タグ:お出かけ ( 539 ) タグの人気記事

大三島へ国宝の義経奉納・赤糸縅鎧を見に

 先日、平家琵琶を聴かせてもらった名残で、夫が例の「どこかへ行きたい」と言い出した時に、「大山祇(おおやまずみ)神社へ行きたい」と、27日(日)、カーナビをセットして出かけました。大山祇神社はしまなみ海道の大三島にあり約2時間のドライブでちょうど12時頃に現地に到着。
 ここは以前私がメールマガジン「Weekly Kurashiki 週刊くらしきタウン情報」に「keikoのお出かけ日記」を連載させてもらっていて、その第1回の場所でした。記録によると2001年9月16日の事でした。それから380回にわたって2012年まで続けたのです。
 その当時のデジカメ写真は画素数も今と比べ物にならないくらい荒くて今では使い物にならないくらいになってしまいました。
 とまあ思い出に浸りつつ、3度目くらいになる大山祇神社へ。
 
d0031853_2442098.jpg
d0031853_2443626.jpg
樹齢2,600年と伝えられるくすのきの古木です。幹にさすがの風格があります。
d0031853_2472495.jpg
宝物館の入り口です。大人一人1,000円。国宝の多さなどの内容からいうと妥当かと。

d0031853_2475121.jpg
館内は撮影禁止なのですが、国宝の鎧などが多数。
 入ると、まずは人が持って使うことは考えにくいほどの長さの太刀が展示されています。1m80cm位もの長さの太刀は、権威を示して飾るのを目的として作られたのではないかと思うものの、その長くて美しいフォルムの太刀を鋳造して鍛え上げる鍛冶の技術力の高さにも驚かされます。
 3階に目指す義経奉納、頼朝奉納の鎧が展示されています。もとは朱色の糸でさねという鉄の一片を丁寧に組み合わせて作られた義経奉納の鎧は、実戦に着用したのではなくて奉納するための物だったのかどうかわかりませんが、でも一部糸が切れた部分もあって、もしやこれはかの義経が本当に着用したのだったら、とロマンに浸ります。「伝」と言う字がないので、実際に義経が奉納したことに間違いないという事ではこの国宝の鎧は800年の昔からここにあったという事なのです。色あせる前のきらびやかな赤い色が見たかったな、と思います。
 
 道の駅では地元特産のかんきつ類が多数売られていて、目指すは大好きな八朔。なんとここでは3個が160円。安いので3袋購入、それにみかんの花から取れたはちみつ、デコポンのジュースを1本購入。
 
 帰途は夫の運転だったのでしまなみ海道の橋の写真が撮れました。

d0031853_33486.jpg
d0031853_34271.jpg
大三島から生口島へかかる多々羅大橋。フォルムが非常に美しい。かかった当初は世界一長い斜張橋だったそうです。

d0031853_363394.jpg
生口大橋です。生口島から因島へ。主塔のデザインが違います。

d0031853_391525.jpg
因島から向島へ、因島大橋です。

というわけで、こちらがお土産です。
d0031853_3103955.jpg
3つで160円の八朔が3袋、1.2kg入りのみかんの蜂蜜3,800円、デコポンの果汁100%のジュースは食後に皆で少しずつ飲んでしまいました。大変おいしかったです。

ちなみに・・・
最初にご紹介したメールマガジンWeekly Kurashiki 週刊くらしきタウン情報の中に連載の「keikoのお出かけ日記」第1回目の掲載分のはこちらです (ずっと下の方にありますのでスクロールしてご覧ください)
http://archives.mag2.com/0000002334/20010918150000000.html
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-28 03:13 | おでかけ | Comments(4)

倉敷の桜、開花寸前


d0031853_4114292.jpg
倉敷川沿いには柳はあるけれど桜は少なくて、大原家のお屋敷の前にある位ですが、その桜のつぼみはだいぶピンク色になっています。
d0031853_4135816.jpg
夫が「あそこに咲いている」と教えてくれたので見ると、
d0031853_4162675.jpg
ああ、幹から直接咲いた花が。地面に近い分暖かいのかしら。

d0031853_420896.jpg
ここにも。1輪ずつね。まだ開花というには早いみたいです。

d0031853_422985.jpg
倉敷中央病院のカフェの横の中庭には、背の高い枝垂桜が咲いていました。この肌寒さが抜けたらきっと桜もどっと咲き出す事でしょう。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-26 15:31 | 日常 | Comments(1)

木の椅子体験カフェ


d0031853_1430748.jpg
美観地区をめざしてお散歩に来ました。歩き疲れて、こちら林源十郎商店(元薬種問屋を改装した建物)の2階のカフェです。窓から倉敷らしい瓦屋根が見えています。
d0031853_413751.jpg
d0031853_424069.jpg
コーヒーは小さなお菓子付きで550円、カップにたっぷりでした。
d0031853_441361.jpg
おや、椅子のデザインが全部違う・・・?
d0031853_45726.jpg
そういうことだったのね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-26 14:30 | 日常 | Comments(0)

平家琵琶コンサートin倉敷音楽祭

d0031853_2243325.jpg
倉敷音楽祭のイベントの一つとしてなんと平家琵琶が聴ける、大興奮して、近いので散歩がてら夫と歩いて来たら、夫が思いのほか歩くのが遅く、開演15分前にやっと到着。
ところが、来場者は少ないかと思ったら1回目公演の当日券は完売!2回目公演のを販売中とのこと。1時からとのこと。それなら、と購入し、そこらで待つことにしました。

d0031853_2244795.jpg
美観地区は時候もよく、イベントのためにぎやかで、こちらの左手は「茶屋町の鬼」の扮装をした人物。

d0031853_2245056.jpg
こちらは休憩中?の鬼の子ども達。

d0031853_22455293.jpg
平家琵琶の会は大盛況、私たちは昼食後、12時20分ごろから並び、幸運にもかぶりつき最前列に席が取れました。演奏してくださったのは荒尾努さんという、普段は大企業のサラリーマンという30代の人。解説付きで、午後1時開演と言うとほかの世界へ行ってしまう人が多いといわれていました。私は予習の意味で、岩波の日本古典文学大系と、朝日新聞社刊の日本古典叢書のそれぞれ演目予定の「祇園精舎」「敦盛最期」「那須与一」の所をコピーして持参して待ち時間に読んでいましたので、その格調高い描写の素晴らしさ、敦盛を打つ時の熊谷直実の心情の描写だとか、扇の的の海に落ちる様の描写の美しさなどを思い浮かべてうっとりでした。
YouTubeより六角堂での祇園精舎演奏風景⇒https://youtu.be/iaqCsQRV5y0
 終演後だけ撮影が許されたので荒尾さんが立ち上がったところの写真です。また、CDを買って1番にサインをもらいました。

d0031853_22541434.jpg
会場が満席になっていましたので、チケット完売したようです。
d0031853_22531974.jpg
帰りにも水上ステージではにぎやかにダンスの最中でした。

d0031853_2255429.jpg
帰りは平翠軒の2階の破琉知庵(ばるちあん)へ。
d0031853_22563296.jpg
d0031853_22564760.jpg
窓辺の、日本庭園を見下ろせる席でほっと一服。
よいお散歩でした。

d0031853_22572642.jpg
買ってきたCD。サインをよく見るととても達筆です。
ホームページはこちら⇒http://homepage3.nifty.com/heikebiwa-arao/



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-21 11:00 | 興奮したこと | Comments(4)

早春の備中国分寺

れんげ畑にはちょっと早いのですが、梅はもう散りかかった備中国分寺です。
d0031853_1321517.jpg
そらがどこまでも青かった。3月17日(木)、夫の定期受診を終えて、ぽかぽか陽気に誘われてちょっとお散歩に。

d0031853_13224868.jpg
左手の梅林が色を添えて。

d0031853_1323204.jpg
境内東の野原にはタンポポが気持ちよさそうに咲いていました。

d0031853_13235669.jpg
春の七草のナズナ、またの名をぺんぺん草。

d0031853_13242873.jpg
古い石仏もあります。左手奥が吉備路郷土文化館。途中からは車も入らない細い道を行くので、一時は休館になっていましたが、また開いているようです。

d0031853_13252874.jpg
オオイヌノフグリ。
 
 草野心平の詩で昔習ったのに、「ほっ、いぬふぐりが咲いている」と言う句がありましたが、犬の陰嚢だなんてちょっとかわいそう。「暮しの手帖」で読んだのですが、またの名を「ヴェロニカ・ペルシカ」と言うのだとか。
参考ブログ⇒http://naturahistoria.blogspot.jp/2014/11/image18.html
ヴェロニカと言うのは、キリストが十字架を担いでゴルゴダの丘までの行進をさせられた時に、お顔の血の汗をぬぐったという信仰心厚い女性の名前です。ペルシカというのは、ペルシャの、と言う意味で、どうしてこの名がついたのかはよく分かりません。が、オオイヌノフグリなどと言う無粋な名前よりはずっとよさそうです。


 ともかくも、駐車場の脇のお店で五重塔を見ながらおぜんざい(400円)をいただき至福の時間を過ごしました。願わくばその中のが白玉団子ではなくて本物の焼き餅だったらもっとよかったのですが。隣の、車椅子のお年寄りと一緒の家族連れの方々は、記録ノートを見て何やら書いておられたようでした。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-18 13:36 | 気持ちよかったこと | Comments(2)

東風(こち)吹かば…

1月31日(日)、先週のあまりの寒さに庭仕事をあきらめていたので、懸案だったバラの肥料をやりました。
深さ25㎝ほどに株の周囲を掘り、牛糞スコップ1杯分、骨粉、油粕、過リン酸石灰をそれぞれイチゴパック1杯から3分の2杯くらい配合して施してやれやれ。
夫は手伝いもせず寝転がってテレビ。
うちのバラは5本ともツルバラなので、2月になったら今度は剪定と誘引作業がありますが、肥料をやったのでひとまずOK。
例によってどこかへ行きたくてうずうずしている夫には、先日のNHKのローカルニュースで、種松山(倉敷市)の紅梅がそろそろ咲き始めたというのがあったので、そちらへ行って見よう、と近距離ドライブ。
久々の種松山。水島工業地帯がはるかに見えます。しかーし、山の上を吹く風はまだ冷たくて、(1月だもの)目指す梅林の遊歩道には先のニュースを見て来たのか、中高年夫婦がちらほらいたものの、期待したほどの咲き具合ではなく、特に白梅はまだ固いつぼみ。
d0031853_23531213.jpg
3月頃がやっぱり見頃のようですね。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-02-01 23:54 | おでかけ | Comments(0)

倉敷美観地区を散歩 阿智神社と和食の店、ほか

 1週間遅れですが、23日(土)、倉敷美観地区方面へ歩きに行きました。
夫の気の向くまま、珍しく鶴形山に北側から登り、阿智神社の「阿知の藤」をながめました。
d0031853_03291090.jpg
花の時期ではないので淋しい風景ですが…。傍らの説明板を見ると、
d0031853_03295742.jpg
「池坊花逍遥100選」なのだそうです。広く枝を広げた古木で、赤紫色の花が咲くところは見事です
d0031853_03313078.jpg
表の参道の石段を下りて行きました。すると、
d0031853_03320400.jpg
こんな看板が建っていました。例の「喪中につき…」というはがきを昨年末も何枚かいただいていましたが、
d0031853_03333056.jpg
服喪期間というのは意外に短いというべきか、長いというべきか。物忌みという期間は親でも50日だそうです。外出も控えて自宅にいる期間という事からすると、例えば喪中というのは昨年11月頃以降ならともかく、3月ごろ亡くなられた親の服喪期間はとっくに明けていることになります。どうなんでしょう。・・・・

d0031853_03373504.jpg
長い急な石段を本町方面へと下って行きました。
そこでお昼になっていたので、かねて行きたかった和食の店「桜草」へ。ここは少し前にのぞいてみたら11時15分で、開店前だからと断られ、気の短い夫は待てなくてピザを食べに行ったという経緯があり、私は実家の母のお気に入りと聞いていたので一度行って見たかったのです。

d0031853_03400808.jpg
入ってすぐはカウンター席があったのですが、2階へ通されました。狭くて急な階段を上ると、2階は外観からはわからなかったのですがきれいに改装されていました。
d0031853_03413968.jpg
最初にほうじ茶の入った急須が運ばれてきて、待つことしばし、揚げ出し豆腐が来ました。

d0031853_03425767.jpg
来ました。こちら、1,300円の松花堂弁当です。天ぷらはごぼう、しいたけ、かき揚げ。お刺身はさわらが3切れほど、その上の盛り合わせは…中身を覚えてないですが色々、左上は大根の煮物でした。
どれも少量ずつですが、全体として私たち世代だとちょうど良い分量だと思います。
1,300円は税込でした。

d0031853_03463739.jpg
その後川沿いの観光客の多い通りを行き、今回はこちらのお店でお買い物。探していた「鬼おろし」があるかな?と見たらありましたので。でも、先ほどお食事をした桜草の斜め向かいのお店の方が結果的にはよいものがありました。
d0031853_03483148.jpg
客待ちの人力車と、観光川舟。柳の枝もセンダンの木も葉を落としている冬の美観地区です。

d0031853_03500596.jpg
中橋のたもとで見かけたカップル。女性は袴をはいています。今回は結婚写真の前撮りのカップルは見かけませんでしたが、シーズンには5組くらいのカップルが花嫁姿でそのあたりを撮影スタッフ共々歩いています。
そうそう、27日(水)のBSプレミアムの地域発ドラマ、「インディゴの恋人」、長い間番組宣伝のスポットが流れていたし、児島で小学校から高校まで育った私としてはしっかり見ました。美観地区のきれいなところがしっかり写っていたり、鷲羽山レストハウスからの瀬戸内海の風景が素敵に映っていて、倉敷や児島にまた観光に大勢お見えになるといいなあ、と思いました。

d0031853_04173428.jpg
音楽は岡山出身で、倍賞千恵子さんの旦那様でもある小六禮次郎氏。⇒http://www.nhk.or.jp/okayama/indigo/


[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-01-30 03:54 | おでかけ | Comments(0)

鞆の浦を歩く

広島県福山市の景勝地、鞆の浦を11日午後、2時間ほど歩いてきました。
d0031853_02495634.jpg
スタートは鞆の浦観光情報センターから。こちらに駐車するときは、中でみやげ物を買うと料金が500円。買わないと1,000円前払いします。この日は牡蠣のオリーブオイル漬けと軽い海鮮せんべいを買って500円払っていざ出発。
コースは、ずっと以前こちらのボランティアガイドの女性について回ったコースに準じて。ところが、沼名前(ぬなくま)神社の方へ行くつもりが、行き過ぎてしまい、魚屋さんで買い物をしている高齢女性がいたので行き過ぎだと教えてもらって石碑の所まで引き返しました。
d0031853_02553531.jpg
こんな立派な石碑の道案内があったというのに、この前の道が折れ曲がって神社が見えなくて失敗しました。
d0031853_02562671.jpg
少し行くと、小烏(こがらす)神社の鳥居が右手にあります。参道の両側が民家でずっと奥に本殿があるという町中の神社。クランク状に折れ曲がった道を進むと、沼名前(ぬなくま)神社の鳥居が見えてきます。
d0031853_02581965.jpg
d0031853_02594383.jpg
山門とその右手奥に秀吉ゆかりの能舞台の屋根がちょっと見えています。こちらは以前ガイドの人に説明をしてもらったのでわかるのですが、そうでないと見過ごしてしまいそうです。
d0031853_03011722.jpg
d0031853_03013401.jpg
(クリックで大きくなります)能舞台の方は残念ながら板で囲まれていて中の正面鏡板の絵などを拝見することはできません。
d0031853_03031864.jpg
山門は珍しい高床式になっていて、中には仁王さんではない像が祀られていました。
d0031853_03043218.jpg
その後、いくつかのお寺の山門の横を通って行く道ですが、
d0031853_03052964.jpg
d0031853_03043218.jpg
d0031853_03064762.jpg
(クリックで大きくなります)
d0031853_03061614.jpg
山中鹿之助というのも私にとってはよくわからないのですが、首はこちらに、胴は岡山県の高梁川のほとりに埋められているというのは生々しい戦国ならではの話だなあと思います。また、ささやき橋というのは幅に対して長さがほんの1mあるなしの小さな橋なのですが、ロマンのある伝説があるようで、かつてガイドしていただいたおかげでちょっと注目の場所です。

d0031853_03113798.jpg
d0031853_03115708.jpg
いよいよ鞆の浦観光のハイライトの場所へと入って行きます。こちらは交番が地域柄こんな和風の建物になっています。
d0031853_03133483.jpg
鞆の浦の象徴的な石灯籠風の昔の灯台です。この写真右手にあるのが、坂本竜馬ゆかりのいろは丸の展示館です。
d0031853_03150303.jpg
この横のすごく庶民的な?カフェで休憩するつもりが、外の席も一杯、中も店主一人でてんてこ舞いという様相だったので、あきらめて・・・。
d0031853_03170933.jpg
こちら、保命酒の醸造元の太田家住宅。中は以前見学させてもらったので今回は入りませんでしたが、備前焼の大きなかめがたくさん並んでいました。備前焼の用途がこんなところにも、とちょっと岡山県人としてはうれしくなったことでした。
d0031853_03194252.jpg
路地の右手にはいりこ屋さん、さらに奥のほうには保命酒のお店、さらに行くと右手の角に深津屋さんという喫茶店があります。なんでも「丘の上のポニョ」を製作する前に宮崎駿監督がこのあたりに滞在しておられたときに行きつけだったそうです。コーヒーカップが色々展示してあったりして、売り物です。
d0031853_03222447.jpg
ほっと一息。カウンターがコの字形に取り囲むような店内で、先客が2組。右手のお客はおぜんざいを食べていたようです。こちらは右手の夫がミルクティー、私はブレンドコーヒーのカップです。
d0031853_03243778.jpg
こちらは古い「雁木(がんぎ)」。階段状の船着場です。満ち潮のようです。
d0031853_03254628.jpg
こちらの小さな祠の脇には「力石」という丸い石が数個置かれていて、港湾労働者の力試しに使われていたそうです。以前ガイドさんの話では、舞の海さんが来た時に持ち上げてみたら?というと持ちあがらなかったとの事、彼は引退後だったし小兵力士だったからさもありなん、でした。
d0031853_03283404.jpg
さらに海辺からスタート地点に向かって歩きます。地図の左下に小さなトイレがあり、夫はそこで用足し、私はシーサイドホテルの上の方のトイレ、そこは比較的きれいで大き目、私はそこで用足し。歩きのコースにはトイレも結構重要な要素です。
朝鮮使節団のお宿でここからの景色が大変良い、「対潮楼」も以前ガイドさんと言ったので今回は下を通り過ぎて、シーサイドホテルのそばの駐車場の一段上のところのお豆腐やさんの見学をちょっとして、お豆腐ではなくてその横のたい焼きののぼりにつられて、
d0031853_03330139.jpg
夫はソフトクリーム300円、私はたい焼き100円で一服。
d0031853_03341202.jpg
さらに、工事中の鞆支所の横を通りぬけて次の通りに行くと、坂本竜馬ゆかりの建物でした。お琴の古いのを看板にしているのが興味深い。
ということで、スタート地点の鞆の浦観光情報センターへとゴールしました。
こちらで観光マップを無料でいただけますので、よかったらそれを持って歩いてみてはいかがでしょうか。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-01-12 03:37 | おでかけ | Comments(1)

尾道で元気なお年寄りに出会って

 1月9日(土)久々に尾道へ出かけました。いつもの小ぢんまりとした和食やさんでいつもの刺身定食、それにナマコの一鉢を追加して。
商店街を抜けて土堂小学校へと向かう歩道橋の上からの写真です。
d0031853_04012988.jpg
d0031853_04035359.jpg
歩道橋の階段のところで、高齢女性が出会ってご挨拶をされているのを追い越し、土堂小学校の下の所を抜けて細い石畳の道を行きました。すると、先ほど挨拶を交わしていた白髪の女性が玄関へ入るところで、夫が階段でつまずいて転びかけ、その人が振り向いて長話が始まりました。
長いこと尾道に何度も足を運んでいますが、土地の人と長い話を交わしたのは2度目くらい。瀬戸物屋の「もめんく」の90代ご夫婦と、今回。
 その人は、なんと両ひざに人工関節が入っていて、腰のあたりにはボルトが4本入っているけど、元気元気、毎日階段の道を上り下りしているのだもの、と、屈伸運動やら上半身をぺたりと曲げて見せるやら。75歳過ぎだそうでしたが、元気じゃないとここらあたりでは暮らしていけないから、まあ足なんか見てよ、筋肉でパンパンだから、と太ももの当たりをさわらせてもらいました。引き締まった筋肉がふれました。また、分厚い防寒用スパッツやレッグウオーマーを両足の膝までめくって傷跡を見せてくださいましたが、両ひざに深く長い手術跡がありました。
 「手術の頃は歩けなくておつらかったでしょう」、というと、「そりゃ辛かったけど、車椅子が2日、杖が1日(だったか)、入院中に朝晩1番にリハビリに行って、ほかの人がしない、出来ない事でもどんどんしたからこうして元気に歩き回れるまでに回復したのよ」、と話されました。お1人暮らしのようにお見受けしましたが、外出して人とあってこそ元気が出るとのお言葉、近頃運動不足気味の夫も私も大変励まされる思いでした。
d0031853_04140958.jpg
その人のお宅のすぐ脇にある二階井戸。下まで降りなくても水が汲めるようにと高い所からも井戸が見えます。
d0031853_04152591.jpg
人が2人ならんで通るのもやっとの路地が続きます。
d0031853_04162560.jpg
暖かいのか、アロエの花が咲いていました。


d0031853_04171262.jpg
山門から海岸が見える、多分小津安二郎監督の「東京物語」の法事のシーンで出てきた山門ではないでしょうか。


d0031853_04182450.jpg
しばらくお寺のつづく細道を歩いてから、線路下をくぐって帰りました。
坂道脇の家に暮らすしゃっきりした女性に出会って話を聞けて良かったお出かけでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-01-10 04:20 | 元気が出たこと | Comments(0)

倉敷美観地区のお正月

d0031853_03261243.jpg
初詣では由加山で済ませたものの、古いお守りを持参するのを忘れたので、こちら阿智神社へ散歩がてら来ました。

d0031853_14180692.jpeg
老舗吉井旅館の門松。


d0031853_14194630.jpeg
冬枯れのセンダンには実がびっしり。

d0031853_14212827.jpeg
旅館くらしきはお正月らしく幔幕をめぐらしています。


d0031853_14272339.jpeg
大原家の別邸有隣荘。

d0031853_03281713.jpg
大原美術館。地元なので(なのに)なかなか入るきっかけががありません。
観光客で一杯の美観地区、倉敷なのに小豆島ラーメンに行列が出来ていたりして、いったい倉敷の何を見に来られているのやらです。

とめあれ和服美人が街に多数歩くのを見かけ、お正月気分満点です。



d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-01-03 14:16 | 日常 | Comments(2)