タグ:孫 ( 200 ) タグの人気記事

孫のお相手

3月2日(木)朝、1年生のオニイチャンが37.2℃の熱があるとかで、お医者にいくから下の子を見ていてほしい、とお嫁さんが抱っこしてきました。寝ぼけ眼でしたが「わたしもいく~!!」と珍しくわんわん泣きました。
 それでも「パン食べる?」と聞くと食べるというので、自家製パンをトーストして、これまた自家製りんごジャムを乗せてやると、ご機嫌が少し直って食べ始めました。
d0031853_01453624.jpg
本よもうか?というと「うん」。最初は名作の「てぶくろ」。この子もピンクのミトンを持っているので、それと同じ形のてぶくろ。チュウチュウねずみに始まって、ぴょんぴょんカエル、はやあしうさぎ、おしゃれきつね、きばもちいのしし、とどんどん動物たちがやってきてぎゅうぎゅう詰めになっていく様子が面白くて、もう何度も何度も読んでいます。
 次は「おおきなかぶ」。これも、おじいさんをおばあさんがひっぱって、おばあさんをまごがひっぱって、というところで、この「まご」というのはあなたのことよ、というと、絵を指さして「これ私。」いっしょになって指さしながら「うんとこしょ、どっこいしょ、それでもかぶはぬけません」と楽しんですっかり機嫌が直りほっとしました。
 庭にちょうど大根が2本まだ残っていたので、抜かせてみたら、と思いついて庭に出てみましたが、意外にも土に親しんではいない孫で、抜こうとしたがらなくてちょっとがっかり。まあこれで人生損をするわけでもないから、と抜くところを見せるだけで終了。今年は畑の大根はこれですっかり抜いて終わりました。
 孫のおかげで朝の予定仕事はさっぱりできなかったけれど、相手をするのはなかなか面白いです。

 オニイチャンのほうは、夫と「昔だったら37.2℃くらいの熱だったら学校へ行っていたよね」などと話していたらなんと、昼には39℃くらいまで上がって、インフルエンザと分かったそうです。
 こちらはあんまり移りたくないので週末の会食は今週は止めることに。淋しい週末になります。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-05 01:55 | 日常 | Comments(0)

3つ子の魂

 毎週金曜日は午後3時ごろから5時20分ごろまで、上の孫の世話でお嫁さんが外出するので、3歳の下の女の子をあずかることになっています。
で、飽きないようにこちらもいろいろと相手をします。
 洗濯物をたたんで2階の寝室に行くのに一緒につれて上がります。
 まだ手すりには手が届かず、かといって私に手を引いてもらうのはいさぎよしとしないので、四つん這いになって上がります。以前野球場に観戦に行った時の応援歌が忘れられず、広島カープの応援歌「カープ、カープ、カープっひろしまっ」と歌ってやると調子よく上がります。
 外の景色を眺め、窓を開けて「オーイ」と叫ぶ。3歳の子は何の屈託もなく外に向かって叫ぶのですけれど、一度1年生のお兄ちゃんを連れて上がったときには、「小さい声で言おうよ」と恥ずかしがっていたのがおかしかった。
 それから身d0031853_22010888.jpg長が低いので窓枠にぶら下がって懸垂。ここで必ず「おばあちゃん、できる?」と得意げに言います。「うーん、おばあちゃんは体が重いからできないの」というと満足げ。
 それから外の道路を行く車だの人だの、カラスだのスズメだのを見た後、ベッドの上に上がってスプリングでトランポリンのまねごと。私が「カエルもぴょん、バッタもぴょん、ウサギもぴょん、」などと思いつく限りでまかせにはやしてやると大喜びではねています。(へこみやすい真ん中ではなくて足元の普段使わない部分なのでよいかな)
 それから下りは私が楽なのでおんぶして下ります。
 ここまではいわばルーティーンとなっていて、毎度同じ手順です。

 それからおやつ。近頃は牛乳コップ半分と50gくらいの焼き芋だったりします。実はこの子、牛乳が苦手。子供なんだから牛乳を飲ませたい、と思うこちらと攻防戦。頑張って飲めた日は大げさに喜んで握手するのですが、飲まずにやり過ごすことも。
 絵本を読んでやり、お絵かきをし、おもちゃのピアノを鳴らし、積み木をし・・・
 ですが、どれも熱中して長時間ということがなくて、たまたま今日は回覧板が来たので、お隣へもっていくことにして、孫に上着を着るように言うと、ちゃんと運動靴もはいて、お隣へ。

 ピンポン、とならさせてお隣の奥さんが出てこられるのを待って、それでも帰らず、奥さんが握手をしてくださいました。さあ帰ろう、というと腕組みをして帰りません。どうしたの?といっても訳が分からず。私は上着を着ずエプロンのままだったので寒くて、帰ろうというのですが。
 後でよく聞いてみると、そのまま近所の公園へ遊びに連れて行ってもらえると勘違いしていたみたいなのでした。小さなストライキというわけでした。

 まだ「サシスセソ」がうまく言えず「タチツテト」になってしまう、たどたどしい幼児語なのですが、自分の思いはしっかりと持つようになっています。子どもの思いをしっかりと受け止め、ちゃんと人として尊重して相手をしなくては、と思う今日この頃です。

 


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-24 22:20 | | Comments(0)

ちび大根、何にする?

d0031853_20365057.jpg
小1の孫が学校で育てた大根。
今度の週末に何かに出来ないかとお嫁さんが持って来ました。
鍋にして大根おろし、も子供はたべないし、大の野菜嫌いの孫なので、具沢山の汁物、ともいかないし。
いつかイタリアンのMという店で大根ポタージュを食べたことがあるので、ポタージュにすることにしましょう。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-23 20:36 | | Comments(0)

サンタさんは今―クリスマスまでのカウントダウン


NORAD Tracksのサンタさんサイトから。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-12-22 15:27 | ニュース | Comments(0)

孫も覚えたカープ応援歌

 先日長男夫婦と孫、次男たちが広島マツダスタジアムに、すでに優勝が決まって消化試合になってしまった時期でしたが、観戦に出かけてきました。そこで、時々2歳の孫を預かるときにたまたま思いついてスマホでカープ応援歌を見せたらすっかり気に入り、何度も何度も見せて、とせがみました。
私は若いころに大阪にいたことがあるせいか、「六甲おろし」は歌えるのにカープ応援歌は知らなかったので、一緒に歌っていて、気が付けば口ずさむようになっています。知らなかったなあ、小林克也さんも秋野煬子さんも広島出身だったなんて。風見しんごさんはNHKラジオの番組でカープのこととなると熱が入るようですが。
 孫も日曜日に一緒にご飯を食べるときに、食後そのあたりでごろごろしながら回らぬ口で歌っているではありませんか。
いよいよ日本シリーズに参戦。
応援歌にも熱が入るようです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-17 01:38 | 元気が出たこと | Comments(0)

2才児がビスケットを

 14日午後、出先で個包装のビスケット2枚をいただき、そのまま家に持って帰り、お嫁さんが1年生の男の子を連れて出かけるので下の2歳の女の子を預かることになりました。
 そこで、お母さんに持たせてもらっていたジュースに合わせて、そのビスケットをおやつにと出してやり、私は洗濯物の取り込み作業をやっていました。
 すると、女の子は、1枚をテーブルに置いて「おばあちゃんどうぞ」と取っておいてくれたのです。
 私の気持ちは、2枚しかないのだからおやつにその子にやるつもりだったので、驚き、もうすぐ3歳の2歳児が自分の分として取り込まないで分ける、ということができるのかとうれしくなりました。
 たったこれだけの話ですが、少ないものでも分け合う、という気持ち、いつまでも大切に持っておいてほしいものと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-15 05:30 | うれしかったこと | Comments(2)

わが家の晩ごはんーピザをみんなで


d0031853_2382822.jpg
8日(土)の夕食は久しぶりにピザにしました。午後3時過ぎから種をこねて一次発酵。でもこの日はまた10月というのに半そででよいくらいに暑かったので、発酵が進みすぎたみたいです。
 大きなボールに種を入れて発酵している間に、トッピングの具材のトマト、エリンギ、玉ねぎ、コーン、ビアソーセージ、それにチーズを用意。サラダはレタスがなくてキャベツの千切りときゅうりとミニトマト、ブロッコリー、ラッキョウのみじん切りにスライスしたゆで卵。
 息子たちに声をかけると、鍋奉行ならぬピザ奉行は息子。具を8つに分けたので種も8つにわけてのしてもらいました。あとのトッピングは全員で。夫が一番不器用かも。孫もフォークで穴をあけるのやら、チーズをのせるなどのお手伝い。夫、ピザソースの塗り方が全然足りない。ぽちょぽちょ。じゃなくて全面にたっぷりと塗って、と息子。
 息子のところのオーブントースターが大きいので、それに1枚ずつ、大体7,8分。これが冬場になると足元の電気ストーブやらティファールの湯沸かしだのと同時になるとブレーカーが落ちるのですが、幸い時候がよいので今回は大丈夫。
 小さいピザをさらにみんなに6つに分けて食べるので、なかなかはかどりませんが、わいわい。亡母のをもらってきたりしたアルミホイルがいっぱいなので使ってみたら、やっぱりオーブンペーパーと違ってくっいたのが具合悪かったけれども、ケーキサーバーで何とかはがして切り分けました。
 おいしくて、この日はプールだった1年坊主もよく食べてくれました。
ピザの夕食の記事はこちらにも。http://kurakeiko.exblog.jp/21893164/d0031853_23223224.jpg
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-08 23:18 | 料理 | Comments(0)

孫の七五三 前撮り

 昨日、3番目の孫がもうすぐ3歳となり、七五三だけれど、記念写真の前撮りに、ウイークデーのほうが安いから、とお嫁さんが孫娘を連れて子供専門のあの写真館へ出かけて行きました。

 そういえば、昔の七五三といえば、嫁の実家から子供の衣装が来るのが大勢で、私の娘の場合は母方の祖母が張り切って白地にオレンジの花などが散った着物をあつらえてくれました。たぶん一そろい10万円くらいはしたらしいです。母の実家は羽振りもよかったので、当たり前のようにポンと出してくれたものですが、娘の私はというと、着物の扱いもよくわからず、それでも自分も嫁入りの時に作ってもらった色無地を着て、当日は大雨だったためお宮には参らず記念撮影だけを写真館でしてもらったような気がします。写真館も子供専門というわけでもないし、前撮りなんていうものもなかったので順番待ちも長くて、口紅をつけてもらったぶーっとむくれた娘が着慣れない上等のおべべに身を包んで、写っていた、というのが思い出の写真です。
 そんなわけでせっかくの高価なお着物も7歳の時には日の目を見ず、弟たちの七五三に合わせて撮った写真はワンピースでした。ちょうど7歳の娘と、5歳、3歳の息子たちという組み合わせだったので、家族写真を撮りました。この時の息子のかわいいスーツは、実家の母が父の背広をリフォームして作ってくれたもので、この写真は私のお気に入りです。

 孫娘1号にはその着物を譲ったら、先方のお母さまが上げをしてくれてちゃんと着せてくださったのでほっとしました。

d0031853_22412826.jpg d0031853_22414971.jpgしかーし、孫娘2号(つまり今回)は、その着物が回って来なかったせいもあるし、写真館に備え付けの、それなりの着物と、リボンがいっぱいのドレスで撮ってもらったようです。祖母や親の思いは伝わらなくても、保存の手間と苦労もいらず、それはそれで簡単で助かる、かなあ。
 いつか結婚式で、自前の留めそでを持参して着付けしてもらったら、それを丁寧にたたんで持ち帰り、風通しやら手入れをしないといけなかったのに比べて、貸衣装の人は、美容師さんに「そのあたりに脱いでお帰りください」とさばさばしていてとっても楽そうだったことを思い出します。次男も結婚したし、その留め袖を着る機会ももうないことでしょう。
 この時節、こだわりの自前の着物を持つには、それなりの手入れ法を知っていなければなかなか大変。専門家の手により管理された貸衣装をその場其の場で必要な時だけ着用する、というのが本当に楽でいいなと、無精で不器用な私は思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-29 22:41 | しみじみしたこと | Comments(0)

吹奏楽部のコンサート

 私たち夫婦の一番上の孫、mioもはや中学2年生。吹奏楽部でホルンを吹いていますが、昨年はこちらの用事で発表会に行けなかったので、今年は喜んで出かけました。
 会場にはどうせ親たちが行くだろうから駐車場がいっぱいにならないうちに、と早めに。おかげでそのホールで倉敷の地元出身のピアニスト松本和将トリオのコンサートがあるのを見つけ、クラシックにしては安いので迷った末にチケット購入。
 娘はほかの親たちと一緒に受付で世話係をしていました。
 プログラムは1部から3部まであり、ものすごく上手、とは言えないけれど、日頃の練習の成果を存分に見せてくれ、また客席に出てきての盛り上げのダンスなどもあり、最後に3年生の引退セレモニーありで涙もあり、でいろいろと青春前期を精一杯楽しんでいる様子が見えました。d0031853_785188.jpg
d0031853_79743.jpg

d0031853_792252.jpg
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-21 07:09 | 元気が出たこと | Comments(0)

胡麻和え

d0031853_19153463.jpg


大根の間引き菜が取れたので胡麻和えにしました。ちょうど孫が来たので「ゴリゴリする?」と聞くと「する!」。丸椅子の上に上がり、すりこ木を持ちます。力のかけ方がまだ下手なので私が手を添えると不満そうに」「kaoriが!」はいはい。
器に盛りつけるのは結構上手にでき、成長を感じました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-07 19:15 | 日常 | Comments(0)