タグ:和食 ( 18 ) タグの人気記事

新米をいただく


d0031853_18174164.jpg
次男のお嫁さんが実家からの新米を届けてくれました。
お昼は早速具沢山のさつま汁とブロッコリーのゴマドレッシングかけ。

d0031853_18174145.jpg
夜はさんまを2枚におろして南蛮漬け、きゅうりの即席漬け?、枝豆がんもと白菜(鍋に使った残りの芯のところ)とにんじんの煮物、豆腐としめじの味噌汁。


iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-31 18:17 | 日常 | Comments(0)

わが家の晩ごはん

d0031853_19125818.jpg
食材の買物に行って、岡山寿司、いわゆる「ばら寿司」の食材の、皮つきのさわらの薄切りをお魚コーナーで見つけました。そう、明日がひな祭りですが明日は時間的に無理そうなので今夜お寿司。さわらを浸した合わせ酢で味をつけました。でもそれにしてはお寿司の食材のあなごはなく、エビもバナメイエビしか見当たらず。ささやかに?2人×2食分を作りました。絹さやを忘れました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-03-02 19:12 | 料理 | Comments(2)

家族とは―法事の会食から

最近の法事の会食と言いますと、仕出しを取ることも減ってどこかレストランで食べて終わり、と言うのが主流になっているような気がしますが・・・
28日(土)にあった夫の妹婿の三十五日の納骨の法事は、自宅で、義妹や息子の嫁が和え物や煮物を、義妹の兄嫁が黒豆のおこわを、それに故人の高校時代の親友がお魚を仕入れてきてお刺身を作るなどの協力で心を籠めて作られたものでした。それは、故人の趣味で作られた食器に食事を盛りつけたい、という義妹の思いが込められていたのでした。
d0031853_3594575.jpg
納骨のために私たちが墓地へ行っている間に、故人の親友夫妻がお魚をさばくところからお刺身を作ってくれていたのでした。お皿が小さいのでこれくらい、と盛りつけてくださっていました。お茶碗と吸い物椀は違いますが、あとは故人の作った食器でした。義妹の思いがこもった、そしてみんなの協力で作られたお膳でした。

d0031853_43865.jpg
食事の場にはそのほかにも故人の焼いた銘々皿などや

d0031853_435453.jpg食後の和菓子を盛って出されたプレート。

d0031853_443848.jpg
これも故人が趣味で作っていたパイプ。
そのほか趣味で作っていた雅印や消しゴムで作ったスタンプ、趣味で習っていたウクレレや楽譜も並べてあり、多才多趣味だった様子がうかがえました。


d0031853_471121.jpg
d0031853_473317.jpg
帰宅後散歩に出ると、美観地区にこの2,3日前?に生まれたばかりの白鳥の赤ちゃんが地域デビュー、泳いでいました。かわゆい。白鳥の家族です。

d0031853_4959.jpg
28日(土)の夕食。法事の時にいただいてきたお餅を早く食べきりたかったので、お雑煮にしました。ちょうど鶏胸肉で鶏ハムを作っていたのをスライスしてのせ、あとほうれん草、人参、椎茸の煮たの、生麩(紅葉のですが冷凍庫にあったので)が入っています。副菜は先日いただいたわらびの先の方の酢の物、鞆の浦のガラエビの冷凍からかき揚げを作って、庭の紫蘇の葉と。
お餅は温かくなってくると食べたくなくなるので、涼しかったこの日、ちょうどお雑煮にできてすぐ故人をしのびながらいただくことが出来ました。

d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-05-29 04:13 | しみじみしたこと | Comments(0)

児島、田ノ口にできた和食の店「うち田」


d0031853_23493514.jpg2月21日(土)、tomochiさんのご紹介で気になっていた「うち田」へ行ってみました。
なんでも、この2月5日だったかに開店したばかりとのことで、真新しい。
予約してなかったら、「カウンターでもいいですか?」とのことで、もちろん。

d0031853_23515756.jpg
こちらがメニュー。1,500円のいろどりにしました。後から来た隣の熟年?男性4人組は2,500円ので天ぷらつきでしたが。
「いろどり」のお品書きによると・・ちりめんじゃこご飯、刻み青ジソ。黄色い器は平木貝サラダ千草野菜ほか。お猪口のは、小柱とろろ和え、焼きしめじとくらげ、針イカとえのきの紅梅和え。その横がレンコン土佐煮、出し巻き卵、四万十ポークアスパラ巻き焼き、菜の花辛子和え、たらこしんじょと合鴨燻製の串刺し、サーモンチーズ茶巾、梅流し、わかさぎ有馬煮。右奥の小鉢はほうれん草とささみのお浸しごま味噌かけ。左奥のはひじき入りぎせい豆腐?、エビ水晶煮三つ葉あんかけ、右手前のお吸い物は梅型に切った大根と、素麺三色と小松菜、木の芽。中央奥はデザートのレアチーズケーキ苺ソース、ミント。

d0031853_235362.jpgこちらです。夫の感想は「腹いっぱいにならん。」 私の感想。一品一品に手間がかかっていて、繊細で、口に入れるのがもったいないくらいきれい。作る手間を想像すると、気が遠くなりそうな・・・。やっぱり主婦の目で見ると、こんなに種類を多く、食材もたくさん使って1,500円とはもったいないくらい。真ん中のレアチーズケーキのデザートも一口なのがいい。コーヒー200円で追加。
<蔵ぷぅ~ら うち田 児島店>
倉敷市児島田の口55-1
TEL 086-477-8038   天満屋ハピーマートの向かいにあります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-02-21 23:59 | おでかけ | Comments(2)

誕生日


d0031853_2242295.jpg午前、最寄会がありました。
3人だけでしたが、お2人とも今日が私の誕生日だからありあわせだけど、と、サツマイモの入ったケーキ(丸の)と、バナナケーキを焼いていて、食べさせてくださいました。どうもありがとう。うれしかったです。

d0031853_22425046.jpg昨日は夫の誕生日。会社の親睦会から2,000円くらいのケーキをもらって帰っていたのに、私は合唱団の練習に出ていたのですれ違い、今日の私の誕生日に一緒に祝いました。友の会で習ったやり方で赤飯を作り、後は茶碗蒸し(エビ、百合根、しいたけ、ほうれん草、かまぼこ)、胡麻酢和え(千切りの大根、赤ピーマン、きゅうり)、ぶり大根、はまちとイカのお刺身でした。
ばたばたしていて、もうちょっと献立に工夫をしたかったのでしたが、やっとこさ これだけ。はじめにぶり大根をこしらえておいて「鍋帽子Ⓡ」で保温調理。赤飯を蒸すのと茶碗蒸しが重なるので、せいろも蒸し器も持たない私は、無水鍋のふたにさなを置いて本体をかぶせて茶碗蒸しを、大きめのアルミ鍋にさなを置いて蒸し布巾を使用して赤飯を作りました。
実はこの買い物のとき、昨日家計簿をつけずに財布の現金合わせをしていなかったら、なんと夫の着払いの代金6,000円払ったのを忘れていて、あると思った1万円札がなく、1,000円ほど不足!!(恥)
仕方なく品物を返してなんとか買い物を終えたのでした。やっぱり家計簿つけ、特に現金合わせは大切と思いました。042.gif


d0031853_22491365.jpg夫のフルネームが入ったホワイトチョコつきのとってもかわいらしい(=小さい)ケーキでした。
会社の近所で事務の人が買ってきてくださるそうですが、これまでのお店のご主人が亡くなったそうで、店が変わったそうです。いちごの細工がとってもユーモラス。大きさもおばあちゃんと次男との4人で分けてちょうどいいくらいの大きさで、いつもは夫の誕生日に半分、残り半分を翌日の私の誕生日に食べるのですが、今日はこの大きさで食べきりサイズでちょうどよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-11-19 22:51 | うれしかったこと | Comments(12)

「関アジ」で朝食


d0031853_1646255.jpg和食党の義兄を迎えて、昨夕の児島観光港の隣の漁連の店で見つけた関アジの干物の朝食です。菜の花のおひたし、なめことお豆腐とねぎとわかめの入ったお味噌汁、それに写真にはありませんが清見オレンジ。
義兄いわく、この家のは薄味だね、と。夫に長生きしてもらいたいですものね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-04-20 16:48 | 料理 | Comments(0)

今日のランチ


d0031853_23341242.jpgきょうはお友達と2人で天満屋裏手の「居食屋 寿hisa」で定食、1,000円。この品数で1,000円ぽっきりなので、主婦層に大人気、私たちは開店を待って入ったのですぐ食べられましたが、あっという間に満席に。
 食べ終わって出ようとすると、なんと、高校時代の同級生&講座のもと受講生にバッタリ。あらー!!あなたも来てたのね、と言う感じでした。おいしゅうございました。
寿のホームページはhttp://www.kurashiki.org/hisa/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-03-12 23:38 | うれしかったこと | Comments(0)

お寿司ーありあわせで


明日から夫と息子たちが仕事に復帰します。
 私は午後、相棒と倉敷友の会の会報を印刷しに、公民館へ行ってきました。(月曜は休館日で火曜日の例会に間に合わせるため)午後2時から印刷、各最寄へ数を数えて分けると1時間くらいかかります。幸い暖かな日だったので、お餅の食べすぎで太った身体で自転車で出かけても気持ちよくペダルをこげました。
d0031853_21382326.jpg夕食はお店もまだ本格的に始動してないみたいなので、たまたま見つけたガラエビ1パックを利用して、お歳暮の中にあった鮭フレークの瓶詰めやら前に日生漁港で大量に買って焼いて冷凍しておいたアナゴやら、娘のところから(むこうもたぶん蓮根の産地の連島の人からもらったらしい)泥のついた蓮根をもらったりしたのがあったので、献立はお寿司に決定。
 簡単にするつもりだったのに、エビの背わたとりから始めて、具にはかんぴょう、たけのこ、人参、ごぼう、あなご、酢バスの小さく切ったもの。上に飾ったのは錦糸卵、エビ、酢バス、しいたけ、冷凍のインゲン、それに生姜の甘酢漬け。食べ始めるまでに結局3時間かかってしまいました。寿司酢には決まりのさわらは無かったのですが。恐るべし、岡山寿司。
 献立は、おばあちゃんがたまたまこの日知り合いを訪ねていったら頂いたという讃岐名物の「しょう油豆」、お豆腐と三つ葉の澄まし汁。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-01-06 23:04 | 外食 | Comments(4)

梅干の効用


d0031853_11304799.jpg私は梅干を作らないので生協で時々買うのですが、この8月、実はもっとランクが下のを注文するはずが間違って高級な、ほれぼれするような大きさの南高梅1kgを買ってしまいました。1kg1,980円。
 この夏は大変暑かったので、ご飯を炊くときにもお米の上に一粒乗せて。適度な塩分が食欲を刺激してくれました。
 お弁当には1粒だと大きすぎるので、毎朝の夫のお弁当には半分にちぎって種のあるほうをいれ、ちぎった実の半分はコップに入れ、夫の水筒にお茶を入れるときについでにそっちにも入れます。熱いほうじ茶。で、夫は種の中の胚(夫は観音様と言っている)を歯で割って食べるのがすき。残りの殻がはいっているだけでお弁当箱の腐敗防止に役立つような気がします。
 で、私は汗をかきかき家事をしての一服に、その梅の入ったほうじ茶が適度に冷めていて汗の塩分も補ってくれて、これは昔からの知恵だったかな、と思いながらもおいしくいただいていました。
 ひと夏お世話になって、だいぶ減りましたが、今年ほど梅干をおいしくいただいた夏はなかったなあ、とほんの少し朝晩涼しくなってきたこのごろ、思うのです。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-09-12 11:48 | 料理 | Comments(2)

きょうのランチ


d0031853_17274084.jpg 義妹が来たので、おばあちゃんも一緒に居食屋寿にてランチ。これで1,000円はやっぱりお得感がありますね。
日ごろ食が細いおばあちゃんもよく食べました。嫁姑も、嫁と小姑もうまく行っています。
会計はおばあちゃん持ちで、ありがたやありがたや。
その後は義妹が付き添っておばあちゃんの下着を買いに行っている間に私の用事もできたし。万事めでたし。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-06 17:30 | 料理 | Comments(2)