<   2017年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

家計集計 1年分の総決算

 午前中に最後の買い物をして、お雑煮の具の準備も終え、午後のひとときを今年の家計簿の総決算をしました。
こんなに早くできたのは初めて。
夫の退職後でいろいろとこれまでとは勝手の違う家計で、給料日に当たる日に銀行預金を引き出しに出かけるというのも新しい習慣となったり、預金が減っていく一方で投資したお金の利益分は預金に入るように手続きしたので少しずつとはいえ入ってくるお金もあったり。
人生100年時代というので、これからのいわゆる老後の時代、破産しないように家計簿を道しるべに上手にお金の管理をしていかなくては、と一層思う今年の暮れです。

 来年の家計簿は、私が「羽仁もと子案家計簿」をつけ始めてからなんとちょうど40冊目になることが分かりました。
「千里の道も一歩から」と申しますが、コツコツと、毎日毎日大切にお財布の中身を数えて記帳してきた道のりがこれまでの39冊だったのだなあ、と感慨深く思います。決して1円も違わずに月末処理ができた年はないのですけれども。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-31 16:28 | 感動したこと | Comments(0)

夜なべ仕事に写真の整理

 12月30日の夜は、テレビを見ながらの写真整理をしました。
超忙しかった2000年前後、写真のプリントはカメラ屋さんでサービスにもらえるミニポケットアルバムにどんどん差し込んで、日付順に並べてガムテープで背表紙らしきものを作って輪ゴムでまとめていたのですけれども、ずっと気になっていたのです。
 とりあえず古いけれどもA4くらいのもう少し大きめのポケットアルバムにどんどん入れて行き、一つの行事などで多数ある写真は1,2枚だけ使ってあとは廃棄。1999年から2001年までの物をなんとか薄いアルバム3冊分に入れられました。舅の一周忌と三回忌の写真が含まれていました。
 続いてこれからの分には、娘の結婚式のスナップ写真多数が含まれています。その娘の産んだ孫がもう中学3年生だというのに、写真の整理がこれからだとは。・・・122.png
 2006年までのをこの際整理したいと思っているので、大晦日ではありますがアルバムを買ってこようかと思います。

 大晦日の今日の予定は、そのアルバムを買うことと、お豆腐などの食料品を買い足すこと、お雑煮の具とお出しの準備、年越しのそば・うどん(夫)の準備などです。
 今日の夜なべは、家計簿の1年分の締めがあります。紅白を見ながらできるかな?

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-31 09:42 | がんばったなあ | Comments(2)

お正月準備あれこれ

 皆さんお正月準備に追われていることと思います。私も、何をいつすればいいのか、前にはお節の段取りとその日の献立まで綿密に計画を練っていたのですが、この頃では行き当たりばったりに手当たり次第少しずつやっています。
 例年27日にはお花を生けこむこととお飾りを買ってくる日ということにしていますが、今年は本棚の片付けをしていたので1日遅くて28日にしました。
また、お節は、酢の物は紅白なますも飽きたので大根、ニンジン、しらたき、油揚げ、きゅうりの入った胡麻酢和えにしました。
きんとんは今年はくちなしの実が昨年の残り1個分しかなかったのであまり鮮やかな黄色にすることができませんでした。
 今年の収穫は、例年うまくできなくて買っていた田作りと、伊達巻を友の会の最寄り会で実習したのでこれはぜひ作ってみよう、と恥ずかしながらこの年で初めて挑戦、鬼すだれも買って伊達巻はうまくいきました。やってみると簡単。はんぺんと卵と調味料をミキサーにかけてドロドロにして、うちのは天板が大きいので、カステラを焼こうと買っていたスクエア型に流しました。くっつかないアルミホイルを敷きました。200℃で20分くらい?焼いて完成。

d0031853_01591387.jpg
d0031853_01592186.jpg



田作りはレーズンとくるみ入りのもので「食べるいりこ」で作りました。いりこはぽきんと折れるくらいにしっかり炒っておくこと、レーズンもお湯に通して空炒りする事。
 絡める蜜は、いりこ100g、くるみ・レーズン各100gに対して砂糖100g、醤油大さじ2~3、酒または水50~60㏄
水の中に落としてみて下へたまるようになったら、しっかり炒っておいた田作り(いりこ)・くるみ・レーズンを絡めます。
バットに広げて冷ましますが、あめ状になって固まったときにはお酒を振りかけるとよいそうです。
 
d0031853_01592937.jpg
また、例年盛況で丹波の黒豆(お高いけど粒が大きい)を買って28日から煮るので、生協に注文していたのですが、なんと、配達されたものを見ると、加工済みの物でした。がっくりです。お店で乾いた豆を買ってこようかとだいぶ迷いましたが、例年最後まで残り私が食べて片付けることが多いので、たくさん煮るのは止めようと思いました。
             

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-30 02:12 | がんばったなあ | Comments(0)

国営讃岐まんのう公園の光の海を見にいく

 23日(土)に行こうと言っていたのが、孫の帰りが遅くて行けなかったので、28日の午後3時半ごろから出かけて行きました。
まだ明るい5時前に到着すると、大駐車場はまだガラガラ状態。車から降りると下半身がとても寒く、どうなることかと思いました。あたたかい飲み物を飲み、暗くなるのを待っていると、ようやく5時点灯。徐々にライトアップされる面積が広がっていき、気づくとあたり一面が光の海のような景色に変わっていました。
 暗がりの中で孫があちこちに行ってしまうので迷子にならないかと気になりましたが、どうにかそばにいさせて、起伏に富んだ場内を歩き回って景色の変化を楽しみました。寒かったけれど、これほど広い面積のライトアップは初めて見ましたので、大感動しました。
 
d0031853_01511320.jpg




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-30 01:52 | 感動したこと | Comments(0)

夜なべ仕事に

d0031853_15431524.jpg

片付けをしていて出てきたストッキングを2cm幅の螺旋に切って糸を作り、久々にナイロンネットを編みました。
このところ熱心に見ていたドラマ「陸王」も「コウノドリ」が終わって今度の「西郷どん」が始まるのが楽しみ。「花子とアン」以来 鈴木亮平さんのファンです。知性とやさしさと健全な肉体美。純和風な顔立ち。 これまでになかった西郷さん像が見てみたい。
長い冬の夜は、大作は無理でもちょっと編み物などしながら過ごすのもいいものです。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-28 15:43 | 日常 | Comments(0)

なかなか過去は吹っ切れない

 暮れの27日、買い物にも出ず、大掃除ともいえない普段突っ込んでいる台所の作り付けの棚と、居間の本棚のほんの一部の片付けをしていました。
 台所の方は、作り付けのデスクが1年の間に本当に雑然とした記録の紙やらノートでいっぱい。まずは友の会の会議の記録ノートを全部捨てたらかなり広くなりました。ついでその上の棚の婦人之友3年分だけ置いておくことにしているので、3年前のを取り出して束ねて資源ごみに。スペースがあれば取っておけるのですけれど。特別に参考になる記事の物だけは置いておくことにします。
 次に居間の方の作り付け本棚。こちらも、「かぞくのじかん」がかなり溜まって本の前に二重に置いているのではみ出て危ない、この際古い物を処分することにしてこれも束ねました。その奥の物はなんと、私が7年ほどパソコン講座で教えていた時の自作の教材プリントのファイルが7冊ほどそのままありました。何しろXPの時代だったので、画面の解説ももはや古い。クリヤファイルに収まったそのプリント類の9割がたを資源ごみの雑紙としてまとめ、空になったファイルは、又使うことはたぶんあまりなさそうなので束にして保存。1枚1枚のプリント、週に2晩くらいは半徹夜で作っていたなあ、結構きれいにがんばって作っていたじゃないの、などと自分で過去の自分をほめながら、そしてもう二度とあの仕事に復帰することもないなあ、と思いつつ資源ごみにするために紙袋に入れて行きました。

 そのお隣、本棚の奥の方に「keikoのお出かけ日記」資料のファイルが3冊。かつてそのパソコン講師だったころに300回を超えるほどにメールマガジンに連載させてもらっていた記事の資料の出先でのパンフレット類がありました。連載はもう「まぐまぐ」でもたぶん見られないだろうし、プリントアウトしているのは本に3話くらいなので、大部分の苦心の文章は霧みたいに消えてしまいました。でも最初から、あまり形に残るものを残さない方がよいと思っていたので、それくらいの方がよかった。
 夕方までかかって「たったのこれくらいの箇所だけ?」と言われそうなくらい、ほんの一部だけしか片づけられませんでしたが、無用のファイルの紙類を捨て、すっきりなって達成感がありました。
 


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-28 00:20 | しみじみしたこと | Comments(0)

洗濯機から水漏れが

 我が家の洗濯機は斜めドラムで、買ってから11年目になります。
先日は夫のズボン(パンツ、とはなかなか言えない世代です)をネットに入れて洗っていたら、脱水が出来てなくて3回やり直し。電気屋さんにもう寿命でしょうか、と尋ねたら、それは中身が偏っていたからでしょうと言われて納得。
 今度は、夜、お風呂に入りながら洗濯をしていて、お風呂から上がってみると洗面所の床が水浸し。あらら、とそこら辺の雑巾タオル総動員で拭きまくりました。
 自分なりに下の方にあるゴミ受けのところの奥の空間のヘドロ状のものが原因かもしれないと、取ってみて、もう一度試運転してみたのですが、やっぱり水がじわーっと出てきます。

 翌日、なじみの電気屋さんに来てもらうと、原因がわかりました。
 その前に「フィルター」とか表示が出たので、下の方の洗濯くずのフィルターのかごのような所のゴミを取り、又セットしたのはいいのですが、きっちり回して固定するところまで行っていなかったのです。そこのところを通って排水されるので、排水があふれた、との事でした。
 聞いてみるとなーんだ、ということ。私の不始末だったのです。
 この年末も押し詰まって新しいのを買おうとしても物がないかも、などと早とちりして、今の洗濯機をゴミにしてしまうところでした。私の不始末を棚に上げて、洗濯機の故障にしてしまおうとしていたなんて。洗濯機さん、ごめんなさい。まだまだ働いてくださいませ。

d0031853_21590867.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-26 22:08 | 日常 | Comments(2)

わが家のクリスマスディナー

わが家のクリスマスディナーです。平凡ですけれど、チキンは2日前に買ってみりんとお酒とお醤油と柚子のしぼり汁と一緒にポリ袋に入れて下味をつけて置き、2本ずつ電子レンジで10分、さらにフライパン…よりも分厚いすき焼き鍋を利用して焼き目をつけ、たれに絡めたものです。モモ1本だと大きすぎるので少し削り、孫たちのは関節から元のところを切り取ってドラムスティック(というのか?)にしてあります。
スープは、にんじんグラッセのためにできた切りくずと、ブロッコリーの茎の太い所と、家庭菜園で採れた大根のポタージュ。パンは今年は焼かずにヤマザキのバケットです。
サラダはポテトサラダで、きゅうり、にんじん、レーズン、刻みパセリとらっきょう、さらし玉ねぎが入っています。それにレタスとミニトマトを添えて。
毎年同じようなレシピですが昨年は手羽元で、切り目を入れずにオーブンで焼いて中心部が生焼けで失敗でした。今年は電子レンジであらかじめ10分というのがよかったか。にんじんグラッセはシャトーに切りましたが1切れずつだけ星形に抜きました。
 ケーキは長男がこだわってケーキ屋さんに予約するので私の出る幕はありません。甘さを控えたおいしいケーキでした。孫たちが目を輝かせてみるところがなんともかわいいものでした。
d0031853_22350446.jpg
この後はサンタさんがきっと、希望の物を持って来てくれるはずです。楽しみだなあ…いい子でいようね。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-24 22:36 | 料理 | Comments(2)

クリスマス、教会に行きますか

 24日午前、年賀状を出しがてらお散歩に出かけました。
ありがたいことに我が家からは徒歩圏内に教会があります。

d0031853_13081242.jpg
こちらはプロテスタントの日本基督教団の教会です。南側に竹中幼稚園、さらにそれの南に、高いマンションができつつあり、幼稚園の園児にはとてもかわいそう。反対運動はしたのでしたが、マンション建設を止めることはできなかったのです。
d0031853_13083004.jpg
d0031853_13082248.jpg
で、こちらは倉敷カトリック教会です。
門の脇には、「馬小屋」が例年のように再現されています。まだごミサの前なので、かわいらしい赤ちゃんキリスト像は飼い葉おけの中にはありませんでした。
d0031853_13083612.jpg
内部は、午後7時からのクリスマスミサのために女性信徒によってお花が飾られている最中でした。
今年は残念ながら真夜中のミサは行われないそうです。
私は、長い介護の間も真夜中のごミサだけなら参列できたので行っていたのでしたが。
明日25日の朝9時半からのごミサにあずかることにします。
年に一度のクリスマスミサ、日頃の罰当たりな自称隠れキリシタンの私も、さすがに行くと決めています。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-24 13:16 | 反省したこと | Comments(0)

年賀状完了

 23日(土・祝)、朝から午後5時ごろまでかかってようやく年賀状を作り終えました。
まずは1年分の写真フォルダから、年賀状に向きそうな写真をセレクトして年賀状用のフォルダにコピーしておきます。
絵柄とか文面を変えて、それぞれ夫の友人関係、(元)会社関係、親類、前のご近所関係、私の所属する合唱団関係、その他関係先別にそれぞれに考えます。
 それぞれの分類ごとの住所録から宛名をプリントしたら、一覧表で喪中の人をチェックしたり重複がいないかなどチェックしたのちに絵柄の方をプリントしていくのですが・・・
 今年は200枚には達しない予定で次々に印刷していったら、あれ?足りない。
よーく見ると、夫の友人知人の分類のはがき39枚の束が2つあるではありませんか。その分類だけ2通り印刷していたのでした。あらら。
出来上がったのを投函しに行き、新たに30枚買ってきて摺り足しました。
 最後に印刷したのは私の友人・恩師のグループで、せめてこのグループには一筆書きたそう、と思っているうちに時間切れで夕食の支度をする時間になりました。
 昨年は亡母の住所録に載っていた人にも送ったのと、夫の退職通知を兼ねていたものだから、今年はそれよりも76通少なくなりました。
年賀状200枚の一束で足りるはずだったのに、前期のうっかりミスのおかげで買い足す羽目になりました。
お年玉の抽選が終わってから普通切手かはがきに交換しようと思います。

年末行事の一つが終わりました。
あとは、クリスマス、墓掃除、苦手な大掃除、少々のお節つくりと怒涛の年の瀬です。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-23 22:21 | がんばったなあ | Comments(0)