<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

オータムコンサート

 
d0031853_3461891.jpg
10月30日、老人施設での混声合唱団のコンサートに行ってきました。じつはここ、サマーコンサートをするはずだったのに、大型台風接近の当日に当たり、万が一ということで、中止になったのでした。秋になってプログラムも組み直してこの日のコンサートになりました。
 立派なイベント用の部屋でステージもあり、ステージの上と天井との間が狭いせいもあって声は響きがよく、約50人ほどのお客様は、プログラムの歌詞を見てご一緒に口をあけて歌ってくださっていました。「みんなで歌いましょう」コーナーでは「月の沙漠」「幸せなら手をたたこう」を、そしてアンコール曲としては「見上げてごらん夜の星を」を準備していたのですが、2度目のアンコールもあり、では何を歌ったら?と指揮者も迷って、「歌ってもらいたい曲は?」とお聞きしたところ、中のお1人が「月の沙漠」と言われたので、月の沙漠をもう一度歌っていよいよのお開きとなりました。年代的に「月の沙漠」は愛唱歌だったのでしょうか。

 中で「この道」の途中で女声がぱったりと一瞬止まるというハプニングがありました。あとでどうしてあそこで出なかったのか?と団員の間では話になりました。一瞬なので聞かれていた人は多分わからずに終わったのではという事になりましたが。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-31 03:51 | 合唱団 | Comments(2)

「ドクターイエロー」


d0031853_11441386.jpg
次男が新婚旅行からの帰途、新大阪で見かけた「ドクター・イエロー」。
 新幹線のメンテナンス専用車両で、時折走っているのだそうですが、次男も実際に見るとは思わなかったみたいで、駆け寄って行って写真を撮ったそうです。ホームにはほかにも大勢カメラを構えている人がいたのだとか。本当にステキなアングルで後ろの方まで良く撮れていて、私もほー、出会うとラッキーだというから、次男たちも幸運に恵まれる事だろうと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-29 11:46 | 興奮したこと | Comments(2)

イタリアみやげ

d0031853_2331070.jpg

d0031853_2331068.jpg
昨夕、次男たちが二人でやってきて新婚旅行のお土産をもらいました。バジルソースとトマトソースとオリーブオイルのついたパスタセットと、こちらのベネチアンガラスの金魚の入ったちっちゃな置物。買ったお店の地図も入っていて、サンマルコ広場のそばの方らしいです。(こちらはさっぱりわからずですが)丸いのがちょうどビー玉の大きさで、小さいので孫がいじって無くなる可能性大、というので、トイレの棚に置くことになりました。
 トイレのほかの仲間たちの中に置かれてどうかな?
 ちなみに後ろの方にある天使は函館のトラピスチヌ修道院で買ったもの、それにこのブログのタイトル画にもなっている童画家中山忍さんのタイル画、ドラえもんの「どこでもドア」のミニチュア、カメラを構えているミッキーマウスのミニチュア。花瓶は100均ですが色が締まっていい感じなので好んで使っています。花は庭に咲いたつるバラ「サラバンド」と、よたよたの黄色コスモス?です。
iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-28 23:03 | 日常 | Comments(0)

映画「グレース・オブ・モナコ」を見て

 NHKの夕方ローカルの一押し映画評を見て、にわかに見たくなり、やっとこさ時間がとれて、日曜日の昼の部でMOVIX倉敷で見てきました。
 映画館前のフロアは、日曜昼にしてはがらんとした感じの11時半。果たして、シアター6の館内はがらがら。
それでも懐かしいグレース・ケリーを、今の美人女優ニコール・キッドマンがとても似せて演じていて、衣装もステキだった。
d0031853_1531177.jpg
グレース・ケリー

d0031853_15314697.jpg
ニコール・キッドマン
 人気絶頂のアカデミー賞女優の座を捨ててレーニエ大公との結婚は、当時リアルタイムで映画を見ていた子どものころの私にとってはまさにシンデレラ物語でした。しかし、こちらの美智子皇后と同じように、王族のしきたりや伝統が分からずに戸惑う場面が数知れずあったに違いありません。それにモナコはフランスに囲まれた小国ならではの難しい立場もあったようです。そんな中で国の危機をどう救うか、彼女に与えられた大きな試練であったことは間違いありません。ニコール・キッドマンも大変な美人には違いないけれども、本物のグレースの上品な優しさはなかなかまねできないと思いました。
サイトはこちら→http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp/about/
 詳細は省くとして、昔父に連れられて見た、ヒッチコックの「裏窓」で、モデルの役で出ていたグレースはそれはそれは優美で懐かしかったです。母にメールしたら、その相手役の名前を忘れたがファンだったとのこと。検索したら、ジェームス・スティアートでした。
 ともかく、小学生時代に彼女の姿を見てあこがれた私ももうこの年、たまたま母はグレースと同い年というのでびっくり、もう85歳だもの。彼女のことを知って懐かしがる世代も少ないことが分かった次第でした。

 ちなみに、見終わって出るとそこは人で一杯。日曜、皆さん遅めのお出かけなんですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-26 16:13 | うれしかったこと | Comments(0)

洗濯機トラブル

先日、いつものように夜お風呂に入りながら洗濯機を回し、出てみてびっくり、洗濯機のあたりの床が水浸し。そのあたりに敷いていたマットもびっしょりであわてて雑巾で拭きました。
 朝、もう一度どこから水漏れしたのかを確かめようと、洗濯してみましたが、ちょっと目を離したすきにやはり床がびしょ濡れ。
 そこで、なじみの町の電器屋さんに来てもらう事にしました。
 来てもらって、思い出して先日洗濯ゴミフィルターに、細長いゴムの切れ端が引っかかっていたのを見せると、それだ、という事になり、部品を取り寄せているよりメーカーの修理部門の出張の方が早いから、と依頼してくれました。
 翌日、メーカー(パナソニック)の出張の人が来て、しばらくごそごそしていたと思ったら、洗剤の投入口の小さな引き出しを引き抜いて見せてくれました。と、そこには・・・・
 ぞーっとするほどまーっくろけにカビだらけの内部が。あんまりカビだらけになったものだからパイプが詰まり、そこからあふれた水が漏れだしてきていたらしいのでした。引き出しを引き出した奥とは、まったく気づきもしませんでした。引き出しの抜き方も初めて、右手のふちの所に小さなぽっちの印があり、そこを押さえると抜くことが出来る、と教えてもらいました。(取説にそんな注意書き、あったっけ?)
 おまけにドラムも歪みが出てきて、少しずつパッキンがはがれて落ちていたのが先日のゴムだったそうです。奥の円盤状の網(バックフィルター)もそのせいで爪が取れて外れかかっており、外れたらもちろん洗濯できなくなるとのこと。「修理に4万5千円なにがしかかるけれどどうしますか?」と聞かれました。洗濯機にはビニールテープで購入年月日と値段を書いて貼りつけてあるので、2007年に19万8千円で買ったことが分かり、まだ10年たってないのに買い替えなんて、しかもそんなお高いものを、と思い、即、修理をお願いしました。
 幸い部品は持っているとのことだったので、それから1時間ほどかかって取り替えてくださいました。やれやれ。
d0031853_352271.jpg

d0031853_352254.jpg

d0031853_352294.jpg
写真はそこの部品を取り替えてもらった後のもの。あとで馴染みの電器屋さんから請求書が来るとのことでした。
これにこりて、以後は洗濯の後は洗剤投入口の引き出しを抜いて、その奥を乾燥するまで待つことにしました。
 日頃から洗濯ドラムのほうは内部にカビとか汚れが来ることはわかっていたので、時々洗浄剤を入れては掃除したり、ドアをあけっぱなしにして乾燥を心掛けていたのに、こんなところがカビだらけになっていたとは。
同じ機種をお持ちの方々、お気をお付け下さい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-26 03:52 | 日常 | Comments(0)

クリスマスコンサートのお知らせ

 所属する合唱団で、初めて玉島方面でのクリスマスコンサートをすることになりました。
いつものようにポスターとプログラムを作るつもりが、今回はちらしも、という事で作りました。

d0031853_120369.jpg
12月の事ですが、この合唱団はたいてい老人施設入所者向けのコンサートが多い中、ホテルでディナーショーならぬワンコインでワンドリンクつきの一般向けコンサートです。お近くの方、よかったら予定に入れておいていただけるとありがたいです。
d0031853_1302868.jpg



d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-23 01:31 | 合唱団 | Comments(1)

コスモスの後にチューリップ、サフィニアの後にパンジー

日曜日に家族新聞を発送したり、夫のドライブにつきあったり、月曜日には震災支援をしている人の有意義な伝達の会があったりした結果、庭仕事が火曜日になりました。雨にならなくてほっとしました。明日は雨模様らしいのでちょうどいい。


d0031853_11374026.jpg
枯れたコスモスやら畑の青紫蘇を片づけ、腐葉土や鶏糞をすき込み、石灰を混ぜ、遅いかな?と思いながらもチューリップの球根40球を植え、
d0031853_11375522.jpg
プランターのサフィニアを片づけて黄色のパンジーを植えつけ。そうそう、先日撒いたきぬさやとスナップえんどうの芽が軒下に一杯出ています。前の冬には落雪におしつぶされるというアクシデントもありましたが息もたえだえながら健気にもいくらか実をつけてくれたのでした。
 
 また、珍しく剪定して肥料もやったバラたちが、そろそろ芽を出して咲きかけています。手間をかければ花も咲く。忙しい中の時間を割いてした作業だけに、うれしさもひとしおです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-21 11:37 | | Comments(2)

超古パソコンの廃棄に取り掛かる

いろいろサイトを見てみたのですが、無料回収という業者さんは多分何らかの利益を生むから無料なのであって、解体に費用をかけてまでその利益が生まれないとわかると、昨日の業者さんみたいにダメ、というのだろうなあという結論です。
ネットで探してみても、どうもなんだか胡散臭いというか。無料ほど高いものはないと思う。市の無料回収にも持って行けないとなると、製造会社か?と思い至り、よく見るとNECの製品でした。
 そこで、NECを見てみると、ありました。製造会社なら、たとえば部品解体に伴うリスクもないような気がして、手続が面倒だったり、料金がお高かかったりはしても安心なような気がして、早速申し込みました。
http://121ware.com/psp/PA121/121ETC1/ENTP/h/?tab=ET1_Z_RCY_ORDER#sec02
 ちょっと手間も時間も費用もかかりますが。たぶんそれがネックになって回収が進まないのではないかな、とも思いましたが、変な業者がたとえば人里離れた山林に不法投棄、なんてことにならないように、持ち主の責任ということもあるかな、と思いました。
 そして、庭の仕事をしていたら友人から、無料の回収業者さんを教えてくださるという親切な携帯メールが。残念。せっかくの親切でしたが、もう申し込んだ後なので。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-21 11:18 | パソコン講座 | Comments(0)

古いパソコン、処分に


d0031853_3271942.jpg
Windowsが発売されるより前の、フロッピーで起動するような?パソコンが、我が家の2階納戸に長い間放置されています。これはたぶんそっち方面の学校へ行った息子の勉強道具だったらしいのですが、当人は今や液晶薄型ディスプレー2面を相手にしていて、こちらはすっかり忘れているようです。
たまたまリサイクル業者さんが電話勧誘してきたので、だめ元で来てもらいました。2階から持って下ろそうとしたら重くて腰がぬけそうになりました。
玄関先に置いておくと、大阪から来たというイケメンがやってきて、最初のうちは「ノートパソコンよりデスクトップ型の方が部品が使えるのでいいんですよ」などと言い、携帯で写真を会社に送り査定してもらいました。返事が来るまでの間に、「貴金属も買い取りますよ、大阪ではどんな古い指輪やネックレスでもいい値段で売れますよ、着物や古切手もありませんか」、などと言いながら金のネックレスとか、古い指輪などを見せてセールス?トークを繰り広げました。
結局査定では多分古すぎたのでしょう、買い取り不可となり、重いのに運び下ろしたパソコンは、また運び上げる余力も失せ、この際ちゃんと送るべき先に料金負担してでも処分を頼みたい気になってきました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-20 17:48 | 日常 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」210号が出来ました


d0031853_720079.jpg実は、披露宴でも司会の方から「家族新聞をつくっておられるのですってね」、と、息子から聞いたのか、言われまして。
調子に乗って「はい、小学4年のころに家族新聞の宿題が出まして、(その当時は親から「やっちもない(岡山弁で)」とけなされたので)自分が家庭を持つようになったらぜひ作りたい、と願って作りだしました。(舅の介護中に子供をほったらかしていた罪滅ぼしの意味もあり) 最初は鉛筆で手書きしていましたが、途中からパソコン編集になって、今度ので210号です。もちろん結婚ネタがトップを飾る予定です。」とお答えしたら、息子の友人たちに「おー」となぜか受けたようでした。
 その通り。にこやかにウエディングケーキを切るご両人の写真がトップ。お嫁さんには赤い着物がとてもよく似合っていました。満面の笑みの2人。あとはめったに会えない親族の大集合のスナップで誌面を埋めています。
それに昨日のゆう君の運動会写真をせめて1枚でもと。
 カメラマンは大勢いたはずですが、友人のデータをもらうわけにもいかず、私のカメラにあった数少ない写真の中からなんとか選んでできました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-19 07:24 | うれしかったこと | Comments(0)