<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

孫と過ごした半日

 午後からの予定もあったけれど、29日(金)は孫の風邪薬も切れたので生後1か月の下の子の世話に忙しいお母さんに代わって上の孫のゆう君を小児科に連れて行くことにして、8時40分ごろには駐車場に到着。月曜はすでに4台の車がいたけれども今回は私だけ。この日は待合室もそんなわけで2組だけ。ゆう君は本棚からアンパンマンを探そうという絵本を取り出して病気のその子に「はい」と差しだしお母さんに喜んでいただきました。前回そこを私が説明してやっていたので、アンパンマンがどこにいるかを覚えていてそのお母さんに教えてあげていたのがおかしい。
 おもちゃコーナーに行くと帰らないと駄々をこねるのでさっさと今回は薬局に。孫に処方箋の紙を持たせて移動中、到着した車に向って「おはようございます」と孫は声をかける。孫の特技?はだれにでも挨拶をし返事があるまでその人を追いかけるという事。いいような困るような。
 薬局で処方箋を渡すのと薬を受け取るのを孫にさせる。なんでも任せられると張り切る。
 次に、私の用事で郵便局へ。いつも行く小さいところではなくて、思いついて本局へ。このところ風邪で家の中に閉じこもってばかりいたのでできるだけいろいろ見せてやりたいと思ったのでした。広いロビーに朝いちばんなので人もまばらで孫の社会科見学にと思っていった私の思惑通り。この頃は耳の不自由な人のためにか、呼び出し番号を窓口の人が掲げたり手を上げたりして大げさに?合図してくれるようになったみたい。孫は数字にとても興味を示すので、その順番を示す番号を見たり窓口番号を読ませてみたり。
 次に向かったのはスーパー。朝のミネストローネに入れる人参が少なかったので、人参だけくらいなら孫にも買い物するところを見せてもいいかと思ったのでしたが、子供用のカートがあるのを見つけてそうだ、と孫に押させてみたところ、そういう責任あるお役?を与えられると張り切るこの時期の孫にぴったりだったのか、しっかり押してついてきてくれ、人参だけではもったいないとばかりに、翌日の材料も色々選んで孫にかごに入れさせると興味を持ってやってくれました。困ったのは値段を示している、小さな文字盤。値段はお店にとってとても大切なのだから触らないように、と注意。思ったよりうれしいお買いものになりました。そしてここでも、知らないおばさんに「おはようございます」と声をかけて喜ばれて?いました。
 そして、帰宅後お母さんは授乳中だったので、私が代わりに孫と歩いて幼稚園まで行き、入園願書をもらってくることにしました。道ですれ違った知らないおばさんにも「おはようございます」。
 たまたま2階お遊戯室では祖父母参観の行事が行われており、一斉に下の教室?へ帰って降りてきた園児たちに混ざってゆう君も教室へ行ってしまい、「大きくなったら来年来ようね」というと、「ゆう君も」とぐずる。
しまった。こういうのに踏ん切りがつかないのだった。
 何とか幼稚園を出ると、そこは小学校の運動場なのですがあいにく長い休み時間になって大勢の子どもがドッジボールだの竹馬だの鉄棒だので遊んでいて、ゆう君はドッジボールのコートの中へ。「あぶないから」と子どもに言われて、帰り道近くの鉄棒へと引っ張っていく。すると、2年生の女の子たちがくるくると逆上がりしているので、出来ない私は尊敬してしまいました。ゆう君は落としていた帽子を拾って女の子へ「はい」。
 帰らない帰らないとぐずるので抱きかかえて帰り疲れました。
 朝食用にミネストローネをまとめて4,5日分作るのに、朝作っておいたお弁当を食べさせながら作り、スープの素をむいていてさせて、塩も計って入れるのをゆう君にさせ、何とか昼に出かけることができました。やれやれ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-29 23:36 | | Comments(0)

ごくろうさん会

d0031853_19273098.jpg

学区民生・児童委員の任期はこの11月末まで、退任する人3人を含め11人で慰労会が28日夕刻から。
来る途中自転車で川に落ちた人がいたそうでコートかけにソックスがつるされ足元には新聞紙が詰まった靴、お気の毒。
 退任する人は6年から9年務めた人たちで、私は1期目の3年を終わろうとしているところです。新興住宅地を手に入れて越してきた人でした。(私もその一人ですが)もともとの地元育ちの人は親から受け継いだような役の人もおられ、氏子総代だの水利委員だのの地域のお役がそういった人々の持ち回りによって維持されていることをここでも知らされます。ぼやきながらもそういった年配男性たちによって受け継がれて地域コミュニティは成り立っていることをしみじみと思いました。
 
 そしてその夜の集まりに参加するためには、私は前日の会議の議事録をまとめ翌日の下準備をし、午後3時頃からは家族の夕食の準備を若夫婦と孫の分と、その日体調を崩した夫の分を別に用意し、夫に先に食べてもらって後片付けまでしてから出かけたのでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-29 19:27 | 地域社会 | Comments(0)

かりんのはちみつ漬け

d0031853_1032547.jpg

 孫の風邪は相変わらず、時々下痢するらしいです。移ったか?夫は昨日会社と、帰りの車内で嘔吐したそうで今日はお休みし、食欲がないのでリンゴを所望、買いに行って目についたので咳止めにさっそく作ることにしました。店頭の説明書によると、種もお茶パックに入れるなどして一緒に付け込んだほうがよいらしいです。固いので出刃包丁が登場。半割にして種を竹串でつついてお茶パックへ。
はちみつ1kgしか買ってこなかったら分量が足らず、手持ちの氷砂糖400gを足しました。アバウトな私です。
 飲めるのは1ヶ月後か〜。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-28 10:32 | 料理 | Comments(0)

風邪ひき

25日(月)、若い人のための家計簿つけ方を中心にした家事家計講習会で、託児もあるのでそこへ行って孫を預けるつもりでいたところ、ゆうくんが前日3度の下痢、咳が少し、鼻水、とのことで行く前に小児科受診に連れて行くことになりました。
 以前インフルエンザの予防接種に2度行ったその小児科は9時にならないと空けてくれないのですが、月曜朝とあって早めに、と20分前に着いたら、もう4台の車が駐車していて、ドアが開いてないのに狭い軒下で待っている人もいたので、こちらも順番が遅くなっても困るので並ぶことにしました。

d0031853_1465124.jpg幸い分厚い上着を着ているので少々の雨は気になるほどでなく、15分ばかりほかの人と並んで待ち、孫は数字が好きなので「何番目か数えてごらん」というと、前の人からさして「いち、に、・・・ごばん」と私たちが5番目とわかる。
ドアが開き、皆さん診察券を出すと、さっそく隅の畳?のおもちゃコーナーへ駆け寄り、我が家にないおもちゃで遊びだす。
 先生の呼び出しに靴を履くのが間に合わず、さっと抱えて診察へ。優しい先生、さすが小児科医でした。病状をお嫁さんに聞いた通り、昨日3度下痢、咳、など話すと、おなかと背中、喉を見て整腸剤と咳止めだったかを処方してくださいました。
 処方箋が出たところで隣の調剤薬局へ行き、自分の薬を受け取るのは自分の役目と自覚できるようなので、一緒に行こうとする私と、おもちゃコーナーで遊んでいたいゆう君は「かえらない」と言い張り靴も履かないとバタバタしてはかそうとするわたしと散々遣り合うので、しかたなく抱きかかえるようにして調剤薬局へ。
そこでもずいぶんやだやだ、と言っていましたが、自分の薬を受け取るとご機嫌がすこしなおり、なんとか車へたどりつくことができました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-27 03:13 | | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」199号ができました


d0031853_1111280.jpg超忙しい中でぽっかり1日だけ空いたのでなんとかできました。
お嫁さんのご両親が、生後1週間目の孫とご対面という写真がトップです。
また、囲み記事には娘のところの孫娘mioが遠足のために5時起きで作ったキャラ弁の力作写真が入りました。
この1か月、生まれた赤ちゃんもふっくらしてきたし、ゆうくんもそばで見ていると「かーか・とーと」から「おかあさん・おとうさん」と言えるようになったのをはじめ、行動面でもずいぶん成長が見られて、うれしいものがありました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-22 11:03 | 家族新聞 | Comments(2)

4人分のお弁当


d0031853_2214532.jpg
11月14日(木)のお弁当とお嫁さんのためのワンプレートランチです。
 一番奥が夫で、私、孫、お嫁さん。
お嫁さんの分はおにぎりの中身が大根葉のふりかけ(自家製)入りと、いかなごの釘煮入り。おかずは小松菜とじゃこと卵の和え物と、煮物(レンコン、ごぼう、椎茸、ニンジン、絹さや)、さんまの塩焼き(筒切り)、大学いも、卵焼き、プチトマト。
孫のは、野菜を食べてくれないので、おにぎり(ふりかけ、のり)、ウインナ、卵焼き、大学いも、ミニトマト。
私と夫のはお嫁さんのおかずとほぼ同じ、ごはんは別の容器。
 夫との2人分だと6時40分から10分くらいで詰めるのですが(夕食のおかずを取り分けておいたものが主体)孫とお嫁さんのが加わるとそうもいかず、6時から朝食の果物4人分(孫はバナナ)の皮をむいて準備したり、お弁当のおにぎりを作ったり卵焼きを作ったりとばたばたしています。
 結局孫はミニトマトも大学いもも食べず、炭水化物とタンパク質のみの摂取、かろうじてデザートにつけたバナナでカリウムなどの摂取ができているかな?という状態です。
 朝食はまとめ作り定番のミネストローネと自家製パンと牛乳、果物(最近は頂きものの柿がずっと続き、それから時々グレープフルーツだったりリンゴだったり)です。
 子育て時代にはお弁当を自分のと子供のを持って動いていたので慣れていましたが、いったん夫と二人暮らしの気楽さになれると、これだけ作るのは結構大変。日常的に4,5人分作っている人、大変だなあと思います。

 孫が1人目の時はお嫁さんのおやつにも気を使っていろいろ作ったりしていたのですが、今は上のゆう君の相手をして日中遊ばせに出かけるのでこちらも体力勝負で、おやつに手をかけることはできず、ヨーグルトとかバナナなどになっています。
 

More
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-16 22:15 | 料理 | Comments(2)

故郷がテレビ放映されるということをお知らせして

 先日、NHKBSで、「瀬戸大橋のたもとで秋をいただく―岡山・倉敷市」という、キッチンセットを乗せた車で全国の食材探しの旅をする番組がありました。倉敷のどんな食材が出るのかなと、見てみていてふと、岡山から他県へ出た同級生にも知らせてあげようと、携帯番号を知っている同級生たちに一斉メールを送りました。
 
番組自体はママカリと連島(つらじま)のレンコンを使ってステキな蒸し料理ができてさすがプロのシェフ、でしたが、バックの倉敷の映像はあんまりでなくて彼らの望郷の思い?に答えるほどではなかったので、見られなくてとても残念というほどではなかったのでした。
 幸か不幸か誰もそれを見てみてくれた人はいませんでした。仕事中の人もいて大変だなと思ったり、剣道に汗を流していた人やら別番組を見ていたと残念そうに返事をくれた人やら、たまたま倉敷に旅行に来ていて私のブログで紹介したところへ行ったという人やら、さまざまでしたが、さまざまな同級生の現況が思わぬことからわかり、それはそれでよかったかな、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-16 20:30 | 新聞・テレビから思う | Comments(0)

小児科受診

 孫のゆうくんが咳と鼻水があるというので、新生児のほうに移さないか心配な親が小児科に連れて行ってくれというので、私の予定をやりくりして11日(月)に連れて行くことになりました。インフルエンザの2回目の予防接種を金曜日にしたばかりなのでしたが、そっちの影響はなさそうでした。
 月曜朝というのでなるべく早くと思って出かけましたが、最初のインフルエンザ接種の時に9時診察開始というんで8時半過ぎに行くと、まだお掃除ができていないからと待合室にも入れてもらえず、外で待たされた等経験があるので、車の中で待機していました。
 すると初めてという人が2台来て、ドアまで行って閉まっているのでその人たちも車まで引き返して待っていました。9時直前になってやっと玄関マットが敷かれ、ドアが開けてもらえ、ぞろぞろとその人たちが先になって入りました。
 で、私とゆう君、3番目か、と思ったらその人たちが問診票を書いている間に呼ばれました。優しい感じの子供が好きでたまらない風の先生、胸と背中に聴診器を当て、喉を見てくださり、症状に合った薬を処方してくださいました。
 そこまでは順調だったのですが・・・待合室の畳敷き?のおもちゃコーナーにゆう君は夢中。「お薬もらってくるから待っててね」。と、別棟の調剤薬局で薬をもらい(倉敷市では診察も薬も子供は無料、というのを初体験し、よい時代になったものだわと思う)帰ってくると、待合室は親子でソファは一杯。おもちゃコーナーのゆう君は帰りたがらなくて、もっと症状の重い子と一緒になって移るのも心配でした。ほぼ同時に入ったおかあさんも、「ここから帰らせるのは至難の技ですね」。
 お父さんにうながされると素直に帰っていく子もいたのにゆう君はおもちゃが楽しく帰ろうとしません。やっとあんぱんマンはどこにいる?の絵本に興味が移り、だっこして一緒に見ながら靴を履かせてひきあげることができました。
 が、「薬、行く」・・・(しまった)薬を受け取りに行くのが楽しみだったらしいのです。もらったというと、「ゆうくん行く!」とぐずり出して困り、薬袋を渡してやっと機嫌が収まりました。
 いろいろ考えさせられた小児科受診でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-12 00:27 | | Comments(0)

選定作業

このところ役割上孫を連れて外出することが多く、身動き取れない感じだったのが、9日土曜日、息子が休みで夫は出勤というまたとないチャンス。勇んで作業着のモンペとウインドブレーカーに着替え、脚立を出していざ。
 夏の間にボーボー伸びてよい日陰を作ってくれたむくげも、落ち葉のころとなるともう大変。ということで、あらかじめ下のほうから少しずつは枝を整理しておいたのでいつもより少しは楽でした。築27年になるというこの家の新築時に前の家から実生の苗を植木鉢で持ってきてここに植えてからだから樹齢28年くらい。剪定もすべて私がやってきたので要領よく?放射状に枝を間引いて何とか完了。
d0031853_6301035.jpg


 ほっと一息、昼休みで「八重の桜」日曜日の本番には気づくと食卓で居眠りしていて見逃したので再放送をしっかり見る。
 そして収穫を終えたマスカットの剪定へ。こちらは冬場の剪定らしいけれど、暖かなこの日のチャンスなので思い切ってばっさばっさと切りとり、かなりだれていた支柱の横桟(これも私が適当に園芸用支柱をグリーンの針金で縛った簡易なもの)をやり替え。
 ごみ袋に7杯くらい、枝が出て4時前に終了。
d0031853_6295334.jpg

これで我が家も冬支度の一歩ができました。まだ銀木犀のてっぺんに伸びすぎた枝があって気になっているのですがまたの機会に。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-10 06:50 | 住まい | Comments(0)

我が家の晩ごはん・・・和食が世界遺産に


d0031853_3435038.jpg
11月5日の晩ごはん。メインはサバ、味噌煮にするはずだったのに、うっかり先にお味噌汁を作ってしまい、普通の醤油味の煮魚に変更。あとは、私のクックパッドに掲載させてもらっている「けんちん煮」、野菜いろいろ入って優しい味の煮物。それに小松菜をじゃっと炒めて塩とオイスターソース、しょうゆ少々で味付けしたもの。味噌汁はねぎとお豆腐としめじ、わかめ。

d0031853_3464487.jpg
11月6日の晩ごはん。メインはサワラの大きな切れがあったので、塩糀漬けにしたもの。それにさつま汁(大根、ニンジン、こんにゃく、サツマイモ、白ネギ、豚肉)、小松菜と油揚げの煮物、冷凍していた金時豆の煮豆、蒜山大根の漬物と、我が家の間引きの大根葉の漬物。

 この日、たまたま「クローズアップ現代」(NHK)で、和食を世界文化遺産に申請しようという話で、京都の大徳寺の塔頭から国谷キャスターがきれいな和服で、白いごはん、サワラの西京焼き、筑前煮、お味噌汁という献立を前にした中継でした。料亭で出されるような会席料理ではなくて、こういう普段の和食文化が取り上げられていました。
 それによると、
 最終的には、和食の特徴として、

「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重」
「栄養バランスに優れた健康的な食生活」
「自然の美しさや季節の移ろいの表現」
「正月などの年中行事との密接な関わり」

の4つを挙げて、無形文化遺産に申請しています。

とのことでした。
たまたま2日続きで、我が家でも和食献立だったので、こういう普通の晩ごはんで和食というのはもしかしてとても大切な文化遺産なのかしら、と、たまたま息子夫婦とピザの晩ごはんの後だったので、次世代につないでいく食べ物なのかな、と思ったことでした。
 それほどのごちそうという感覚ではないけれど、品数が多いと若い人には面倒と感じられるのかもしれないけれど、でも「芋・豆・菜っ葉・小魚・海藻」と倉敷友の会ではお題目のようにバランス良い献立の目安とされていることに気を付けて食べていきたいものと改めて感慨深く思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-07 03:54 | 料理 | Comments(0)