夜の立ち話から―今は昔?四通八達の家

 我が家の町内では、ゴミ収集日は火・金曜日。で、その前の晩8時にお当番がゴミステーションの小屋のカギを開けることになっています。4日(月)の晩、ゴミ捨てに行くと、ちょうどお向かいの奥さんがやってきて「扉閉めないで」と声がかかり、一緒に帰りながら、ちょうどご近所で完成間近な住宅2軒を夜陰に乗じてこっそりと敷地内から見物。どちらもとても個性的な建物なので、興味津々だったのです。
 南側のお宅はちょうど道の角に面しているため、敷地いっぱいに建てられたその外壁南側にはなんと窓がありません。
 南に窓がないなんて。風通しのことは考えていないのね。エアコン頼り、ということか。近頃のレースのカーテンは中に灯をつけても夜に見通せないように優秀なんだけど。いくら道路がすぐそばだからと言って、びっくりです。何となく城塞みたいに、「つ」の字に曲がったその建物は、中に面してだけ広い窓があり、そちらから光ははいるようになっています。通りすがりにご近所同士話しかける、ということもなさそう。
 もう一軒は、なんでも整骨院併設だとかで、高齢者の多い住宅地では歓迎されそう。住宅の方は二世帯住宅なんだそうで、こちらは敷地に対して床面積をできるだけ多く取るためにそびえたつような総2階建て。工事中の幕に覆われた段階では、一体どんな住み方をする家なんだろうと、お向かいさんともども興味津々だったものですから、「こっちが整骨院に使われて、こっちが本宅かしらん。親世帯が1階で若い人が2階に住むのじゃない?」などと想像をめぐらしつつ、しばらく寒くて暗い中をお互いに日ごろ忙しくて会うことがないものだから結構長い時間立ち話してしまいました。
 どちらの家も、外に向かっての窓が外壁部分にはほとんどなくて、ご近所に住むものとしてはなんともちょっと寂しいね、という話。庭仕事でもしていればやあやあ、と話もできるでしょうが、庭らしい庭という面積も残っておらず。昔のような縁側に腰掛けて、というのどかな時代ではないことはわかるけれど、内にうちに向かう家の作り、寂しいものです。
 
 我が家の庭はフェンスなのですぐそばの道から丸見えですから、花を作ると見てもらえるという励みになりますし、道行く人とご挨拶もできたり、近くの保育園児のお散歩のときに庭仕事をしていると、子供たちからかわいいご挨拶をしてもらえることもあります。やっぱりその方が私は好きです。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-12-04 23:45 | 地域社会 | Comments(0)

出征する人見送る人

 NHK総合テレビの「ファミリーヒストリー」。11月29日の回は佐野史郎さん。
彼の家は150年続く医者の家系だったそうです。地域医療を担って、長男は大事な後継ぎだからと特別扱いされて育ったのだとか。佐野史郎さん自身は医者にならずに役者の道を志してしまったのだけれども、弟によると、カニ味噌を食べさせてもらうのはお兄ちゃんだけだった、のだとか。
 そんな彼のお父さんのご友人に、新潟で現役医師をしている人が語ったお話がありました。90歳で現役、というその人は、同世代の人が兵役に着く中で、自分たちは医学部だったために兵隊に行かずに済んだ、だからその分勉学に励まなくては、という気持ちが皆あったと思う、と。

 私の父も生きていれば92歳になりますが、あの時折映像で目にする雨の神宮球場の学徒動員の出陣式の模様、父はスタンドで見送る側だったそうです。旧制六高の文科を、小説家を夢みて受験したものの失敗。やむなく京都の恩地塾という予備校に通う間に親友になったのは、医者の息子でどうしても医者にならなくてはならなかったというM君。そのM君に影響されて医大の予科に方向転換して合格したそうです。おかげで兵役免除になったとのこと。人生万事塞翁が馬とはこのこと。
 そのおかげでというか、代々の医者の家系の娘だった母とお見合いして結婚したというわけでした。

 で、佐野家は地域医療の仕事を絶やさないようにと、弟さんが今ではあとを継いでいらっしゃるのだとか。
 母の実家も江戸時代からの医者の家系で、祖父が医学生の時に曾祖父が急逝したために、しばらく途絶えたので、祖父が又開業した時には苦労もあったのだと聞かされていましたが、母の弟になる叔父が2人医者になり、叔父の娘がまた医大に合格した時の祖父の喜びは大きかったそうです。
 佐野家のおじいさんが往診に自転車やオートバイで駆け付ける話は、祖父が晴れ用、雨用の2台を持ちよく手入れしていたことを思いだしました。そのドロップハンドルの自転車のハンドルとサドルを結ぶ横棒に往診カバンを下げて行ったり、また狭い田舎道でも行けるようにと初代マツダキャロルを愛車にしていたことも思いだします。
 田舎医者、として地域医療に貢献していた祖父、叔父、そして従姉妹。よく頑張っています。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-30 22:29 | しみじみしたこと | Comments(2)

墓地の整地

d0031853_01582474.jpg
 夫の母は2人姉妹の長女でした。両親共に親を早く亡くしたそうで、本家の敷地の裏手にお墓があったのですが、本家の建物の裏手というのでは将来お墓参りがしにくくなるだろう、ということで、お寺の墓地に改葬したのです。夫の母の両親と幼くして亡くなった妹の小さなお墓、将来的に我が家と夫の従弟の一家しかお参りする人もないので、お位牌は永代供養にしてもらっています。
 この夏、我が家の息子たちとお墓参りに行ってみると、お彼岸などにはこちらにはなかなか足を運べないので草ぼうぼう、手入れがこの先行き届かなくなりそうなので、商品名「カチカチ君」という、土を固めて草を生えなくする建材のようなものが生協で見つけたので、息子に頼んで整地してそれを敷き詰めてもらうことにしました。
 まだ暑い時期にそれを買っておいたのですが、涼しくなってから、と言っていて11月26日(日)の午後ようやく時間を作って足を運んでくれました。たまたま、手伝うつもりだった私も腰痛でどうにも手伝えなくて、長男一人で孫娘をつれて行ってしてくれました。草が生えていたのを抜き、土を少し掘って材料を入れ、ならしてジョロで水を撒いて固めるという作業でした。20㎏入りの袋3個で1坪分、との事だったので少し薄めだったようですが。おかげで今度のお盆には少し楽にお参りができそうです。
この先夫の母を知っている世代は長男のところまでで、孫は覚えていないだろうから、そのまた親のお墓と言っても管理ができなくなりそう。長男がそこは考えて始末してくれるのではと思って、今のところはこういうことをしました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-29 02:09 | しみじみしたこと | Comments(0)

冬のバラ

d0031853_1865741.jpg


我が家のテラスの鉢植えのミニバラ。
冬のバラは長く楽しませてくれます。
切り花にしないでよかった。

iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-27 18:06 | 日常 | Comments(0)

やっちゃった 例の、魔女の一撃?

 金曜日、合唱団の次のコンサートのプログラムを印刷していた時、ふと床に小さな紙切れが落ちていたのを見つけ、拾おうとした、その時でした。
 あっ。やっちゃった、みたい。。。
 この頃、少し痛いかも?と思って気をつけてはいたのでしたが。本の入った重い段ボールを抱えてもなんともなかったのに、そんな、小さな紙切れで??
 あ、でも、「キター」、という感覚。背中が・・・
久々にやっちゃったみたいです。
夫の父を介護していた年月には朝晩抱えてはベッドから車いすへ、と重い体を移動させてあげていたので、3回くらいはこの症状で寝込んだのでしたが。
 いや、今回ははっきりと「あの」魔女の一撃とまではいかないみたいです。
 そーっと、そーっと。

なのに、帰宅後、お嫁さんと出かける上の孫を、下の孫と一緒に見送るときについつい抱っこしてしまいました。この頃は重くなった彼女を抱えてお兄ちゃんにバイバイさせて、よかったね、と思ったものの。
 で、夜、入浴後はちゃんと湿布を貼ってケアし、用心のために以前こんな時に購入していた杖を持って寝室へ。
寝た時の感覚では、「あれ、もう治ったかも」なんて思っていたのですが。

 朝、痛くないと思って起きたとたん、その痛さといったらもう、イター。よたよたと起きだし、いつもの倍の時間をかけて着替え。
そんなわけで、今日はお昼もできるだけの手抜きで冷凍ご飯を解凍して、レトルトカレーで。移動には杖を突いて。杖、こんな時には室内でも頼りになります。
夜はお嫁さんに手伝ってもらって鍋。
あーあ。
湿布を2枚貼って寝ます。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-25 22:52 | 日常 | Comments(0)

衣服管理‐ボトム

 生協のカタログを見ていて、私の好みに合う条件の衣服は少ないので、見つけるとついつい注文してしまいます。悪い癖です。
この頃は大体傾向が決まっていて冒険もしないし。
第一にスカートというものを喪服のアンサンブルや合唱団の衣装以外にはまずはかなくなりました。理由は、ストッキングやパンプスをはかなくてもよく、冬場は特にあったかいスパッツやソックスを重ね履きできるから。それに活動的だし。そうそう、スマホの入るポケットが必須です。色は上の物が合わせやすいモノクロです。
 そんな条件にぴったりの物を探しては買った挙句にこんな具合に。
d0031853_22192679.jpg
あれまあ、どれもこれも似たような物ばかり。写真管理は便利だけれども、下の方のは同じ日にまとめて写真に撮ったため、購入時期も値段も繊維の名前もわからない。それにもしかしてこれらの下の方のは、ウエストが入らなくなって処分したものも入っているかもしれませんが、どれも似たり寄ったりが災いして、どれを処分したのだかよくわからない。
 そこで、最近になるにしたがって、購入年月(日まではいらないかと途中から止めました)繊維の組成、値段、購入先を保存の時のファイル名にすることにしました。すると、このフォルダのプロパティを見るだけでパンツ類が何点あるかがすぐわかるのが便利。とはいえ、夏物も冬物も一緒ではあります。買った月で大体11月なら冬物、と見当をつけることはできます。
 こまめに買ったときにスマホで写真を撮り、パソコンにメールで送る。送るときの件名に、このファイル名を書き入れておくと、後でパソコンで取り込んで衣服整理フォルダに入れるときの覚えになります。
以前写すときには、昔はハンガーに履かせて写していたのですが、足を広げる形であまりかっこよくないし、たたんで写すとポケットの具合などがよくわからなかったのです。で、この頃は針金ハンガーにはかせて、ベルトの上の方を目立たない針金のピンチで止めて写すようにしたら、足も広がらないし割合わかりやすい写真がとれるようになりました。
 以前は夫の衣服管理はしていなかったのですが、最近になって購入する服については同じように写真にとるようになりました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-25 22:30 | 日常 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」247号ができました

 今月号のトップはやはり夫と私の誕生祝会でした。
長男のお嫁さんが呼び掛けてくれたのだそうで、3人の子供たちと孫が集合して中華のコースで会食。頃合いを見て、手作りプレゼント。一番上の孫のいる娘家族からは、家族一人ずつのメッセージの入ったメダル。長男のところは、4歳女児が私たちの似顔絵を描き、お兄ちゃんが「おじいちゃん」「おばあちゃん」と文字を入れたもの。次男のところは2歳の子が描いた似顔絵。それに、その子の小さい写真が入ったキーホルダーをそれぞれに。
 なによりみんな仲良く集まってくれたことがうれしかった出来事でした。
d0031853_12510251.jpg
 次は長男のお嫁さんの里帰り。とはいえ育った大阪ではなくてお父さんの故郷の島根でしたが。水族館に行くなど久々の交流だったようです。
 後は夫のスマホデビュー。とはいえなかなか使いこなすに至らず。シニア向けの機種なのですけれど。
 あとは、次男の一家が見物に行っていた矢掛の大名行列、3万人の人出だったというのになんと、娘婿とバッタリ出会ったとの事。面白いものです。
 編集に4時間近くかかりましたが、なんとかできました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-22 12:57 | 家族新聞 | Comments(0)