<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

バラの名前 (私のお気に入り)


d0031853_15384621.jpg
以前から話には聞いていたものの、なかなか出かける機会がなく、やっと行けました。福山バラ公園。盛りは過ぎていたし、気温30℃超の暑い日の正午過ぎ、過酷な条件ではありましたが。

d0031853_1540892.jpg
こちらの名前は「スーパースター」。この朱赤に惹かれて以前住んでいた家の庭の真ん中に植えていました。引っ越してきたとき、最初に植えたのですが、枯らしてしまいました。

d0031853_1541134.jpg
こちらは往年の名優の名前。「ヘンリー・フォンダ」。「バーバレラ」のジェーン・フォンダのお父さん。スタインベック原作の「怒りの葡萄」で主演したとのことですが、私は本を読んだだけで映画のほうは見ていません。しかも、というか、その本を友達に貸したところ、その友達が書いた読書感想文で賞をもらっていて、私には・・・。軒先を貸して。いやいや、友達に文才があったのを喜びましょう。

d0031853_15433192.jpg
この淡いピンクのバラは、「オードリー・ヘップバーン」。あの可憐な美しい女優さん、大好きでした。「ローマの休日」「マイ・フェア・レディ」「いつも二人で」「シャレード」「暗くなるまで待って」などいろいろ見ました。母親が映画館を経営している友達がいたものだから、時々遊びに行ってはこっそりと映画の途中に入りこんだりしていました。また、私の実父はとても洋画が好きだったものですから、子どもの頃よく連れて行ってもらっていましたっけ。

d0031853_15461371.jpg
こちら、漫画のコケティッシュなイメージの主人公の名前「ベティ・ブープ」。と言っても私の母のほうが懐かしがりそうです。私はテレビのアメリカ漫画で時々見ていましたっけ。

d0031853_15482549.jpg
こちらは畏れ多くも美智子皇后様のイメージで名づけられたらしい「プリンセス・ミチコ」。黒田清子さんが結婚式の時にお母様の和服を借りてお召しになったというその着物みたいなイメージか。

・・・本当は昔子供のころに住んでいた家の板塀に絡まっていた、淡いクリーム色の香りのよいつるバラが何だったのかを知りたかったのですが、残念ながらあの香りに出合うことはありませんでした。いつかあのバラの種類を突き止めたいと願っています。・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-31 15:51 | | Comments(0)

黄砂が…

d0031853_1112538.jpg
「どこかへ行きたい病」の夫のために、2号線を西へ。玉島付近。向こうの風景がかすんで見えません。黄砂のせいでしょう。



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-31 11:01 | 日常 | Comments(0)

梅ジュース作り

d0031853_15474690.jpg
青梅がスーパーで安売りしていたので、1kg買ってきて氷砂糖1kg、酢100ccを入れて梅ジュースに。
梅エキスが出やすくなるように一晩冷凍庫に入れてから瓶に交互に入れましたが、手前の分が入りません。そのうちエキスが出たら沈んでくるので半日待ったら入りました。実がいつも液に浸かっているように、瓶にちょうど入る大きさのガラスの丸い小鉢を上に置いて落し蓋のようにしています。
夏バテに効きます。
 下戸なので梅酒を作っても飲まずに何年もあるもので、これならひと夏で飲みきれます。あと生協で予約注文している2kgが来るので追加で作ります。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-29 15:47 | 料理 | Comments(0)

山あじさい 七段花

d0031853_2545924.jpg
我が家にはあじさいの鉢植えが4種類ばかりあります。庭がいっぱいで植えるところがないもので。
そのうちこの線香花火みたいなかわいらしい花が一番に咲きだしました。あのぼってりと重いいわゆる普通の種類のあじさいとは全然違う趣ですがこれもあじさいなんですね。



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-29 13:38 | | Comments(0)

季節の家事 居間の敷物を夏物に

昨日は晴れて暑く、翌日の月曜日は雨の予報だったので、いつもは月曜朝にしているパジャマ洗いを前倒しして洗い、先日は毛布洗いをしてしまったので今度は敷物のほうの、冬物の毛足の長いベッドパッドを洗いほっとしていると、長男たちが絨毯をうちの居間にしつらえてある絨毯用の床下収納にしまいたい、と言い出しました。
 おおそうか、とてもいい機会だわ、と、夫がいつまでもお世話になっているホットカーペットもさすがに梅雨さむがあると言えどもここで片付けなければ、と、一念発起、ホットカーペットカバーを南のフェンスに干し、代わりに敷くござも取り出して干し、と大忙し。こういうときには南が休耕田?の空き地でしかも塀でなくフェンスというのはとても助かります。泥棒除けにも、高い塀よりは見通しの良いフェンスのほうがよいと言われているようです。庭に侵入者が立っていたらすぐに外の道から発見されますから。その代り家族も変な恰好では庭を歩けませんけれども。(剪定の仕事をする時の私の格好はかなり怪しいけれど)
 しかしそれにしても長男のところの代わりに敷くござをどこにしまいこんだか、さんざん探し回って、ありました。半年前にどこにしまったか、案外忘れるものですね。
 で、午後一番にパンパンたたいて取り込みました。
 取り込んだ息子のところの絨毯をしっかり巻く、のはとても難しくて、3人がかりでもやわやわな巻き方になってしまいましたが、こんど広げた時に端っこがめくれ上がらないために外表に巻いて、買った時の防水紙で包み、ウールではないようでしたが防虫剤も挟み込み、無事大工さんが「死体でも隠すんか?」と悪い冗談を言っていた特別仕様の床下収納に、息子のところの絨毯とわが方のホットカーペットを収納、夏仕様の居間に替わりました。パジャマもあったか?ネルの物から長袖とはいえ薄地の物に取り換え、ベッドパッドもサッカー地の物に。
大わらわの1日でしたがさっぱりしました。
 この絨毯の収納はかつて結婚前に買った婦人之友社刊『家事にリズムを』に、出窓の下を絨毯収納にしているという記事を見て、出窓にしたかったのですが無理のようだったので床下にしつらえたものです。しかし、2人がかりで調子を合わせてあげ蓋を2か所で持って垂直に上げないといけないので、年とって1人になると到底無理、息子たちと隣り合わせに住んでいるので何とかできるかな?と思いますが、アイデアとしては出窓の下の開きを開けると転がして入れられる、というものの方がよかったなと今でも思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-26 10:53 | うれしかったこと | Comments(0)

人生楽ありゃ苦もあるさ 私の生活時間調べから


d0031853_10421474.jpg
私の時間の使い方、調べてきた結果をグラフにするとこんな具合です。左側の目盛りは「分」で、1日24時間は分に直すと1,440分、それを細かく記録して、分類したものを、若いころから現在までの生活時間の移り変わりがわかるかな、とグラフにしてみました。
子どもが小さいころは送り迎えなど子供にかかわる時間が多いようですが、それも後半独立するとゼロになりました。そして舅の介護、一番時間を取っていた時代には調べをするだけの心のゆとりがなかったのでしょう、不参加でした。夫の看病により「家族」の時間が膨らみ、そしてやっと自分のための時間が取れる年齢になってきました。のんきな私のこと、糸の切れた凧みたいになっていたかもしれないのをしっかりとつながっている団体のおかげで正しいと思える暮らしぶりに向けてもらっています。人生よかったかどうか、死ぬ前になってあらまあとがっかりしないように、少しでもよかったなと思える生き方をしたいものです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-26 10:46 | がんばったなあ | Comments(0)

小学校最後の運動会 5,6年生の組体操に感動

 24日(土)は倉敷市では多くの小学校で運動会がありました。たまたま前日のNHKローカルの番組によると、倉敷市では前期・後期の2学期制なので後期の10月には行事が目白押し、少しゆとりのあるこの時期に運動会をするようになり、94%の学校がこの時期なのだそうです。
 で、私の地区の小学校でもやっているのを横目に、民生委員の定例会のために自転車を走らせ、終わってから孫のいる小学校に巻きずし(昔は母がよく運動会というと作っていたけれど・・・お店で買って)を持って夫と出かけました。
 お昼時で、娘はPTAのバザーに立っており、娘婿と孫と私たち夫婦でお弁当。ちょっとさみしいけれど、娘はPTAのお母さんたちとかいがいしく働いていて、それなりに充実している風だったのでよかった。
 午後1番の番組は6年生全員のリレー。孫娘は小柄だし、昨年はなんと腕の骨を折ってつっていたため参加しなかった由、今年は幸いにも参加でき見物もできてよかった。リレーは第一走者で、パーンとピストルが鳴って何秒かの見物、小柄なのでびりのスタート、だったけれど後ろの走者が盛り返して抜いてくれてやれやれ。
 
 そして圧巻だったのは最後の5,6年による組体操。息子たちの時代にもあったけれど、全員はだしで出てきて、立体的なお花のように固まっての肘から先を組み合わせてのウエーブだとか、次々に2人組、3人組、隊形もどんどん変わっていき、
d0031853_839186.jpg
d0031853_8394493.jpg
ピラミッドも1列の三角ではなくて立体的な四角すいの形になったりしてすごい。みんなの背中にはほかの子の足型の泥んこ汚れが付くのもものともせず、小さい子も大きい子も、障がいのある様子の子も一緒に扇型になったりして本当に見事。朝礼台の上で合図の笛を吹く先生もはだし。笛のピーっという合図の元、どんどん迷いもせずに隊形が変わっていくのがまた忘れやすい私などからするとすごいこと。
 結局孫娘がどこにいるのか、向こうのお母さんがやってきてプリントに隊形図の自分はここにいる、という印をつけたものを見せていただいてはいたのでしたが、わからずじまい。でも、あのすごい演技をしている子供たちのうちの一人に孫がいると思っていただけでも結構。本当にみんな頑張って協力してよくやった、と拍手拍手でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-25 11:12 | | Comments(0)

花盛り 我が家のバラたち

この季節、我が家のバラが晩生のナエマも咲きだして全種類が咲きそろいました。
あまり手入れもできずにいますのに、ありがたいことです。
通学路の歩道に面しているので、皆さんに見ていただけ花たちも喜んでいるのではないでしょうか。
新雪とロザンナは歩道すぐの西向き、カクテルとナエマは南のフェンス沿いに、サラバンドは庭の中ほどに咲いています。ただの「バラ」ではなくて、『星の王子様』の中の文句ではないけれど、手間暇かけた分だけ(あまりかけていないとはいえ)かわいいものです。
クリックで少し大きくなります。

d0031853_19315587.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-23 19:32 | | Comments(0)

見えました Mt.FUJI

d0031853_2133456.jpg
写真は行きの時の物です。薄曇りではありましたが、見えました。
帰りは雨が上がって夕陽の中にとてもはっきり見えたのですが、写真のタイミングには遅れて後ろの方になってしまっていました。
このように往復見える側に席があったのと、見える条件がそろっていたのはとても珍しいことでした。



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-22 21:33 | | Comments(0)

品川駅 帰途につきます

d0031853_17351844.jpg
17時37分発の「のぞみ」にて帰途につきました。ホームで待っていると玉野友の会の人たちも隣の車両に乗り込むために前を通って行かれ、顔見知りの間柄で気持ちの通い合いがありました。



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-21 17:35 | | Comments(4)