タグ:学び ( 220 ) タグの人気記事

例会食作りに学び

 10月10日(火)、自由学園から辻村透先生をお招きしての創立記念例会、例会食に岡山寿司を2つの最寄で担当することになりました。献立を印刷するにあたり一役買いました。字の大きさ、行数の兼ね合い、十月の書きかたを十とするか一0とするかで迷い、1行目と末尾の日付表記をそろえました。イラストは絵の上手なMさんに依頼、メールで送られてきたものを取り込み縮小加工しました。
 
d0031853_03130934.jpg
お料理はみんなで分担、私は錦糸卵と、金時豆の担当になりました。
 練習で作った錦糸卵は、たまたま試食にいられなくて届けただけになりました。あとで聞くと厚みも幅ももっと薄くもっと細く、ということだそうでした。また、金時豆の甘煮の試作をお弁当に詰めて持って行ってみてもらったらよさそうだったので、そのように作るつもりで、本番を迎えました。
 卵6個が10人分として30人分ずつを2人で担当。18個の卵を使って、できるだけ薄く延ばして、焦げないように注意しながら焼き、包丁で2㎜幅、と私としてはできるだけ細く細く心がけて切って、3単位分を密閉容器に詰めて持って行きました。
 金時豆は煮てから鍋帽子で4時間、さらに2時間と保温して柔らかくなった(つもり)で味付け、持参したのでしたが・・・
 結果から言えば、錦糸卵は若いもう一人の人が焼いたものはとてもとても細く繊細。しかも私の密閉容器への詰め方は、1単位分ずつ包丁ですくってなるべくその単位が崩れないように、と思って詰めたら、それがうまくほぐれなくてくっついて盛り付けの時に困ったようで、詰めるときにフワフワになるようにほぐして入れるべき、との注意があり、初めてそうだったのか、と知ったようなわけでした。
 また、金時豆は、私のは固いと言われてしまい、練習の時と違って確かに固かったので、味をつける前にもっと柔らかく煮ておかなければならなかった、とがっくりしました。

 だいぶ落ち込みましたが、こういう場に臨んで、もっともっと細心の注意で想像力を働かせて、丁寧な仕事をしなくては、と反省しきり、です。

 さらにもう一つ失敗。総リーダーから急に記念撮影を頼まれて、もともと持っているコンパクトデジカメを取り出したのはいいのですが、三脚がないのは机といすの上に置いて何とか、だったのですが、なんとしばらくスマホばかり使っていて、あれ?セルフタイマーはどこをどう操作するんだったっけ?と忘れてしまい、とりあえず動画で撮影して置いてパソコンで処理することに。
結果、みんなのもとに駆け付け横に立った私、1舜しか写っていなくて、そこを選ぶとなんともすごいおなかの大きなデブに写っていました。がっくり。
 というわけで、いろいろと自分という人間の粗雑さを改めて突き付けられたような1日でした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-11 02:06 | 反省したこと | Comments(0)

赤い羽根ー共同募金の募金活動に立ちました

 10月7日(土)、倉敷駅前のアリオショッピングセンターの出入り口のところに、10月に始まった赤い羽根・共同募金の募金活動のために朝10時から11時半まで、民生委員の一人として立ちました。
 昨年も立ったので、要領が大体わかっていました。なんといっても風船が頼りでした。募金ですからあんまり年金暮らしとおぼしきお年寄りには声がかけづらく、ねらい目は2才から5才くらいの幼児のいる家族連れです。お子さんに風船をあげると、大抵募金に応じてくださいます。
 しかし最初3つほど風船を持っていたら糸がもつれてほどくのに一苦労。一人2個までならもつれる心配もないことが分かりました。
 お子さんに「どの色がいい?」と聞くと、女の子はやはり赤とかピンクがいい子が多く、男の子はブルーが多く、結果それらの色の風船は途中で無くなり、白とか紫などが残りました。
 そして、私も2個ばかりつかみ損ねて空へ飛ばしてしまいました。子供に風船を飛ばさないように持ってほしいので、糸の先にわっかを作り、手首に通してから握らせてあげました。

d0031853_23262151.jpg
 たいていの親は子供に風船を持たせてあげると募金に応じてくれるのですが、赤い羽根を欲しいという人はいませんでした。中には「風船をもらうと募金せんといけんが」と渋る親とか、風船をもらっても募金をしない親も。募金額は10円玉だったり、あいにく500円玉しかなさそうな場合は渋い顔をしての募金だったり。風船の経費はヘリウムガスが高いので1個100円くらいとの事でしたので、なんだかなあ、と思わなくもない活動でした。
 ともかく、お天気が曇りで気温もちょうどよく、コンディション的には最適な日和で、最後に残った風船を2個、うちの孫にといただいて自転車のハンドルに括り付けて意気揚々と?帰ってきました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-08 00:05 | 地域社会 | Comments(2)

「正しいパンツのたたみ方」

 友の会の委員会のお昼休憩に、この本がとても面白かった、よかった、NHKラジオ「すっぴん!」で高橋源一郎さんがおすすめだと言っていた、との事で、即座に3人が買ってみると言い出し、私(書籍係)、さっそく御用達の書店にFaxしました。ア〇ゾンに比べ2週間ほどかかるのですけれど。
家庭科は他の教科に比べると受験には関係ないということで軽んじられがちですが、生きていくうえでとても大切な教科だと今になって常々感じているので、わが意を得たりという本のようです。

d0031853_03131720.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-06 03:20 | 日常 | Comments(2)

夫の友人が…

 夫の数少ない友人と会いに行く、と言って出かけたのでしたが、なんとその人が倒れて入院したと、その人の携帯に息子さんらしい人が出て知らせを受けたのだそうです。
 お一人暮らしとはいうものの、自立してなんでもできる人だそうだったで、あちこち誘ってくださって出かけていただけに、夫にとっては大ショックでしょう。

私に栄養学の知識があるかと言われれば、それほど詳しいわけではないけれど、友の会で学んだ「芋・豆・菜っ葉・小魚・海藻」という、取りにくい食品に気を付けてバランスよく食べることには気を付けてきたつもり。また、夫には糖尿病があるので、量を摂りすぎないこと、間食をしないことなどに気を付けているつもりです。
 一人だとついつい、好きなものに偏ったり、丼もののように1点でどかーんと重いものになったり、野菜が少なかったり、間食をしたりと自分に甘くなっていたのでは、と思いました。ICUに入るほどに急に悪くなるということは、やはりそういうことではなかったのか、と思うと、夫に「奥さんがいてよかったね。」
 また、私自身、一人だとどんな食生活になるか分かったものではないこと、夫に食べさせてあげようと思うので一生懸命献立を考えるのではと思うと、夫のおかげで健康に過ごせているのではないかと思い至りました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-05 02:08 | うれしかったこと | Comments(0)

蜂に刺されたら?

 先日、知り合いの人のフェイスブックで、蜂に3か所も刺されて腫れあがったので、お医者さんに行ったけれど、何の処置もしてくれずお薬も出してもらえなかったとの事でしたが、また別の高齢男性が同じように蜂に刺され、3日で腕がはれ上がっている、というのを見せてもらいました。
 私の知識では、蜂に刺されたらアンモニア水を塗る、というのが処置なのですが、後の方の男性の話によると、アンモニア水では効かないそうで、救急車を呼んでもよいくらいなのだとか。本当でしょうか。
スズメバチのような恐ろしい蜂はともかく、普通の?アシナガバチとかミツバチなどでもやっぱりアンモニア水では駄目なのでしょうか?

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-26 01:07 | ニュース | Comments(2)

セール御礼

大勢のお客様に来ていただき感謝でいっぱいです。

これまでの1週間ばかりは目の回るような忙しさではありましたが、80代の高齢にもかかわらずドライカレーの材料を刻んだりグリッシーニを焼いたりして、当日はエプロン売り場にもたってくださった尊敬すべき大先輩会員も、「わくわくするわ」と言われていました。同じ最寄にこの人がいらっしゃるのはありがたいことです。
 これまでも毎回感じていることですが、一人の力は小さくても、一人一人の力を合わせると大きな行事が出来ていくことの感動を今回も感じました。平凡な主婦の団体でも、こうした行事をやり遂げることが出来るのは大きな自信であり喜びです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-12 02:34 | 元気が出たこと | Comments(0)

お料理ができる男子を育てよう

 我が家の夫は時代的・環境的にお料理をしないで済んだ人なので、全く料理をすることはありません。しかしこれからの時代は料理のできる男子の方がずっと好ましいのではないかと思います。
 私の長男も次男も、割合料理が好きらしく、お嫁さんにとっては助かる夫なのではないかと思います。次男のところはお嫁さんがつわりの時期や、お産で里帰りしていた時期などにもほとんど困ることはなかったようです。子供たちは全員県外の学校へ進学したので、一人暮らしの時期に必然的に料理も工夫したのかと思います。
 次男は就職してからは、一人暮らしの小さな台所で、煮魚や筑前煮の作り方を教えてくれと言ってきたかと思えば、何層にもなったケーキを焼くのだと言ってびっくりさせられました。自作のクリスマスディナーのテーブルの写メールをもらったこともあります。その向こうにいたらしい彼女の写真は来ませんでしたが。
 子供たちが小さいころは、家でバターロールや動物の形のパンを作ったりしたことはありましたが、手を取ってあんまり料理を教えたという記憶はないのです。
 ただ、春の家庭訪問の時期に、先生が来られるのが遅くなり夕食に餃子を準備していたものの、包む手前で先生が来られ、話し込んでいたら次男がすっかり包んでくれていた、ということもありました。
 また、夏休みにはその当時友の会では子供料理教室というのを毎年してくれていて、喜んで参加させてもらっていました。私は3人目の子供(次男)がまだ小さい時期には、上の子2人だけ参加というのでバスに乗って2人を行かせていたようです。
 以下、こちらのリンクの記事に、その当時のことがあり、そうだった、結構長男もその時に料理をする楽しみが分かったのかな、と思ったことでした。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-06 01:49 | うれしかったこと | Comments(0)

友愛セールに どうぞおいでください

 今週に入って、例会当番でプログラムを久々に毛筆で書いたり、読書感想がなかなかうまくまとまらなくて四苦八苦したり、さらに金曜日の友愛セールに向けて書籍係として税込み値段のしおりを売る本にはさんだり、家での作業も様々あって、超多忙。 昨日の例会では、新駐車場の竣工祝いとしてTさんのハーブティーと、NさんMさん作のカステラでささやかに会がありました。 午後からは中古衣料や贈答品などの整理、机の配置など。 大勢お客様が来てくださるとうれしいです。
d0031853_15583394.jpg


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-05 15:58 | がんばったなあ | Comments(0)

「演奏力とは『聴く技術』」

 7月5日付朝日新聞のコラムに、担当者が4人で交代するのがあって、水曜日は「後藤正文の朝からロック」というものです。
たまたまそこを見ていたら、「演奏力とは『聴く技術』」というのが目に留まりました。
以下。

 (前略)「複数の人が集まって合奏する場合、それぞれの演奏がどのように絡みあっているのかということが、全体の美醜におおきく関わる。
 だから、ミュージシャンは個人練習だけでなく、合奏のリハーサルも頻繁に行って、集合した演奏のクオリティーを高めている。(中略)正しい場所に音符を置くためには、周囲との調和を聴き取る技術が必要だ。(中略)全体のズレや揺らぎに合わせられなければ、演奏の良さにはつながらないのだ。
 さらに言えば、音の良しあしを聴き取れなければ、自分の演奏の良しあしも判断できない。つまり、演奏力とは『聴く技術』だ。」
 
d0031853_15141316.jpg

毎週練習に行っていますが、お互いのパートの音、隣の人の音を聞き分けたりその音と同じ調子で歌ったり、メロディーのパートを立てたりと、周囲との調和が本当に必要で大切だと毎回感じますので、なるほど、と思いました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-05 15:16 | 老いということ | Comments(0)

学びのはじまり

 本日4月21日から、6回シリーズのとある講座に参加することにしました。
申し込みメンバーはキャンセルがあったとかでちょうど10人。
男女比は男性6人、女性4人。内心(おばちゃんばっかりでは?)と思っていたものだから、誤算でした。
なにしろ入門講座なのだから、入り口に至るまでの長いこと。
講師の先生、しゃべるシャベル、しゃべりすぎ~。自分のアピールしすぎです。
先生のことを聞きに行ったのではなく、生徒のことをもっと引き出してもらいたい、と心の中で注文をつけましたが。
とはいえ、私もかつての自分のパソコン講座の中でこんな風だったかもしれないと反省しきり。

男性は高齢者が多くて、女性は男性より10歳以上若い層でした。
1か月に1回なので、半年後どうなることやらですが、
ずいぶん久しぶりの講座の受講、新鮮な感じでいます。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-04-21 20:21 | うれしかったこと | Comments(0)