<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

HIROSHIMA ヒロシマへ

 7月30日(土)朝9時過ぎに倉敷を出て、さて、どこへ行く?といつものようになった時、夫が「西」、(犬が西向きゃ・・・ではないけれど)というのでとりあえず県道を西へ。そのうち山陽道へ入り、「そうだ、広島へは毎年仕事で行くのにまだ平和公園や原爆ドームを見ていない」というので、時間も早かったので広島を目指すことになりました。

d0031853_4522330.jpg11時半ごろだったので、見学の前にこちら、で腹ごしらえ。広島風お好み焼きです。インテリアは昭和レトロを目指していて、電気の笠なんかも三角錐ので、扇風機もわざわざそんなイメージのを使っていました。

d0031853_4532458.jpg夫は『スペシャル」で¥1000、私は肉玉、そばで¥680。感想は、うーん、倉敷のふるいちのお好み焼きのほうがふんわりしてボリューム感があって、豚で450円、だし、鉄板のお皿で冷めないしいいなと思います。

d0031853_4585419.jpg
この前に立つとやはり厳粛なムードになります。夫が周囲を回ろうと言ったので、建物正面にも行ってみると、シンメトリーになっていてドームを挟んで両側に低い建物があったことがわかりましたが、角度的にこの場所からのが一番いいなと言うことで、やはりこの位置に説明板もありました。
 私は学生時代に広島出身の先輩の家に泊めていただいてこのあたりを見に来たことがありましたが、先輩曰く、昔の、補強工事がされる前の原爆ドームはひび割れなどもあってリアルでもっと迫力があったのだそうでした。

d0031853_53160.jpg
元安橋のたもとにあった説明板です。
平和記念公園のあったあたりの昔の航空写真もあり、あの辺りは繁華街だったので1,720世帯、5,949人が住んでいたと推定されるそうです。その町が1発の原爆でごっそり無くなり、その跡地に作られたのがこの平和記念公園だそうです。

d0031853_574134.jpg
横から見ると馬の鞍の形の記念碑の向こうには原爆ドーム。もうすぐ広島原爆の日。

d0031853_584180.jpg
8月6日の祈念式典のためにテントの設営が始まっていました。この時間ちょっと小雨が降りました。資料館に向かいます。昔はなかった左手(東側)の別館?のほうが入口でした。

d0031853_5105835.jpg
驚いたのは入館料の安さ。あれだけの内容のある資料館なのに大人がたったの50円。広くたくさんの人に見てもらいたいという意図でしょう。300円で音声ガイドも借りました。吉永小百合さんの説明もところどころに入っているそうでした。
 資料館のなかはいくつかのエリアに分かれており、
①被ばくまでの広島
②原子爆弾 開発から広島への投下まで
③戦争・原爆と市民
④核時代
⑤平和への歩み
⑥1945年8月6日
⑦遺品は語る
⑧熱線による被害
⑨爆風による被害
⑩高熱火災による被害
⑪放射線による被害
⑫救援・救護活動
…となっていました。

d0031853_512105.jpg
運命の8時15分、そのとき人々はふつう通りの1日を始めようとしていたはず。
ケースの中にはその時刻で止まっている腕時計。
その脇に、「フラッシュ撮影はご遠慮ください」とありました。・・・ということは?フラッシュでなければ撮影可、と言うことでしょう。広くこの光景を世界に発信してください、との意図が感じられました。

d0031853_5152772.jpg
向こう側は廃墟と化した広島の街の写真を見る外国の人。手前はそのジオラマ。

d0031853_5163964.jpg
爆心は原爆ドームの少し北西側、とは知っていましたがこの高さまでは初めて知りました。この球体に気付かない人も多いと思いました。

d0031853_5185076.jpg
この弁当箱は昔来た時にもあり、今回は吉永小百合さんの声の説明が入っていました。中学生がお昼に食べようと楽しみにしていた、粗末なおかずの入ったアルミの弁当箱。食べられることなく、中のご飯は真っ黒の炭になっていたそうです。物のないときに朝早く起きて作り子供に持たせたおかあさんがこれを見つけた時の気持ちが伝わってくる、小百合さんのやさしい声でした。

d0031853_5233964.jpg
これも、三輪車に乗っていた幼子が亡くなり、親が悲しみのあまり庭に埋めていたのを40年後の昭和60年に掘り起こして資料館に寄贈した、と言う話がニュースになった時に知っていましたので、実物を見たかったものでした。すっかりさびていましたが、親の気持ちがわかる品でした。

d0031853_5255295.jpg
人の被害に関してはあまりにもむごいので、じつは子供が小学校の時に映画会が学校であった時、子供たちは怖くて目をそらしたりして見ることが出来ない子も多くいました。
 こちらはその、人のやけどの程度を示す写真です。普通に私たちが見ることがあるのは1度(赤くなる)や2度(水ぶくれ)程度ですが、こちらの写真の人は5度。皮膚の表面が炭になるほどのひどいやけど。

d0031853_5302588.jpg
今は福島原発で放射能がまき散らされている時勢ですが、この場所ではハンドルを回して計測器を放射性物質に近づけて数値が上がっていくのを目で見ることが出来るという装置です。

d0031853_532969.jpg
井伏鱒二の小説の題名にもなった「黒い雨」の跡が残る漆喰の壁面。広い範囲で黒い雨が降ったそうです。

d0031853_533867.jpg
小学生の孫にもわかりやすく、とアニメ絵本をお土産にしました。
 資料館の入り口に近い展示コーナーで、若い母子が、燈火管制時のための側面が黒く塗られた電球を見ていて、親もよくわからないらしく何の説明もしてやっていなかったので、「爆弾を落とす目標にならないように電気を黒くしてあるのよ」と言って私が説明。そのあとで「もんぺ」が展示してあったのをお母さんは「ズボンよ」と言っただけでした。それでは子供たちに伝わらないなあと感じました。戦争に向かうためにそれまでの優雅な着物を仕立て替えてモンペにしなければならなかったという背景を。
 私自身は戦後に生まれていますが、親から話して聞かされた体験談を聞いて育った世代です。伝えなければいけないと思いました。先の大震災の時にも、古い伝承が役に立った地区もあると聞きます。災害や戦争の体験は体験者から伝わらなければまた過ちを繰り返すかもしれないと、思いました。

d0031853_53933.jpg
公園の奥の方にはあの佐々木貞子さんの原爆の子の像が。かつて貞子さんの話を映画にした「千羽鶴」が倉敷の西中学校などでもロケがあり、ご近所のお子さんもエキストラで出演したことがありました。
2歳で被爆したものの、運動が得意でリレーの選手になるほど活発だった貞子さんが、6年生の時に白血病を発症、治療費が高いのを気にしつつの闘病、千羽鶴を折ると願いがかなうと聞いて、薬の包み紙などで千羽鶴を折っていくのだけれど、とうとう・・・その後同級生たちの奔走でこの像がつくられたのでした。

d0031853_5413879.jpg
平和祈念式典のためのテント張り工事が続いています。

d0031853_5422337.jpg
灯篭流しが行われる元安川の河畔はここかしら、と思いました。
広島の原爆記念日8月6日もあと1週間後です。今の子どもたちにも、この原爆のことをしっかりと伝えたり一緒に考えたりしたいものです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-31 05:44 | しみじみしたこと | Comments(4)

草取り一通り完了

 旅行で留守にしていたのが梅雨の末期だったため、草が伸び放題にびっしり生えていた庭を、毎日すこしずつ、モンペに麦わら帽子のいでたちで大汗かいて抜いてきました。
 通学路から見えるほうから始めると、きっと人目につくところがきれいになったら私のことだからそこでやめてしまいそうだったので、あえて人目に付きにくい奥の方から始めました。びっしりの草は畳2枚分つまり1坪済ませるのでも大変。愛用の「ねじり鎌」とふるいを持って、抜いた草はふるいの上において泥を落とし、ベランダのタイルの上でいったん干します。夏の陽光のおかげでからからになったところでゴミ袋に入れてゴミの日に出します。
 昨夜そのパンパンに膨らんだ、草いっぱいのゴミ袋と、普通の家庭ごみの2つを下げてゴミステーションに持っていくことが出来ました。
 そして今朝、最後に残った一番道に近い一角の草抜きをして、ほぼ庭の草取りがやっとやっと完了しました。よかったー。あとは、ぽつぽつと生えている抜き残りの草を拾って抜くだけ。
 それにしても、作業後の汗を流すシャワーの気持ちいいこと。達成感いっぱい。と、体重計に乗ってみると、「なんじゃこりゃー」。
 あんなに大汗かいたのに、体重が・・・減ってもいいと思えるのに、なんと、逆に増えているではありませんか。ぎゃふん。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-29 21:14 | 日常 | Comments(0)

岡山の桃をどうぞ

d0031853_422401.jpg
今年もメル友で桃農家の人から、県外の親類や友人に桃を送ってもらいました。そして味見のために我が家にも。
ついてすぐの、かすかに緑がかった桃。
 今年のは玉も大きくておいしそう。息子たちに半分やろうと思ったら、住まいが2階なので暑くて「涼しいところに常温保存」と言う原則が守れないので、と4つだけ持ち帰りました。
 桃はあわてて冷蔵庫に入れずに、常温で追熟させ、いよいよ食べる直前にちょっと冷やすというのが原則ですから。
 来た翌日、夫が食べるというので、やや早いかなと思いつつむいてみると、やっぱり皮がつるんとむけない。味もまだそれほど甘くない。3日目、朝食前に1個を氷水に浮かべて冷やしておき、食後むいてみると、湯むきのトマトみたいにつるっと皮がむけ、これがやっぱり熟していて大変おいしかったです。夫も、あわてて食べると甘さが足りなかったとわかったようでした。
 県外の親類や友人の皆さん、おいしく食べてくださったかしら。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-29 04:29 | その他 | Comments(2)

料理教室―夏の和食メニュー

7月28日(木)、5回シリーズの倉敷友の会料理教室。
この日のメニューはそうめん、天ぷら、きゅうりもみ、かぼちゃの甘煮、水ようかんでした。
水ようかん以外は普段よく作るメニューですが、基礎の話としては栄養所要量?の話とか、点数による献立の立て方などの説明がありました。
今回の「目からウロコ」は、基本的なそうめんの茹で方、めんつゆの出しにはあらかじめ入れてあった昆布といりこのほかに、けずりカツオも最初から入れて弱火で煮て出しを取ること、天ぷらの要領よい手順について、それからかぼちゃの甘煮の砂糖の分量がとても少なくてもおいしかったこと、水ようかんのあんこを小豆から煮る作り方は4月にも習った物の、もう一度、でした。
天ぷらに入れるイカの切り方も勉強になりました。また、胴のほうを天ぷらに、余ったゲソとエンペラをさっと塩ゆでにしてきゅうりもみに使うというのはアイデアだなと思いました。
d0031853_3535045.jpg
最初にテーブルに配られた材料。このほかに冷蔵庫にはエビ、イカ、天ぷら用の冷水。

d0031853_355347.jpg天ぷら用の大葉と、水ようかんの下に敷くもみじの葉。

d0031853_3553971.jpg
そうめんの薬味はネギ、おろしショウガ、切りゴマでした。かぼちゃは1人2切れでした。濃いだしを取っためんつゆが大変おいしかった。イカの天ぷらは天ぷら衣をつける前に粉をふるのを忘れていて、衣がはがれたのが残念。

この日の我が家の献立も偶然きゅうりもみとかぼちゃのそぼろあんかけを予定していたので、さっそくこの分量で作ってみました。これまでかぼちゃは婦人之友社の古い料理の本で森下加代子さんの「家庭料理」のレシピだとかぼちゃ500g?に大さじ5杯の砂糖が入るのでしたが、この日のレシピは300gのかぼちゃに大さじ1の砂糖。それにだしを使わないので、びっくりでした。今度からこちらのレシピで作ろうと思います。
 また、4月に小豆を買うだけ買って作らずにいたあんこ、今度こそ、と夕食後、小豆を煮てあんこを作りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-29 04:04 | 料理 | Comments(0)

演奏会のタイトルは?

 旅行の前後を休み、今度こそと思っていた矢先に台風が通過し19日の夜の練習は休みにするということで、やっと26日に合唱団の練習に参加しました。
 9月にまた老人施設で歌うことになっています。
昨年はポスターやプログラムを作る私が勝手に?「秋風のコンサート」と名付けてポスターを作ったのですが、「秋風はなんだか寂しい」のだそうで、では何にする?とみんなで考えてもらいました。が、「コンサート名なんてどれでもいい」と言う人が多く、これと言うものがなかなか出て来ません。はて?
d0031853_3354011.jpgあれこれ並べては見たものの・・・字面と、音と、どうしたものか・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-28 03:38 | 合唱団 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」171号ができました

d0031853_0444830.jpg22日に発送しました。送り先は一人暮らしの実家の母、息子、嫁に行った娘、お嫁さんの実家。長男のところは来た時に渡します。それに相変わらずやってます、と10数年前にお世話になった新聞講座の先生。
 したがって天領祭りの様子はまた来月に回りました。
 土曜日だったか、お嫁さんが「昔の家族新聞の記事を読むと、ゆうくんを妊娠中に安産祈願に行ったこととか、そんなこともあったかなあと思いだすこともあるからいいですね」と言ってくれました。1月ごとの記事はわずかで件数も少なくても、積み重ねていくと家族の歴史となっていることを私も実感しています。
 今月はトップ記事は私たち夫婦の北海道旅行。小さく行程の地図を背景に持ってきて、知床のガイドツアーの時のペンギンみたいにカッパと長靴を履いた写真を載せ、興味深かった出来事をかいつまんで文章にしてみました。あとは次男の釣果ではないけれど大きな鯛やニベをもらった話や、孫娘からお土産のお礼の手紙をもらったこと、長男たちとおばあちゃんのいる施設を訪ねたこと、「子育て母さん講習会」にお嫁さんが来てくれたこと、ゆうくんが我が家に来た時のお決まり「たんけんコース」についてなど。ささいな記事でも孫の成長についてはまた記録として残っていくことでしょう。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-26 01:03 | 家族新聞 | Comments(0)

松山まで

7月24日(日)、例によって夫がどこかへ行こうというので、朝9時半、小さいころ父親の赴任地であった松山、できれば石鎚山のふもとの面河(おもご)渓谷へ行ってみたいと、出かけてみたのですが・・・行けども行けども・・・
 石鎚山サービスエリアの案内係に聞いてみると、松山インターで降りてから1時間半くらいかかるとのこと、日帰りするには向こうに食事時間を含めても30分くらいしかいられないと思い、松山市内に目的地を変更。
行きたかった面河には、父の職場の家族たちと幼いころに泊まりに行った思い出があるので追体験してみたかったのでしたが、また後日いつかということで。

d0031853_4564028.jpg
松山に来ていると母にメールすると、昭和25年から28年くらい?の新婚時代に初めて親元を離れて暮らしていた松山には思い入れのある母「三越はまだあるだろうか」との返信。三越が撤退したのは倉敷くらいでは?松山にはちゃんと商店街の一角にありますよ。市電が前を走っていて、たまたま写した時にはレトロな車両が走っていました。

d0031853_342491.jpg
大街道です。岡山で言うと表町商店街にあたるような商店街。お昼時だったので食べ物屋さんを探しています。

d0031853_3431898.jpg
こちら、倉敷発祥の、大原孫三郎さん経営の倉敷紡績の従業員のための「労働科学研究所」が少しでも栄養あるおやつにと考案した、のだったか、「労研饅頭」がここにもあるのでした。いろんなバリエーションがあります。

d0031853_346301.jpg
お昼は「満州屋」というラーメン屋さんで

d0031853_3544581.jpg
この夏はまだ食べていなかった、と冷麺が食べたかったので。
でも冷麺というと錦糸卵と細切りきゅうりは必須かとおもっていたけれど、これはラーメン用のトッピングそのままと言う感じで、茹で卵。のほうが茹でるだけだから手間はかからないだろうな、と思いつつ。

d0031853_402441.jpg
道後温泉や松山城は以前来たので、今回は最近できたここ、「坂の上の雲ミュージアム」に絞って行ってみました。門の前に乃木希典と秋山真之に扮した?人が立っていて、モデルになる代わりに震災の被災地に寄付してくれとのことで、写真を写させてもらいました。
 ちなみに実家の母にこの写真を写メールすると、「左側の人の敬礼は海軍の物ではないね」との指摘がありました。
 調べてみると、陸軍では肘を地面と平行になるまで上げて三角に、海軍は艦内の狭いところですれ違うので小さくコンパクトに手を挙げて手のひらを相手に見せないくらいにするのだそうです。一つ勉強になりました。今度戦記物などのドラマがあったら要チェックですね。

d0031853_452137.jpg
案内地図に三角の印がついていたと思ったら、安藤忠雄氏設計のこの建物は本当に三角柱の形をしていて、スロープで三角形のらせん状に上がりながらパネル展示などを見ていくというものでした。最後に降りるときにこの「空中階段」という、中央部に設けられた支える柱のない階段を下りてみました。

d0031853_482257.jpg
へーっと感慨深かったのは、明治期の日本では色々な外国人から技術などを学んだ、とあり、こちらベルツ博士もその1人であったとのこと。
 夫の母はこの「ベルツ水」を私に教えてくれて、私も長い間アルコールとグリセリンを薬局で買ってきて自分で作っていました。アルコール1:グリセリン1:水4の割合で作るということでした。

 また、館内写真を撮るのは控えましたが、NHKのドラマ「坂の上の雲」の出演者や有名人の自筆コメントが色々展示されていました。
その中ではで秋山真之を演じた本木 雅弘さんが、自分のポートレートの上に達筆の筆文字でびっしりと書いていた(写真の上にびっしりとだったので何を書いていたのかよくわからなかったけれど)のは、すごいなあと思いました。彼は書がうまいとは聞いていましたが。
 それから、その母を演じた竹下景子さんが原稿用紙に丁寧なペン字で、真之の母はリズミカルに真之のおやつ代わりの豆を炒っていたことから長男の好古の意見がなかったらよそへ養子にやられていたかもしれない、5人兄弟の末っ子の真之はさぞかわいかったのだろうということと、火事騒ぎを起こした時には短刀を突き付けて諭したという毅然とした態度に、母の思いを感じたというくだりが印象に残りました。
 また、哲学者の山折哲雄氏の書いていたことは、「司馬遼太郎が小説「坂の上の雲」で、野木希典はじめ陸軍幹部の作戦のまずさなどを指摘していたけれども、自分が感じたのはもちろん軍の上層部のそういうまずさもあるけれども何よりも、その命令に素直に従った当時の日本人の温順さであった、と言う意味のくだりでした。帰り際で急いで読んだものですからもしかしたら取り違えもあるかもしれませんが。
 
 明治と言う日本の近代国家の曙の時代、坂の上には白い雲がある、そこを目指して這い上がろうとしていた、秋山好古、真之兄弟、正岡子規という3人の偉人・文人を取り上げて40代のほぼすべてを使って司馬遼太郎が書いたという壮大な小説の時代背景を駆け足で見せてもらって、彼らのおかげで今の日本もあるのだなと思えたひとときでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-25 03:56 | おでかけ | Comments(4)

くらしき天領夏祭りへ


d0031853_4111725.jpgd0031853_4113513.jpgベビーカーにお子様用「蚊にきくカトリス」をつるし、頭のところには保冷剤を入れてやっていますが、夕方でそこまでしなくても暑くなかったかなと思います。
ゆうくん、初めてのお祭りです。もちろん呼び物のメインストリートでの代官ばやしの踊りなどはもみくちゃにさいれそうなので見られません。雰囲気だけでも味わいにというので、みんなで行きました。

d0031853_41688.jpg
7時ごろはまだ明るく、露店が立ち並んでいますが、今年は特に近年になく(とはいえ最近は行っていなかったのですが)人出が多いようでした。

長くなるので続きはこちらをクリックしてご覧ください。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-24 04:30 | おでかけ | Comments(0)

我が家の晩ごはん


d0031853_3325937.jpg
7月20日の夕食です。鮭のソテーがメインで、もやしとピーマン炒めをそえています。右側のきゅうり、家で採れるのでなんとか消費しないと、と思ってこの日は縦割にして斜めに切れ込みを入れたものをごま油で炒め、酢醤油と生姜の千切りとタカの爪1本入れたたれにつけて冷やしたものです。あとはかぼちゃと、なめことお豆腐のお味噌汁です。ご飯はこのところ胚芽米です。

d0031853_3403479.jpg
21日(木)は、鶏の手羽先の半割にしたものをニンニク醬油と酒とみりんに漬けたものをグリルで焼きました。コーンスープは鍋ごと氷水に漬けて冷やして。トマトの下になっているのはコールスローサラダです。

d0031853_3422792.jpg
22日(金)の夕食は豚の味噌漬けを生協で頼んでいたのでそれがメイン。もやしとピーマン千切りは肉のたれの残りで炒めました。右奥はひじきと茹で大豆のマリネです。それに今年初めてのモロヘイヤのスープです。
モロヘイヤは2人前だと1束で済みます。葉っぱをちぎってさっとゆでてみじん切りしておきます。
玉ねぎ2分の1個を繊維に逆らって薄切り、ベーコン2枚は千切りにして、油少々で炒めてカップ2杯?の水に固形スープ1個入れて15分くらい煮ます。火を止めてからモロヘイヤを入れ、夏場なのでそのまま氷水で冷やしました。モロヘイヤからあっという間にとろみがつきます。
ご飯は黒大豆入りです。

d0031853_3525293.jpg
24日(土)の夕食。倉敷天領夏祭りに出かけるので早めに。メインは「ひつまぶし風」に、庭の青じその葉の千切りをたくさんとうなぎの千切りが入ったご飯。あとは白っぽいのは冬瓜(とうがん)の煮物で鶏肉のあんかけにしたかったのに鶏ミンチがなくて豚肉をたたいたものを使用。あとはきゅうりの酢の物、豆腐とわかめの澄まし汁で、昆布といりこのだしでした。
 孫のゆうくんにはみじん切りにした鰻と青じそを混ぜたのを食べさせたら、青じそがもそもそしたのか、べー、でした。冬瓜もあっさり味だったせいか、やわらかいからいいかと思ったらこれまたベー、でがっかりでした。
デザートの小玉すいかは細長くスティックにしたら手に持って汁をおとしながらむさぼるように食べていました。


d0031853_1271122.gifぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-24 03:49 | 料理 | Comments(0)

旧友と電話

 中学時代の旧友に久しぶりに電話しました。彼女は高校から阪神地方に転居てからずっとそちらにいます。 私が岡山産の桃を知り合いの農家に頼んで毎年送るようになってから、向こうからもお返しの意味で送ってくるようになり、今年は三輪そうめんを送ってきたのでお礼の意味で。午後8時位に、働いているといっても落ち着いたかしら、と思ってかけたのに娘さんが出てきて、「母はまだ帰っていませんので」とのこと。定年過ぎているのだけれど、嘱託のような立場で引き続き仕事をしているのですが、それにしても私などは友の会でいくら忙しくても4時過ぎくらいには帰宅してそれでもバタバタしているというのに、なんとタフなこと、と思いつつ待ちました。それと、娘さんの声が彼女の若いときの声とそっくりなので懐かしく思い出していました。
 
 40分くらい後でしょうか、彼女からかかってきました。やあやあ、久しぶり、と近況を聞くと、なんと彼女はこの3月末に脳腫瘍の手術をしたのだそうでした。頭蓋骨に小さい穴をあけて吸い出してもらったのだとか。その後ご主人のお母さまが倒れて入院となり、転院先を探しに奔走するなどの事件もあり、それなのに仕事も続けているのだそ。仕事が好きということもあるけれど、彼女のタフな体と心には本当にびっくり。
 家事はうまく家族を仕向けて?一家総動員で分担が徹底しているらしく、彼女がするのはご飯を作ることだけ、なのだそうです。そんなに遅く帰ってご飯を作る?と言うのが驚きですが、たぶん朝のうちに段取りよく作っておくとかしているのだろうと思われます。
 以前冤罪で拘置されていた厚生労働省の村木厚子さんのドラマを見た時に、娘さんが「第1主婦」、ご主人が「第2主婦(夫)」自身は「第3主婦」だったか、そんな感じだったので拘置されてもさほど家族も困らなかったというエピソードがありましたが、彼女の場合も、しっかりフルタイムでずっと働いてきたので、家族の今協力体制がないと生活が成り立たなかったのだろうなと思わされました。
 昔からしっかりした考えを持ち、だから尊敬し、ずっと付き合ってもらいたいと願ってもきた立派なお友達です。昔は長文の手紙をよくやり取りしていましたが、お互い最近は忙しくて年賀状と桃のやりとりくらいしかしていませんでした。この夜、友達も「あー、話して久しぶりにホッとした」と言ってくれて、最近のしんどい生活のなかでちょっとだけでも肩の力が抜けたのかな、と、電話してよかったと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-07-23 03:09 | しみじみしたこと | Comments(0)