<   2011年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

わが家のぶどう棚


d0031853_16382331.jpg
正岡子規の庭ではありませんが、昨年義母の楽しみにしたらと思って、マスカットの苗(棒杭みたいに細かった)を植えたら、あれよあれよと言う間に伸びてきました。(地面を覆っているのは、秋の七草のフジバカマです。)
 夫の通勤途上にブドウ園があり、棚の上にはビニールトンネルみたいなのがかぶさっていたので、我が家でも梅雨の前に何かつくろうとおもっていたところ、ありました。そう、テーブルクロスのよごれよけにかけていたビニール。テーブルの上からこちらへ転身しました。

d0031853_1641168.jpg
きゃー、ちっこいブドウの房がいくつもいくつもあるではあーりませんか!
楽しみ楽しみ。
聞くところによると、マスカットのきれいな形にならせるためには、農家のひとは割り箸1本持って手で触ると指の跡がつくのだそうで、実をかきわけて細い鋏で余分な実を間引いているのだそうです。私もホームセンターで先の出来るだけ細そうな鋏を買ってきました。いつになったらそんな時期になるのかは知らねども。
 先日のラジオで、西川かの子さんが、「昔もらったブドウがまだ青かったので未熟なんだと思って、熟すまで待っていたら腐ってしまった、それはマスカットだったんです」、とのこと。わー勿体ない。産地の岡山ではありえないこと。それに、義母が当時東京に住んでいた義兄のお隣さんへと持参したマスカットを差し上げたら「あのブドウはおいしかった」と言われたそうな。お値段もわからなかったことでしょうよ。もったいない。走りのだったら1房でも1万円と言う時期すらあるというのにね。
 ともかく、我が家のマスカット、どうなることやらです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-31 16:46 | 菜園 | Comments(0)

健康のありがたさ

 5月30日(月)、健康診断に行ってきました。気になることといえば、貧血に低血圧、これはいわば体質ともいえるものでなかなか治りません。それから子宮筋腫、これは良性の物で3㎝くらい、ほっといても大丈夫。
 苦手はなんといっても胃のレントゲン。あのバリウムを一気に飲め、といわれても、なかなか飲み下せないことと、私は特殊な「瀑状胃」?といって胃がいったん後ろに下がってから上がっている形のようで、かならず上半身をいったん前かがみになるようにと言われます。バリウムが上半分の垂れている部分にたまっているのでしょう。それから硬い台の上で「はい、右へ体を一回転、あ、そこで止めて。おなかを押します」などと言って機械のアームでおなかを抑えられるのですが、私、変な所から肋骨が出ているのか、骨の上から抑えられてイタいです、と手をあげたりなんかします。しかも父親と父方の祖父が胃がんで亡くなっていると問診票に記載するものだからよけいに丁寧にしてくださるのか、何度も上向き横向きと長い気がします。
・・・そんな時間が終わり、会計を終えると、やれやれ。
食事タイムです。
d0031853_16193332.jpg
今回のごちそうは、
〇きびご飯(男性170g・女性130g)  (280・210kcal)
〇ハマチの幽庵焼き           (105kcal)
〇鮭と鰆の刺身 焼霜造り(梅肉土佐酢ジュレ)(65kcal)
〇冷やし彩り野菜饅頭のわさびあん      (70kcal)
〇ブロッコリーと蓮根のスープあんかけ    (15kcal)
〇炊き合わせ(茄子、牛蒡、さつま芋、こごみ、焼き豆腐、紅葉高野)(110Kcal)
〇もずくと豆乳麺のお吸い物         (10kcal)
〇デザート(柚子わらび餅)         (55kcal)
  エネルギー:男性730kcal・女性660kcal
  塩分;4.8g(目標:1日 男性9g未満、女性7.5g未満)
  食物繊維:8.0g(目標:1日 男性19g以上、女性17g以上)

だそうです。野菜饅頭というのがサツマイモとか人参とかいろいろ入っていてきれいで、どうやって丸い形にまとめているのかわからないですが楽しくおいしかったです。
炊き合わせも軟らかく炊けていて、こごみというのが珍しかった。
品数多く手が込んでいて薄味、カロリーも抑えて、みなさんたぶん欲を言えば薄味だなあ、と言う感想だったのではないでしょうか。

d0031853_16294451.gif

我が家の晩ごはんは・・・
d0031853_16303961.jpg
古代米の赤米入りご飯、小松菜と鶏ハムの炒め物、鶏の蜂蜜煮の煮汁を利用して、ジャガイモ、人参、牛蒡の煮物、味噌汁(えのき、豆腐、わかめ)、メインは前の晩お嫁さんがさばいてくれたので作ったアジの南蛮漬けでした。蜂蜜煮の煮汁、鶏のうまみもでているし、蜂蜜とお醤油の味の煮物がとってもおいしかったです。(友の会で作った鍋帽子レシピ集より)

夏めいてきたので、テーブルクロスを取っています。そしてその行方は・・・(つづく)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-31 16:33 | 料理 | Comments(2)

魚のさばき方を練習してもらう


d0031853_2352829.jpg
5月29日(日)の夕食です。
台風2号が接近していたので、あまり暴風雨になるようなら息子たちに来てもらうのはやめるつもりでしたが、大したことがなかったのでいつものように一緒に晩ごはんを作って食べることにしました。
 メニューは鶏肉の蜂蜜煮と、付け合せが粉吹き芋、いんげん、人参グラッセ。かぼちゃのポタージュ(実際にはかぼちゃが少なかったので、ジャガイモ1個と、グラッセに使ったくずの人参を入れています)、サラダ(サニーレタス、キュウリ、トマト、ツナ缶を入れたドレッシング)でした。
 お嫁さんによると先日教えた人参グラッセを家に帰ってさっそくしてみたらゆうくんよく食べたそうです。鶏肉の蜂蜜煮はあらかじめ作って冷蔵していたので、スープと付け合せ野菜と、サラダを一緒に作りました。スープはゆう君も大きな口をあけてよく飲むので、今回は牛乳を3カップ入れて増やしました。
デザートは写真がありませんがいただき物の福砂屋のカステラと紅茶でした。ちゃんと熱湯でジャンピングさせて入れました。(先日の料理教室でも習った通りに)

最後に、明日の我が家の献立として、小アジの南蛮漬けをしようと、小鯵を買っていたのを、そうだ、とお嫁さんの実習材料にしたいと思い立ち、一服の後に手順と要領を教え、さばいてもらいました。本当は頭を落として油で揚げるつもりだったのですが、煮魚や尾頭付きの塩焼きなどの場合を思って、ぜいごの取り方、えらと内臓の取り方を教え、数があったので10尾分練習してもらいました。
 私は子供時代は倉敷市(当時は児島市)味野に住んでいて、当時は下津井から自転車で行商の魚屋さんが来てくれていて、自転車の荷台につけた箱の上でまな板を置いて穴子の目を錐で刺してさーっとさばく様子などは芸術的で見とれるほどでしたし、目の前で魚を料理しているのを見る機会はいくらもありました。家でやったことはほとんどなかったのですが結婚してからそれを思いだしながら見よう見まねで少しずつ上達してきたように思います。
 しかし今では、スーパーでパック詰めの魚を売る時代ですし、店の奥でそういった作業をすれば若い主婦などは魚料理を目にする機会すらないのかもしれません。聞けばお嫁さんも初めてしたそうでした。都会育ちだし家でもお母さんがフルタイムで働いておられたしそんな感じなのでしょう。
 ともかく10尾分練習してもらうことが出来ました。まだまだ1尾まるごとの魚にはなじみにくいかもしれないけれども、小魚を自分で処理できたらコストも安く手に入ることだし、ぼつぼつでも練習してうまくなって欲しいものだと思いました。
d0031853_23261839.jpg


d0031853_1271122.gifぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-29 23:26 | 料理 | Comments(4)

家族とは―法事の会食から

最近の法事の会食と言いますと、仕出しを取ることも減ってどこかレストランで食べて終わり、と言うのが主流になっているような気がしますが・・・
28日(土)にあった夫の妹婿の三十五日の納骨の法事は、自宅で、義妹や息子の嫁が和え物や煮物を、義妹の兄嫁が黒豆のおこわを、それに故人の高校時代の親友がお魚を仕入れてきてお刺身を作るなどの協力で心を籠めて作られたものでした。それは、故人の趣味で作られた食器に食事を盛りつけたい、という義妹の思いが込められていたのでした。
d0031853_3594575.jpg
納骨のために私たちが墓地へ行っている間に、故人の親友夫妻がお魚をさばくところからお刺身を作ってくれていたのでした。お皿が小さいのでこれくらい、と盛りつけてくださっていました。お茶碗と吸い物椀は違いますが、あとは故人の作った食器でした。義妹の思いがこもった、そしてみんなの協力で作られたお膳でした。

d0031853_43865.jpg
食事の場にはそのほかにも故人の焼いた銘々皿などや

d0031853_435453.jpg食後の和菓子を盛って出されたプレート。

d0031853_443848.jpg
これも故人が趣味で作っていたパイプ。
そのほか趣味で作っていた雅印や消しゴムで作ったスタンプ、趣味で習っていたウクレレや楽譜も並べてあり、多才多趣味だった様子がうかがえました。


d0031853_471121.jpg
d0031853_473317.jpg
帰宅後散歩に出ると、美観地区にこの2,3日前?に生まれたばかりの白鳥の赤ちゃんが地域デビュー、泳いでいました。かわゆい。白鳥の家族です。

d0031853_4959.jpg
28日(土)の夕食。法事の時にいただいてきたお餅を早く食べきりたかったので、お雑煮にしました。ちょうど鶏胸肉で鶏ハムを作っていたのをスライスしてのせ、あとほうれん草、人参、椎茸の煮たの、生麩(紅葉のですが冷凍庫にあったので)が入っています。副菜は先日いただいたわらびの先の方の酢の物、鞆の浦のガラエビの冷凍からかき揚げを作って、庭の紫蘇の葉と。
お餅は温かくなってくると食べたくなくなるので、涼しかったこの日、ちょうどお雑煮にできてすぐ故人をしのびながらいただくことが出来ました。

d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-29 04:13 | しみじみしたこと | Comments(0)

大豆とシーフードのカレー

何をかくそう、実は今夜は旦那様が外食なのです。
めったにない1人の夜、うっふ、楽ちん。
それを聞く前に買い物の時にシーフードカレーの献立をたてていたのですが、1人となると横着してレトルトカレーで済ますという選択もありました。しかーし。レトルトカレーの1人の夕食なんてわびしすぎるっ。と、駅まで8分、いや発奮しました。
 本当はセロリが入るほうがおいしいのですが、なかったので先日の酢の物に入れ忘れていたみょうががあったのを1個入れて、キャベツと人参ときゅうりで甘酢漬けを作り、カレーに取りかかりました。
玉ねぎ小2個を薄切りにして、にんにく1かけと生姜みじん切りと一緒にサラダ油大さじ1とバター20gと一緒に茶色になるまで炒めました。
それから油大さじ2を足して小麦粉2分の1カップとジャガイモ1個分のすりおろしを加え、炒めてからカレー粉大さじ2を加えました。ぬるま湯3カップを入れて木しゃもじでよく混ぜました。
冷蔵庫にたまたま残っていたりんご6分の1個とにんじん2分の1本のすりおろし、チャツネがなかったのでなんとイチゴジャムを大さじ1入れ、時々混ぜて煮込みました。
シーフードミックス250gくらい?は冷凍だったので流水で戻し、ワイン少々を振りかけて片栗粉をまぶしておき、塩コショウして油で炒めました。
ソースのほうに固形スープ2個、ウスターソースがなかったのでとんかつソース大さじ2、塩大さじ3分の2を入れました。
シーフードが少なかったので、200gずつ小分けして平らにして冷凍していた水煮大豆を1塊入れ、最後に炒めたシーフードを入れて混ぜて出来上がり。

d0031853_2012411.jpg
感想は、イカと、大豆のぷちぷち感が意外に楽しめて案外おいしかった~。約1時間半ほど楽しく手間かけて作ったからこそおいしくいただけたんだわー。ご飯は、古代米の赤米を混ぜて炊いています。朝、旦那様のお弁当の時に炊いたものです。あっ、向こうに置いている琥珀色の飲み物は泡の出る例の物ではありません、我が家には年中ある、友の会の共同購入で買ってきた粒から煮出した本格麦茶、でございます、念のため。

・・・5皿分くらいできたので、あとはアルミの四角い弁当箱(何をかくそう私の高校時代のお弁当箱)にラップを敷いて本体と蓋と2つに分けて冷凍に。これ、チャックつき保冷袋にちょうどよい大きさで重宝しています。甘酢漬けももう4皿分くらいはできているのでこれまた保存。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-27 20:15 | 料理 | Comments(4)

ウリボウパン…?

昨日料理教室で習った分量で早速パンを作りました。
いつもは自動パン焼き機で食パンを焼いているので、こねと発酵まで機械にまかせ、ガス抜きから。
いざ成形となってはたと気付くと、麺棒がない!台所リフォームの時に間違って捨てたか?仕方ないので手のひらで伸ばし3つにたたんで…(なんか太短いなあ)と思いつ発酵させ、5本の切れ目を入れ180℃で15分。
そしてできました。たしか習ったのは潜水艦、サブマリンだったのに、これじゃ子豚かウリボウだわ。
d0031853_19573092.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-27 10:42 | Comments(0)

義母を介護付き有料老人ホームへ その4

 これまで何度か義母のところを訪ねては衣服の整理だとか、お気に入りの四角い落とし紙(トイレットペーパー)を届けたりしています。そのたびに「もう明日位は帰るつもりだからそんなにたくさんはいらんよ」と言われるのにドッキリしながらも、まあまあといなして、食事時間だから席についてね、とごまかしては帰ってきています。
 少しまだ自分のなかではすっきりしていません。
 夕食作りも夫との2人分だとなんだか気が抜けるよう。これまでは(この献立なら食べてもらえるかな)とか、(サラダはいつも残されるから、和風の菜っ葉を煮たのにしようか)などと考えていたので、岡山弁で言うところの「へんがない」(つまらない)ような。

 たまたま今朝、ゴミステーションのところで実母を5,6年前に施設に入れられているご近所のOさんにバッタリ会いました。「このごろおかあさんどうしていらっしゃるの?灯りがつかないから」と言われるので訳を話しました。すると、「うちも入ったころはまだわかっていて帰る帰る、と言っていたわ。それも今のところではなくて昔住んでいたA町。一度連れて行ったら得心がいったらしくて、それ以後言わなくなった。今ではすっかり物がわからなくなっているわ。
いい選択をされたと思いますよ」
とのこと。同じような経験者に言われて少し落ち着いた感じ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-25 09:29 | しみじみしたこと | Comments(2)

衣装選びPartⅡ

火曜の夜は合唱団。
初めて「モスクワ郊外の夕べ」を合わせる。

上は在りし日のダークダックス。
さて、わが合唱団、このハーモニーにいかに近づくか?

練習の休憩時間に、先週選んだ服の今度は色合わせ。

d0031853_4581288.jpg
ペパーミントグリーンと言うのだそう。なかなかさわやかな色合い、これまで持っているピンクのブラウスとはよい取り合せ、下にはオフホワイトの布をDさんが買ってきてくれて、縫える人が手分けして縫うことになりました。ヒップサイズプラス4㎝だったかの緩みをもたせて、上はゴムにしてファスナーなし、下はAラインにする予定。いままでのより少しはスマートに見えるかしら。

「エデンの東」も私の大学時代のグリークラブのクラブソングの歌詞で歌ってもらえることになったのはいいとして、ソプラノの音域がやたらに高くてソプラノさんたちは四苦八苦しています。私としては懐かしい歌だけれども、ソプラノには不評となる可能性大でそこは困った。

練習の最期は「いい日旅立ち」で締めでした。今週もおなかから声を出してストレスも飛んで行った感じでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-25 05:03 | 合唱団 | Comments(0)

生春巻きと中華風コーンスープの夕食


d0031853_10554237.jpg
22日(日)の夕食です。
岡山でイチゴアイスクリームのためのコーンカップを購入した時にふと目についたものだから、ライスペーパーをついでに買って、この日のメインの生春巻きにしました。
生春巻きのレシピは以前朝日新聞の土曜版に載っていたものです。えび、焼き豚、ビーフン、大葉、きゅうりの千切り、サニーレタス、にらを巻きました。あとでかいわれも買っていたのを思い出しましたけれど。
うまくスマートに巻けなくてお嫁さんと悪戦苦闘。息子が「にらをはしっこからちょっと出すのがカッコいい」というのでやってみて出しすぎてみたり。食べてみるとにらが固くて噛みきれずちょっと困った。
付け合せにブロッコリーを買っていたら、家のアスパラがだいぶ冷蔵庫にたまっていたので多めにつけました。あとはナスとピーマンの味噌炒めです。
中華風コーンスープ レシピです。
コーン 1缶はクリームのがいいけれど、近頃はホールのがほとんどなので、ミキサーにかけます。
お水4カップと一緒に火にかけます。
中華のがらスープの顆粒を大さじ1ほど入れて煮立てます。
そこへカニ缶を1缶分入れます。
水どき片栗粉を大さじ1と2分の1ほど入れます。
塩小さじ1くらいとお好みでラード少々か、ごま油少々入れます。(今回は入れなかった)
味を見て、最後に卵の白身をほぐして入れて火を止めます。
あれば青みを散らします。

この日は暑かったので、一番に作って、すぐお皿に入れてさましておきました。
真夏になったらスープは鍋ごと氷水に入れて冷やします。


d0031853_1141934.jpg
夕食後は私はゆうくんと遊ばせてもらっていますが、いつもお皿を洗ってくれるお嫁さんのもとへさっささっさとハイハイして行って…

d0031853_115069.jpg
(やっぱりお母さんが一番ね)
 食器洗いを終えたあと、イチゴアイスクリームを買ってきたコーンカップに入れて出しました。「お母さんは何でも作るんですね」(手間はかかるけれども、ちょっとしたやる気さえあれば出来るのよ)
 ゆうくんも待ちきれないといった感じでイチゴアイスを食べていました。自家製のアイスクリーム、これは生卵も入っていないし、合成糊料や香料や着色料が入っていないから安心です。生クリームは低脂肪のを使いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-23 11:07 | 料理 | Comments(0)

ミニバラで玄関前を飾る


d0031853_1053407.jpg
ミニバラの鉢植えが今年はよく花をつけたので玄関に出しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-23 10:54 | | Comments(0)