<   2015年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大晦日の一日

 昨夜は…生協のカタログを来年でもいいと言うのにのーんびりと眺めていて、すっかり遅くなり、今朝起きるとなんと9時半。あわてて起きだし、朝食後は倉敷風お雑煮の具の野菜、ごぼう、人参の千切りとほうれん草を茹でて一式を容器に入れて冷蔵。昼ごはんは昨夜と同じく、娘の所から大きな株で水菜をもらっていてそれを消費するために、ニンニクとショウガを汁に入れて豆腐、しめじとしゃぶしゃぶ用豚肉と一緒に鍋にしました。クックパッドで見て作ったのですが、これがわりといけました。
 午後からは、ずっと何をするでもなくテレビの前でごろ寝の夫の運動のために、歩いてNスーパーへ、ちょっと足りないと思ったお肉を買いに。夫、最近どうも歩くスピードも落ちたし、散歩の途中でやたら休憩をいれたがるのが気がかり。
 
 Nスーパーからの帰りは、普段車で往復するので歩いたことのない住宅団地を通って帰り、あの人の家はここだったのか、という新発見もありました。
 約1時間で買い物&散歩は終了。家計簿の締めを半分ほどしてタイムアップで夕食作り。年越しそばorうどんにはかき揚げを作りました。が、汁が息子に味見をしてもらえばよかったのに、味が薄すぎ、そばつゆはうどんつゆよりうんと濃くしないといけなかったようで、失敗、あとから既製品の濃縮つゆを足して食べてもらいました。
 ともあれ、息子一家4人と一緒に年越しそばorうどんを食べ、みんな一緒で幸せだなあと感じたひと時でした。


More
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-31 22:05 | 日常 | Comments(0)

30日の買物

 暮れも押し詰まり30日。夫が「お年玉はどうする」というので昨年12月の家計簿を出してきました。記憶はあいまい、記録ははっきり、です。それぞれ孫にではなく親にやっていたらしく、1万円とか。今年は私たちの子供たちにはいくらなんでもなし、にして孫に出すつもりで、中学生で5,000円くらい?と皮算用してポチ袋の確認。
 それから買物。
 夫が「これ(お飾り)出すんじゃないの?」そうだった。玄関先の柱のフック、粘着剤が昨年だったか経年変化で剥がれ落ちていたし、孫たちにも会った時にちょっとのお慰み程度のおもちゃを買っておきたいし、というので100円ショップへ。
 フックは熱で粘着剤を溶かしてくっつけるというタイプの頃合のがありました。2歳の孫娘は大きな板で作られた子供向けジグソー。29日の墓参りの帰りに寄ったラーメン屋さんの子供向けおもちゃのジグソーにとても興味を持ってやっていたので。5歳の孫息子は器具を引っ張ると回るコマ。中学生の孫娘は、先ごろ来年用のこづかい帳を渡してあるし、なかなか見つからなかったので冗談ぽくウサギの大きな耳のついたカチューシャ。ということで終了。
 あとはスーパーでお正月に囲むすき焼きのお肉と、焼き豆腐、すき焼きのたれ、年越しそば&うどん(夫の好み)、大きな海老天は難しいのでブラックタイガーを買ってかき揚げにする予定。あとは…そばつゆのパックも売っていたけれど、楽かなと思いつつひっくり返してみるとしっかり添加物が書いてあったので、やっぱりしっかりおだしを取って味は迷いつつでも自分で作ることに決定。
 そんなで、帰宅しました。11時50分でした。
d0031853_12542474.jpg
タイマーでご飯が炊けていたので、もともとはお弁当用に取りのけておいたおかずを並べて昼ごはん。おでんは昨日食べつくしたので…味噌汁は長男たちのお土産の松江のシジミの味噌汁。ポテトサラダ、大根とにんじんのきんぴら風煮物、鶏ハムにかば焼きのたれをちょっとからませたもの、ブロッコリー。冷蔵庫の掃除をかねて有り合わせの献立です。作り置きがあるとこういう時に助かります。あとは紅白なますを作って、午後生協が来るので豚のしゃぶしゃぶ用のお肉や、みかんの箱、きんとんに入れる栗の甘露煮などが来る予定。足りないものがあればさらに買い足す予定です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-30 12:58 | 日常 | Comments(4)

ミキサーを買い換えて―がっかり

 先日、孫の好きなかぼちゃのポタージュを作ろうとしてミキサーにかけると、根元の所からダダもれになってしまいました。水を入れて回したら大丈夫だったので、2度目、使ってみたらなんとスープを入れてスイッチオンした途端、やっぱりどんどん漏れて来てそこらじゅうが汚れてしまいました。もう20年くらい?使っている愛用のミキサーなのですが、やはりパッキンが劣化したのでしょう。かといってパッキンだけも古すぎて手に入りそうにもないので、仕方なく買い替えることになりました。
 で、行きつけの町の家電店に行ってカタログを見てもらい、(ネットで購入してもよかったけれどおなじみなので)出来るだけ容量の大きいのというと、ミキサー自体作っているメーカーが少なく、容量が少しでも大きいの、というと1L入りのパナソニックのしかなくて、それを注文。
 今日、来たのですが、18,144円払って(予想より高いな)と思いつつ、持ち帰って開いてがっかり。
d0031853_23382992.jpg
何ががっかりといって、ボトルが一回り小さい。
d0031853_23392987.jpg
目的は5,6人分のポタージュスープを作ることなので。しかも、
d0031853_23410126.jpg
ほしくもないミルだのお茶専門のミルだのと言ったいらない部品が抱き合わせ。あったら便利、というのでセットなのかもしれないけれど、私が欲しかったのは大容量のミキサーであって、別にミルがいるならそれはそれで買いたい。この際、ほんとに収納場所もミキサーの分しかないのに、ほんとにこんな余計な分まで買わされてその分のお金を払ったなんて。プンプン、です。愛用のこれまでのミキサーは、歯の部分もねじで簡単に解体できていたのに、今度のは外すためにだけの部品がもう一つ必要で、それを差し込んで回すと外れるという事になっているので、またその部品をなくすと歯を取り外すこともできなくなるという事。古い方はナショナルで、今度のはパナソニックだから同じメーカーなのに、これではお客の事を考えているの?と疑いたくなります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-29 23:49 | 日常 | Comments(0)

28日(月)にしたこと

 暮れの28日(月)。実は前の前の晩が年賀状のために徹夜だったのでついついうたたねしていて、ちゃんと寝室へ行って寝たのが午前5時。おかげで朝起きると9時!。夫が一声かけてくれたら起きられたのに、と思いつつあわてて朝食を取りながら昨晩から仕掛けていた黒豆を蛍火でじっくり加熱。11時には長男たちと墓掃除をしようと言っていたので10時過ぎ自転車で銀行へ。家計簿記帳するために通帳を記帳するのが目的だったのですが、ATMには長蛇の列。いつもなら楽々11時には帰宅できていたはずが、ATMだけでも順番が来るまでに時間がかかり、揚句通帳の一つが一杯になっていて、仕方なく窓口の番号カードを取って待つこと4番目。ここで11時を過ぎてしまいました。
 中国銀行倉敷本町出張所は来年3月18日とやらに駅前支店に併合されてしまう、美観地区にある文化財の建物なのですが、順番をソファに座って待っていたら、観光ガイドの藤野さんという大きなオジサンが観光客を案内して西のドアから入って来られて、北のドアへと抜けて行かれました。以前この藤野さんについてメルマガで紹介したことはあったのですが、もう10何年前の事なので、お忘れだったと思います。へーっという感じで高い天井だとかアールヌーボー調?というのか内装を見ていた観光客、藤野さんの後を追ってあわてて通りぬけて行きました。
 自転車で行ったのは正解で、美観地区には年末というのに(こちらが忙しがっているだけか?)観光客が一杯。車では狭い駐車場で出入りが難しかったでしょう。中で目を引いたのは、その本町あたりで、昔ながらの倉敷格子のある町屋の前でマスクをしたご夫婦がその表の格子の桟の一本一本を仲良く雑巾で拭いておられたことでした。大掃除も昔のように大々的にやるご家庭は少なくなった昨今、仲よく表の方を吹いていたのに感動。それに引き替えうちのオトーサンはテレビでごろ寝だもん。
 …と思いつつ、帰宅後すぐに墓掃除へ。長男夫婦と孫の2歳女児も一緒に。次の代だからね。みんなでピンセットでつまむような小さな草を取り、花を供えて年末の墓参りも終わり。
 午後、台所にある私の本棚まわりの書類やら空封筒を整理したくらいで、後は玄関のお花を買うのをすっかり忘れていたので買いに出ました。28日というとそういうものはかなり売り切れ寸前という感じで、行きつけスーパーの花売り場にはほんの3組くらいの玄関花しかありませんでした。((-_-;))やっぱりお花は27日、かな?
 帰宅し、玄関のお花を活けるとやっぱりきりっとお正月という感じに。(以前草月流で習いましたがすっかり忘れて自己流)おでんを入れた鍋に時々火を通しつつ、本棚の要らないものを処分。食卓横のカウンターもごっちゃごちゃなのですが、こちらの本棚を片づけないとそこの物をもってこられないという因果関係なので。(ー_ー)!!
 夕食はおでんと水菜・さらし玉ねぎ・ツナ缶のサラダ。
 夕食後、数の子を薄い塩水で戻し、きんとんのさつまいもを分厚く皮むきして酢水でさらす。
 今年はおせちを作らないぞ、と思っていたのに、やっぱり黒豆、数の子、きんとん、紅白なますくらいは、と段取りする私。後で作りすぎて始末に負えなくなるかもしれないのに。きんとんのさつまいもの分厚くむいた皮は、やっぱり細切りにして揚げて砂糖をふっておやつにしますか。・・・・
 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-28 22:17 | がんばったなあ | Comments(0)

私の夜なべ仕事

 ♪ かーさんは夜なべをして 手袋あんでくれた~
…私は不器用で手袋などとてもとても、ですが、夜にこまごまと料理ともいえないような台所仕事をすることがよくあります。今夜も、出し殻の昆布があったので細かく千切りにして干しシイタケを戻したのを2枚くらい細かく刻み、砂糖、みりん、醤油、酢少々入れて佃煮作り。友の会の先輩からお酢を入れると昆布が柔らかくなることを教わり、以後とてもおいしく出来るようになってほくほく、お弁当のごはんの上にのせています。空き瓶に詰めて製造日のラベル(白いビニールテープ)を貼って冷蔵庫へ。
 今夜は明日の晩のおでんも仕込んだので、おでんに入れる大根を庭から引っこ抜いてきました。暖冬のため巨大化していて2kg以上ありました。おでんは圧力鍋が分厚くて容積も大きいので煮込み用に使います。年末になると忙しいので、正月用の蒲鉾が売り場を席巻する前におでんダネを買っておいて仕込み、大掃除などをしている間に鍋帽子®で味が染みるので助かります。種は夫の好きなこんにゃく、大根、茹で卵を水から下煮している間に隣の大なべ(圧力鍋を利用)で昆布だしを取っています。下煮しながらまな板では牛すじ肉と鶏の砂肝を串に刺しています。がんもどき、厚揚げ、ちくわ、角天(練り物)などをさっと湯通しして次々に出しの方の鍋に投入、最後に下煮の鍋で牛すじと砂肝の串をさっと湯通ししてから鍋に入れ、練り物が空気を吸ってふくらんでくるのをおさえるために一番上は大根、というのが私流。おでんは静かに煮るものでしょうが、煮立ててから鍋帽子®に入れて明日の朝まで放置し味をしみこませます。

 庭から取ってきた大根には立派な緑の葉っぱももちろんついていたので、固い茎から葉っぱをしごいて茹で、細かく刻んでこちらは広いフライパンにごま油で炒りつけ、粉カツオ、すりごまと一緒に塩、砂糖少々で味をつけてふりかけにしました。なるべく大きいフライパンで水気を飛ばし、冷めるまで置いてからこちらは製造日と名前のラベルを貼ったチャックのついたポリ袋に入れて冷凍します。この時期に大根葉のふりかけをせっせと作り冷凍しておくと初夏くらいまで少しずつ使って行けます。

 そうそう、今日は娘が舅さんのつくった白菜、白ネギ、水菜、赤カブ、白カブ、それにくわいを持ってきてくれました。赤カブと白カブは別々に漬け物にしようと、4%の塩分で下漬けした後、赤カブの方は酢と砂糖を加えました。白の方はむしこぶを加えました。くわいは、その立派な芽を大事にして「芽が出る」ようにと煮物にするのが本来なのでしょうが、薄く切って油で揚げるとおいしいと娘が言うので、孫のおやつになるかも、と、とりあえず皮をむいて薄切りにして、すぐ揚げられるようにしました。揚げたてがおいしいというので明日揚げます。

 おでんの材料の下ゆでに使った鍋が空いたら、今度は黒豆の仕込みにかかりました。『土井勝レシピ』の新聞切り抜きを頼りに、こちらは水2リットルを煮立てて砂糖を豆の8割くらい、塩小さじ1~2、醤油50cc、重曹小さじ2分の1(なくてもよいとのこと)、さびたくぎまたは鉄卵を入れ、洗った黒豆300gを入れてそのまま7時間くらい置く、とあった作業をして、鍋帽子®はおでんに使っているのでバスタオルでくるんでいます。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-28 01:48 | 料理 | Comments(1)

年賀状やっと投函

 昨年は義母の喪中だったため、2年ぶりの年賀状(書き、とは行かずパソコンのプリンターで、なので「作り」が正解か)。
締め切りのある仕事(と言っても収入が伴うものではなくて責任のある作業という事)が優先なので、ついに今年は一番遅い記録の27日昼ごろの投函となってしまいました。26日(土)は民生委員の地区の会議、昼からもなかなか時間が取れず、やっと夜になってから住所のプリントに取りかかる有様でした。
 喪中ハガキをもらった人を住所録でチェックし、夫の会社の従業員の人、夫の友人知人、元の住所のご近所さんや友の会で転出したお友達などのグループ、私の友人知人、など。向き向きで絵柄や伝える内容が違うので、そのようにグループ分けをしてから宛名印刷し、図柄や文面を替えていきます。
 だいたいここ何年かでスタイルが決まったので、写真を選び、文面を考えると大体紙面が整います。
 しかしそれに入れる写真をこの1年から探すのが大変で、後からもっといい写真があったのに、と思うことがありました。最初から来年の年賀状の写真、というフォルダを作って、これはと思う写真はそっちにもコピーして置いたらよかったのに、と思いました。
 年賀状ソフトも古いバージョンでトラブルもあったので、結局全部を印刷し終えたのは朝になっていました。ほんと、好きなこととはいえ、せっぱつまってのやっつけ仕事ではいいものにはなりません。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-27 13:43 | 反省したこと | Comments(2)

我が家のクリスマス

d0031853_06040937.jpg
我が家の今年のクリスマスディナーです。例年ほとんど変わりませんが、今年はフランスパンを家で焼いたことが新しかったかな?メインは孫が小さいので食べやすいようにと手羽元をオーブンで焼きましたが、切り込みを入れていなかったので火が通るまで時間がかかりました。骨に達するまで切り込みを入れておくべきでした。サラダは畑で採れたサニーレタスを敷いて、ポテトサラダ(ポテトときゅうり)を盛り付け、星形に抜いた人参を別に塩少々とお砂糖で煮たものとゆで卵を添えました。スープはかぼちゃです。
d0031853_06081868.jpg
d0031853_06075957.jpg
ケーキを前にわくわくしている孫たち。息子たちのやり方に沿って、ろうそくを消した後はクラッカーを一斉に鳴らし、(ここらが私の思いとはちょっと違いましたが)切り分けてみんなでいただきました。チョコのプレートはやっぱりゆうくんがもらって食べました。 眠りについた孫たちにはサンタさんがやってくることでしょう。 で、私は、真夜中のミサに11時半ごろ出発。小雨がぱらついていました。
d0031853_06121646.jpg
年に一度しか教会に行かない罰当たりな自称隠れキリシタンの私。今年の真夜中のミサの出席者はいつもより少な目で30人くらいか。7時からのミサは多分お御堂にあふれかえるほどの人がいたのでしょうけれど。
 入祭の行列を迎える時には電気の灯りを消して正面のろうそくだけにするという演出があり、ほの暗い明かりの中で「しずけき」(きよしこの夜)を歌って神父様の行列をお迎えしました。神父さまは日本人でした。コンゴ出身の漆黒の肌をした神父様が何年も続いたので却って珍しく感じました。また、新しくキリスト像が正面に安置されていたことです。 プロテスタントの讃美歌とは全く違うグレゴリア聖歌から来たアレルヤ唱や答唱詩編などを先導者と一同が掛け合うように唱えるカトリックの御ミサ。大好きな聖歌を声高らかにうたいました。隣には20代と思しき若者3人のグループがいました。
 お御堂を出ると雨が本降りになっていました。美しいイルミネーションに飾られた馬小屋が前庭にありました。車で出る時に、写真撮影しておけばよかったとちょっと後悔しました。駐車場の下見に来たときには、飼い葉おけの中にはおさなごイエスの姿はありませんでしたので。かわいいイエスのご像が飾られているであろう馬小屋を横目に帰宅しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-25 06:21 | しみじみしたこと | Comments(1)

クリスマスディナーに

d0031853_14552566.jpg


午前中、年賀状を作らずに掃除、朝食の仕込み、そして夕食に、星型人参を飾ったポテトサラダ、それに思いついてフランスパンも自宅で焼いてみることにしました。不恰好で、小さめながら2回焼いて2回目には焼きかげんも少し良くなりました。あとはスープと、孫が小さいので鶏ももはやめて手羽元を酒、みりん、醤油、ゆずの絞り汁に一晩つけたのを焼きます。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-24 14:55 | 日常 | Comments(1)

サンタクロースは今どこを走っているの?

d0031853_02455791.jpg
NORADというアメリカ軍のサイト?が毎年サンタクロースが走っている様子を実況しているサイトがあります。軍のセンスあるサービスのようで、楽しいです。http://www.noradsanta.org/

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-24 01:53 | ニュース | Comments(2)

次男がこんなケーキを

d0031853_01404962.jpg
次男の所のクリスマスケーキは今年はブッシュドノエルにした、との事。次男作だそうです。中身はチョコクリームといちご、なんだそうです。独身でワンルームマンションにいる時からなんだかケーキ作りに凝っていたようで、彼女のためにクリスマスディナーを整えたのを写真でみせてもらったこともありますが、へー、親よりよっぽど上手。いつの間に覚えたものやらです。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-12-24 01:44 | うれしかったこと | Comments(0)