<   2014年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

通学路の草取りをして


d0031853_13461134.jpg
写真は6月13日のものです。例年田植え前には農家の方々が総出で、子供たちの足元を流れる農業用水の清掃をされるので、その時には泥と一緒にのり面や道のアスファルトの割れ目から生えた草も取られてキレイになるのですが、夏の日差し共にすぐに丈高く伸びてきます。
 夫を見送る時、草が目につくものの、外出日も多く我が家の庭の草も伸び放題というありさまなのでなかなか手がつけられずにいました。
 しかし、月曜は夫の出勤がいつもより1時間早いので、そうだ、と思い立って、農作業着の息子のお下がりのカッターシャツにモンペ、麦わら帽子という出で立ちで草取りを始めました。先週我が家から北のほうをして、朝ドラの時間の8時に時間を区切って終了したので、今週は残りの南側の方面を。
 うつむいての作業ですが、最初に声をかけてくれたのは、保育園に子供を送るお母さんでした。「おはようございます」。なんと気持ちのいいこと。こちらからも「おはようございます。」
 小学生にもこちらからちょっと気恥ずかしいところはあったけれど、オウム返しでよいから返事が聞けたらと思い、「おはようございます」と言うと、知らないおばさんだという警戒心だとか羞恥心だとかはないらしく、素直に「おはようございます。」という返礼が返ってくるではありませんか。
 うれしくなって、できるだけ男の子にも女の子にも、小さい子にも大きい子にも「おはようございます」と声をかけました。あまり頭を上げてばかりだと作業にならないので、帽子の影で見逃した子もいましたし、中高生になるとこちらからも声をかけにくいところもあって、黙って通り過ぎて行きました。
 終わり頃、「綺麗になさっていますね」という声に顔を上げると、小型犬を散歩させている年配の男性でした。声をかけてくださったことがとても嬉しく思いました。
 また、これまで子育てなどをしてきた中で、気づかずにいろんな人にお世話になってきたのだなあという思いがしてきました。介護などすると、自分もいずれは人のお世話になって死んでゆくことが分かり、たとえ消えていく身でも、こんな小さなことでも世の中のためになることを出来て嬉しい、誰かしらの心の中に残っていると嬉しい、と思ったことでした。 
 たったの30分ほどの道端の草取りでしたが、そんなことを思って今朝の作業を終えました。



d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-23 14:05 | 地域社会 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」206号ができました


d0031853_3473814.jpg今月のトップはたまご屋さん「うぶこっこ家」のうぶこっこ祭で娘と孫、息子2人と孫が参加したことでした。孫娘のmioは家に近いので毎年行っているそうで、「唐揚げ詰め放題」が気に入っていてお得意の様子。娘からの写メールで、袋にトングでぐいぐい詰め込んでいる様子が分かりましたので、トップの写真に使いました。ゆうくんはそんなmioおねえちゃんが大好きで「ストーカーか?」というくらいに追い掛け回したとのこと。mioは一人っ子なので父方のいとこやら母方のいとこであるゆうくんとの交流もいいことだなあと思います。
 あとは季節の行事で、絨毯をゴザに入れ替えるのを、この度は息子夫婦たちも一緒になって絨毯を巻いたり床下収納に入れるのをしたので、私のスマホで撮った写真を入れました。
 また、赤ちゃんとしては歴史的な?節目である「寝返り」「初めての歯」の写真を入れました。他の孫の時にはあったかな?多分なかったと思うのですが、近くに住んでいればこそ、また、写メールをお嫁さんが家族用のLINEで知らせてくれたりするのもこういうニュースになるのだと思います。
 また、娘からの写メールがないと孫娘の方のニュースはなかなか記事にならないのですが、今回は信用金庫のイベントで、ネイリスト体験というので、職員のオジサンがモデルになったそうで、ネイルを施したり自分もしてもらったりの体験の写真が掲載されています。それにしても職務?とはいえ、メイクとかネイルのモデルになった管理職らしいオジサンたち、お気の毒と言いますかご苦労様といいますか。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-22 03:58 | 家族新聞 | Comments(0)

我が家の晩ごはん-簡単お寿司

簡単かどうかわかりませんが、とにかく岡山のバラ寿司の豪華さと比べると、ぐっと簡単?
先日、例会準備会で頂いたお寿司が・・・

d0031853_3527100.jpg
ちりめんじゃこが入っていて、簡素でさっぱりしていて美味しかったので、そうそう、我が家の冷凍庫に寿司の具材が眠っていたし、冷凍庫の掃除も兼ねて作ってみようかと思いつきました。
 探してみると、あったあった。巻き寿司をしていた時に余ったしいたけ、かんぴょうの煮たの、グリンピースも忘れられていたのが2袋あったので古い方を出してきて、買ってきたむきえび、ちりめんじゃこ、鮭フレークも入れ、ちりめんじゃこはすし酢に入れておいて、冷蔵していて半分位痛んだ我が家の絹サヤもいいところを取って、そうそう、具にごぼう、たけのこ、人参を煮て足して、野菜の分量がハンパでなく多い両手いっぱいくらいそれを2,5カップのお米で炊いた寿司飯に混ぜ、錦糸卵で飾って出来上がり。

d0031853_356292.jpg
最初から作ると岡山寿司なら3時間はかかりますが、1時間くらいでできました。大勢で食べると美味しいのですが孫が食べないのでこの頃作らずにいました。具材を小さく切って酢魚もちりめんじゃこにしたら孫も食べるかも、と思いました。夫が「おっ」と言い、喜んでくれたようです。休日の前だったのでこれで2食分はいけます。(笑)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-21 03:57 | 料理 | Comments(0)

我が家の晩ごはん-丸ごとトマトのスープ


d0031853_337311.jpg
6月19日(木)の晩ごはんです。メインはアジの3枚下ろしのフライ。庭で採れたアスパラのフライ、千切りキャベツ、庭で採れたきゅうり。もやしと、冷凍庫でいいかげん古くなっていたインゲン(笑)の梅味噌ドレッシング和え、丸ごとトマトのスープ、右下のほうに納豆。

d0031853_3401256.jpg
丸ごとトマトのスープ。たまたまラジオで聞いて、「おいしくてこれだけは毎日奥さんに作ってもらっても飽きない」とか言っていたので、興味があって検索してみました。⇒
http://cookpad.com/recipe/2327272
これこれ、というので、作ってみました。玉ねぎは私が付け加えたのですが、なくても良かったか。
ヘタのところをもっと切り取ったほうが良かったか。崩れるほどにやわらかとまではいかなかったけれど。
このためにわざわざ柚子こしょうのチューブを買いました。
我が家のトマトを完熟にできたらまた作ってみようかなと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-21 03:45 | 料理 | Comments(0)

ラジオ出演

 先日、子供の同級生のお母さんから、「あなたを紹介したから、FMくらしきの子育てのコーナーに出てくれない?」というお電話をいただきました。
 え”~、子育てって・・・だいぶ昔の話になりにけり、で、エピソードを探せば色々あるかもしれないけれども、決して立派な子供でもないし。一体何を話せばいいのやら、子育て母さんに参考になるようなよい話が果たしてできるかしら、と、全く自信なし。
 困った、と思っていると、そのうちにスタッフさんから下調べの取材の電話があり、聞かれるままに色々とあることないこと?子育て時代のことを思い出しつつ20分ばかりお話をしました。
 そして木・金のうち〇日と〇日が空いていますが、と言われ、赤い手帳のスケジュール欄を見てみると、ぎっしりのスケジュールの中で幸い19日(木)午後なら空いていると言うと、2時10分からの放送なので2時までに来てください、とのこと。
 私は後から考えてみるに、私の話のテーマとしては、子育ては結果が出てくるまでには30年かかるということと、男の子は特に生活面で自立した人になってほしい、ということだな、と思って今日を迎えました。
 小さな建物の玄関のインターホンを押すと中から鍵を開けてくれて、入ったところが応接間のようなところで、冷たいお茶を頂きながら出番を待ちました。ドキドキ。音楽を流す時間に、パーソナリティーの小野須磨子さんが階段を登っていったり降りたり、忙しそう。「ゲストが忘れていてこなかったことがありますか?」と聞くと、あったけれども小野さん、ちっとも動じずうまく運んでおられたとのこと。さっすが。
 私の前は野村交通の人で、イベントのおはなし、いよいよ私、子供のこと、孫のこと、困ったこと、などあっという間のひと時。辛口の次男が料理が結構得意になっている、ということのルーツを最近知って嬉しかったというエピソードだとか、長男はおっとりタイプで人よりずいぶんゆっくりとした子だったけれども今はよいイクメンになっていること、現在子育て中の若いお母さんにも、すぐに結果が出るのを求めないで、30年後に出てくるものだということを言いたい、と言っておきました。
 あとで「CDができますからお持ち帰りください」とのこと。記念に番組の会話のCDを頂き、週末にはお礼にスポンサーのふるいちからぶっかけうどんが届くとのこと。
 ドキドキの番組出演でしたが、パーソナリティーの小野須磨子さんのほんわかとした語り口のおかげでいい気持ちにさせていただき、するすると言葉が出てきて、本当に聞き上手とはこういうことなのね、と感心しました。

d0031853_15593222.jpg


FMくらしき ⇒http://www.fmkurashiki.com/


d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-19 15:52 | ニュース | Comments(0)

メインは作り置きの晩ごはん

 18日(水)の晩ごはんは、先週金曜日に作ってポリ袋に入れて冷蔵してあった、鍋帽子レシピの「紅茶豚」ではなくて「紅茶鶏」。鶏もも肉2枚を紅茶(アールグレイのティーバッグ2個)1Lで8分くらい煮てから醤油味のタレに漬けて鍋帽子で保温調理した後にたれから引き上げて冷蔵。(たれは冷凍しておいて何度か使います)。
 それを薄くスライスし80gが1人前にしています。この日は1枚で十分だったので、残りの1枚分はお弁当などに後で利用します。お弁当用には切るときにも手で触らないように、トングで取って抑えてお弁当の大きさに合わせて切ります。お弁当用に限らず最終的にこの紅茶鶏をいじる時にはトングを使って素手では触らないように気をつけます。(すべりやすいのでトングが便利)
 付け合せは茹でキャベツの千切りと、たまたまこの日初なりを収穫したトマト。キャベツには昨日も使った梅味噌ドレッシング。
それからこの日は買い物に出ないで冷蔵庫などにあるもので作ったので、卵と小松菜の炒め物、じゃがいもとこんにゃくと人参の煮物と絹さや、しめじと油揚げの味噌汁でした。実はこの絹さや、ずうっと前に娘のところからもらったり我が家で収穫したものを不織布の袋と黄緑色の野菜専用の袋に二重に入れて冷蔵保存しておいたものでした。ビタミンCなどはなくなっていると思いますが、彩りに。漬物は白瓜の塩麹漬け(自家製)。

d0031853_164455.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-19 01:05 | 料理 | Comments(0)

朝作る晩ごはん 梅味噌ドレッシングの冷しゃぶ

17日は出かけるのがいつもより遅くても大丈夫だったので、午後に作るつもりだった夕食の冷しゃぶを作って冷やしておくことにしました。皮肉なことにこの日は涼しめであんまりお皿ごと冷やしておくほどではなかったのでしたが。
 お鍋にスープストックをいれたお湯を沸かし、前日に根っこを丁寧に取っておいたもやし、ミニチンゲンサイを茹でて冷水にとりザルへあげる。しゃぶしゃぶ用の豚肉も1枚ずつ丁寧に、鍋の向こう側から入れてこちら側から上げる。3枚ずつくらい鍋に入るようにして順番に向こうからこっちへと来る間に茹で上がっているという寸法。ザルで水を切ったら青梗菜をグリーンが外になるように風車のように放射状に並べ、もやしを真ん中に置き、その上にお肉を盛り付け。お肉は盛りつけ前に秤に乗せて80gほど量りました。ラップをかけて冷蔵。
 味付けは青梅を一晩冷凍しておいたものに味噌と砂糖を入れて作った梅味噌ドレッシング。梅が800gくらい旧宅の庭で取れたので。味噌と砂糖に梅のエキスが溶け出してとろとろになったものがジャムの空き瓶5個分になりました。梅も味噌も自家製なのがうれしい。
 あとはレタスのスープ。朝野菜とお肉を茹でたスープを取っておいて浮かんでいる脂をとり、利用しました。1個98円の安売りレタスをたっぷり洗っておき、玉ねぎみじん切りとベーコンを炒めてスープの素で味付けしたスープを沸騰させて食べる直前にどっさりちぎって入れただけですが、これが意外に歯ごたえがしゃきしゃきした感じでこのところはまっています。 ほんとはもう1品何かと思っていたのですが何も思いつかなかった(汗)ので、あっさりとこれでおしまい。このところダイエットがリバウンドしているので、ちょうどいいか?
 この日は、冬のあいだ使っていたピンクの厚手のテーブルクロス(カーテン地を自分で周囲を縫いました)から白地にピンクのバラの模様の夏バージョン(これも服地を買ってきて自分で塗ったもの)に変えました。何年も夏場には何もクロスをかけないことが多かったのでしたが、ずいぶん前にお客様用に塗ってしまいこんでいたものを使うことにしました。テーブルの保護と、黒っぽいテーブルのままより部屋が明るくなるかと思って。

d0031853_23262370.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-18 03:57 | 料理 | Comments(0)

会議クッキー?


今朝の朝日新聞によると、ドイツのメルケル首相が10kgのダイエットに成功したらしい、と写真つきで報道されていました。なんでもドイツでは会議にはお菓子を食べるのが慣例でそのためか歴代閣僚は恰幅のよいお方がほとんどとのこと。そんな中、彼女はそんな高カロリーの間食を自分の前に出させないなど、また手を出さないように努力したことで10kg、写真でもわかるほどにダイエットに成功したらしい。
実は私も間食をやめて過去半年ほどで4kgほど減らした実績があり、うなづけるものがあります。がっ、このところ自分の抑制がゆるみ、あっと言う間に2kgほどリバウンド。敵は自分です。
iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-17 09:46 | 日常 | Comments(0)

晩ご飯

写真を忘れたのがとても残念でしたが、晩ご飯は珍しく、婦人之友7月号掲載の鮭のマリネを作ってみました。金曜に買ってきたのを早速作って作り置きできたのが助かりました。金曜日にはこの他に紅茶鶏も作って保存しています。忙しい時はこうして作り置きできるお惣菜をどれだけ知っていて作れるか、が勝負かなと思います。
 で、15日(日)の夕食はメインの鮭のマリネに赤と黄色のパブリカと玉ねぎの白で色彩豊か。サラダは水菜を山盛りの上に貰い物の紫玉ねぎのスライスとトマトとツナ缶。スープは大豆のポタージュで、早めに作って冷まして、庭のパセリをちょこっと。
デザートは、前日に果物にカスタードソースをかける、やっぱり婦人之友7月号のを作ってみたのでしたが、カスタードソースの卵がうまくできなくて、2度作ったので余った卵白4個分を使って淡雪かんを作ってみました。
滅多に作らないものを作ったというのに、写真を忘れていてとっても残念でした。
 孫のゆうくんは風邪気味で鼻が詰まっているせいか食欲なくて食べられず、残念でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-15 23:17 | 料理 | Comments(2)

時ならぬ?宅配便

 男声合唱団のコンサートから帰宅すると、夫が「冷凍品が届いとるぞ」。
え、何?生協でもないし、お中元でもないし。夫、大きすぎて冷凍庫に入らん、というけれど、多分中身はそれほど大きくないよ、と、見ると差出人は夫本人となっており???夫は身に覚えがないというし。
 なんだろうと開けてみると、干物。アジ、かます、さんま、サバ。ますます??
と、考えてみると父の日ギフトか。
 夫と1字違いの長男からの父の日ギフトと判明。人騒がせな。とりあえずでも「ありがとう」と言わなくては。
気を遣ってくれてありがとう、子供3人のうち隣に住む長男からだけだった。父、存在感薄いのかも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-15 17:13 | しみじみしたこと | Comments(0)