TBS「コウノドリ」第4話から

 産科医のドラマ「コウノドリ」第4話を見て。
安めぐみさん扮する、第1子の女の子を帝王切開で生んだ妊婦。次の子はどうしても自然分娩したい、とがんばってがんばって。上の子の女の子も産気づいたお母さんをとても心配して見守る。夫役が岡山県出身俳優の前野朋哉さん。auのCMで一寸法師の役をやっている人。さえない感じがとてもいい味。
 最後に駆け出しの研修医がお母さんにおめでとうを言ったこと。主人公のサクラが、「医者の中でも産科医はおめでとうと言える数少ない医者だ」という場面。本当にそう。
 私の父も、60才ごろに、友人の老人専門病院経営の人に、来ないかと誘われたらしいけれども、新しい命の誕生の瞬間に立ち会える産科をやめる決心はつかなくてお断りしたとか聞きました。お産は日夜いつともわからない激務だけれど、そんな父の喜びがそんなところにあったのだなとその時に思いました。
 今回もなかなか家族のもとに帰れない医師の話題が出ていました。
 うちの父にもなかなか休みがなかったことを思います。医師を陰で支える妻や子の存在も忘れてはならないと思います。

 手術するために手を大切にしなければならないと、母は庭木の剪定や大工仕事もやっていましたし、父親とはキャッチボールもしてもらえなかったと弟は言っていたようです。
 ただ、その当時の地方の公立病院は小さくて家族的だったから、夏には病院から何度かみんなで日帰りで海水浴に行って近所に住む院長先生の一人娘とか内科医の双子の娘さんらと仲良く泳いだりしたことが楽しい思い出です。お父さんたちは休憩所にした旅館で医師や薬局長、レントゲン技師さんら職域を越えて囲碁や将棋を楽しんだり飲んだりしてひとときを楽しんでいました。小学校の時代の古き良き小ぢんまりした病院の時代でした。
 病院が大きくなるにつれてそういう行事も少なくなっていったようです。



 


More( msnニュースより引用)
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-03 23:28 | その他 | Comments(0)

「なにがあるのかな?」散歩で

d0031853_02184296.jpg
10月30日(月)、前日の大雨も上がり、午前中は私は亀山公民館の家事家計講習会へ、そして午後2時には銀行の人が来ると言うのでそのわずかな隙間時間に孫とお散歩に出ました。25分くらいしか時間がないので近場の短縮コース。農業用水沿いの、人しか通れない細い道を通っていると、少し高くなった宅地との間にあるパイプをのぞいて、「なにがあるのかな?」。
 こんな寄り道が実に小さい子供らしくていちいち楽しい。大人だったら決してこんな穴をのぞいたりはしない。急いでいる、時間がないという理由でさっさと通り過ぎそうなそんな場所を、こうしてのぞいて見るというのが、失った何かを思い出させてくれるような、そんな宝物のようなキラキラした時間に思えるひとときでした。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-11-01 02:24 | うれしかったこと | Comments(0)

携帯の更新

 息子が、夫の車にブルートゥース?のついた携帯だと、わざわざ携帯を持たなくても話が出来るようになるのに、ということから、これまでガラケーだった夫の携帯を更新しようと言い出し、近所のショップへ。台風接近の大雨の日ならお客が来ないだろうから、との事で、29日開店早々に行きました。
 夫はガラケーからスマホデビューでした。そして私は、これまでauだったため夫との家族割がなかったので、この際だからとソフトバンクへ乗り換えることにしました。夫も初めての画面に物珍し気。
 私、めったに使わないGmailのパスワードを聞かれ、「えっ?」。LINEの移行にも四苦八苦。設定画面などには近頃とんとご無沙汰だったため、ちょっと困り、パスワード再設定などしてやっとこさ使えるようになりました。これまでは一番小さいタイプのスマホだったのが一回り大きくなり、パンツ(ズボン)のポケットに入るか心配しましたが、なんとか入りました。携帯を携帯するにはと、いつもそれ用の大きめのポケットのあるパンツを愛用しております。なのでなかなかこの頃はスカートをはけません。女性は自宅にいるときにはたいていバッグに入れっぱなしでメールに気づかず、ということが多いけれど、そういう事情もあることが多いようです。
 ともかく、2時間かかって自宅の光電話もNTTからソフトバンクの一括のサービスになり、何とか夫も私もスマホデビューやら乗り換えやらすることができ、詳しい息子がそばにいてくれて大助かりでした。
 これで月々3,000円くらいの節約になりそうです。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-10-30 03:47 | がんばったなあ | Comments(2)

社会の片隅で

 10月28日(土)、町内に市の広報を配る当番が先月と今月、そして来月の3回分当たっています。今回は前日町内の役の人から持ってこられたので、たまたま雨のため予定のグランドゴルフ大会が中止になり、夫がその重い袋を持ってくれて2人で郵便受けに配って歩きました。約60軒分、これまでほとんど町内のことを知らない夫にもウオーキングがてらよい機会と思い、先月に続き2人で歩き、約30分余りで配り終えました。日頃郵便受けに入っている分にはさほど気にも留めなかった広報誌ですが、こういう町内の当番の人が配ってくれていたんだなあ、と今さらながらに感謝でした。
 そのあと、昼までに行って来れるかな、と、合唱団のためにいつも作っているコンサートのプログラムの印刷に、市民活動センターへ。雨だしたいてい印刷には誰もいないことが多いのに、この日は先客がいるとの事。印刷室に行ってお手伝いでもあれば、と思ってみたのですが、なんと、20ページくらいの冊子を作っているらしく、しかもその版下を1枚忘れたとかでたった今取りに帰ったと、その1人が言われました。すぐ帰ってくる、というので同室で待たせてもらっていると、そのページを印刷するだけでは済まなくて、裏表だのページがどうとかで、30分、40分くらい待っても終わりませんでした。致し方なく、もう11時半くらいにもなったので夫とのお昼ごはんのため、午後から出直します、と声掛けしていったん帰りました。何かの会合のためのレジメか何かの印刷だったらしいのですが、その団体でも、70歳代半ばくらいらしいそのお2人が、陰の段取りをしていらしたと見えます。
 昼食後、再び出かけてやっと印刷にかかりました。所が印刷機の具合が悪く、紙詰まりが何度も。そして刷り上がったのを見ると、途中紙が重なって白い所があって、後から裏側のページを印刷してから気づき、製版をやり直したページがありました。いつもなら30分のところを1時間かかり、先に待たされた時間と合わせるととても能率悪い印刷でした。

 そして午後。3時から町内の役員会。先月お願いしていた、町内の赤い羽根共同募金の集金を夫々のブロックの当番の役員の方々が持って来てくださいました。お一人20軒から30軒くらいを集めて回ってくださっており、大変だったろうと頭が下がる思い。それなのに、入れ違いに今度は歳末助け合いの資材が届いているので、またお願いをしなければならないのも心苦しいのですが、お願いしました。
 こうした町内の小さな役の当番の方々にも、小さな陰の功労を思いました。
 
 集まったお金は早速翌日29日(日)に社会福祉協議会へ持参しました。(社会福祉協議会は月曜がお休みのため)
私も、民生委員のお役をして、こうした社会の片隅のお役をする人々のことを思うようになりました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-10-30 03:34 | がんばったなあ | Comments(0)

ありがたい助っ人

 10月は赤い羽根共同募金の募金活動を町内でもお願いしています。
私の町内では愛育委員がその役目をすることになっており、先月、社会福祉協議会からどさっと届けられた資材をブロックごとに分け、それぞれ8人の人にお願いして回ったのでした。
ところが、そのうち80歳代の人が長男のお嫁さんと2人で受けてくださっているはずが、お亡くなりになりました。
後で知ればここ2か月くらいご入院なさっていたとの事。何も知らずにその長男のお嫁さんの方にお願いに上がったのです。
お葬式に出て、募金がどうなったか心配していたら、昨晩、そのご近所の年配の人が集まったお金を持って来てくださいました。
その人ともう一人の人が、入院中だった人とお嫁さんに代わってちゃんと募金に歩いて下さったとの事。
長年住んで住民の顔をよく知っている自分たちがした方がいいと思って、すぐに代わって引き受けたのだそうです。
なんとありがたいこと。
引き続いて歳末助け合いの募金もあるのだけれど、というと、次年度の人に渡してしまうよりは、自分たちがまたその募金集めだけは引き受けるからまた持って来て、との事。
こういうおせっかいはとてもありがたい。
心温まるお世話焼きのご近所さんにお礼を申し上げました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-10-26 02:32 | 地域社会 | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
昔住んでいた家なので、庭を1周。かつて植えていたキーウイのツルが伸びて始末に負えないと、次男が切り倒して切り株になっていました。若木だった庭木もすっかり大きくなり、確かに剪定などの管理が大変な事でしょう。
帰り道、そのあたりの地域もすっかり新しい家が立て込んで今は昔。私たちが若い夫婦だったころとは違い、今は息子や娘たちの世代が子育てをしているのだものね、と感慨しばし。
で、ファーマーズマーケットへ。
d0031853_01124843.jpg
産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、中華のバイキング、魅力的だし景色は楽しめるし、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたい
d0031853_01125835.jpg
なカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。
ランチについているというソフトドリンクとして注文したコーヒーは、本来ならデミタスカップでほしい所でしたが、やたら大きなマグカップで飲みきれませんでした。たぶん若い人が時間つぶしにゆっくりと飲む単品ならばそれの方がよかったのでしょうけれど。残念ながら半分残して席を立ちました。


久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
で、産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたいなカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。

d0031853_15480824.jpg
久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)