タグ:孫 ( 207 ) タグの人気記事

発見がいっぱいー孫との散歩で

 11月17日(金)、午前中は倉敷友の会の家事家計講習会で、幼児や赤ちゃんを抱っこした若いお客様が大勢来られて、食費について気になるグループ、教育費が心配なグループ、初めての家計簿つけグループ、家計簿が続かないグループと別れての話し合いに私も一部参加してきました。
 午後3時半からお嫁さんが上の子を連れて出るため、4才になった下の女の子の相手。これから寒さに向かい室内が多くなりそうなので、回覧板を返すのをきっかけにお散歩に誘いました。
 幼い女の子を連れてのお散歩は、前にも書きましたが新しい発見がいっぱいの楽しいもの。ご近所の建設現場で職人さんが外の水道で手を洗っているのに出くわし、「こんにちは。」職人さんたちも女の子を見るとやはり「こんにちは」と返してくれました。
 彼女は回覧板を自分の役割だと思ってしっかりと抱えて歩きました。町内のお当番の人の郵便受けにしっかりと入れて、役目が終わったとほっとしました。
 さて、それからは農業用水沿いにお散歩。前回は台風の余波だったか、濁った水がどうどうと流れていましたが、今回は澄んだ水が浅く流れていました。その中に、白い、紙?のようなものが2つ、ひらひらと流れて行きます。すると孫は、その紙の流れの速さに合わせて一緒に歩きたい、と、ゆっくりと一緒に歩きました。途中、ネコジャラシが欲しいと言うので、川に沿って生えている数本を抜いてやりました。
 そのひらひらした紙のようなものは、1つが途中のとがった石か何かに引っかかって1つになり、そのうちに飽いてきて「もう先に行く」と道を進みました。
 次には、テニスコートの片隅に、まだ散っていない丸い綿毛のたんぽぽを発見。でもふーッと吹いてもフェンスの向こう側なので届きません。「強い風が吹いたら飛んで行って、また落ちたところにたんぽぽが咲くのよ」というと、「ふーん。」
 道沿いに赤いかわいらしい木の実が落ちていたので、思いだして「赤い鳥ことり、なぜなぜあかい、赤い実をたべた」と童謡を歌ってやりました。
 川沿いの、本来は人が歩くのではないかもしれない端っこの、家のそばの道を歩いていくと、前回も吠えた犬が寝そべっていて、私たちが近づくとすごいうなり声で吠え掛かり、立ちすくむと、飼い主が来て引っ張ってくれて通ることができました。犬好きで恐れない孫ですが、さすがに鋭いうなり声をあげる犬には驚いたようです。「おとなしい犬さんばかりではないから気をつけようね」
 
 稲刈りを終えた田んぼがコースには2か所だけ残っています。その1つ、横には車が多く通る大通があるのですが、その田んぼを見て孫が立ち止まりました。見ると、切り株の間を小さな黒と白の小鳥がちょんちょんと歩いています。亡くなった義母に教わったその鳥の名は「セグロセキレイ」だったと思いだして孫に教えてやりました。お仲間がほかに2,3羽います。「鳥さんの数え方は一羽、二羽というのよ」と言いながらしばらく孫と一緒に眺めていました。

 そこからの帰り道は、このコースでは一つだけ、ボタンを押す歩行者用の信号機がある場所があります。孫は喜んでそれを押すと、ほどなく信号が変わり、急いで渡りました。わたってから見ると、孫の母のと同じ薄いピンクの軽四が通っていくので、「お母さんのじゃなかったね」。
 疲れたらしく、「おんぶ!」というのを、「だめだめ、かけっこして行こうか」というと、また元気が出て、キャーキャー言いながら一緒にかけて行きました。
 家にすぐ近くなってから、近くの4軒分の集合住宅の前で、2才くらいの男の子を、赤ちゃんを抱っこしながら遊ばせていました。その男の子が、小さな汽車のおもちゃを孫に「はい」と貸してくれ、それからなんとなくその子がまたがって遊んでいた汽車?のおもちゃへ。しばらく子供同士遊んでいて、聞けばそのお母さん、抱っこしていた赤ちゃんは双子で、泣くのでその子だけを抱っこしていて、家の中にもう一人の赤ちゃんがいるとの事。
 「お買い物はどうしていますか?」と聞くと、「ダンナが休みの時と、あとは生協の配達で。子供一人でも買い物が大変だったのに」との事。それは大変。
 5時前だったので、そのお母さんとはそこでお別れしましたけれど、そのお母さんとの出会いがとても気になりました。孫がいたおかげでそんな人に出会えたわけなので、また孫を連れて様子を見に行ってみたいと思います。ストレスが溜まっていないといいのですけれど。
 

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-17 22:22 | うれしかったこと | Comments(0)

「なにがあるのかな?」散歩で

d0031853_02184296.jpg
10月30日(月)、前日の大雨も上がり、午前中は私は亀山公民館の家事家計講習会へ、そして午後2時には銀行の人が来ると言うのでそのわずかな隙間時間に孫とお散歩に出ました。25分くらいしか時間がないので近場の短縮コース。農業用水沿いの、人しか通れない細い道を通っていると、少し高くなった宅地との間にあるパイプをのぞいて、「なにがあるのかな?」。
 こんな寄り道が実に小さい子供らしくていちいち楽しい。大人だったら決してこんな穴をのぞいたりはしない。急いでいる、時間がないという理由でさっさと通り過ぎそうなそんな場所を、こうしてのぞいて見るというのが、失った何かを思い出させてくれるような、そんな宝物のようなキラキラした時間に思えるひとときでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-11-01 02:24 | うれしかったこと | Comments(0)

孫と夕方の散歩

 3歳の下の孫を1時間ほど見るにあたり、日中は何をしていたのか聞くと、お母さんとお買い物に行ったほかは、どうやらテレビでDVDのドラえもんを見ていたみたい。うちでもパソコンのアンパンマンの動画を見たいと言うのですが、それではどうかと思い、おかずの五目豆を1品作っていたので、夕方でしたがお散歩に出ることにしました。
 小雨が降るので傘を持って出ました。
 先日と同じようにネコジャラシを取ってみたり、今回は孫がアンパンマンの歌を歌ってくれたり、元気が出るので広島カープの応援歌を歌いながら歩いたりしました。
 横断歩道で道路を横切ることを教え、歩道と言えども自転車が後ろからくることもあるので真ん中を歩いて邪魔しないようにとか言いながら、小さなお花に立ち止まったり、そばの家の人に「犬がおるぞ」と言われても大して驚かずににこにこと犬を眺めてみたり、古くなって家の横に打ち捨てられていたアンパンマンのお人形を見て立ちどまってみたり。
 そして、先日はたわわに実った稲穂を見せて「これがお米になるのよ」と教えたばかりの田んぼの横に差し掛かると、雨模様の合間だったためか、すっかり稲刈りが終わっていて少しびっくり。
 田んぼをバックに孫の写真を撮ろうとしたら、意外にもこれまでポーズを取っていた孫が、写真に写りたくないと言って先へかけて行ってしまいました。何か心境の変化があったのでしょうか。
d0031853_23364827.jpg
 車がすぐ横を通る大通から入って、安全な歩道になるとさっと私の手を放して先へとかけて行ってしまいました。小雨が降るのに傘をささず、かけて暑くなったのか上着を脱いで手にもってどんどんと先を歩きました。
この10月22日で4才になります。口も達者になり、来年は幼稚園。私と付き合ってくれるのもあとわずかです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-18 23:40 | うれしかったこと | Comments(0)

子どもみこし巡行

d0031853_16564389.jpg
15日(日)中止かと思っていた子供みこし巡行、決行とのことで9時に集合。今年は小2の孫と、息子が一緒で親子孫三代参加しました。
順路をショートカットして、我が家の方はカットされてしまいましたが、途中降り出した雨にも負けず、なんとか終えることが出来ました。約8,000歩の巡行、お花(という寄付金)をいただくたびに太鼓の横でマイクを持った子供が「お花をいただきました~ ありがとうございまーす」と放送。にぎやかに歩けて良かったです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-15 17:01 | がんばったなあ | Comments(0)

孫と散歩をして

 10月13日(金)午後、いつものようにお嫁さんが上の孫を連れて出かけるため、3歳女児を預かりました。これから寒い冬場になると出にくくなるだろうと思うと、雨上がりで公園の砂場遊びもできにくいし、と、近場の散歩に行くことにしました。
 農業用水沿いに歩道があるので、手をつないで歩くと、ほどなく「あ、ネコジャラシ。」ネコジャラシを知っていたとは。穂のところを抜いて遊びました。
 すぐに大きい道の車道を横切ります。横断歩道で車の途切れるのを待っていたら、左手の車は止まってくれていましたが右手からくる車はなかなか止まってくれず、ようやく止まってくれて、学校帰りの高校生が向こうからくるのとすれ違いながら横断。横断歩道の歩き方もちょっとばかり勉強。
 孫の口をついて出るのは広島カープ応援歌。元気の出るマーチだからちょうどよいか、と、歌詞は覚えていなくても二人でハミングで歌いながらしばらく歩きました。
 左手にそのうち水田が見えてきます。私「この先の粒のところ、お米ができているのよ」「ふーん」「この田んぼ全体、〇〇ちゃんがいつも食べているお米が出来ているの」。面白いことに、私が膝を折ってしゃがんで説明すると、孫も同じように膝を折って見ています。孫の高さになろうとしているのがよくわかっていないところが面白い。
 さらに、車が来ない安全な歩道になると、楽しそうに駆け出していきました。手押し車を押して散歩中の80代後半かと見えるおばあさんとすれ違ってどんどん行き、私が通りかかると「ちゃんとこんにちわって言ってくれましたよ」との事でした。
 歩道がちょっとした車も通れる道と交わるところには、町内の交通対策協議会?「交対協」の方々が丸の中に足跡の印を白ペンキで描いてくれていますので、孫にはその上に立って車が来ていないかよく見て横切ること、と教えるとしっかりその通りやってみてくれました。
 また、犬のお散歩中の前町内会長さんとお会いして立ち話をしていると、孫は「あの、足の間の丸いのはなーに」と聞いてきました。オス犬だったのです。「おちんちんよ、お父さんにもあるでしょ」というとわかったみたい。大笑いでした。
 という風で、約30分、孫にいろんな発見のあった楽しい散歩でした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-13 20:55 | | Comments(0)

至福のひととき

 毎週火曜日と金曜日の午後は、お嫁さんが上の小学生の子を連れて習い事などに出かけるので、下の3才の女の子を預かることになっています。
 暑い夏も過ぎ、気持ちの良い季節になってきたので、先日から近くの公園へ手をつないで出かけています。小さな手を取って歩きながら、来年には幼稚園に行くこの子とこうしてさわやかな風を感じながら歩く、なんていうことはもうたぶんこれからなくなるのだろうなあ、と思うとこのひとときがたまらなくいとおしい時間に思えます。
 建築現場で職人さんが働いているのを見たり、よそのお宅のキンモクセイのかおりをかいでみたり、鉢植えのオリーブに実がなっているのを見つけて教えたり、見上げるときれいな青空に飛行機雲があるのを孫が初めて見るようであれ、あれ、と言ってみたり。
 
d0031853_00110280.jpg
行くと砂場でひとしきり遊びます。はじめ乾いた砂をバケツに入れて「プリンを作るの」と言っていましたが、砂を湿らすと形ができることを教えると、そばの水道で水を汲んできてお山にすることを覚えました。
 また、この時間帯に決まって犬のお散歩に通るおばあさんと犬と仲良しになりました。
 また、たまたま遊びに来た小学校の低学年の女の子2人に付き合ってもらって4人でシーソーが出来たりしました。
 本当に、ちょっとしたこんなことでも、そばにこの子がいてくれるおかげ、と楽しませてもらっています。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-04 00:23 | しみじみしたこと | Comments(0)

ラストコンサート

台風接近中の16日(土)、孫の中学の吹奏楽部の発表会があるとの事で、雨の中、見に行きました。
d0031853_22062028.jpg
ポスターはホルンパートの孫娘が描いたのだそうです。
d0031853_22063373.jpg
2時間あまりのプログラム、こちらが聞いたことのない曲ばかりで、楽しめたかというと微妙、ではあるけれども、全体での編成だけでなくブラスアンサンブルやらパーカッションだけのアンサンブルやら、様々なステージを繰り広げ、夏休みも返上でどれほどの練習を積み重ねたのかと、その成果に拍手でした。いつの間にやら孫も3年生でこれでラストだなんて、あっという間だった気がします。
 部活の先輩が優しくて部活が楽しくて楽しくて、と下級生の時分は言っていたそうですが、よい上級生に恵まれて幸せでした。自分が最上級生になってみたら、どうだったのでしょうか。
 






[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-16 22:21 | | Comments(0)

息子一家とお出かけ。

息子のお嫁さんが、ママ友から「行ってみたら案外よかったそうです。一緒に行きませんか」と誘ってくれたので、喜んで一緒に3列シートの車に同乗して出かけました。
 お盆の休みの時だったので、2号線は渋滞、思ったより時間がかかりました。11時過ぎ、「笠岡に行くなら笠岡ラーメンじゃろう」と、息子が目指していた「笠岡ラーメンの名店」というのに到着。
d0031853_22034979.jpg
え、ここ? 見るからに失礼ながら掘っ立て小屋。息子が言うには、「名店」なんだそうです。
でも、先客に大勢の自転車愛好家?らしいロードバイクというのか、本格的な自転車スタイルの数人。駐車場は4台分くらいで何とか入れました。
夫が「何がおいしいの?」と聞くと「ラーメン1種類しかありません」。
ラーメン並が500円。それに大盛り、ギョーザくらいのシンプルなメニュー。

d0031853_22033120.jpg
こちら。昔ながらの中華そば、という感じ。あっさりしていて、メンマもチャーシューもしっかりおいしかった。正直、先日のこってりぎみの札幌ラーメンよりこっちの方が好き。(個人の感想です)
d0031853_22101568.jpg
有名人お立ち寄りの色紙が1枚。江戸家子猫さん、とあります。先ごろ亡くなった人、かな?
 ちなみにトイレは店の外の工事現場などにあるユニットのあれ。しかし簡易水洗になっていたし、そばには手洗いの水道もありましたよ。
d0031853_22040456.jpg
こちら、目的のカブトガニ博物館のそばの公園。恐竜のモニュメントがあちこちにありました。
d0031853_22042787.jpg
建物はドーム型になっていて、カブトガニの甲羅のところを模していたのですが、ぐるぐる回りながら展示を見たり、ミニシアターでクイズに答えたり、結構見ごたえある展示内容でした。生きた化石と言われるカブトガニのルーツを探り、ジュラシックパークみたいな時代のことを思い起こされてなかなか興味深く拝見しました。
 館内から出ると、それまでは曇っていたのに良いお天気になっており、公園のアスレチックで暑いのに孫たち楽しそうに少しの間遊んで帰りました。すべり台はお尻が熱かったみたいです。私と夫は、息子夫婦に孫の見守りは任せて、メタセコイアの木陰のベンチで涼しい風に吹かれていました。







[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-12 22:21 | おでかけ | Comments(0)

道央の旅 その5 小樽の夕食

 小樽のグルメといえば、お鮨、というのが定番だということは、何年か前に行ったときには私は知りませんでした。で、小樽に赴任していた高校の同級生行きつけの店を教えてもらい、その年に行ったのは
こちら、「松尾ジンギスカン」おばさんにその同級生の紹介だといってお世話になりました。
その後夫が、せっかくの小樽だったのに鮨を食べなかったと文句たらたらだったので・
d0031853_21562555.jpg

今回はホテルマンに尋ねると、近くにサイドメニューも充実していておいしいお店がある、と聞いて出かけたら、なんとその松尾ジンギスカンのすぐ横で、びっくりでした。
d0031853_21565295.jpg
行くと、「予約は?」と言われ、していないというと、しばらく待たされ、2階の部屋へ。さらにしばらく待たされて、
d0031853_21570332.jpg
こちら。土瓶蒸しがついていました。同じ2階のお座敷にいたお客たちは、私の後ろには中国系の人たちで、店員の女性が上手に片言の英語などを交えて応対していました。彼女の着るTシャツの背中を見ると、海上保安庁との大きな文字。海保の景品か記念品だったのかな。小樽には全国11か所の海上保安庁の支部の一つがあるそうです。
d0031853_21581029.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-03 22:05 | | Comments(0)

孫と「遊ぶ」

 毎週火曜と金曜日の午後、私は下の孫3才女児を預かることになっています。
 で、絵本を読んだり折り紙をしたり、いわゆる遊ばせることもしますけれども、今日は生活を面白がって遊びのようにさせてみました。

 ①ボタン付け。余ったボタンを入れている缶から、母がコートに付けていたらしい大きなボタンを選んで、太い糸でボタン付けをする事、
 ②洗濯物たたみ。洗濯物をたたんで2階に持って行くこと、
 ③お米研ぎ。お米をざるに入れてボールで受けて研ぎ、その研ぎ汁を洗いおけに入れること、
 ④水やり。そのとぎ汁を外の植木にやること、
 ⑤空気入れ。翌日出かけるため、自転車タイヤの空気が気になって入れようとすると、やりたがったので、ポンプに手を添えて。
 ⑥郵便受けから郵便物を取ること、
 ⑦夕食に使うゴーヤーの種をスプーンでこそげ取ること
 ⑧梅ジュースを作ること。保存瓶からかき氷のシロップをかけるときのような小型のひしゃく?でジュースをすくってコップに入れ、氷を入れてジュースにする
などを「やってみる?」と聞くと、「うん、やる!」
と、面白がってやってくれました。
 これらがみんな生活力になるとは思いませんが、いわゆる遊びではなくても、大人がやることをやってみたくて仕方がないおしゃまな女の子、面白がって子供にさせてみるのもよいのでは、と思いました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-14 20:16 | | Comments(0)