<   2012年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

コンサートのポスター制作


d0031853_1534113.jpg
合唱団で老人施設でのコンサートがあります。
といっても最近超忙しくて、図柄は使い回し、行き先が違うものですから、それとデイサービスなのでほかの曜日にしないことから、1日だけの掲示になるらしいので、あんまり力も入っていなくて申し訳ない。
しかも、そのコンサートの日が、友の会の友愛セールと重なることがわかり、「私はお休みします」と言ったら、わざわざ日を替えて下さったそうな。
でも、その日は友愛セールのためのケーキを焼く予定日だったものだから、またも「いつケーキを焼こう?」と、ない時間を智慧を絞ってひねり出す必要に迫られます。
ありがたくも悩ましいことです。
しかし、この合唱団、いつも悩ましくも忙しい日々を送る私にとってはかけがえのないリラックスタイムなのですからそうも言っていられません。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-30 15:08 | 合唱団 | Comments(0)

スカイツリーと同じ風景?「江戸一目図屏風」を一目見に・・・


d0031853_3311728.jpg
27日(日)、11時前ごろになって、夫が思い立って津山へ行こうというので、行きは私の運転で、ノンストップで高速道路を使って1時間半くらいで津山に到着。こちら、観光センターです。食べ物屋さんを探すのもおなかがすいて・・・ということでてっとり早くこちらのお店で。ちなみにこちらの観光駐車場、料金ゲートもなくて無料です。ありがたや。

d0031853_33318.jpg
夫は「きつねうどん」でしたが、私は、近頃話題の「津山ホルモンうどん」を食べなくては、と注文すると、下に燃料がついたこんなしつらえで来ました。

d0031853_3341313.jpg
近頃話題なので、母に写メールを送ると、
「捨てるような部分を食べるなんて。私は上等なお肉の方がいい」などという憎たらしい?返信が来ました。それはまあ、この地が肉の産地で、余ったホルモンを工夫して食べていた、という歴史的経緯があったらしいです。話題性だもの。確かにホルモンと言えば内蔵だものね。だけど、タレがなかなかおいしくて、話題のB級グルメをいただけてよかったです。

d0031853_337121.jpg
目的はお隣の郷土博物館でした。
サイトはこちらhttp://www.tsu-haku.jp/
ここに所蔵されている「江戸一目図屏風」は、江戸時代に描かれたにもかかわらず、先日完成した「スカイツリー」から見たと同じ視点での風景が描かれている、というので話題になっているのです。
古い建物で重厚な大理石の階段が正面にあり、1階の化石などの古い時代から順に3階まで展示をゆっくりと拝見、津山のお城の精巧な模型なども興味を引いたり、また読めないながらも古文書なども、解説書を頼りに拝見し、郷土の歴史や文化に触れるというのも時にはいいもの。
 最後の3階の部屋に、目指す屏風のレプリカでしたが、ありました。東京に詳しくないので江戸の風景と言われてももう一つでしたが、お江戸日本橋のあたりなど、とても精密に描かれているらしく、参勤交代の行列なども描きこまれていたり、どこでどうしてこんな風な絵を描こうと思ったのか、不思議でした。
 また、時代劇などでよくみるお駕籠の本物があって、参勤交代の時には1日10時間くらい歩いていたとのこと、4人で担ぐと1人30kg位の負荷がかかることもわかり、お供の人もご苦労様だったけれど、中に座って旅するお殿様も結構大変だったなあとか思っていたら、内装は背もたれがビロードで、両脇に脇息があり、折り畳み式の机も前にあって、本なども読めるようになっていたらしいことがわかり、興味深く拝見しました。
 また、現在地元紙の山陽新聞に林真理子氏の小説が連載中ですが、この参勤交代を3年に一度でよいと、諸大名の負担を軽減する政策を打ち出したけれども、諸大名はとっくにそれらの経費削減策は取っていて、長い大名行列というものは、江戸に入る前にエキストラとして地元の人間を雇い入れて衣装だけを着せて体面を保つようになっていたそうで、そのため3年に1度の参勤交代となると、そのあたりの者の就職口が減ったことを意味したとのこと、大変興味深く読んだところだったので、そのお駕籠の展示もまた興味深く見てきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-28 03:50 | おでかけ | Comments(2)

赤いバラ


d0031853_3103527.jpg
我が家に咲くバラのうちで一番好きなものはこちらの「サラバンド」という種類の一重のバラです。
今年も咲きました。何度も季節が来るたびにご紹介していますのでまたかというお方もいらっしゃるかと思いますが。残念ながら香りはないのですが、この赤、夕方の薄暗くなりかけたころがまたとてもきれいに冴え冴えとしています。室内でも、白い壁にはとてもよく映えてくれます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-28 03:13 | | Comments(0)

ゴーヤの苗を買い損ねて

 実は生協でゴーヤーの苗2本と、種1袋を買って植えたのですが、スイトピーがまだ咲いていて勿体ないのでその間に植えた所、日当たりとか土がいけなかったのでしょう、苗のうち1本はヨトウムシにやられ、種は発芽せず、最後の1本も息も絶え絶え、という感じ。
 忙しくてやっとホームセンターに行ってみると、すでにゴーヤは売り切れとのこと。致し方なく、朝顔の苗を買ってきまして・・・

d0031853_4101743.jpg
勿体ないと思いつつ、まだ咲いているスイトピーの花だけ切って豪勢に?花瓶に入れました。
 実はこのスイトピーも、昨年スナップエンドウの種を撒いたのが失敗に終わり、道の駅で見かけたスイトピーの苗を買ってきて植えたもので、時期がちょっと遅かったのでこのゴーヤの植え付け時期に花がまだ盛りと、押せ押せになって来ていたのです。


d0031853_4131113.jpg
朝顔の苗も、スイトピーを抜いた後に土を休ませる間もなくちょっと耕して石灰と牛糞と腐葉土を入れたくらいですぐに植えつけてしまい、ヨトウムシが心配なので少しオルトランを撒いています。
 午前中の外出を済ませて午後からあわただしく出かけて買い物、それからの園芸作業なので、土づくりも泥縄になりました。
 今年の夏の頼みのグリーンカーテン、ゴーヤと違ってこれはちょっとあんまり暑さを防いでくれないかもしれないです。
 いきつけのクリーニング屋さんの女主人によると今年は、パッションフルーツの苗が出ていたので、実も食べられるかも、と期待して植えたのだとか。いいなと思って聞いたら、ラジオでも今年はそういう実のなる例年とはちょっと目先の変わったものが出ているのだとか言っていました。私もそういうのが買いたかったのですが。残念。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-26 04:17 | | Comments(4)

金環日食、見ました


d0031853_2374943.jpg生協カタログにあったので、2週間前に予約して手に入りました。お嫁さんもネットで探したけれど売り切れだったとかで、2個注文していて1個上げるつもりだったのでちょうどよかった。こちら、980円でした。紙製かと思った枠はしっかりしたプラスチック製で、見るところは特殊ガラス製とのこと。おかげで太陽をしっかり見ることが出来ました。

d0031853_23101081.jpg
こちらは7時38分の木漏れ日の映像です。カメラで直接捉えることはできず、こういう手法にしました。

d0031853_2312739.jpg
7時41分の映像です。3分の差ではあまり変化がないように見えます。

d0031853_23132193.jpg
7時52分の映像です。日食も終わりかけているのがこちらではわかると思います。
自分の肉眼で見る太陽は小さかったけれども「本物」をこの目で見た、というレベルでとても感動しました。
そのほか、テレビでは

d0031853_23163356.jpg
金環日食の境目のところだけでみられる

d0031853_2317136.jpg
ベイリービーズという現象について報じられていましたが、岡山に近い香川県さぬき市でもその境目にあたるので観測していたけれど、雲がでて短時間しか見られず、観測は不十分だった、との別の局のニュースでありました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-21 23:18 | 感動したこと | Comments(4)

家族新聞「あじさい通信」181号ができました


d0031853_22565879.jpg今月号のトップ記事は、息子たちと一緒に泊まった大久野島のことでした。全員の記念写真と孫がウサギに餌をやるシーン、自転車に乗る息子たち、それに大久野島の位置を示す図と4つも入れてしまいました。
 また、直接私がかかわっていないものですが、お嫁さんの父方の祖母を、お嫁さんの両親と息子たちと一緒にお見舞いに行った時の写真も掲載。
 ゴールデンウイークに孫を連れて行った遊園地やら、母の日の鉢植えのカーネーションやら、私だけでしたが1泊旅行と、このたびの大会出席のこと、生ごみ処理機購入のことなど。
 それにこのごろほとんど来なくなっていたので、娘一家が、もらい物のビールをうちに取りに来た機会を捕まえて撮った写真も掲載。
 なにやら最近になく盛り沢山な写真がいっぱいの号となりました。
 気づくとこれまためったに我が家に帰ってこなくなった次男の映像はついに掲載することが出来ませんでした。たまに洗車しには来るのですが、写真を撮られるのを嫌がるので・・・
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-21 23:05 | 家族新聞 | Comments(0)

今回の食事について


d0031853_450968.jpg
d0031853_4511279.jpg岡山駅で新幹線に乗る前に買った駅弁です。値段は1,000円くらいだったと思いますが、散らし寿司とおかずも色々でおいしかったです。

d0031853_4525699.jpg
1日目夕食は千駄ヶ谷の駅から宿舎の日本青年館までの道で、食べ物やさんが少なくてやっと見つけた若向き?洋食屋さん、カロリー多そうなものばかりだったので、その中ではこれ、カニクリームコロッケ定食。850円だったか、東京にしては良心的なお値段でした。

d0031853_4561819.jpg
日本青年館の1日目朝食、大きな魚の切れがあるのにベーコンと卵2個分はある炒り卵がつき、野菜はひじきの煮物と既製品らしい煮豆程度で不足。

d0031853_4574375.jpg
自由学園男子部生徒による昼ごはん、これが一番おいしかったという感想。お肉もほどよい味加減で、マッシュポテトとサラダ、手作りパン2種類と、紅茶と夏みかんゼリー。

d0031853_4592128.jpg
日本青年館の夕食。なんだかなあ・・・という感じでした。野菜と言えば付け合せのいんげんの胡麻和え、きゅうりとわかめと山芋ほんの少々の酢の物と、刺身のつま程度。食べきれないほど出てくる必要はないけれども、お宿の夕食としてはちょっとさみしい。(後から持ってきてくれるものはなくてこれだけでした)

d0031853_503247.jpg
朝食です。野菜の煮物がついたので良しとすべき?鮭が塩辛い、昔と違って保存のための塩鮭ははやらない。野菜の煮物の小鉢がついてうれしかった。

d0031853_52798.jpg
大会会場でいただいたお昼のお弁当。それから会員手作りの和菓子がおやつとして出されました。栗饅頭みたいでおいしくいただきました。

d0031853_532416.jpg
品川駅で購入、新幹線の中でいただいた老舗「なだ万」のお弁当、小さいけれど1,050円でした。味付けも上品でおいしくいただきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-20 04:51 | 料理 | Comments(0)

高田馬場

山手線に乗っていたら駅のオルゴールのメロディーに「ん?!」
あのなつかしい(年がわかる)鉄腕アトム!!
そうだった。
(後で調べたところによると)1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、月刊の漫画雑誌「少年」(光文社)に連載されていました。その物語によると、アトムの誕生日は2003年4月7日、交通事故により息子を亡くした天馬博士によって、アトムはこの地で誕生したのだった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-16 16:57 | おでかけ | Comments(0)

バラが花盛り-♪垣に赤い花咲く♪


d0031853_14553391.jpg
先日に続き、朝、ゴミを出しに行った帰りに我が家の垣根を携帯で撮影しました。
白い「新雪」が咲きだしました。
ピンクの「ロザンナ」は肥料不足か、形が今一つ。

前回「垣に赤い花咲く」と思いだした曲名は「思い出」でした。
昭和22年からの音楽の教科書では、小学校6年生の物に載っていたようです。
今ではこの曲は多分忘れられているのでしょうね。
d0031853_1505875.jpg
http://bunbun.boo.jp/okera/w_shouka/s_sengo/se6_omoide.htm
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-15 15:01 | | Comments(2)

北近畿の旅 その2 丹後


d0031853_532874.jpg
2012年5月13日(日)の朝、8時半に宿を出発。鳴き砂で有名な琴引き浜です。

d0031853_5324177.jpg
鳴き砂を鳴らすには、はだしが最適とのこと、1人はだしになりました。また、すりあしで砂の上をあるくこと、手でもむように動かしてもなるそうです。
海が冬の荒波で洗われてきれいになっている3月ごろから今頃が一番鳴りやすいそうです。ガイドさんの説明では、すりあわされることにより石英の小さな粒が振動することでなるのだそうです。

d0031853_535166.jpg
浜の左手の「太鼓浜」は、上からたたくと太鼓のような響きがあることから名づけられたのだそうですが、先日の大風で砂が波にもって行かれて岩盤があらわになり、太鼓の効果が出なくなったそうです。

d0031853_5363476.jpg
キャンプサイトの隅に温泉があるというので行ってみると、時間制でパイプから引き込むようで、ガイドさんが気を利かせてバルブを開けて下さったらその瞬間「きゃー」。勢いが余ってお湯が噴き出て、服を濡らした人がいました。42℃の入りごろの温度でした。

d0031853_5382031.jpg
海岸線に沿ってバスは進みました。

d0031853_5384654.jpg
船屋で有名な集落の伊根に着きました。

d0031853_539242.jpg
道の駅から見下ろしたところです。ここで事件がありました。

d0031853_5395643.jpgこれは船着場の看板ですが、道の駅にも同じような表示がありました。

d0031853_1219629.jpg
道の駅の駐車場をバスへと急ぎながら、琴引き浜では温泉の湯を浴びた人がたまたまアイスもなかを買って食べていたら、半分ほど食べて持っていたところを、後ろからザーッとおそわれて、「わしづかみ」ならぬ「とんびづかみ」にさらわれました。、またも「キャー」。
 2m後ろを歩いていた仲間の男性が、「耳のすぐ横をさーっと通り過ぎたと思ったらつかんでいった」とのこと。油断できません。というか、何気なく手を体の横に持って行っていたので狙われたのでしょうか。

d0031853_542309.jpg
遊覧船で湾内を一周しました。

d0031853_54389.jpg
100円でえびせんを売っていて、カモメにやることができ、カモメたちもよく知っていて低空飛行して餌を取りに来ます。

d0031853_544219.jpg
「舟屋」の建物群です。潮の干満の差が少ないことと波が穏やかな海だからこその建物です。昭和の初めごろまでは船を仕舞うための納屋みたいなものだったのが、次第に2階が出来て住むようになっていったのだそうです。
私は独身時代の職員旅行でこの舟屋の民宿に泊まったことがあるのをなつかしく思い出しました。

伊根の舟屋めぐりのサイト http://www.inewan.com/
d0031853_5462051.jpg天の橋立では、上の方にロープウエイで登らずに、文殊様をお祭りしたこのお寺を見学。
天橋山智恩寺
http://www.monjudo-chionji.jp/

d0031853_5472333.jpg

d0031853_5474439.jpg
ジェームズ・ボンドが乗りそうなこんなスマートなモーターボートがあり、9人ちょうど乗れるとのことなので、全員で乗ることになりました。

d0031853_5484659.jpg
私は最後尾の席にいたら、風当たりは強いし、水はすぐそばだし、落ちたらどうしようとちょっと怖かったです。

d0031853_5493275.jpg
やっぱり天の橋立は上の方から見ないと・・・と思われた海岸線でした。

d0031853_550849.jpg
出入りの時にこの橋の下をくぐるのですが、この土台、回転できるようになっているのです。
そして、帰ってきてから5分後にたまたま、その橋を動かす時間がありました。

d0031853_5514559.gif


d0031853_1232672.jpg
お寺の門前町を散策。小さなあんころ餅が名物のようでした。貸自転車もたくさんありました。

d0031853_62522.jpg
最後におやつに丹波の黒豆の黒豆ソフトをいただきました。黒豆といっても煮豆みたいな黒豆ではなくて黄味がかったのに黒い点々。よく考えたら黒豆と言っても大豆をつぶしたのは「きなこ」。黒い点々が皮なのでしょうか。
ここでは前例のあるトンビを警戒して、パラソルの下で食べました。

こじんまりした団体での一泊旅行、楽しく過ごしてきました。

d0031853_83751100.jpg夕食は、宿を出たあと寄った土産物屋さんで買った「焼きさば寿司」、三木SAで買った神戸のギョーザと豚まんが加わりました。夫に「焼き!さば寿司」と言っていたのにいわゆるバッテラと思われていました。数年前の朝ドラ「ちりとてちん」で福井の小浜の焼きさばが出ていましたが、このサバ寿司も焼いたサバでした。息子たちと大人4人で3本買いました。

参考サイト 「まるごと北近畿」 http://kitakinki.gr.jp/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-14 11:21 | | Comments(0)