<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大晦日の家事

 夫は朝からテレビ三昧でまるでお正月のような有様。「そうするのはお正月が来てからにしたらどうなの」と言ってもすることが見つからないよう。普段から掃除などしない人だし、病気してからいっそうやる気が起きないみたい。
 で、私は、食卓を片づけるためにいつも食卓の上の物をバッサリと置き換えるだけの山積みのカウンターをお片付け。壊れた電気カミソリだの、やはり壊れた電話の子機だのが隅っこに未練がましく置いてあるのを思い切って埋め立てゴミの置き場へ。また、いるのだか要らないのだか何だか重要かも?と置いていた書類色々を夫に見せて判別してもらうと、まずたいていはもういらない期限切れの物だったりして、そちらは資源ごみへ。 ・・・結局私の決断さえつけば片付く物ばかりだったのかと思いました。
 片づけて行っていると、なんと雑誌の最新号が、ミルフィーユ状態の山の下の方から出てきたのにはびっくり。
 ともかく、やっとカウンターの上が片づけられました。
 
 お昼は有り合わせでお好み焼き。
 買い物は、4日の夜にはピザをするつもりなので、長男に相談して足りないオリーブオイルやソーセージやらトマトやらを買いに。
 そこでちょっと感動したのは、小学3,4年生くらいの男の子兄弟二人が、お母さんに言われたのでしょう、海老天などをお店の人に聞いたりして一生懸命買い物に来ていたことでした。きっとお母さん、普段働いていて大晦日も忙しくしておられるのでしょう。真剣に買い物する彼らにいじらしいな、頑張ってるな、と思いました。

 夜は、下手ながらエビの入ったかき揚げを揚げて、少しだけ作ったおせちを前菜風になます、カズノコ、きんとん、黒豆などを少しずつ並べて。それに長男がナマコを買ってきたというので、庭の大根を抜いて大根おろし。
 孫娘の1歳児は、黒豆を小さな口に入れてやると、もぐもぐとたべてもっともっと、と要求する。気に入ったみたい。きんとんもやれば食べるだろうけれど甘いから、遠慮。4歳のお兄ちゃんはずいぶんな偏食で食わず嫌いなので、黒豆も警戒して食べない。けれどカズノコは気に入ったみたい。幸いもらい物が2口あり、750gもあったので一杯食べられそう。

 あまり上手なかき揚げではなかったけれど、毎年同じようなことなので淡々と、しかし一生懸命にみんなの食事を考えています。

 片づけをしながら明日の出しを取り、早めにお風呂に入って洗濯もついでにして、一段落したらやっと家計簿の締めに取りかかります。今年は一杯出費があったので、大赤字の歴史的な年になりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-31 22:12 | 日常 | Comments(1)

歳末の家事 30日

 30日の私の家事。
夫の会社の社内報を夫一人だとどうもはかどらないので、手伝い。100円均一のファイルが、以前買ったものとは違ってずいぶん綴じる部分がお粗末だったので、別のに買い直そう、と思いつつ。
 午前は掃除機を全体にかけ、お昼は残り物で有り合わせランチ。
 午後、洗濯ものを取り込みつつ10分ほど草取り。11月の忙しさでちっとも草取りをしていなかったのがたたり、今や庭前面にびっしりと雑草が生えているので、せめて10分ずつでもとっていく所存。
 あれこれやっているうちに生協の最終配達。かまぼこ、みかん3㎏など。
 その後買い物。うちは年越しうどんかとおもいきや長男たちはそば派で、6玉いるというので、それやら卵やら牛乳やらすき焼きのたれやらもやし、小松菜など。そうそう、100円均一のB5ファイルも、同じ100均でもしっかりしたのとお粗末なのがあることを認識し、色で選んで失敗したので、今度は閉じる金具に着目して、色は白となりました。
 で帰宅後夫が社内報の綴じるのに専念。私は家計簿。
 昨日のおでんの続きを夜は食べ、買ってきた小松菜の胡麻酢和えをつける。
 夜、お雑煮の具としてごぼう、人参を千切りにして煮て、ほうれん草も茹で、3色を1つの容器に仕切って入れて紅白蒲鉾と一緒に冷蔵庫へ。今年買い換えた冷蔵庫、小さめにしなくてこの時ばかりは助かったという思い。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-31 11:04 | 日常 | Comments(2)

歳末のお出かけ

 午前中に晩ごはんのおでんを仕込み、夫には社内報の整理を勧めましたが…やれホッチキスがダメだというので見れば針が無くなっていたり、穴あけ機がぼろだから枚数がかさむとだめだとかいちゃもんをつけて挫折(あーあ、辛抱が足りないこと…そういう単純作業は女の方が辛抱強くやれるということか)
 お昼には日頃お弁当用に取り置いてある晩ごはんのおそうざいの残りをこぎれいに?前菜風に細長いお皿に盛りつけて即席みそ汁とご飯で。
 テレビでは朝ドラの「花子とアン」の総集編をやっていて楽しくて、続きを見たいのを我慢してお出かけ。駅前のTデパートまでは徒歩20分くらいなので、運動不足でもあるしそれほど重いものを買う予定もなかったので、歩いて出かけました。
 歳末の月曜日のこの日の用事は、まずは郵便局と銀行で通帳記帳やら借りている駐車場代金の振込。それからお年賀のお菓子やら孫にやるお菓子、みんなが来た時に楽しく遊べるボードゲームを探しに。
 お年賀のお菓子はあまり甘くなくて日持ちがして軽いという事から、S社のエビせんと決めています。孫にやるのも色々種類のあられの様なのが入ったパッケージのカワイイのに。さて、孫にお年玉に添えて何か、と思ってロフトやらおもちゃ売り場やらを物色したのですが、それぞれの年に見合ったものを選ぶのに一苦労。結果、まあいっか、に。数年前にはゆうくんには100円均一の粘土、だったり、大人たちには言葉の書いてある日めくりカレンダーをやったりしたのですが。
 そして、みんなで遊ぶのには2年前にたしか人生ゲームを買ってその後娘にやったことがあるので、聞けば完全な形でまだ持っているとのこと。じゃ、それ持ってきて、で買わずに済みました。
 それから夫が温かいポロシャツが欲しいというので、ウール70%のを購入。疲れて地下のうどんコーナーで安いカルピスとアイスコーヒーで一服。お店のソフトドリンクというのが冷たいのしかなかったのですが、そばの自販機を見ると、もっと多種類の温かい飲み物もあったのを発見してがっくり。・・・
 それからまた帰る途中の商店街では、ぶっかけうどんと夫婦饅頭で有名なふるいちの店の前で、おぜんざい用のあんこを購入。そして倉敷中央病院の喫茶で一服。倉敷中央病院の広い敷地の新しい病棟の1階の喫茶は先日の歩きで遅い昼食をとって以来、天井は高くてまん中に池と流れる水があって気分がいいし家からも近いしというので歩きの最後の休憩にもってこいという事です。
 そんなわけでまた元気を出して荷物をもって歩いて帰ることが出来ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-30 00:44 | おでかけ | Comments(1)

ノートパソコンをリサイクルに

 私はふだんは息子の自作したデスクトップ型で作業をしているのですが、旅行に出る時や、催しでプロジェクターを操作する必要のある時のためにサブでノートパソコンも使用します。古い方のノート型はWindows XPなのでもう処分対象ですので、なかなか踏ん切りがつかなかったのですがこの際、と思って
https://azby.fmworld.net/recycle/
こちらを探して申し込みました。裏側に幸いリサイクルマークのあるものでしたので、送料無料でリサイクルに出せるそうです。年末休暇に入っているので年始に送り状などが来るようです。
ノートとはいえ保管場所ふさぎだったので、ほっとしました。
しかーし、現在使っているノートは「何も付属のアプリがついてなくていいから」と長男に相談した結果の台湾製なので、こんな具合にはいかないかも?
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-29 05:00 | うれしかったこと | Comments(0)

1か所だけですが、下駄箱を大掃除

 友の会でも下駄箱整理の話が11月の「家事家計講習会」でありました。縦の物を横にもせず自分が横になっていることがほとんどの家での夫をなんとか動かそうと、年末家事のサイトを探していると、
http://allabout.co.jp/gm/gc/61706/
こちらに、ゴミ出しの最終日までにはゴミの出る仕事をした方がよいとのアドバイスがあり、下駄箱などは範囲が限られるだけにとてもよいかもしれないし、夫も自分の靴なら整理が出来るかもしれない、と28日朝取りかかりました。
 すると…夫の靴はウレタン底が割れて使い物にならないものやら何十年も履いていないブランド物の靴があったり、20年以上着用していないテニスウエアの入ったリュックが傘立てスペースに押し込んであったり、(つまりそれほどまでに整理に手が付けられていなかった)、人の事は言えません、私のも、パールホワイトのハイヒールはなんとウエディングドレスの時に履いた靴だったり、独身時代に一度だけ信州にスキーに行った時のアフターブーツを夫の物と勘違いして長年置いていたり、あったかくてヒールもないし履けるかと思ったのにファスナーが動かず断念したり、保存状態の良いカッコいいブーツがあったのに、この頃はヒールのちょっとでも高いものは動きにくく、今年買った低いのでよいと、思い切って処分したり、などなどで、45リットル入りのゴミ袋に口まで一杯に処分品が出たのには驚きました。それにスリッパ入れの奥の方にはごきぶり団子が10個くらい、前のを捨てずにどんどん入れていたのでした。
 ウエディングドレスのハイヒールは忘却の彼方、でしたが、若いころは記念に取っておきたかったものでも、老前整理というか、この年になるとあきらめがつく物も多数あることに気付かされます。2階の小屋裏には、学生時代の卒論の資料なんかも実はとってあるのですが、もはやゴミだと思いつつまだ手がついていないのです。いつになるかわかりませんが、やらなくては。
 下駄箱の整理は、なんとか夫も駆り出すことが出来てその点も大成功、でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-29 04:43 | うれしかったこと | Comments(1)

きんとんの作り方教えてと

 新婚の次男の嫁が24日やってきて言うには、次男が「おふくろの作るきんとんがおいしいから教わってこい」と言われてきたというのです。
 あんまり料理上手でもないのに、祖母からお嫁に来る時に譲られたお重箱に料理を詰めたいという事と、夫の母がおせちを詰めるのが楽しみで色々作っていると言われたことに刺激を受け、なんとか作り続けてきました。途中何年かは共同おせちとして、グループで2,3品ずつ作って持ち寄って、ハンドブックにまとめたこともありました。10人も寄ると1品を大量に作るという事になって、大鍋に大量のきんとんを作って練るのにうんざりしたのをきっかけに、グループから抜けて一人で多種類を少しずつ、というのに変えて、さらに面倒なものは既製品の利用も、と変わってきて、その中でもきんとんとなます、煮しめなどは変わらずずっと作っています。
 で、急に来たので、昔つくった「おせちのハンドブック」を見せると、携帯でそのページを写していました。
 ちょうどくちなしの実も頂き物があったので持たせました。
 きんとんのコツは、輪切りにしたサツマイモの皮の所に線が見えるのでそこまで分厚く皮をむくこと、あくをとる為に一晩水に浸ける事、茹でる時に3つくらいに切ったくちなしの実をガーゼに包んで茹で、煮崩れるくらい軟らかく煮る事、栗を入れる時は栗の茹で汁も入れて練り、栗は最後の最後に入れる事、など伝えました。
 そういえば長男の嫁の方はお雑煮の作り方を聞いてきたので、携帯メールで一生懸命伝えたら、後で「味が薄かった」と言われてハッと気づいたのは、塩としょう油で調味するところを抜かしたという事だった、という笑い話がありました。出しの取り方や具の種類などは丁寧にしたのですが・・・。

 お正月近くなると、お雑煮もそれぞれに違うから婚家の物を、とお嫁さんたちは思うのでしょう。倉敷雑煮はかまぼこ、ほうれん草、人参の千切り、それにごぼうの千切りが入ることと、塩ぶりの30g位の小さい切れが入るようです。私の実家では入れませんでしたので、夫の母に教わりました。

 
d0031853_23443166.jpg

d0031853_2344419.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-26 23:44 | うれしかったこと | Comments(3)

メリークリスマス!


d0031853_1501593.jpg
d0031853_12573114.jpg
わが家にもちびサンタさんが出現!
お兄ちゃんも1歳のころに着ていたサンタ衣装です。

d0031853_12581442.jpg
クリスマスディナー、とはいえ時間がなくて今年はメインと、バゲットがお店で買ったものです。某スーパーに行くと、ホールの鶏の丸焼きは有ったのにモモ肉のがなくて、別のスーパーに行くと、山のように鶏のモモが置いてありました。それに地元の小さいパン屋さんでバゲットを購入。
 付け合せの人参グラッセもじゃが芋も結構時間がかかりました。スープはもう少し手が込んだものにするはずが、人参グラッセの時にでた人参の屑と、コーンのスープ。サラダはポテトサラダにしようと思ったのに付け合せにじゃが芋も使ったので、レタスときゅうりと黄色パプリカとミニトマト。

・・・
d0031853_1323914.jpg
クリスマスケーキ。孫が「お誕生日?」というので、「そうねえ、きょうはキリスト様のお誕生日よ」と、さりげなくアピールしたものの、それ以上はなし。

d0031853_1334263.jpg
次男のお嫁さんが持ってきてくれた、某パンメーカーの三角帽子と紙皿と紙ナプキン、クラッカーのセットがあったので、クラッカーをぱーんと鳴らして昭和のころの?クリスマス風。


そして・・・

d0031853_1514566.jpg
一夜明けて、25日、こちら倉敷カトリック教会へ、寝坊して色々済ませるとぎりぎり9時半に自転車で息を切らせて駆けつけ、クリスマス御ミサに与かりました。大勢の『帰ってきたクリスチャン」、私を含めてクリスマスしか来ない信者も多いことでしょう。
 御ミサが終わったら、昨晩からの信者持ち寄りの食べ物をいただく茶話会が催されました。コンゴ共和国出身の神父様が母国から持ち帰ったという、マリア様の絵がたくさん入った布の展示もありました。体に巻きつけて衣装として使うのだそうでした。
 また、ご近所の元気の良い高齢女性につかまり、「あなた、うかうかしてちゃだめよ、教会も高齢化なんだから、来てくれないと」とはっぱをかけられました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-25 13:09 | しみじみしたこと | Comments(4)

家族新聞「あじさい通信」212号ができました


d0031853_5161727.jpg夫は見かけは髪が黒々とあるもので10歳くらい若い(?)ですが、この11月の誕生日で古希を迎えました。
「友人たちは子供にお祝いをしてもらったというのに、うちの子たちは…」と嘆いていましたが、実は誕生日前には都合が悪く、誕生日の次の日曜日にサプライズでお祝いをしてくれることを私は知っており、当日、知らない夫は友人と牛窓方面へ釣りに。日没は早いから早めに帰るだろう、と、予定通りの時間にし、夫の帰宅を待って6時半に長男一家の車で出かけました。
 夫は、どこへ出かけるのだか知りません。「?どこへ行くんなら?・・・」
ついたところは「漁火大名」。3人の子供と孫たちが一緒にお祝い。伊勢海老のお造りまでついた豪華な食事。サプライズで、子供一人ずつが、帽子、ステッキ、ウオーキングシューズをプレゼント。みんなで一揃いになるように相談してくれたのでしょう。1歳の孫は広いお座敷をはい回るし、4才と6年生のはじゃれ合うし、婿どのは「こんどこそ家族新聞に載せてもらいたい」とばかりに記念写真に入りまくるし、とにぎやかなお祝いの会でした。夫が支払いをしようとして、長男に止められました。子供たちに散財させたなと言っていましたが、まあまあ、これくらいは、受けるべきでしょう、ね。
 あとは孫娘の学芸会やら、私のコンサートやら、娘の誕生日に婿から花束をもらったという写メールやら。
 介護の期間足かけ9年は子供もほったらかし、かわいそうなことをしましたが、それぞれに成人し、結婚してこのように祝ってもらえる、地元に皆いてくれる、こんな幸せはないなと思っている今日この頃です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-23 05:25 | 家族新聞 | Comments(4)

JR倉敷駅のスロープ撤去に反対します

 夫の友人の身障者の人から聞いた話ですが、JR倉敷駅北のアリオに時々出かけるそうですが、そこへ行く経路の、JR倉敷駅2階正面のスロープが撤去されてエレベーターにとって代わるのはとても困ると言われていて驚きました。
 私も旅行の時などにはコロコロのついたカバンを引っ張ってそのスロープを利用しますし、ベビーカーやお年よりにとっては、階段は不便な物。それにエレベーターでは運ぶ人が限られるうえに電気代が要りますし、地震などが来たら止まってしまい、とても怖いと思います。
 帰宅して調べると、

d0031853_247269.jpg
なんと市議会でスロープが撤去されることになっているようなのです。
利用者である市民の意見も聞かずにそんなことがあったなんて。
ブログ読者の皆様はどう思われますか?
限られた人しか運べないエレベーター、災害時に役に立たないエレベーターより緩やかなスロープの方がずっといいと思われませんか?



d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-22 02:50 | ニュース | Comments(2)

冬の倉敷美観地区周辺を歩く


d0031853_2272832.jpg
21日(日)昼前、久々に夫と美観地区方面へ散歩に。商店街を歩くと、えびす饅頭の前に短い行列。あったかくて甘くておいしいこの昔ながらのえびす饅頭をと並ぶと、私の前でちょうど焼きあがったのが品切れになり、焼くのを待つことに。先代のおじいさんから代替わりしたらしく、中年夫婦が、ご主人が種を流して焼き、あんこを乗せ、奥さんが奥の大きな容器の中からあんこを仕込む半円筒形の物に詰めることと、販売の方を引き受けていました。しばらく待って香ばしく焼きあがったところで最初の物を2個購入。歩きながらほうばり、商店街を見物。

d0031853_2322884.jpg
冬の美観地区は観光客が少なめ。それでも観光船にはお客が。

d0031853_23349.jpg
この7月に建て替え工事が完了した廣榮堂。「調布」や「吉備団子」が名物。中に喫茶コーナーが出来たというので、入って、ぜんざいもよかったのですが先ほどえびす饅頭であんこをいただいたので、みたらし団子とお抹茶で休憩。
お隣の方に新聞に出ていた「クラシキ庭苑」。うなぎの寝床のような町屋を改築して、表と中と裏の3軒ほどのお店になっていました。上手に和風建築にアレンジを加えてしゃれたお店。こんな形式のお店がほかにも2,3か所見られました。

d0031853_235511.jpg
お昼は某和食の店を、と行ってみると満席で断られ、さらに歩いて倉敷中央病院のカフェで。ここは大原孫三郎さんによる従業員のための診療所から発展して、今では中四国でも拠点になる大きな病院です。患者さんの憩いの場所として昔から大きな温室がありますが、こちらは新しくできた病棟の1階にあるカフェ。吹き抜けの高い天井。ドトールコーヒーが入っているので、野菜たっぷりのホットドッグとソフトドリンクで遅めの軽い昼食。


d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-12-22 02:39 | おでかけ | Comments(0)