<   2014年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

硬膜下血腫・・・になるかも?

 深夜の居間のパソコンを前に、原稿書きが出来なくて、ちょっとごろりと横になろうか、と、夫のいつも使っている座布団2枚分の長座布団の上で横になろうとした途端、ガーンと後ろ頭に何かが強くあたり、痛さのあまりに星が出たみたい。
 後ろを見てみると、いつもはその位置にないテーブルが、孫がかるたを出していたために移動していて、丸みがあるとはいえちょうどその角の所に向って横になろうとした私の後ろ頭がまともに当たってしまったことに気づきました。後ろに何があるか見もしないで横になろうとした自分が悪かったのですけれども、しかも常夜灯になっていたわけでもなく明るかったのに。痛さに横になることも忘れて自分のうかつさにがっくり。
 しかしそれよりも、後ろ頭を強打したために数週間後になってから慢性硬膜下血腫を起こした人のことを2人ほど知っているので、とりあえずこちらに記録しておきます。もしも私が変な症状が出てきたらこのことが原因かもしれませんので、病院に連れて行ってくださいね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-29 00:17 | 日常 | Comments(6)

「海辺のコンサート―アカペラで綴るなつかしのメロディ」

 Tの会の行事と重なり、2度参加できなかった私。やっと9月27日(土)午後7時開演、岡山市光南台公民館(岡山市南区宮浦1324)の第100回記念の催しのゲストとしてよばれた合唱団のメンバーとして参加することが出来ました。部会の直後で報告の原稿もあったのですけれども・・・

 いざ、衣装に着替えに、と控室に入ってびっくり、いつものグレーのブラウスに、私は先日配布されたグレーのコサージュをつけていたら、それは新調したピンクの方につけるもので、グレーのブラウスにはラメ入りのピンクのをつけることになっていたことと、見たことない2連のネックレスをおそろいでつけていたのです。ネックレスはまだほかにも違うのをつけている人もいたのですが、コサージュだけは全然違うし、私は家にそのものを置いてきてしまっていました。しまったー。と、2列目に立つから、と一人の人が自分のを前列に立つ私のために譲ってくれました。なんとも申し訳なくて。強化練習に忙しいからと不参加の間に衣装の確認もしていたらしく、私だけ知らなかったのです。はぁ~。でもやさしい彼女たち、許していただけて本当にありがたかったです。

 プログラム
オープニング  アメイジング・グレイス
第1ステージ  80日間世界一周   ロンドンデリー・エア   線路は続くどこまでも
          ローレライ        ハンガリー舞曲第5番
第2ステージ  朧月夜     この道     小さい秋見つけた   母さんの歌
みんなで歌おう   大きな古時計
第3ステージ   喜びも悲しみも幾年月    見上げてごらん夜の星を
           さとうきび畑           津軽海峡冬景色
アンコール    花は咲く          故郷(ふるさと)

 世界の歌からでは「ハンガリー舞曲第5番」だとか、日本の歌では、私は小さい頃に親に連れて行ってもらって見た映画「喜びも悲しみも幾年月」のテーマが懐かしく、中井貴一さんのお父さん、佐田啓二さんと高峰秀子さんの出演の場面や、霧の中をボー、ボーと光と音で船に知らせる灯台の様子を思い出しつつ、テナーのFさんの素晴らしい若山彰ばりの声にほれぼれしたり、また合唱曲としては珍しい?あの「津軽海峡冬景色」を、石川さゆりさんにはかなわないなあ、と思いつつ歌ったり。プロの歌手はやっぱりうまいと再認識。

 途中、5分の休憩をはさみ、女性陣はその時に衣装替え。グレーのシックな衣装からチェリーピンクのブラウスになり、いっぺんに華やかになりました。

 お客様も、施設入居のお年寄りならば好むと好まざるとにかかわらず連れてこられるという感じも否めない所ですが、遠くからでもわざわざ聞きに来てくださった方々なので、拍手に力がこもっていてありがたかったです。

 最後の方で客席の方に行ってアンコール曲を歌っていたら、年配男性がそっと横のメンバーに「あの、すみません、平均年齢は何歳くらいですか?」・・・
 その場ではお答えしていましたが、ネットではナイショにしておきましょう。

d0031853_1015567.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-28 10:21 | 合唱団 | Comments(0)

自主防災訓練


9月27日午前9時から、地元の小学校で住民により自主防災訓練がありました。回覧板でお知らせして、自宅から徒歩で何分かかったか、地区名と名前を小さな紙に書き、受付で渡し、靴入れの袋と飲み物をもらって、各地区ごとに長テーブルを囲みました。

d0031853_9123758.jpg


これから自分の暮らしている地区の地図から、防災マップを作りましょうとのお話。

d0031853_710662.jpg
マップに危険箇所の赤シール、要注意箇所の黄色シール、避難場所の青シール、避難ルートを緑シールで、わいわい話し合いながら示していく作業は、ご近所の親睦にもなりなかなかよかったです。私の住む地区は町内会長さん始め三役の方々がふだんから地区内を歩き回っておられ、町内会でも呼びかけがあったので他地区よりスムーズに話し合いがもたれたようです。

d0031853_7104183.jpg




地元消防団員による、けが人や病人などの運び方色々。おんぶするときは相手の手をこのように持つと安定するそうです。

d0031853_711393.jpg
二人で運ぶ時はまず自分の膝を立てて相手の背中を支えます。次に左腕を相手の脇の下から相手の左腕の下をくぐらせてから支えます。右手はその左腕をやはり脇の下から支えます。
もう一人の人は、けが人の片足をもう片方の足に乗せて組むと、うまく運べるそうです。
この態勢で毛布で作った短歌に乗せて運ぶこともできます。

この後住民たちも順番に毛布の担架で6人くらいで人を運ぶ訓練を実習させてもらいました。
いざという時にあわてないために、この訓練があまり生かされる機会が来ない方がいいとはいうものの、とても緊張感をもってみなさん真剣に参加されていたように思いました。大変有意義だったように思います。
勉強になりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-27 09:12 | 日常 | Comments(0)

夜明け

d0031853_5575979.jpg


6時、夜明けです。目の前の関門海峡を船が通りかかり、狭さを実感しています。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-26 05:57 | 日常 | Comments(0)

夜明けは

d0031853_5393210.jpg


朝5時半ごろ、西のほうなのでまだ真っ暗です。明るいのは巌流島方面への観光船の船着場。往復500円だそうです。よく見ると釣りをしている人、散策している人が2、3人います。
iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-26 05:39 | 日常 | Comments(0)

関門海峡

d0031853_2202911.jpg

d0031853_2202984.jpg


中国部会の宿泊先の部屋からは関門海峡、唐戸市場が眼下に。ちょうど良い気温で風も気持ち良い。昼間と夜、集まりで聞き漏らすまいと緊張し疲れた心身にはありがたい。明日もよい話が沢山聞けて、よい報告が出来ますように。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-25 22:00 | おでかけ | Comments(0)

「ちゃんちん」??


d0031853_16512482.jpg
岐阜に旅をしたとき、オークビレッジという木材加工の会社?のアウトレットで見かけて気に入って買ってきた積み木、「コロボックス」という犬の形の箱にパズルのようにむくの木の積み木が入っています。
孫が時々遊んでくれています。いろんな木材を使っていて、小さく「ほお」「ぶな」「かえで」「なら」「ひのき」などと焼印があり、大人も木材の色や木目の違いなど楽しめます。
 ところでこちら・・・

d0031853_16532226.jpg
「ちゃんちん」とありますが、聞いたこともない名前。こんな名前の木材があるの?
と、検索してみるとありました。
こちら→http://www.e-house.co.jp/woodland/mokume/33.html
説明によると、
辺材は淡紅色、心材は紅褐色で非常に美しい。
(するとこれは芯材の部分ね)
耐湿性あり。非常に素直な木である。加工性、仕上がり良。光沢がある。
ふむふむ。


そして、
最後になんと、「トウヘンボクともいう。」
へえ~。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-24 16:55 | 日常 | Comments(0)

留守番の夫に作る愛情チキンカレー

d0031853_15411230.jpg


明日と明後日は中国部会で下関へ泊りがけ。日頃からなにもしない夫のために、玉ねぎみじん切りから、しょうが、にんにく、チャツネなど入れて市販のルーを使わず手間と愛情一杯⁇のチキンカレー。
 それにキャベツ、にんじん、きゅうり、セロリの甘酢漬けを付け合せます。
iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-24 15:41 | 日常 | Comments(0)

ちょいと尾道まで。

休みというと「どこかへ行きたい病」の夫の付き添いで、今日もちょっと尾道へ。
前回は商店街に入ると、食べるところが見つからず、ひなびた尾道風お好み焼き屋さんでお昼を食べたのですが、今回は海岸通りの「花あかり」というお魚料理?のお店。客席の床だけ一段上げていて、海が見えるように作られています。ウエイトレスの人(いや、仲居さんというべき?は若い女性で着物を着ていましたが、その数段の階段を上がり降りして運ぶのがお気の毒。私たちは海が見える窓辺の席ではなかったのでしたが、窓際の若夫婦は海の見える窓をバックに記念撮影していました。
d0031853_15412265.jpg
こちらの定食は1,280円でした。コップが夫と私とでは違ったり、向うの席の人とこちらでは同じ定食でもお椀が違ったり。家庭的と言えば言えるのかな?お品書きにはさんまの刺身だの色々。


d0031853_16213343.jpg
古着屋さん?の店先にゆったりと座っている爺婆のぬいぐるみ。あったかい雰囲気。


d0031853_16242387.jpg
海の見える石畳の路地、尾道らしい。


d0031853_16321069.jpg
真新しいおみこしが置かれた「お旅所」。外人女性3人ほどのグループが珍しそうに入っていました。そして


d0031853_1624478.jpg

自然食品の店先では、お祭りとかでもないのにお餅つきの実演。つきたてのお餅の販売も。とっても時間がゆったり。外人女性グループが通りかかり、いいものを見でいただけたのでは、と思いました。
 短い間の散策でしたが、なんだか心がゆったりできたような・・・商店街ならなにも高速料金を払って行かなくても倉敷でもいいのでは・・・と思わなくもないですが、そこは気分を変えたいと思ったのかもしれません。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-23 15:41 | おでかけ | Comments(2)

やたらupdateするな、と教えられて

 今年1月2日に、正月休み中の長男に付き添ってもらって購入したいわゆる「スマホ」。NHKの週刊「ステラ」を購入して「花子とアン」の裏話などを読むのを楽しみにしていたり、時にはブログのアップデートなどにも利用したり、写メールをしたりと楽しんで使っているのですが、
 先日、OSのアップデートをするように、との通知が来たので、素直に従ってインストールしたのはよかったのですが、その後どうもそれまでできていた数少ない私の使い方にちょっと不具合が。
 日曜日に長男に相談したところ、「最初はバグがつきものだから、Updateしろと通知が来てもすぐにしてはいけない」と諭されてしまいました。それでパソコンがダメになった人もいるとのこと。あらら、そうだったの。基礎知識の部類に入るかもしれないのに。そういえば、WindowsのOSだって、新製品が出てもしばらくは不具合が出るからそれがある程度修正されるまで購入しないというたぐいのことはわかっていたつもりだったのに、慣れないスマホのOSの方は素直に従ってインストールするなんて、本当にうかつでした。
 これからも多分限られた機能しか使いこなせないに決まっているんだから、やたらにUpdateするのは気を付けなければ、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-22 10:57 | 反省したこと | Comments(2)