タグ:孫 ( 197 ) タグの人気記事

孫とイチゴアイスクリームを作って

 先週の土曜日の事なのですが・・・

d0031853_16453078.jpgd0031853_16454740.jpg生クリームを氷水に浮かべたボールでホイップするのは2歳児にはちょいと力が足りなくて、バーバのまね事。でもかき混ぜてちょっと参加した気分になったのでしょうね。





 

カチカチになっていた、かねて作っていたイチゴシャーベットをフォークでザクザクとほぐすのも、孫が少々お手伝い。お兄ちゃんは最初の所だけ手伝って、気になるテレビがあったらしく、行ってしまいました。
 この子には役得で、ゴムべらについた種をなめさせてあげました。
 アルミの容器になるべく平らに入れて、冷凍庫へ。


4時頃作ったので、ご飯が終わるころまでには何とか固まってくれるかなあ・・・・。


d0031853_16474923.jpgかっちりと、ではないけれど、ソフトクリーム程度になっていて、容器を冷やすのを忘れていて食器洗いの間冷凍庫へ。
 ディッシャーで盛り付け。コーンがあると嬉しかったのですが、100個単位ではちょっと手が出ません。みんなで10個ずつとか分ければいいのだけれど。

d0031853_16495217.jpgd0031853_1650234.jpg




おいしくいただきました。
















レシピはこちらに⇒http://cookpad.com/recipe/368947
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-05-26 16:51 | うれしかったこと | Comments(0)

RSKバラ園へ3世代で

 5月8日(日)、大型連休最終日、夫が珍しく映画にでも、と言うのでMOVIXの上映予定を見てみましたが特に見たいと思うものもなく、息子たちとバラを見に行って見ることにしました。
 10時過ぎだったか、行って見ると駐車場は満車寸前。時候もいいし、思う所は同じなのかなあ、と言いつつやっと隅っこになんとか止めるところを見つけました。車1台で行ってよかった。

d0031853_157240.jpg
バラ園の外苑はなにやら露店が立ち並び、こちらをめざしている人の方がずっと多かったみたいです。うちの孫もハンドルを回してエコな電球を点灯させるのをやらせてもらいました。また、世界の紛争地域の国旗を出しつつ、平和を祈る団体もあり、その呼びかけの声が結構大きく響いていたりしました。

d0031853_202330.jpg
バラ園のバラは早生のはもう終わり近く、しかし晩生のはまだ咲いていないという状態。もうちょっと先の方が花が多いかもしれません。

d0031853_215831.jpg
華やかな割にかおりの強いバラは少なくて、こちらは珍しくかおりのよいバラ、「香澄(かすみ)」。

d0031853_243317.jpg
こちらは「アンネの思い出」。アンネの日記のアンネ・フランクにちなんでいるのでしょう。

d0031853_26528.jpg
奥まった一画に、記念植樹?のように、願いを込めて植えられた株のエリアがあり、祖父母が孫のためにだったり、夫が妻のためにだったり、同窓生のためにだったりと、色々な人が願いを込めて植えたものがありました。まだ2年目くらいの小さな株でしたが、管理が行き届いているこのバラ園では結構長く楽しめるのではないでしょうか。これを見に来るためにお客が増えるかもしれませんね。

d0031853_29175.jpg
2歳の女の子は結構マイペースで歩き回りました。男の子はバラより外側のアスレチックの方へかけて行ってしまいました。

d0031853_2103966.jpg

大きな楠木があちこちにあって、結構な木陰にテーブルセットなどもあり、人が少なくて、これならお弁当を持ってきたらよかったな、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-05-09 02:12 | おでかけ | Comments(0)

孫(6歳、2歳)に出来る料理の手伝い

 2世帯住宅のため、孫が日常的にこちらのエリアに遊びにやってきます。
 10年くらい前に友の会で坂本廣子先生の講演会の後で(当時私はお客様のお子さんを預かる託児係だった)お話をうかがった時に、小さい子どもにも包丁を持たせて料理させていることをお聴きして大変感心したことがありました。わが子たちは夏休みに友の会の小学生のお料理教室などで料理の楽しさを教えてもらったり、自宅でもパンやクッキーを焼いたり誕生会にケーキのデコレーションをさせたり、学生時代にはそれぞれ親元を離れて自炊することがあったりして、息子たちも結構料理が出来るようになっているようです。
 そこで、孫たちにもできるだけ早く料理の楽しさを知ってもらいたいと願って、遊びのような感覚で取り組める時期に一緒に色々してやろうともくろんでいます。
 
d0031853_012141.jpg
4月25日、かねて用意していた子供用の包丁を初めて6歳児に持たせて小松菜を切らせている所です。クッキーの型抜きなどはこれまでもさせてきましたが、包丁はやはりちょっと怖くてこれまで持たせてこなかったのですが、おとなのすることをさせてもらえるという事からか、喜んで切ってくれました。子供にしやすいように何ならできるのかを考えてやらせるというのが課題だと思いました。
 この後、2歳の女の子にも切らせてみましたが、小松菜を左手でうまく束ねて持つというのが難しかったのと、上手にひいて切る、という力加減が2歳ではまだ難しいように思いました。うまく切れたのは、蕗とかタケノコでした。ほどほどの固さと、ばらけないというのがよかったようです。
もやしの根っこ取りも先日根気よくやっていました。http://kurakeiko.exblog.jp/23043685/


d0031853_0172220.jpg
5月6日、そら豆を見かけたので、買ってきて2歳の子と一緒にさやをむきました。さやに爪で切り込みをちょっと入れてやるところまでを手伝ってやると、喜んで「おーきいねー」と言いながら豆を取り出すお手伝いを飽きずにしてくれました。

d0031853_019183.jpg
この日の夕食です。献立はメインが鶏ハムと小松菜ソテー(塩とオイスターソース)、新玉ねぎ(鰹節としょう油)、揚げ浸し(さつまいも、かぼちゃ、人参、ごぼう、ピーマン)、そら豆の塩ゆで、味噌汁(豆腐、えのき)、ご飯。
お味噌汁のお豆腐とえのきは2歳児に「ここを切って」と包丁をあてがう所までを教えたら切り分けることをしてくれました。えのきの下半分をほぐして鍋に入れてくれました。踏み台代わりの木製丸椅子の上に立って「見たいの」と何でも見たがり、やりたがります。6歳児の方は夕方のテレビに夢中なのであまり寄って来なくなりましたが、2歳児はそんなことがないせいか、夕食作りにしっかり見学に来ます。お味噌汁のお味噌を溶くのも何度かやってくれましたが、鍋が熱かったのか、この頃は「ばーば」と言って私に頼みます。

 茹でて小鉢に入れたそら豆と、揚げ浸しの小鉢はそれぞれ息子家庭へおすそ分けすることにして、2歳の孫娘に頼むと、1つずつ両手で大切に持って行ってくれました。

 坂本廣子先生オフィスのホームページはこちら⇒http://skskobe.com/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-05-07 00:27 | うれしかったこと | Comments(0)

「おかーわん」と「あーあん」


d0031853_1165332.jpg
2歳5か月の孫娘のお絵かき。
 ちょっと前まではなぜかクレパスを渡してやっても、私のペン立ての中のボールペンがお気に入りでなにやらごしょごしょと線をひっぱっていたのでした。
 それがつい最近になって、「アンマンマン」つまりアンパンマンの表紙のお絵かき帳を出してきてはクレパスで〇を描くようになりました。
 私達夫婦が夕食を食べていても別に欲しがるでもなく(息子の帰りを待つらしく私達より夕食が遅い)クレパスを取り出してテーブルの端っこで描いています。「お母さんを描いて」と私が言うと、何やら丸を描きました。
「目は?」というと、小さい丸。「目はもう一つあるね」というと、隣にもう一つ丸。
「鼻は?」というと、目と目の間に小さい丸。「口は?」というと、口の位置にまたぐちゃぐちゃと丸。
と言う具合で、大きい丸が「おかあわん」。左上の小さい丸が「あーあん(オニイチャン)」。左下が自分。
私の注文に応じて描いたとはいえ、初めて意味のあるものが描けました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-09 01:24 | | Comments(0)

おてつだい、カクニンが大事。


d0031853_1063699.jpg
先日の「倉敷友の会フェスタ」で供されたお弁当のおかずのひと品に、「もやしのカレーピクルス」があり、鮮やかな黄色がきれいで味もよかったので、早速作ってこれが2度目。もやし2袋の根っこを取るのは結構めんどくさいのですが、昔中華料理の先生がテレビで、もやしは上下を取ると炒めた時にしゃきっとする、とテレビで言っていたのを聞いたものですから、ずっと面倒でも根っこ取りをしてきました。この頃のもやしの根っこは昔より短くなった印象。栽培法が変ったのかもしれませんけれど。
で、この日もこれから、という所で孫がやってきたので、「してみる?」と聞くと「オーケー!!」と元気良い返事。
以前に2歳児にやってもらったら、本当に遊びで間違って茎?の方に根っこを入れるし大変だったものですから、失礼ながらあまり期待していなかったら、さすがオニイチャン、根気強く私と同じくらいのペースでどんどん手伝ってくれて、結果的に大変助かりました。
もちろん「すごいね」とかほめながらでしたが、途中で
「カクニンしないとね」
と言うのでびっくり、「あら、確認なんて言葉を知ってたの?、カクニン、って大事よね、カクニンしないでおばあちゃんもよく失敗するもの。だれにカクニンっておそわったの?」
と聞くと、はっきりした答えはなかったけれども、あれ?という難しい言葉がこの頃時々飛び出してくるので興味深い。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-06 10:13 | | Comments(0)

孫と作る型抜きクッキー

 3月30日と4月1日、せっかく孫が春休みでいるので、お楽しみに一緒にクッキーを焼きました。
30日には、倉敷友の会の「おさなごの会」の12月の集まりで習った人参クッキー。これは砂糖も少なく、卵も入らない素朴なクッキーで、人参をすりおろすのも孫にやらせました。お嫁さんもやってきて、2歳のと6歳の孫がワイワイと半分喧嘩しながらもなんとか型抜きをし、焼きました。
d0031853_15114722.jpg


続いて、味を占めて今度は、亡くなった母の残していたココアを使って何か、と思い、こちらはクックパッドで探してこちら⇒http://cookpad.com/recipe/1739731
午後1時半ごろ孫たちを呼び、粉とココアを6歳児にデジタル秤で計ってもらい、ふるうのは2歳児とお嫁さん。午前中にバターを常温に戻していたので、今度はお砂糖を100g計ってもらい、バターとお砂糖をハンドミキサーで6歳児と一緒に手を添えながら攪拌。続いて卵1個も「ボク!」と、割ってもらい、また混ぜ、ふるってもらっていた粉と混ぜてお団子状にした種をのして、ここからが楽しい型抜き。
 2歳児はやっぱり根気も続かないし要領もよく分からないけれど、我が強くてきーっとなる。そこはお兄ちゃん、辛抱強く型抜きをしては天板に並べる。
ということで、焼きました。

d0031853_1518662.jpg
割合たっぷり目のレシピだったので上下2段に焼けました。1時半スタートでわいわい言いながら焼いてちょうど3時のおやつに間に合いました。

 うちの次男、入学前に私と作ったパン作りが料理好きの原点になったらしいので、この子たちも楽しい思い出として料理に目覚めてくれるといいなと願っています。・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-01 15:20 | | Comments(2)

自転車の練習

 こないだ6歳の誕生祝いに自転車を買ってやったので、練習を始めています。19日(日)は娘と孫が遊びに来たので、お兄ちゃんの方が自転車に乗るのを見たいということで、下の2歳の孫は三輪車に乗り、家の周りを何周かしました。
d0031853_1172070.jpg
ほんのひと時でしたが、幸い暖かな日だったのでみんなでわいわいと楽しむことが出来ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-20 01:18 | | Comments(0)

つくし摘み

 先日からわが家の南の空き地につくしを取りに入る人がいました。私も19日(土)午後、ぽかぽかと暖かくなったので、ちょうど来ていた孫娘12才と、2才の孫娘を誘って取りに行って見たのですが…
d0031853_21403333.jpg
 「あるある」と私が取りにかかると、孫娘(12才)が、「キャー、カエルがいる、私カエルダメ!」と叫んで空き地に入ってくるのをやめ、2才のもおねえちゃんについて入って来ませんでした。仕方なく、私1人で楽しく「あるある」と楽しくたくさん取りました。例年はとても食糧にならないくらい短いものしか取れなかったのに、今年はちょうど前の日が雨だったせいか結構丈の高いものも取れました。
d0031853_161230.jpg
たくさんだったので夫と私で小一時間、はかまを取るのに手間がかかりましたが、おかげで息子夫婦の分もたっぷりと甘辛く煮つけた小鉢が出来ました。久々のつくしでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-20 01:08 | 料理 | Comments(2)

孫の誕生日

 お隣、と言っても二世帯住宅で同じ屋根の下に住んでいる孫が15日で6歳になりました。お祝いに夕食後ケーキを、と予約して買ってきたようでしたが、私はあいにく恒例の合唱練習のため食べるころには外出中でした。
 帰宅すると、一切れ取っておいてくれました。
d0031853_2363774.jpg
孫はもう寝てしまっていましたが、おいしいケーキをありがたく(夜に食べると太るなあとも思いつつ)いただきました。
 3月生まれの男の子ですので、たとえば4月生まれの女の子から比べるとかなりの開きがあることでしょう。まだやっとひらがなで名前が書ける程度かと。もうすぐ小学校入学。彼なりにゆっくりゆっくり、急がずじっくりでいいから進んで行ってもらいたいものです。食べられなかった野菜が最近だいぶ食べられるようになったようで、バーバは野菜の小鉢を差し入れするのを楽しみにしています。
d0031853_2424473.jpg
写真は2月28日、一緒の夕食でほうれん草の胡麻和えを完食した時のご機嫌な様子。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-16 02:42 | | Comments(4)

孫とかるた

この所上の孫のゆう君は幼稚園でもらった生活かるた?を持ってきて遊んでいます。
月曜日には私は風邪で声が出なくなっていたので、「ゆう君が読むのなら」というと、仕方ないので読み札を読みつつ、2人なので自分も取る、という風にして遊びました。最初の字が大きく書かれているのと次の字を続けて読む、というのに慣れなくてなかなかうまくいきませんでしたが、これはよい音読の練習になるわ、と思ったことでした。
d0031853_00472597.jpg
木曜日には私も声が回復してきたので、「おばあちゃん読んで」となり、私が読み、取るのと両方。妹のKaoriも字が読めないけれど絵札を取りたそうだったので、私がこれ、と教えると自分で取ってうれしそう。ゆう君はだんだん取る要領がよくなってきました。でも、私が先に手を伸ばした札をさっと横取りするのが2度ほどあり、それはルール違反だというのに、なかなか納得できません。そんなことを友達の間でしていたら仲間外れになるよ、と言うのですが…。やっぱり社会的ルールは言われて理解することよりも人の間でもまれてだんだんと身につけていくものなのでしょうか。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-02-19 00:56 | | Comments(0)