<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

サマーコンサート


d0031853_21553340.jpg
某老人向け施設で、サマーコンサートで歌いました。「海・われは海の子」で幕開け、夏らしく「浜辺の歌」「椰子の実」など。

d0031853_2157540.jpg
ご一緒にのコーナーでは「月の沙漠」、「幸せなら手をたたこう」の2曲を一緒に歌っていただきました。平均年齢80歳代の皆様、歌詞をよく覚えていらっしゃいました。
 最前列のお客様は、初めから終わりまで何度も「きれいじゃなあ・・・衣装が。」とおっしゃっていました。。。。
d0031853_2233841.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-29 22:03 | 合唱団 | Comments(0)

高知の市場へドライブ

 このところ私の旅行やらお役目の用事などで休日もなかなか遠出できなかったものですから夫の「どこかへ行きたい病」になかなか付き合えなかったものですから、やっと28日、朝9時から出かけることができました。
 行先は高知。「高知のどこへ行きたいの」「市場」「どういう名前?」「忘れた」という会話の後、はりまや橋の近くという大体の場所を目的地にしてとりあえず出かけました。
 なんだかわからず不安な私。
 夫はテレビで見たらしく、それにしても名前が思い出せず、うろうろした挙句にやっと見つけました。「ひろめ市場」。

d0031853_4583849.jpg
場所は名高い高知の日曜市の通りに面した一角で、商店街の側(南側、たぶん)からの入口をやっと見つけたのです。以前行った台北の「士林夜市」にちょっと似たような、また函館朝市にも似たような、狭い範囲にごちゃごちゃとお店があるという雰囲気。

d0031853_512258.jpg
d0031853_513976.jpg
由来と見取り図があったので。

d0031853_522478.jpg
ご当地食材を使った居酒屋風の飲食店がぎっしり並び、真ん中にテーブル席があり、周囲のお店で注文したのを食べるようになっていました。
d0031853_57848.jpg
私たちはこちらの店で、珍しい「ウツボの唐揚げ定食」800円と、「はらんぼタタキ定食」750円、それに珍味という「皮鯨刺」600円、「スナズリ」400円を注文。

d0031853_574938.jpg
こちら皮鯨刺し身。味はブリみたいにこってりした感じで、触感はこりこりしていて硬かったです。

d0031853_592379.jpg
こちらはらんぼタタキ。カツオのハラミ?、脂がのっていておいしい。

d0031853_5105331.jpg
ウツボの唐揚げも初めて。粘りのあるような身で、この中では一番好きでした。

d0031853_5115088.jpg
スナズリは結構どこにでもあるけれど、こりこりが好きです。

d0031853_512279.jpg
お味噌汁を忘れれられていて、声をかけると後から来ました。アツアツでした。

d0031853_5131476.jpg
そして、関東地方の方にはおなじみらしいのですが、私は知らなかったかの「ホッピー」がこの店のメニューにあったことを知りました。車で出かけていたので飲めませんでしたし、実物も見えなかったのが残念でした。

d0031853_5145110.jpg
食べ終えて歩いていると、また珍しい食材を扱っているお店がありました。こちら、ご当地の名前なのでしょうが、とこぶしみたいです。

d0031853_5154674.jpg
これはブリの子?の煮つけでしょうか。

d0031853_5162766.jpg
イタドリ、食べられる野草とは聞いていますが、実際にこうして小鉢にしているのは初めて見ました。

d0031853_5171967.jpg
この巻貝はバイガイ?それとも?

d0031853_518689.jpg
d0031853_5182812.jpg
またこちらの出入り口から出て、もわーっと暑さを感じたところへ、台湾風のかき氷があったので。250円なりでマンゴー味のを注文。すごい山盛りなので周囲の人も2人でつついている人が多く、ご多聞に漏れず私たちも夫婦でいただきました。

d0031853_5201818.jpg
帰りのカーナビではこんな感じでした。

d0031853_5205376.jpg
瀬戸大橋は毎度その鉄の塊の質量に圧倒されます。絶えずメンテナンスしていないとこの巨大な構造物もさびてスクラップになってしまいます。塗装の労にあたっている人やらもちろん作った人たちの労力に感謝しつつわたりました。
 山口や島根では大雨の災害が出ていたそうですが、高知はこの日、水たまりはあったものの私たちが行ったときには雨は降りませんでした。
 お土産はクジラの竜田揚げでした。息子は昔給食に出たそうですが、お嫁さんは初めての食材だったようです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-29 05:24 | おでかけ | Comments(2)

家族新聞「あじさい通信」195号ができました


d0031853_4412876.jpg今月号はいつもの発行日20日前後に私が旅行に出るなどしてできなかったので5日ほど遅れての発行になりました。
 メインは孫のゆうくんの七五三の記念写真の前撮りでした。七五三の時期には写真屋さんが混み合うので特典を付けて前撮りを推奨しているそうで、半年ほど前ですが、昔なら数えのところを満年齢で、もう3歳になっているわけですからよしとしましょう。というわけで、子供ながら貸衣装で羽織袴に千歳あめという正装でお澄まし、という図柄と、もう一つはヨーロッパのお城のシルエットの背景に背広姿というものでした。と言っても私たち夫婦は毎日本人を見ているからその写真は見せてもらうだけでいいよ、と言っていて、息子夫婦とお嫁さんの実家に差し上げる分だけあればと思っていました。
 そして施設入所中の孫からすれば曾祖母のところへ見せに行き、その写真を眺めているところの写真を2番手の記事に持ってきました。曾祖母、7月で93歳の誕生日を迎えています。
 孫と言えば、神戸のアンパンマンミュージアムに遊びに行った記事、息子のカメラからデータをもらい、3番手の記事にしています。高知の山奥のと違い、さすがに神戸は人が多いのも当たり前、人にもまれながらの見物、体験となったようです。
 もう一人の孫のほうは、相変わらずスイミングにダンスに英語に学習塾とお忙しいようで、2つの習い事が重なった日、帰ってぐっすり寝入っているところの足元に買っているウサギのメルクが寄り添って寝ているという図を娘が写メールしてきたので、さっそく掲載しました。なかなかこういうことでもないと孫娘のほうは記事になりません。
 また、囲みのほうはゆうくんの初ビニールプールではしゃぐ図。これはお嫁さんが私の旅行中に写メールをくれたものでした。幌みたいなのが付いた複雑な構造で、空気の入れ具合が難しかったらしく、先週末にしてから今週末はこりたのかしなかったみたいです。
 というわけで夏らしい?記事満載の内容になっています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-29 04:54 | 家族新聞 | Comments(2)

夏休みの計は励み表にあり?

 今年も子供たちは夏休みに入りました。
 子供がいるころには、子供中心に時間を組んでいたり、介護の時期になってからは起きない子供を気にしながらも放っておかざるを得ず8時半には隣の夫の親の世話に出かけていたものですが、今は自由になってありがたいです。
 私も、いわゆる夏休みとは少し違いますが、夏休みモードに入りました。Tの会の例会も8月はお休みにしました。(今年はそれを決める立場なので)その代りに、小学生のための体験ラリーだの、子供料理講習だの、大人はパソコン勉強会だの、工芸の会だのといった普段ない行事があります。
 そして、今年も生活の節目の時間が乱れないようにと、1週間分の基本時刻の励み表を出してもらえました。これがあるとないとでは、目的意識というか、達成感というかが違うように思います。

 私の起床時刻は4時半にしようと思いました。昨年は3時にしたのですが、半分くらいしか守れなかったので。ここ2日は4時半に起きて、優先順位1番の読書とか感想の原稿のメモなどをしました。
 5時半になると、(起きた時からモンペに作業着《息子のお古の柄物カッターシャツ》を着ていますので)庭に出て水やりと草取りをします。大体汗だくになるので、6時15分から20分ごろ、お風呂場に行き、残り湯(まだ生暖かい)で汗を流し、作業着の洗濯。
 6時半から本気でラジオ体操。ダイエットとおなか周りの引き締め、跳躍運動では足の骨の補強などの狙いがあります。
 終わると夫と私のお弁当と朝食づくり。家にいてもお弁当を作って保冷剤を入れたバッグに入れておいておきますと、お昼にすぐ食べられ、量と食材のバランスも良いので。
 7時10分過ぎくらいから夫と新聞2紙を交換しながら朝食、時計代わりにラジオをつけて。
 8時前までゆっくり新聞を見て、それから洗面や片付けにかかり、夫を見送って寝具を整え、お風呂掃除をし、食器片付け、モップでさっと拭くなどして朝仕事は9時ごろ終了。

・・・というのが私の夏の朝仕事のスケジュールです。
 人生いろいろですが、本当にいい時代というのはとても短いと思います。幸いにも今は健康で過ごせていますので、ない頭で時間を無駄にしないようにと思います。また10月に息子のお嫁さんが出産を控えていますのでその時の予定を先取りして何とかできることを夏のうちにしたいと思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-26 09:22 | 日常 | Comments(2)

長府、角島(つのしま)、仙崎の旅

d0031853_108790.jpg

d0031853_4172317.jpg
関門海峡はとても狭く、海も川のように早く流れているように見えました。

d0031853_41812100.jpg
長府の功山寺。鎌倉時代の1320年の創建。

d0031853_420025.jpg
長府毛利亭の内部、天井がとても高く、また天井の明かりはオリジナル特注品のようで、どの部屋もこの梅型のものでした。お庭もとても立派でしたし、明治天皇のご宿泊のために特に作らせたというお部屋のたたずまいもよかったです。

d0031853_4224110.jpg
山口県の北西の端にある角島へ渡る長い橋。TVのCMでも見た気がします。海の色もきれいでした。
角島ナビ⇒  http://tsunoshima.info/
d0031853_9444814.jpg
泊りは湯本温泉でした。中居さんは珍しくピンクの和服姿でお出迎え、朝は事務服みたいなのに着替えるところも多いのに朝から和服でご苦労様。旅館形式ではありますが、ロビーには川がしつらえてあり吹き抜けもあり豪華な印象。
女性は6人だったので広い部屋で、縁側に掘りごたつ形式の長テーブルがあり、そこで食後寝る前のお楽しみタイムを持つことができ、大満足でした。
湯本温泉大谷山荘⇒ http://www.otanisanso.co.jp/ 
d0031853_4235168.jpg
一夜明けて、こちらは仙崎の町をガイドさんの案内で行った時の、童謡詩人金子みすゞのお墓です。金子家はもうこの地にいないし、長い間このお墓も場所がわからなかったのだそうです。

d0031853_4252737.jpg
仙崎の通りの家々に、町おこしの一環として、6200枚?だったか、板を配布し、その家の人が一番好きなみすゞの詩を書いて掲げてもらっているそうです。好きな詩なので重なることもあるそうですが、1枚ずつ見て歩くのも一興です。

d0031853_4505793.jpg
仙崎の街がにぎやかだったころの仙崎中央通りのようす。ねんねこ半纏を着た女性の姿もあり、みすゞの生きた時代の様子もまたこんな風だったようです。
仙崎の街は戦後の引き上げ港の一つに指定され、舞鶴よりずっと短い期間なのに大勢の帰還者が上陸した様子もありました。

d0031853_4305228.jpg
かまぼこで有名な仙崎らしく、かまぼこ板に一人一人が描いたものがびっしりと壁に貼り付けられています。

d0031853_432571.jpg
照明を消すと、夜光塗料(と今は言わないのかも)により景色が一変します。

d0031853_433173.jpg
みすゞの巨大な壁写真・・・ギネスに登録されているのだとか。なぜかというと、

d0031853_4341224.jpg
市民の顔写真をびっしりとモザイクのように並べたものだからだそうです。

d0031853_435276.jpg
仙崎の向いに浮かぶ青海島(おうみじま)。今では橋が架かっていますが、昔は渡船で、みすゞはその島の山から見る仙崎の街が竜宮城みたいでとても好きだったそうです。島に向かい合うほうは穏やかな海ですが、こちらの日本海側は奇岩が並び、様相は一変。海のアルプスと呼ばれているようです。

d0031853_4395275.jpg
島一周コースは約1時間半、2,200円。昔はこのあたりでもクジラが捕れたそうで、クジラ型の観光船は乗客たちが降りた後で潮吹きのパフォーマンスをしてくれました。

暑いさなかでしたが、お天気に恵まれ、観光船からの景色もとてもよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-23 04:41 | | Comments(0)

楽すると太る

 20日(土)、21日(日)と山口県の長府、角島(つのしま)、湯元温泉泊、仙崎(金子みすゞ記念館)、青海島遊覧というコースで10人のグループで旅行してきました。
で、休憩地の宮島SAでこの頃売り出し?の「生もみじ」の試食、暑さもあってのイチゴソフトクリーム、などの間食やら行く先々での会席膳をおいしく完食、(残したのは2日目のフグの唐揚げ?と、わかめ練りこみのうどんと一緒だったためのごはん少々だけ)。

d0031853_3423882.jpg
   初日のお昼。フグの産地なのでフグ刺しが付いています。

d0031853_343495.jpg
   お宿の朝食。

d0031853_3432476.jpg
帰途の北長門の道の駅?にて。

d0031853_3434872.jpg
暑かったのでつい。かき氷の上にソフトクリームが乗っていました。
で、帰宅した日は夕方だったため夫と外食、お店がなかなか決まらず結局お寿司定食となり似たよう内容になってしまい、さらにお土産に宮島SAで買ってきた生もみじまんじゅうを1個食べました。・・・・

で、

お風呂の時に体重計に乗るとな、な、なんと。


2kgも増えておりました。

電車だと重い荷物を持って駅の階段を上り下りするという運動も加わるし歩くので結構いいのでしょうが、今回はバスの旅だったのでお土産を買いこんでもバスが運んでくれるし、ろくに歩きもせずにごちそうを朝昼晩といただいた上にこの1年食べないで来た間食を気が緩んで食べたせい・・・・
いやはや、この1年のお気楽ダイエットが半分ほど消えてなくなり、ショックでした。
上記献立をよく見ると、やっぱり野菜不足、単価の高いそしてご当地の名物のフグ刺しなどは入っていますが、栄養にはかなりの偏りがあるように思われ、普段の食生活の大切さを改めて感じたことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-23 03:51 | | Comments(0)

我が家の(晩)ごはん

このところ超忙しくて晩ごはんをアップするどころではなかったのですが、連休で一息ついています。

d0031853_21434282.jpg
晩ごはんとタイトルにつけながら、こちらは定番の朝ごはんです。低脂肪乳、1斤を10枚切りにした食パン、サラダ(ボストンレタス、ゆで卵、トマト、ポテトサラダ《ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、ゆで大豆、キュウリ、玉ねぎ》)、果物(なるべくかんきつ類150g)。パンには夫は何もつけず、私はジャム(時々自家製)をつけています。

d0031853_21483323.jpg
こちらは7月3日の晩ごはん。メインがマナガツオ(焼いてからたれに絡めたもの)、小松菜お浸し、自家製ミニトマト、なすとニンジンの揚げ浸し、豆腐とわかめの味噌汁。お豆腐は2人だとどうしても多く食べないと余ってしまうので多いです。

d0031853_21515980.jpg
7月5日(金)の晩ごはん。我が家的には超珍しく、カレーです。チキンカレーで、婦人之友社の『会食の日の献立』のチキンカレーのレシピより、玉ねぎを褐色になるまで炒めて、チャツネも入れて作っています。おいしかった。。。

d0031853_21554731.jpg
7月6日(土)の献立。小アジの三枚おろしをフライにしています。千切りキャベツとレモンを添えて。サラダは定番みたいなレタス、キュウリ、トマト、ゆで卵、それにかぼちゃスープです。

d0031853_21583884.jpg
7月8日(月)の晩ごはん。小さいメバルを買ってきてすぐ背開きにして塩をしておいたのを、唐揚げにしました。蒸なすにはスッパイたれのはずが、何を迷ったか田楽味噌をかけてこれはやっぱりよくなかった。青梗菜のほうがナムル風にしたせいかも。後は自家製トマトと、味噌汁。

d0031853_2222865.jpg
これはまとめ買いした魚のうちのサバをカレー味で揚げたものです。もやしと赤と黄色のパプリカを炒めて添えました。あとは具だくさんのジュリアンスープ風と、トマトと、自家製パセリ。

d0031853_2244230.jpg
7月12日(金)の晩ごはん。夫の帰りがいつもよりちょっと遅く、グリルに長くおいて焦がして真っ黒になってしまったけれど、鯛の塩糀漬けがメインです。青梗菜と油揚げの煮物と、かぼちゃの煮物と、自家製トマトと、味噌汁。青菜が高いのに青梗菜が一番安かったため青梗菜が多いです。

d0031853_2272944.jpg
7月13日(土)の晩ごはん。こちらはお寿司の中にまとめ買いしたアナゴがたっぷり入っておりまして、飾りは既製品のママカリの酢漬けです。孫のゆうくんんはちらしずしを食べないそうなので、アナゴとかんぴょうと卵と三つ葉で2本だけ巻きずしを作りました。デザートは6kgもある巨大スイカ(体重計で持って計って)をバケツの水で冷やし、どうしても半分食べないと冷蔵庫に入らないということで、頑張って食べたけれど食べすぎました。

d0031853_2294177.jpg
これは土曜日にまとめ買いした豚の肩ロースの塊を、その日のうちに紅茶で煮てたれにつけておいて冷やしたものがメインです。周囲に青梗菜のゆでたのとトマトを置きました。肉は一人80g位盛っています。スープは自家製のニラと、春雨の中華風スープ、それになす、インゲン、ニンジンの揚げ浸し。デザートのスイカ4分の1個分を4人で。ゆう君、スイカ食べず。食わず嫌いかな?

d0031853_2215452.jpg
7月15日(月)の晩ごはん。鶏の手羽先の半割を酒とニンニク、ショウガ、醤油に付け込んでいたものを唐揚げにしました。それに付け合せは甘酢漬けと、ラタトゥーユ。スープはジャガイモ(ビシソワーズ風)。甘酢漬けも、ラタトゥーユもビシソワーズもお昼ご飯のあと早めに作って冷やしておいて、直前には唐揚げだけお嫁さんに揚げてもらいました。この日でスイカ全部食べ終えました。

明日から2泊3日で東京の研究会に、出席のため出かけてきます。東京にまさか大会に続いて2泊で出かけるとは、自立していない夫のブーイング。作りおいても献立の形でうまいこと食べてくれるものやらどうやら。とりあえずチキンカレーはごはんと隣り合わせてラップに包んで冷凍してあります。ほんと、夫の自立を助けるように育ててこなかったわたしにも責任があるのかしら。息子たちはだから遊学してかなり自立できた模様、その点ではよかったと思う今日この頃。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-15 22:23 | 料理 | Comments(4)

大雨

d0031853_2233264.jpg

これもしかして1時間あたり100mmくらいの雨か?
すごい雨足で先程から真っ暗で音も怖いくらいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-15 12:31 | 日常 | Comments(2)

旧宅の借主の退去

 夫の両親と一緒になるために建てた今の家に転居する前、両親が知り合いから買った田舎の広い土地に建てた、当時はまるで「大草原の小さな家」みたいだった旧宅、借りて住んでいた人が定年退職と同時にご自身の出身地に建てている家に引っ越すとのことで、退去されることになりました。
 最初はその方が個人契約、のちには会社の借り上げとなってもう20数年、その人も最初は3,4年くらいのつもりだったらしいのですが、せっかく建てたご自宅が会社から倍くらい遠いとの理由で、思わぬことに定年までわが旧宅に住むことになったそうで、子育てもその家でされて、もうお子さんは結婚されお孫さんもいらっしゃるとか。11年暮らして出た私もその家を出るときには去りがたい思いだったことを思えば、子育てをそこで終えられたその人の思いはさらに深いものがあると思われました。
 広い庭に私が植えた木々はすっかり見違えるほどに大きくなり、枯れた木もあったけれど、手入れもしっかりしていただいており、草もきっちり取ってくださっていました。
 家の内部は、安普請だったせいもあって経年変化は致し方なく、しかも屋根の上に太陽光温水器を付けた時に業者が瓦を割ってワイヤーで固定して何食わぬ顔をして降りてきたようで、雨漏りがすごかったのだそうです。ご主人が屋根に上がるなどして補修してくださったり、また排水パイプの継ぎ目の重なりが浅かったのでその隙間から床下に水が漏れて湿気ていたとかで、安普請と手抜き工事その他で散々でした。
 しかしそんな状態でも丁寧に補修などしてくださっていて、好感が持てました。
 敷金は肩代わりした会社にお返しすることになり、また後日そうだんすることになりました。
 ご近所周りもそれぞれに年を取って代替わりなどもあり、すっかり事情が違ってきたようです。
 また、以前はすぐ北隣が水田で、越した最初の年は北の窓から子供たちと、人の手で田植えをする様見物させてもらったほどの農村部でしたし、裏山には鶯やホトトギスの鳴き声も聞かれ、夏でもエアコンはいらなかったのでしたが、、その山がすっかり住宅団地になってしまった今では、田植えを見た窓の上に道が付き、ブレーキを掛けながら下がってきたり、エンジンをふかしながら上がる車が通るので暑くなり、うるさいので北側の窓は開けなくなったそうです。
 木が大きくなって、広々としていたと思っていた庭もそれほどと思えなくなっていました。夫の兄が赴任していたオーストラリアからニュージーランドへ旅した時の記念か?送ってもらった苗木を植えたキーウイはすっかり大きくなり、実をつけていました。
 私たちと入れ違いに長男も行ってみて、子供のころの思い出に浸ったようです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-14 21:38 | しみじみしたこと | Comments(2)

カサブランカ


d0031853_2115118.jpg
このお正月に茶碗蒸しに入れた百合根の芯を、庭の鉄砲百合の傍らに埋めたのがか細い茎を出し、なんだかつぼみまでつけたわ、と切り花にしたところ、いい香りが漂い、花も大きくと「百合根の花ってこんなに大きい?」と思ったらなーんか変。その前植えたカサブランカがその年はダメで忘れていたのが勢いをつけてやっと咲いたことがわかりました。
それにしても細い茎からなんと優雅な大きな花が咲くこと。室内にいい香り。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-14 15:53 | | Comments(0)