<   2017年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

携帯の更新

 息子が、夫の車にブルートゥース?のついた携帯だと、わざわざ携帯を持たなくても話が出来るようになるのに、ということから、これまでガラケーだった夫の携帯を更新しようと言い出し、近所のショップへ。台風接近の大雨の日ならお客が来ないだろうから、との事で、29日開店早々に行きました。
 夫はガラケーからスマホデビューでした。そして私は、これまでauだったため夫との家族割がなかったので、この際だからとソフトバンクへ乗り換えることにしました。夫も初めての画面に物珍し気。
 私、めったに使わないGmailのパスワードを聞かれ、「えっ?」。LINEの移行にも四苦八苦。設定画面などには近頃とんとご無沙汰だったため、ちょっと困り、パスワード再設定などしてやっとこさ使えるようになりました。これまでは一番小さいタイプのスマホだったのが一回り大きくなり、パンツ(ズボン)のポケットに入るか心配しましたが、なんとか入りました。携帯を携帯するにはと、いつもそれ用の大きめのポケットのあるパンツを愛用しております。なのでなかなかこの頃はスカートをはけません。女性は自宅にいるときにはたいていバッグに入れっぱなしでメールに気づかず、ということが多いけれど、そういう事情もあることが多いようです。
 ともかく、2時間かかって自宅の光電話もNTTからソフトバンクの一括のサービスになり、何とか夫も私もスマホデビューやら乗り換えやらすることができ、詳しい息子がそばにいてくれて大助かりでした。
 これで月々3,000円くらいの節約になりそうです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-30 03:47 | がんばったなあ | Comments(2)

社会の片隅で

 10月28日(土)、町内に市の広報を配る当番が先月と今月、そして来月の3回分当たっています。今回は前日町内の役の人から持ってこられたので、たまたま雨のため予定のグランドゴルフ大会が中止になり、夫がその重い袋を持ってくれて2人で郵便受けに配って歩きました。約60軒分、これまでほとんど町内のことを知らない夫にもウオーキングがてらよい機会と思い、先月に続き2人で歩き、約30分余りで配り終えました。日頃郵便受けに入っている分にはさほど気にも留めなかった広報誌ですが、こういう町内の当番の人が配ってくれていたんだなあ、と今さらながらに感謝でした。
 そのあと、昼までに行って来れるかな、と、合唱団のためにいつも作っているコンサートのプログラムの印刷に、市民活動センターへ。雨だしたいてい印刷には誰もいないことが多いのに、この日は先客がいるとの事。印刷室に行ってお手伝いでもあれば、と思ってみたのですが、なんと、20ページくらいの冊子を作っているらしく、しかもその版下を1枚忘れたとかでたった今取りに帰ったと、その1人が言われました。すぐ帰ってくる、というので同室で待たせてもらっていると、そのページを印刷するだけでは済まなくて、裏表だのページがどうとかで、30分、40分くらい待っても終わりませんでした。致し方なく、もう11時半くらいにもなったので夫とのお昼ごはんのため、午後から出直します、と声掛けしていったん帰りました。何かの会合のためのレジメか何かの印刷だったらしいのですが、その団体でも、70歳代半ばくらいらしいそのお2人が、陰の段取りをしていらしたと見えます。
 昼食後、再び出かけてやっと印刷にかかりました。所が印刷機の具合が悪く、紙詰まりが何度も。そして刷り上がったのを見ると、途中紙が重なって白い所があって、後から裏側のページを印刷してから気づき、製版をやり直したページがありました。いつもなら30分のところを1時間かかり、先に待たされた時間と合わせるととても能率悪い印刷でした。

 そして午後。3時から町内の役員会。先月お願いしていた、町内の赤い羽根共同募金の集金を夫々のブロックの当番の役員の方々が持って来てくださいました。お一人20軒から30軒くらいを集めて回ってくださっており、大変だったろうと頭が下がる思い。それなのに、入れ違いに今度は歳末助け合いの資材が届いているので、またお願いをしなければならないのも心苦しいのですが、お願いしました。
 こうした町内の小さな役の当番の方々にも、小さな陰の功労を思いました。
 
 集まったお金は早速翌日29日(日)に社会福祉協議会へ持参しました。(社会福祉協議会は月曜がお休みのため)
私も、民生委員のお役をして、こうした社会の片隅のお役をする人々のことを思うようになりました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-30 03:34 | がんばったなあ | Comments(0)

ありがたい助っ人

 10月は赤い羽根共同募金の募金活動を町内でもお願いしています。
私の町内では愛育委員がその役目をすることになっており、先月、社会福祉協議会からどさっと届けられた資材をブロックごとに分け、それぞれ8人の人にお願いして回ったのでした。
ところが、そのうち80歳代の人が長男のお嫁さんと2人で受けてくださっているはずが、お亡くなりになりました。
後で知ればここ2か月くらいご入院なさっていたとの事。何も知らずにその長男のお嫁さんの方にお願いに上がったのです。
お葬式に出て、募金がどうなったか心配していたら、昨晩、そのご近所の年配の人が集まったお金を持って来てくださいました。
その人ともう一人の人が、入院中だった人とお嫁さんに代わってちゃんと募金に歩いて下さったとの事。
長年住んで住民の顔をよく知っている自分たちがした方がいいと思って、すぐに代わって引き受けたのだそうです。
なんとありがたいこと。
引き続いて歳末助け合いの募金もあるのだけれど、というと、次年度の人に渡してしまうよりは、自分たちがまたその募金集めだけは引き受けるからまた持って来て、との事。
こういうおせっかいはとてもありがたい。
心温まるお世話焼きのご近所さんにお礼を申し上げました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-26 02:32 | 地域社会 | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
昔住んでいた家なので、庭を1周。かつて植えていたキーウイのツルが伸びて始末に負えないと、次男が切り倒して切り株になっていました。若木だった庭木もすっかり大きくなり、確かに剪定などの管理が大変な事でしょう。
帰り道、そのあたりの地域もすっかり新しい家が立て込んで今は昔。私たちが若い夫婦だったころとは違い、今は息子や娘たちの世代が子育てをしているのだものね、と感慨しばし。
で、ファーマーズマーケットへ。
d0031853_01124843.jpg
産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、中華のバイキング、魅力的だし景色は楽しめるし、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたい
d0031853_01125835.jpg
なカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。
ランチについているというソフトドリンクとして注文したコーヒーは、本来ならデミタスカップでほしい所でしたが、やたら大きなマグカップで飲みきれませんでした。たぶん若い人が時間つぶしにゆっくりと飲む単品ならばそれの方がよかったのでしょうけれど。残念ながら半分残して席を立ちました。


久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
で、産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたいなカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。

d0031853_15480824.jpg
久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」246号が出来ました

 今月はたまたま発行予定日にご近所のご不幸があったものですから、バタバタしていてうっかり忘れるところでしたが、おかげでかわいい孫娘の誕生祝をトップに持ってくることが出来ました。d0031853_15073071.jpg
 誕生日当日は台風の影響の大雨が終日降り続きました。どこへも行けませんでしたが、ささやかに私のお赤飯と、それなら食べるだろうと息子の提案で春巻きと中華風具沢山スープにしました。赤飯は私の気持で、孫息子は小豆が入っているのがダメなので取り除くとピンクのご飯だけ食べました。誕生日の本人も結局は赤飯を食べてくれず、春巻きだけ食べていました。食が細いのでどうしたら食べてくれるか会食の日には頭を悩ませています。

 お決まりのお楽しみのケーキは、なんと孫の大好きなプリキュアのキャラクターのついたケーキをネットで注文したのだそうで、「味は期待しないで」との事。ケーキの真ん中にプリキュアのコンパクトみたいなプラスチックの飾りがついており、ほかはクリームとドライフルーツの飾りでした。味はそれほど悪くもなく普通においしかったです。それからなんと、箱にスマホをかざすと、写真の枠がダウンロード?される仕組みなのだそうで、プリキュアの絵柄の写真枠でケーキと一緒に記念撮影をしました。よかったことは、4本のろうそくを自分でちゃんとふーッと吹き消すことが出来たこと。さすが4才、昨年は声で「ふー」と言っていただけで消すことはできなかったのでした。
 というわけで家族新聞の発行日に間に合ったその内容がトップ記事になりました。

 次が幼稚園の運動会で未就園児として力走して園児が持っているおみやげをもらってきた同じ孫の事。要領よくさっともらって1番でゴールしたところは頼もしい。
 次は次男の子どもで、「ドイツの森」でひつじに餌をやっている写真。はなれて住んでいると、LINEで送られてくる写真がたよりで、詳しい内容まではわからないけれども、写真があるだけうれしい。

 次は子どもみこしに長男と孫、私と親子孫で一緒に歩けたことがよかった。
 夫ネタも珍しく2題。
 そして、娘のところに何か種がないかとLINEで聞いたところ、「家族の序列」ということで孫娘が冗談ぽくみかんに顔を描いて遊んでいる写真がきました。娘が一番威張っている?らしい。一家平和だね。お婿さんの顔はなかなかりりしく男前に描かれていて、娘のは結構美人に、そして孫娘本人はほんわかとかわいらしく描かれていて面白かったです。

 そして今月のコラム「ごちそうさん」は、自宅の木になったイチジクを両手に持って満面の笑みを浮かべている次男のところの孫。さぞおいしかったことでしょう。
 というわけで、今月も時間がかかって一晩かかりみんなに送るように封筒に入れていたら明け方5時になり、目覚めると8時でした。旦那様がリタイヤしたおかげでそんなこともなんとか許されます。早寝早起きはなかなか根付かない私です。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-23 15:24 | 家族新聞 | Comments(0)

運動会の音、うるさいですか?

 鼓笛隊の練習の音がうるさい、と非通知の電話があった、どうすればよいでしょうか、と、 先日、うちのご近所の保育園の園長・副園長先生が訪ねて来られ、民生委員なのでご相談がありました。非通知で相手が分からないので、私も間に立つこともできない、と答えると、近隣の家にお詫びのお手紙を配られたそうでした。

 そして20日夜7時半ごろも訪ねてこられ、先週の土曜日、運動会当日に朝5時ごろから準備していたら、興奮して声が高くなったのだそうで、また今度は無記名の苦情のお手紙が来たのだそうです。
 我が家のまわりはほぼ皆さん共稼ぎで昼間は家にいない家が多いことと、もともと保育園の方が先にあったのだし、あまりそういう人がいるとは考えにくい、と思いました。隣接する隣の町内会の人か? それとも?

 苦情の主探しはさておいて、こういう場合、日頃お付き合いのある人のする行為と、面識のない相手のする行為とでは受け止め方が全然違うと聞いたことがあります。日頃の心配りがなんといっても大切。
 保育園に限らず、私たちの身の回りでもこうしたことがないだろうか、と考えさせられた話でした。



[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-21 02:33 | 地域社会 | Comments(2)

服の入れ替え 私の衣服管理

 雨模様の19日(木)、いくら何でももう薄いブラウスとか半袖はさすがに着ないようになったので、引き出しの衣服の入れ替えをしました。夏の名残の少し厚手の半袖だとか七分袖のを衣装ケースに仕舞い、長袖のニットのハイネックの物などを引き出しに収めました。
 さらに、前のシーズン着なかった物や、色目が似合わなくなったものなど、友愛セール行きのものと廃棄処分にするものがあったのをチェック。
 私の衣服管理はここ数年はパソコンでしています。
例えばこんな具合。分類が難しいのですが、こちらはセーター・カーディガン類。
d0031853_01005571.jpg
そしてこちらがTシャツブラウス類。こちらはタンクトップから長袖まで幅広いですが、季節の境目のところで困るので季節ごとの分類にはしていません。年々少しずつ改良していて、以前は購入年月日だけでしたが、この頃は購入年月、材質、買った店、値段をファイル名にしています。そして色。グレー、赤系統、青系統が主流で黄色と茶色はほぼありません。以前は黄色が好きだった時代もあったのですが、私のに似合う色としてメルマガのカラーコーディネーターのアドバイスで換えたのです。
d0031853_01004758.jpg
大切なのは、買ったときに必ずマメに写真を撮ってこちらに記録する事と、着なくなって処分した時にここから削除する事。念のために「処分品」というフォルダを作ってそちらに移動させています。うっかりするとこちらのリストにはあるのに実際は処分していることもありますので。
 私は気に入った服は長く着るのですが、買ってみたものの合わないと思うとさっさと友愛セールに出します。痛まないうちに、次の人に着ていただいた方が服が喜ぶというものです。しかし、デパートで店員さんに勧められて衝動買いしてしまって、いまだに一度も着て出たことがないスーツが1点。。。。色と、材質の厚さというか薄さが季節的にどうも合わなくて着る機会がないままに年月が経った物です。そうこうしているうちにどんどんスーツを着ていく場がなくなってしまって。さすがにスーツはもったいなくて出せなくていますが、そろそろ決着をつけなくてはと思います。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-20 01:21 | 日常 | Comments(0)

孫と夕方の散歩

 3歳の下の孫を1時間ほど見るにあたり、日中は何をしていたのか聞くと、お母さんとお買い物に行ったほかは、どうやらテレビでDVDのドラえもんを見ていたみたい。うちでもパソコンのアンパンマンの動画を見たいと言うのですが、それではどうかと思い、おかずの五目豆を1品作っていたので、夕方でしたがお散歩に出ることにしました。
 小雨が降るので傘を持って出ました。
 先日と同じようにネコジャラシを取ってみたり、今回は孫がアンパンマンの歌を歌ってくれたり、元気が出るので広島カープの応援歌を歌いながら歩いたりしました。
 横断歩道で道路を横切ることを教え、歩道と言えども自転車が後ろからくることもあるので真ん中を歩いて邪魔しないようにとか言いながら、小さなお花に立ち止まったり、そばの家の人に「犬がおるぞ」と言われても大して驚かずににこにこと犬を眺めてみたり、古くなって家の横に打ち捨てられていたアンパンマンのお人形を見て立ちどまってみたり。
 そして、先日はたわわに実った稲穂を見せて「これがお米になるのよ」と教えたばかりの田んぼの横に差し掛かると、雨模様の合間だったためか、すっかり稲刈りが終わっていて少しびっくり。
 田んぼをバックに孫の写真を撮ろうとしたら、意外にもこれまでポーズを取っていた孫が、写真に写りたくないと言って先へかけて行ってしまいました。何か心境の変化があったのでしょうか。
d0031853_23364827.jpg
 車がすぐ横を通る大通から入って、安全な歩道になるとさっと私の手を放して先へとかけて行ってしまいました。小雨が降るのに傘をささず、かけて暑くなったのか上着を脱いで手にもってどんどんと先を歩きました。
この10月22日で4才になります。口も達者になり、来年は幼稚園。私と付き合ってくれるのもあとわずかです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-18 23:40 | うれしかったこと | Comments(0)

秋から冬へ模様替え

 このところ幼稚園の運動会だの子どもみこし巡行だのの行事が重なって今年は出遅れて、今度の日曜にじゅうたんを干して入れ替えよう、と言っていたのですが、日曜も天気が悪そう。週間天気予報を聴けば水曜日午前中がちょっと良くて、後はずっと曇りとか雨だったので、ここしかない、と、気になっていた敷物をござからホットカーペットに取り換えることにしました。

 うちのリビングルームには大きな上げぶたがあり、床下に息子たちのじゅうたんが収納されているのです。息子は仕事中の日なので、私たち夫婦でヨッコラショと取り出し、庭のフェンスに干しました。私たちの分は割合軽くて、一人でも持ち運び出来てすぐに干せましたが、息子たちの分は2人がかりでも重いのなんの。ようやく干せました。
 また、寝具も夏用のサッカー生地のシーツを使っていたのを洗って干して、少し厚手のタオル地のカバーに替えました。
 寝室には足元に扇風機までまだ出たままだったものですから、それも箱に入れて仕舞おうとすると、リモコンが見当たりません。リモコンを探して夫が枕もとにほこりまみれにしていた文庫本の山も処分することにして紐でくくって出したりして、思わぬことで大掃除になりました。無事リモコンを発見し、扇風機を仕舞い、今度は食卓の下を温める丸型の電気ストーブのお出ましです。

 無事昼過ぎまでにシーツも何とか干せ、寝室とリビングルームの冬支度が出来ました。息子の方もお嫁さん一人でもできるように、フェンスから絨毯を夫と取り込んで入れてやり、模様替えが出来たようです。やれやれ。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-18 23:28 | がんばったなあ | Comments(0)