<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

孫を預かって

 お嫁さんが出産直後なので、新生児とゆっくり過ごさせてあげようと、上の孫のゆうくん(3歳7か月)をできるだけ連れて出るようにしています。が、この子がまた元気で走り回って、連れている間はほぼ目が離せません。週に2~3日は午前中預かってくれるところがあるので、そこへ送ってから、いざ買い物だの用事を済ませることになります。忙しい。
だけどゆうくんができることをできるだけさせるという方針で、できることが増えてくるのを見守るのはなんと楽しいことか。羽仁もと子先生が「子育てはもっとも楽しい事業」と書かれたことも本当にそうだなと思います。親でないからゆとりがあるのかな?
 ちょうどトイレに行きかけたころだったので、最初のころはアンパンマンの取っ手のついた子供用便座を載せてやっていましたが、そのうちに後ろ向きに大人用の便座にまたがることを覚えると、もう子供用便座はいらないとばかりに自分で取り外して乗っています。
 それから、うんちの時も黙って流していたので、どんなのが出たのか見たいから流さないでね、というとそのときは「さんこでた」と言っていて、次の回に見せてくれたらほんとうに三切れでていておかしかった。
 トイレの時はだいぶ遠くからズボンとパンツを脱ぎ棄てて行っていて、履くときにはたぶんおかあさんには履かせてもらっていたようなので、ゴムの左右を持って、こうやって、と手を取って教えてやり、お尻の山を越えるのが難しいのですが、あるときズボンを後ろ前にではありますがちゃんと一人ではいてきたときもあり、「やったね、できたね」とほめると得意げでした。
 このつぎは、黙っていくのではなく、おしっこ、とかトイレ、とか大人に言ってから行くようにさせたいと思っています。

 あとは一緒に歩くとき大人と手をつなぐのをとても嫌がるので、嫌がらずに車が危ないから手をつなぐことを定着させたいこと、食事の遊び食べをなくしたい、偏食をなくしたい、とババはあれこれ楽しみにどうしたらよいかと考え中です。
野菜嫌いにはほとほと困ります。炒飯にすると食べるのですが、卵焼きに青菜を刻んで入れるのは食べません。芯のほうに青菜を入れて上から卵だけのを巻いてやっても、さっぱり食べず。6つに切っていて、食べないので私が1切れ食べると、「6個いる」といい、数にはこだわるくせに、食べる気はないのです。この日は特別機嫌が悪く、木のスプーンを投げたと言って父親からおこられ、わんわん泣いていて、「ごはんだからおいで」というと少し気分が変わったと思ったのですが、おにぎりもこの卵焼きもちっとも食べてくれませんでした。
 あんまり食べないのも、とバナナを出すとそっちは1本食べました


(随時この項目は付け足して書きます)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-30 10:29 | | Comments(0)

芽が出ました

d0031853_834318.jpg

夏の間グリーンカーテンのゴーヤーやフウセンカズラがあった場所です。鳩よけに網をかぶせていて無事発芽しました。スナップエンドウと、きぬさやです。
少し前にインゲンを撒いていたら、芽が一杯出ていたのに鳩にすっかり食べられて坊主にされましたので、今度はと、夫が網をかけてくれました。
この写真ではわかりにくいですが、2列にお行儀よく出てくれてうれしいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-30 08:34 | 菜園 | Comments(0)

手前味噌!

d0031853_1731514.jpg

今年1月25日に仕込んだ味噌7、75kg、今開けてみました。今年はラップでおおった上に唐辛子を4本ばかり置いていたのがよかったのか、かびがありません。わ〜い。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-28 17:31 | | Comments(2)

うれしい収穫

d0031853_81392.jpg

庭でとれたもの。プロが育てたらこれが時期によっては1房1万円? マスカットです。すっぱいのあり甘いのあり、房によりばらつきはありますが収穫はうれしく少しずつ食べています。なにしろ素人なんですからとれたことがうれしい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-26 08:01 | 菜園 | Comments(2)

孫の誕生

 10月22日午前2時42分、無事うちの長男の所の第2子が誕生しました。21日午後9時ごろ、「なんだかおなかが痛いみたい」・・・11時過ぎだったかに「やっぱり陣痛みたいなので」と長男が病院に送っていきました。
「ゆうくんをたのむ」。
こちらも気が気でなく起きていると3時ごろ「生まれた」とのメール。
やれやれ、と2階で寝ていると4時ごろ、階下でわんわん泣く声が。「かーかもとーともいない!!」
朝までぐっすりと思っていたので、あわててなだめに行って添い寝してやると、しばらくして寝ました。
そりゃそうだわね、起きてみると両親がいないなんてびっくりですもの。

これから入院中はゆう君とべったりのお付き合い。
一人でやっとトイレに行けるようになったので、気が付くとパッとそこらへんにズボンを脱いでトイレにまたがっています。家ではアンパンマンの取っ手の付いた子供用便座をつけてますが、外だと、逆さに向こう向きにまたがって用を足しています。ズボンをはくのはまだ上手にできなくて、前向きにおいてやるとお尻の半分くらいまでは引き上げていますので、上へウエストのところまで上げてやっています。


d0031853_491533.jpg
お兄ちゃんになったという自覚はまだなくて、病院に行ってもガラス越しの赤ちゃんをちらっと見て、後はフロアを走り回っていました。
 その日は午前2時42分のうちの孫に続いて4人の出産があったそうです。満月の後は出産が多いということでしたが、次の次の次、の日でした。月の満ち欠け、関係あるのかないのか。

 それはそうと、こちらの産婦人科病院、外観もホテルと見まがう作りですが、病室もほとんどホテル、スイートルームみたい。床は絨毯でふかふか、広さもとても広くて、本人のベッドの横に2畳くらいの家族の為の畳みたいなスペースがあり、息子はそこで貸布団で仮眠を取った模様。壁には大型スクリーンのテレビ、その前にソファ、テレビの横のほうには洗面台を組み込んだ棚があり、たんぽぽコーヒーなど産婦に向く飲み物がセットしておかれていました。トイレとその横には透明アクリル板で仕切られたシャワールーム。ロッカーもドア横にありますがこれも広い。廊下もまた絨毯で、壁の照明器具もホテルみたい。各室のドアも重厚な木製?で、ルームナンバーもまたホテルみたいな感じ。
 私の亡父は公立病院の産婦人科医でしたが、ほかの科の手前もあり、病室はほかの科と仕様も一緒だし普通の病室でしたから、こちらみたいに産科だけとなると、病人ではないだけでこんな具合なのかなと、本当にびっくりでした。
 ただ、上の子を出産した所はもっと小ぢんまりした病院でしたので、これほどではなくてもアットホームで食事がとても充実していて豪華、手作りケーキなども出たり夜食まで出ていたそうですが、ここは食事関係はそれほどでもないみたいでした。
 幸いなことに倉敷市ではお産に45万円もの補助が病院に直接支払われるのだそうで、こちらの出費はわずかだそうです。ありがたや。

More
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-24 04:18 | うれしかったこと | Comments(12)

お祭りの日の倉敷を歩く


d0031853_17154853.jpg
お昼だったので、カレーの専門店「神戸屋」で夫はインディアンカレー、私はオムハヤシ。オムハヤシ、オムライスではないので中身は白いごはんにとろとろ卵がかぶさって、ハヤシのルーがたっぷりかかっていまして、カレー屋さんのだけあってかなりスパイシー、750円(だったかな??)
ちょうど注文しようと思ったら、「この店、昔から変わっとらんですな。私は西阿知のほうから出てきて、『こんなうまいものがあるのか』と思いました。田舎者だったですから」
とかいいながら支払いをしていた人がいました。
倉敷育ちの夫はもっと昔、この店が肉屋さんだったころを知っているそうでしたが、そんな昔のことを言ったところでウエートレスのお姉さんが知る由もないし。

d0031853_17192358.jpg
ちょっと天満屋でお買い物をしてから南下すると、交差点の西のほうから、たぶんお昼の休憩を終えて出発したらしいおみこしの一行と出会いました。そうだ、今日は阿智神社のお祭りだったのでした。屏風祭もやっているはず。

d0031853_1720065.jpg
ツタの色にも秋を感じる大原美術館の正面入り口を経て・・・

d0031853_17203662.jpg
小雨の降る美観地区もなかなか素敵です。観光客が多数歩いていました。

d0031853_17211781.jpg
こちらは地元の松坂帰庵の書の屏風と、お花の大作が活けられている仏具屋さんのショーウインドウ。

d0031853_17221612.jpg
近年改築されてオープンした林源十郎商店の屋上。美観地区のいらかが見渡せます。

d0031853_17241939.jpg
そのテラスのそばのカフェ。天井には昔の台所関係の雑貨がそのままランプシェード??になってつるされているのがユニーク。泡だて器だったり、バットだったり。昔「8時だよ全員集合」で金盥が上から落ちてくるというのがあったけれど。ほぼ満席だったのに店員はお姉さんが一人だけでてんてこ舞い、なかなか注文品が来ないのに、出て行ったお客の食器が片付けられないでいたので、片付けてあげました。

d0031853_17264629.jpg
夫は梅サワー、私はホットコーヒーに、「労研万頭」。労働科学研究所という大原さんが作ったところで考案された、倉敷紡績の工員さんのおやつだったというもの。あん入りならその場で提供されるというので夫と半分こ。しゃれたフルーツケーキだのフィナンシェなどもあったけれど、これが食べたくて立ち寄ったのでした。

d0031853_17285670.jpg
道端に活けられていたお花の中に、先日の干し柿によく似たフォックスフェイスが活けられているわ、と写真に撮ってみるとなんと、

d0031853_17294138.jpg
「つのナス」!!なんだそうです。

d0031853_1730202.jpg
商店街を帰っていると、後ろから千歳楽の一行がやってきました。倉敷名物?の素隠居も、うちわでそのあたりの人の頭をバシバシっ、ではなくて文句がでるといけないからかそーっと触れていました。本当は昔風だとバシバシ、うちわが骨だけになるほどに叩きまくっていたそうですが。

d0031853_17311130.jpg
皮細工の店に入ってキーホルダーを買っていると、目の前までやってきていました。すごい迫力でした。

d0031853_17315515.jpg
男、だなあ・・・
久々の美観地区歩きとお祭り、よかったです。


d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-20 17:34 | おでかけ | Comments(2)

フォックスフェイス?いやいや


d0031853_1553074.jpg
実母から写メールが来たので、お返しにちょうど目の前にあったこちらを写メールで。
 すると、「フォックスフェイス?」
だと。昨日のNHKの夕方のトピックスでフォックスフェイスの農家からの出荷が取り上げられていたので見間違えたのでしょう。こちら、ファーマーズマーケットサウスビレッジで休日に買い求めてきた西条柿を夫が慣れない手でゆっくりゆっくり、やっとこれだけむいてくたびれて、まだあと1袋あるから頑張って、といったのに半分だけ、つるして秋の晴れた日によく乾いています。ちなみに作り始めは台風の雨が降る前々日のこと。残り半分も台風の雨の前に、とやいやい言ったけれどエンジンかからず、吉備路の散策のほうに行ってしまいました。
 残りの袋を見ると熟柿になったのが1個。いつまでかかることやらです。食べるのは夫なので、私は夫の手作業のためにも、手出しをするのをぐっとこらえています。

 それはさておき、忙中閑ありで、今朝は4時起きで一仕事デスクワークをしたので、午前中はベビーちゃんが来るはずのお部屋の外の廊下に積み上げてあったガラクタなどの片付け、午後は庭仕事。
 チューリップの球根の植え付け、パンジーの苗を植木鉢に植え込み、あとは伸びすぎた雪柳の枝を間引いたりこみすぎた金柑の枝を間引いたり。植木の剪定、時期は12月から2月だそうですが、たまたま天気はよし、たまに暇だったので。
 草取りはまたもや後回し、でした。

 干し柿がどうかわかりませんが、合わせ柿というか渋抜きした甘い柿を食べすぎると命にかかわることがあると昨年聞いた記事はこちら↓
http://kurakeiko.exblog.jp/17320276/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-17 15:59 | 菜園 | Comments(0)

秋の吉備路


d0031853_815307.jpg
夫の「どこかへ行きたい病」も、そうそう付き合ってもいられず、近場のこちら、総社市の「吉備路」。国分寺の五重塔を遠望。

d0031853_8165488.jpg
平山郁夫画伯のスケッチポイント近くから見上げる国分寺の五重塔。茶店でお抹茶とおまんじゅうをいただいていると、外国人夫婦が覗き込み、(入るのかな?)と思っていたら去っていきました。
その後散策の時にすれ違ったら日本語で「コンニチハ」と言われ、日本在住の人たちなのかもしれないと、休日を楽しむご夫婦にいいなと感じたことでした。

d0031853_818876.jpg
茶店の軒下あたりにはメダカを飼っていました。

d0031853_8185187.jpg
国分尼寺跡に向かう小道の横にはコスモスが咲いていました。一面のコスモスではなかったけれど、それはそれで風情がありました。この道は不思議なことにまだツユクサも咲いていて、ヒグラシだったかが鳴いているという夏の風情も残っているのにコスモス。
 この国分尼寺跡は、そこらでゴミ拾いをしていた地元の女性によると、パワースポットとして有名なのだそうで、そこだけ日が傾いてもずっと明るかったり、お香の香りがしてきたりするのだそうで、その人も一度経験があるそうです。地蔵堂があるので底の線香かとも思ったそうですが、その時にはお線香はたいていなかったそうです。金堂跡の礎石がいくつかある松林ですが、不思議な力をもらえるスポットと聞けば、なんだか興味をそそられますね。
 国分尼寺跡をめぐると、1時間ほどの散歩コースで、そちらのほうには観光客もおらず、静かな明るい秋の日を楽しみました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-15 08:21 | おでかけ | Comments(0)

子供みこし巡行に付き添って


d0031853_89246.jpg
地域の子供会のおみこし巡行に、町内役員と一緒に2時間ほどついて回りました。

d0031853_8102654.jpg
途中の小さな地元の神社に行って・・・

d0031853_811830.jpg
お祓いを受けたり祝詞をあげてもらったり、玉串を奉納したりしました。子供たち、神妙に二礼二拍手一礼、をやっていました。祝詞の言葉にもありましたが、秋の実りを地域の人とともに子供たちが喜びを広めていることを実感。田んぼは稲刈りが終わったところやたわわに実っているところやがあり、収穫祭だなあと思いつつ歩きました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-15 08:13 | うれしかったこと | Comments(0)

お産と潮の干満の関係

 私の実家は海辺ですが、ある時美容院に行っていたらお店の関係の方がお産をするようで、「今、潮を見に行ってもらったけれど、まだみたい」というのです。海辺の町だったので、お産と潮の干満との関係を経験的に皆さん知っているようでした。その時は満ち潮、が多いようです。
 ちなみに人が亡くなるのは引き潮の時、と聞いたことがあります。
 うちの長男のお嫁さんも臨月を迎え、出産が秒読み段階なので、そのことがとても気になっています。
この三連休、だと上の子を息子があずかれるしいいと思っていたようなのですが、その兆しはなく、週明けになりました。
こちらのサイトにはその潮の干満とお産との関連がありました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0327/231996.htm
関連がありそう、というご意見が多いように思えます。
それも大潮である満月や新月の直後が多いようだとのこと。
我が家から一番近い水島の満潮時刻を見てみると・・・
http://www.data.kishou.go.jp/db/tide/suisan/suisan.php?stn=MM
 ↑
これだと、満月の1日後の20日(日)の正午前後か午後11時ごろが一番確率が高そう??
ババはドキドキしながら待っておりますよ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-15 07:45 | | Comments(0)