タグ:お出かけ ( 556 ) タグの人気記事

民生委員制度創設100周年記念大会、星野仙一氏講演

 11月13日(月)、倉敷市民会館で、民生委員制度創設100周年の記念行事がありました。先般岡山市でも県の方の行事が、知事さんなど来賓のもとで行われたと、テレビのニュースでありましたが、こちらは倉敷市の方です。
 
d0031853_22380037.jpg
緞帳が上がると、来賓の市長、市議会議長、県の民生委員委員長(津山市、女性)などなどの並ぶ中、会長表彰があり、第2部ではプロジェクターにより民生委員制度の成り立ちの映像を見せてもらいました。民生委員制度は岡山県で100年前に始まったそうです。
1917年(大正6年)、当時の岡山県知事笠井信一が天皇陛下から県下の貧しい人々の状況を尋ねられたことから、調査したところ県民の約1割が貧困に苦しんでいることが分かり、ドイツの制度を参考にして「済世顧問制度」を開始、これがもとになったそうです。

 第3部は記念講演会。講師は楽天球団取締役副会長の、地元倉敷出身の星野仙一氏。
d0031853_23001707.jpg
ちょうど前日に岡山市で、野球殿堂入りのお祝いの会があったと、帰宅後のテレビで知りました。この日も倉敷商業時代の同級生たちと飲み会があるとの事でした。ステージに現れると、父親の顔も知らないくらいに早く亡くなったこと、頼まれるとついよい返事をしてしまう習性があるために、甲子園出場していた倉敷工業ではなく倉敷商業へ来てくれといわれてつい倉敷商業へ進学したばっかりに甲子園へ出る機会がなかったこと。そして進学先の大学(明治?)では野球部員が200人くらいいて、グラウンドに入れるのは甲子園経験者ばかりだったこと。自分はバッティング練習要員のピッチャーだったけれど、監督の目を引くように力を込めて打たせない球を投げていたところ、監督に認められたこと。「ここぞというチャンスをとらえるのが大切」という星野さんの教訓。
 お母さんは阪神ファンだったので阪神に行きたかったのだけれども、阪神が指名したのはイケメンで同世代の田淵幸一だったこと。その後田淵をグーンと追い越したけどね、との話。
その当時、テレビ中継といえば巨人戦ばかり。しかも試合開始は6時20分ごろでテレビ中継が始まるのは7時。それまで約2イニングをなんとか投げて、テレビに映れば故郷のみんなが見てくれている、何とかテレビに映りたいという一心でがんばったのだとか。
 ところどころに笑いを盛り込み、行きつ戻りつ、ちゃんとした流れとは言えませんでしたが、とにかく人を引き付けるお話で、満席の場内が沸きました。阪神を野村監督に頼まれて引き受けリーグ優勝へ、また弱小球団だった?楽天を3年目にリーグ優勝など、選手への声掛けの話。選手をうまく「乗せる」やり方に感心。
 あっという間の1時間の講演でした。
 一芸に秀でる人の話は本当に味わい深いものだなと思いつつ、4時過ぎ家路につきました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-13 23:14 | 元気が出たこと | Comments(0)

第44回倉敷公民館祭で合唱を聴く

 11月11日(土)と12日(日)、倉敷美観地区の一角にある倉敷公民館で、公民館を足場に活動している団体の発表会がありました。
私はその中の12日(日)の10時から11時半まで、3つの合唱団の発表を聞かせてもらいました。
10時から10時半までは倉敷シルバー混声合唱団。
 
d0031853_22180206.jpg
幕が上がると、以前の定期演奏会で拝見したうんとご高齢の車いすの人はいませんでしたが、結構な年配の方々がステージ衣装で盛装していました。プログラムは
1.混声合唱メドレー「やさしい歌たち」より ごんぎつね/故郷を離るる歌/ロンドン橋落ちる
2.女心の唄
3.みんながみんな英雄
4.混声合唱曲集「落葉松」より 飛騨高原の早春
 でした。人数が多くていいなあと、日頃最大でも20人ばかりの団体にいる私は思ったことでした。女性のスカートが合唱団の場合は床すれすれというのが常識ながら、結構短めの人がちらほらいらっしゃって、その下からのぞく靴がパンプスではなくてしっかりとしたウオーキングシューズだったりするのがさすがご高齢の団体らしいなという印象。皆さん楽し気に歌っていらっしゃいました。

10時半から11時までは女性のコスモスコーラス。プログラムは先日私の団体でも歌った秋のメドレーが含まれていて、同じだなあと。
1.秋のメドレー 里の秋~紅葉~野菊~村祭り~虫の声~小さい秋みつけた~赤とんぼ
2.女声合唱による おさななじみストーリー
   「おさななじみ」をはさみこんで「きらきら星」「かすみか雲か」
    同じく、「木綿のハンカチーフ」
    同じく、「こんにちは赤ちゃん」
    と、独自の編曲により人生ストーリーの展開。

11時から11時半までは、倉敷市民合唱団。この団体が一番実力があり、声が出たとたんに声のトーンのレベルもボリュームも全然違いました。
d0031853_22320598.jpg
1.混声合唱のための組曲「蔵王」より 蔵王賛歌/投げよう林檎を/苔の花/どっこ沼
2.混声合唱のための組曲「海」より 海のマーチ/海のこもりうた
 どの曲もレベルが高くて、声が伸びやかで、特にソプラノに透明感のある伸びのある声の人がいて聞かせました。皆さんの発声がとてもよかったです。

 そして最後に、シルバー混声合唱団のメンバーを迎え入れて合同演奏により
「大地讃頌」
 でした。私も練習したことのある曲目でしたので、一緒に歌いたかったくらい。よかったです。
合唱をきく機会のない夫も、この市民合唱団のレベルには感動したみたいで、よかった、と言っていました。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-13 22:35 | 合唱団 | Comments(0)

倉吉の歴史的町並みを歩く

 晴れの特異日という11月3日、最近買い替えたニッサンノートで夫の運転で出かけました。
秋の青空、さわやかというのは秋の季語だそうですが、まさにさわやかな日本晴れ。
そんな中、昼は三朝温泉の入り口にあるとある地方色豊かな食堂で。
午後1時半ごろ倉吉着。市役所の駐車場に止めさせてもらって、伝統的な街並みを目指しました。
最初に観光案内所で地図をもらいました。これ、大事です。
最初に、里見八犬伝ゆかりのお寺、というので一番奥の大岳院へ。
d0031853_00512434.jpg
山門の前の石柱に「里見安房守」の文字が見えます。八犬士の墓があるというのでしたが、はて?と、裏の墓地に行ってもわからず、たまたま墓石の工事をしていたおじさんに聞くと、境内に入ってすぐ右手にあるお墓まで案内してくれました。
d0031853_00533393.jpg
d0031853_00535454.jpg
説明版によると、「八賢士」が滝沢馬琴によって「八犬士」になったようです。


d0031853_00553013.jpg
こちら、老舗のお料理屋さん。この通りのこういうお店はなぜかこの日貸し切りが多かったです。食べて行ってよかった。元銀行?とかいう洋館は結婚式でこれまた貸し切りだったし。知らずに中に入ると、テーブルには洋食器がずらりと並んでいて何かと思った。そのあとで玄関のところに「本日貸し切り」の看板が出されていました。

d0031853_00564800.jpg
こちら、元横綱琴桜の記念館。とはいえ生まれた家ではないそうです。この通りに面した普通の民家を改装していました。琴桜、倉吉の出身だったのね。5度の優勝をしたそうです。横綱を勤めると体に無理が行くのでしょうかね。60代で亡くなったそうです。最後のお弟子が琴欧州だったとか。
d0031853_01011063.jpg
こちら、老舗のお醤油屋さん。お醤油ソフトもありましたよ。

d0031853_01015529.jpg
掘割には鯉が泳いでいました。

街並みを歩き回って喉が渇き、どこか喫茶店でも、と観光地図の食べ物やさんのリストを見てみると、市役所の近くに喫茶があったので、帰り道でもあるし、行ってみました。
建物は伝統的な建物らしく、とてもレトロな感じ。紅茶の専門店だとか。入ってびっくり、素敵なたたずまいで、テーブルセットもアンティークではないでしょうがそんな木製のステキな感じ。
床は段差があって、入り口から階段を下りたところに席がありました。
d0031853_01050543.jpg
私はホットコーヒーを頼んでしまったのですが、もともと紅茶党の夫には「当日の紅茶」というのを頼むと、アップルフレーバーティーでした。ポットに入って、しかもティーコゼーをかぶせてくれるのには感激。
お店の名前がコンチェルト(漢字で、看板を見ただけではよくわからなかった)だけあって、ゆるやかに流れるのはショパンの幻想即興曲でした。喉が渇いたと言って自販機で済ませなくて本当によかった。とても優雅な気分で疲れも癒されました。
d0031853_01075870.jpg


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-05 01:09 | おでかけ | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
昔住んでいた家なので、庭を1周。かつて植えていたキーウイのツルが伸びて始末に負えないと、次男が切り倒して切り株になっていました。若木だった庭木もすっかり大きくなり、確かに剪定などの管理が大変な事でしょう。
帰り道、そのあたりの地域もすっかり新しい家が立て込んで今は昔。私たちが若い夫婦だったころとは違い、今は息子や娘たちの世代が子育てをしているのだものね、と感慨しばし。
で、ファーマーズマーケットへ。
d0031853_01124843.jpg
産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、中華のバイキング、魅力的だし景色は楽しめるし、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたい
d0031853_01125835.jpg
なカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。
ランチについているというソフトドリンクとして注文したコーヒーは、本来ならデミタスカップでほしい所でしたが、やたら大きなマグカップで飲みきれませんでした。たぶん若い人が時間つぶしにゆっくりと飲む単品ならばそれの方がよかったのでしょうけれど。残念ながら半分残して席を立ちました。


久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)

豪華?中華バイキングの予定が

 次男のお嫁さんに、これまで通り家計簿と家事家計講習会のチケットのプレゼントを持参しました。
急に思い立って出かけたものですから、お嫁さんは親子クラブのお芋ほり?か何かの行事で出かけていて留守。
なので郵便受けにin。
で、産直野菜をついでに買って、夫にさあ、行きたいところは?
と聞くと、お前運転してくれ、だそう。
仕方がないので道筋でお昼を食べるつもりで国道30号線を北上。
ところが、反対車線沿いには食べものやさんが次々にあるのに、こちら側は川もあるせいもあり、なーんにもありませんでした。
こうなれば、いつかこのコースで行った、岡山クレドの最上階だったかの中華バイキングに行こうか、
と軌道修正して、クレドの地下駐車場へ。
6階までのエレベーターから乗り換えて20階は通過、というので最上階の21階へ。
すると、なんか様子が変。
たまたま乗り合わせた男性が、「こちらご予約ですか?」というので、「中華のお店は?」
と聞くと、なんと閉店になったとの事。
では、食べるところは?
と聞くと、5階にカフェがあるとか。
で、5階に行くと紀伊国屋書店。カフェらしきものは見えず。
エスカレーターで4階に降りると、そこは生地屋のウエスギ。
あら、時間があれば生地も見てみたいのになあ、と思いつつカフェを探すと、端っこの方にありました。
夫に食べてもらいたいような内容ではなかったけれど、もう1時近かったので、
チキンカツのカツどん。スープとソフトドリンク付き税抜き1,000円。同じお皿にサラダ風の野菜つき。
若い人ばかりみたいなカフェで少々の違和感がありはしたものの、やっとお昼にありつきました。

d0031853_15480824.jpg
久々の岡山の街中、やっぱりお家賃が高いせいか、お店の興亡も頻繁なんだなあ、
とか思ったり、浦島太郎になっているなあ、と思ったり。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-26 01:09 | おでかけ | Comments(0)

ひさびさ、蒜山(ひるぜん)へ

14日(土)
民生委員でバザー品の値段付けの役で出ることになっていましたが、翌日は雨の予報のためか、急に中止になったとの事で時間が空き、久々に夫とドライブに。県北の蒜山高原へ。
d0031853_16463185.jpg
インターを降りてすぐの道の駅風の家で、有名な蒜山大根が大きいのは100円を超しますが、ちょっと曲がりのあるのはなんと50円、60円。うれしくなりました。また、庭に植えようと思っていたパンジーの苗が60円とこれまた直売のためか格安。
が、最後にちょっと目にしたキムチ。200円というのが目に付いたのに、包んでもらうとこれが1株分で1,400円との事。商売上手なオバサンに負けました。乗りかかった舟、でがんばって?買いましたが、これで安い野菜も帳消しに。バカバカ。断ればよかったのになあ。。。
 蒜山ジャージー牛乳で出来たソフトクリームをこの蒜山三座の見える場所で食べて帰りました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-15 16:50 | 新聞・テレビから思う | Comments(0)

倉敷美観地区を散歩

d0031853_22141557.jpg
d0031853_21494757.jpg
久々に、夫と美観地区へお散歩に。実を言うと、見守り対象だったお年寄りのお見舞いに倉敷中央病院に行って、その足を延ばしたというわけでした。
 てくてく歩いて、林源十郎商店を抜けて倉敷物語館へ、その奥まったところの「みんなのぽっ♪カフェ」で休憩。
 絵本が置いてありました。言葉遊びの絵本と、エクアドル大統領の演説を絵本にしたもの。とても心に残る演説だったと聞いていたので、絵本の形になっていて読みやすいものを読ませてもらいました。
 テーブルの上にそっと置かれたノートを見ると、県外からの観光客が書いたメッセージでいっぱい。私も、徒歩圏内にこんな美観地区に恵まれていてうれしい、と書き込みました。

 一息ついて、そこのトイレへ行くと、新しいとてもきれいなトイレでしたが、北海道でも見かけた、中国語、韓国語の張り紙が目の前に貼られていました。いわく「便座の上にしゃがんで用を足さないこと、使用した紙はポットに入れないで流すこと」中国式だと紙が粗悪で流せないらしい。
・・・
 
d0031853_21495626.jpg
大原家住宅の横の萩が、花をつけているのに気づきました。もう秋ですね。
d0031853_21500394.jpg

d0031853_21500980.jpg
今橋の上から。曇り空だったので、もう一つ色がさえませんが。

d0031853_21501581.jpg
おなじみ大原美術館。昔はこの石垣のところに飲んだくれの似顔絵かき、千本さんが似顔絵を並べて地べたに座って観光客相手にうだうだと似顔絵を描いていたりしたものです。おじさんが亡くなってずいぶん経ちますが、30年近く座り続けていたのです。淋しいです。


d0031853_21502360.jpg
中橋の上から。次男が言うには、この場所で「るろうに剣心」のロケをやっていたそうです。「天皇の料理番」でもやっていたような。

 久しぶりに美観地区に行って、時間の流れがゆったりと感じたひとときでした。

 


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-20 22:02 | おでかけ | Comments(2)

倉敷美観地区を散歩

d0031853_21494757.jpg
久々に、夫と美観地区へお散歩に。実を言うと、見守り対象だったお年寄りのお見舞いに倉敷中央病院に行って、その足を延ばしたというわけでした。
 てくてく歩いて、林源十郎商店を抜けて倉敷物語館へ、その奥まったところの「みんなのぽっ♪カフェ」で休憩。
 テーブルの上にそっと置かれたノートを見ると、県外からの観光客が書いたメッセージでいっぱい。私も、徒歩圏内にこんな美観地区に恵まれていてうれしい、と書き込みました。

 一息ついて、そこのトイレへ行くと、北海道でも見かけた、中国語、韓国語の張り紙がきれいな個室に貼られていました。いわく「便座の上にしゃがんで用を足さないこと、使用した紙はポットに入れないで流すこと」中国式だと紙が粗悪で流せないらしい。
・・・
 
d0031853_21495626.jpg
大原家住宅の横の萩が、花をつけているのに気づきました。もう秋ですね。
d0031853_21500394.jpg

d0031853_21500980.jpg
今橋の上から。曇り空だったので、もう一つ色がさえませんが。

d0031853_21501581.jpg
おなじみ大原美術館。昔はこの石垣のところに飲んだくれの似顔絵かき、千本さんが似顔絵を並べて地べたに座って観光客相手にうだうだと似顔絵を描いていたりしたものです。おじさんが亡くなってずいぶん経ちますが、30年近く座り続けていたのです。淋しいです。


d0031853_21502360.jpg
中橋の上から。次男が言うには、この場所で「るろうに剣心」のロケをやっていたそうです。「天皇の料理番」でもやっていたような。

 


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-20 22:02 | おでかけ | Comments(0)

偶然に、ラーメン食べ比べ

d0031853_23595081.jpg
私は、日頃夫の健康上ラーメンとカレーはなるべく避けてきているのですが、偶然にもこの8月、3回もラーメンを食べる機会がありました。ラーメン食べ歩きが趣味の人にしてみればどうってことはないのでしょうけれど。
写真左端は4日に札幌の寶龍というお店で食べた味噌ラーメンで税込み714円。
真ん中は12日に笠岡で食べた笠岡ラーメン(並)で500円。
右端は下庄で食べた夫のかつての勤務地が発祥、国道8号線にちなんだという8番らーめん(野菜・醤油)で604円。
札幌ラーメンはやっぱり北国らしくこってり系でシニアの私にはちょっとしつこい感じがしました。
この中ではお味は笠岡ラーメンが好きで、さっぱり系とでも申しましょうか。
8番らーめんは夫が言うには野菜が山ほど乗っているのがもともとだそう。なのでその野菜たっぷりさ加減が私は好きです。
と、まあ三者三様の味、トッピング、などでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-21 00:12 | 外食 | Comments(2)

カナリヤたちの同窓会

28日(金)、かつて「同じ釜の飯」を合宿で食べ、苦楽を共にしたグリークラブの同級生たちが集まりました。
JRで行ったので岡山駅から汗を拭きふき歩いていると、前方に似たような年恰好のオバサン2人がずっと同じコースを行くので、よく見るとそのお仲間でした。ちょうど時間の11時半に到着、すでに朝6時過ぎに東京から出た来た人が最後で、予定メンバー集合。
 学生時代には80人くらいの大所帯で、同級生も20人くらいいたはず。
 一人ずつこの1年~2年の近況報告。大きな病気をした人もいたし、ご主人が突然、それも娘さんのお産の直前に亡くなった人もいて、人生はドラマでした。年を取ったけど、昔の仲間が集まるっていいことだなあとしみじみ思ったひと
d0031853_06550742.jpg
ときでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-29 07:05 | うれしかったこと | Comments(0)