせず。当日は空気を入れる係くらいかしらね、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-30 01:36 | 地域社会 | Comments(0)

かりんジャム


d0031853_17205618.jpgおばあちゃんエリアのかりんの木になったかりん。
果実酒にしても飲みにくいし、落ちたままになっていたのですが、2月号の婦人之友誌に、かりんジャムのレシピが載っていたので、拾ってきました。

続きはこちらをクリックしてご覧ください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-27 17:30 | 料理 | Comments(12)

自転車用チャイルドシートがリコール

d0031853_1226134.jpg

今朝の朝刊に、ブリジストンサイクルから全面広告が出ています。
ワイヤー製の足乗せ部が破損して車輪に巻き込まれる事故があったため、樹脂製の製品に無償で取り替えるのだそうです。下記リンクのアサヒコムの記事によると、リコールはだいぶ前からやっているようですが、リコール後も事故は発生したようです。

もう30年以上前、当時はその足乗せすらないし頭を保護する枠もないこういう自転車用子供座席を私も付けていて、子どもを乗せて買い物などをしていました。ある日、短い上りにさしかかり力をこめてペダルをこいだ瞬間、後ろから長女の悲鳴があがりました。
そう、スボークにかかとがはさまっていたのです。後ろに注意を向けなかった自分を責めました。当時は3人目が乳飲み子で、医者通いは夫に頼みました。ちょうど力をこめてこぎだした時だったため、骨が見えるくらいの深い傷で、長くかかりましたし、たぶん大人になった今も跡は残っているでしょう。
 当時としては座席のメーカーを訴えるとかは思いもよりませんでした。その後自転車が倒れた時に頭を打つなどの事故もあって、頭の枠もできたようですね。こういう事故例があってから、こんな風に安全重視の物が出来てきたのだなと思います。
 事故の詳細についてのニュースはこちらの記事にありました。http://www.asahi.com/national/update/0124/TKY201101240450.html
d0031853_12334636.gif
ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-27 12:26 | Comments(2)

「塩豚」から大根と豚肉のトマト煮込み


d0031853_1582711.jpg
先週スーパーでたまたま手ごろな大きさの豚の三枚肉のかたまり(500g)が安くて483円で買いました。

d0031853_1231361.jpg
婦人之友社刊『魔法使いの台所』を参考に5%の塩をすり込み、ポリ袋に入れ、時々返しながら1週間。(2週間はこのままもつそうです)
この本の通りの煮込み料理にするつもりでしたら、たまたま朝日新聞の1月22日の記事に「大根と豚肉のトマト煮込み」というのが出ていたので、25日は夫が外食のため義母と2人前をそのレシピで作ってみました。

d0031853_1281891.jpg
(うっかり食べてしまってから残りをお皿に盛って撮影したので、お肉が少ないです。下記の材料で作って2人で食べてこれだけ残りました。明日のお昼に回します。)

材料  (4人分)(新聞のまま、右のカッコの中は私の作った時の物)
豚肩ロース塊肉……400g   (三枚肉塊200g)
ジャガイモ…………2個    (1個)
玉ねぎ………………1個    (小1個)
人参………………大1本    (小1本)
セロリ……………1本    (なかったので入れず)
大根………………1/2本    (10㎝くらい)
キャベツ…………1/4個    (3枚)
トマトの水煮……2缶(400g) (生のトマト大1個)
にんにく…………2片    (1片)
赤唐辛子…………1~2本   (入れず)
水…………………適量
レモン汁…………大さじ1    (入れず)
ロリエ……………2~3枚   (1枚)
パセリの茎(あれば)…2~3本 (なかった)
オリーブオイル……適量
塩……………………適量
コショウ……………適量

作り方
①豚肉は、大きめの一口大に切る
②にんじんと大根は皮ごと乱切り、玉ねぎとセロリ、キャベツはざく切りにする。ジャガイモは、皮をむいて6つに切り、水にさらす。にんにくはみじん切りにする。
③厚手の大鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出るまで炒める。
④ ①を入れ、中火にして、表面をよく焼き付ける。
⑤ ④ににんじん、大根、玉ねぎ、セロリ、赤唐辛子、ロリエ、水煮トマト(生トマトのざく切り)、パセリの茎を入れる。ひたひたになるくらいまで水を足し、中火のまま煮る。沸騰したらふたをして弱火にし、約1時間煮込む。
⑥ ⑤にキャベツとジャガイモを入れ、再びふたをして、やわらかくなるまで15~20分煮る。
⑦ 仕上げにレモン汁、塩、コショウを入れ、味を調えたら完成。

付け合せは、たまたまあったもやしと、キャベツの千切りをさっとゆでて胡麻ドレッシングで和えましたけれど、考えたら青菜が足りなかったのでほうれん草をすればよかったと反省。
義母は軟らかくてちょっととマトの酸味のある、三枚肉だったけれど意外にさっぱりした感じの煮込みを大変喜んでくれました。2人前のつもりでしたが、野菜多めだったのかスープ皿に3杯分はたっぷりありました。さらっとした感じだったのですが、冬場で冷めやすいかと思って、片栗粉大さじ2杯の水どきをいれてシチューっぽくしました。
d0031853_1482717.gif



d0031853_1491742.jpg
こちらは1月24日の夕食献立です。
メインはカキフライ、それに大根のポタージュとポテトサラダです。
何しろ家庭菜園の大根を利用しようと、ポタージュにしましたが、やさしい味がしました。
ポテトサラダはきゅうりと、赤パプリカが入っています。
d0031853_152372.gif
ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-26 01:53 | 外食 | Comments(4)

のっぺい汁

d0031853_1057171.jpg
22日(土)に息子たちが来て、ホットプレートでギョーザを焼いて食べ、日曜日は義母と夫の3人に。それでお刺身、ほうれん草胡麻和え、友の会の共同購入で買ったトーフミール(高野豆腐の粉末)を1袋の半分使って炒り豆腐みたいなのを作り、あとは具だくさんのお汁にしようと、今回は「のっぺい汁」。

d0031853_1103869.jpg
これは「クックパッド」で調べると、鶏肉やちくわ、れんこんやタケノコ、ごぼうを入れる人もいて本当に色々でしたが、私は昔岡山友の会にも料理講師でいらっしゃったこともある森下加代子さんが婦人之友社から1982年に出された『家庭の料理』を見て作りました。
 
 のっぺい汁
材料 
豆腐…150g
油揚げ(20g位)…1枚
里芋……100g
大根……100g
にんじん……30g
あさつき…少々(私は白ネギの青い部分を細かく切って使用)
だし…4カップ(←私は水5カップからだしを取りましたのでこれより多いと思います)
片栗粉…大さじ1杯
塩・薄口しょうゆ、酢(里芋を茹でる時に入れる)

作り方
①里芋は6㎜~7㎜位の輪切りにして酢を少々落とした湯で表面が透明になるまでさっとゆでる。(私は…酢水につけただけですぐだし汁に入れてしまいました。。)
 油揚げは短冊に切る→(私はここを短めのコロコロした感じに切りました)
②にんじん、大根は里芋の大きさに合わせて切り、豆腐も同じくらいに切る。
③だし汁(今回は昆布といりこ)を火にかけ、豆腐とあさつき以外の材料を入れ、やわらかくなるまで煮る。
④塩と薄口しょうゆで、少し濃いめの味をつけ、豆腐を入れ、ひと煮たちしたら水どきの片栗粉を入れてとろみをつける。
⑤お椀に盛りあさつきを散らす。

寒い冬は具だくさんのお汁をよくします。豚汁、粕汁などしますが、こののっぺい汁は最近では初めて。お刺身なのでお澄ましにしたかったのと、片栗粉でとろみをつけるので冷めにくいのが良いと思いました。レシピ通りにすると、本当に具だくさん。お汁と言うよりは野菜を食べている、と言う感じで、おばあちゃんはトーフミールは見慣れないせいか残されましたがこちらのお汁の野菜をたっぷり食べたから良しとしましょう。
 お刺身はハマチですが、ツマは私が自宅の大根を桂むきにしました…ちょっとごつい?おばあちゃん、「こんなおいしいお刺身は私にはもったいない」といいつつよく食べていました。
d0031853_21243315.gif
ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-24 11:17 | 料理 | Comments(0)

歓送迎会で

 地域の民生委員の歓送迎会が22日(土)、地元のお魚屋さんの2階宴会場でありました。

d0031853_10194195.jpg
d0031853_10192057.jpg
毎月1,000円の親睦会費を徴収し、こういう時に使うらしく、昼間から豪華なお食事でした。
この12月に一斉改選があってこのほど退任される人が4人、私を含めその代りの新任が4人。あまりお顔もこれまで存じ上げないような人たちでしたが、最初に記念撮影があり、私の前任の女性が「私が一番美人に写ってるのをちょうだいよ!」
というのでなんだか打ち解けてきました。遅れてきた人は、先週胆石の手術をされたのだそうで、私の正面だったのでその話を聞くことから段々打ち解けてきました。
 そのうちに、お2人の人から、「おたくのおばあちゃん、歩いていたので『お散歩ですか?』と声をかけたら『いや、散歩じゃありません、運動です!』と言われた」とか、
「神社の近くに畑を持っているので、お宅のおばあちゃんが歩いているのを以前よく見かけていましたが、最近見なくなった、元気ですかな」とか言われました。
 義母は最近はデイサービスに週5日通っているのでご近所の散歩は行かなくなったけれど、毅然として一生懸命運動に励んだり、またできるだけ見かけた人には声をかけて自分がもし道に迷ったりしていてもどこの者かがわかるように心がけている、と聞いたことがありましたが、こうして地域の人に覚えていただいていることをありがたく思いました。

 最近朝日新聞では、家族ならぬ孤族が増えているとかの報道がされています。今朝の記事には、お年寄りが一定額を預けて置いて、いざ入院と言う時の助けになってもらったり、死後に遺品を整理してもらったりとかいう役割をNPO法人に助けてもらうという話がありました。
 地域社会のネットワークも密にすることが大切だなと感じました。

 翌日夕方、たまたま今度はご高齢の親御さんを引き取っていたが亡くなられて、気づくと年金手帳が見当たらないので、同居していたという証明をしてほしいとの依頼がありました。すこしずつ役目の内容も覚えて行かなくてはと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-24 10:37 | 地域社会 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」165号ができました


d0031853_026104.jpg今年初めての家族新聞「あじさい通信」ができました。
 実家の母のところへお年始に行くと必ず記念写真を撮られるのですが、今年は初お目見えの孫のゆうくんもいたし、幸い次男も帰ってきて一緒に写ったしで、その写真がトップ記事になりました。みんなの配置もよく、昨年はなんとなく背後霊みたいに写っていたお嫁さんも表情がとてもいい。きっと精神的に安定してきたのでしょう。
 長女の家族もやってきて2時間ほどでしたが孫同士の対面もあったし、お正月はやっぱり一族が集まってにぎやかに、というのがいいなと思います。
おせち料理、お重詰めをお嫁さんに手伝ってもらい、きぬさやを飾り付けてもらいましたし、茶碗蒸しを作ったらゆう君が非常においしそうに食べてくれたのがよかったです。
 あとは私だけのことですが友の会の連凧の写真も載せたり、mioの参観日の写メールの写真やら、実家の母が私の学生時代に編んでくれた毛糸のベレー帽を娘や孫がかわるがわるかぶっていることなどの記事でした。
 毎年お正月は盛りだくさんの行事があり、どの記事を載せようかと選ぶのもうれしいことです。A4片面だけ、と言うのも壁新聞にして1か月眺めるためで、巣立って行った子供たちのことを思っています。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-22 00:41 | 家族新聞 | Comments(0)