タグ:家族新聞 ( 138 ) タグの人気記事

家族新聞「あじさい通信」241号が出来ました

 
d0031853_04234011.jpg
今月号は時候がよくなったせいか子供たちがそれぞれに家族で出かけた写真がLINEで入ってきたので、どれも省けず、上半分は写真誌みたいな感じに写真ばかりになりました。一つだけ省略してしまったのは、長男と次男が孫一人連れて朝3時起きで出かけて行った岩国の航空ショーです。米軍機をバックに長男が写っていたのがあったくらいで、省略。
 中学生の孫mioはなんとバレーボールのトスで指を骨折したのだそうで、何やってんだろう、と。運動音痴の私ですら、中学時代の全校挙げての春秋のバレーボール大会、それに向けてのクラスの練習でも指を骨折なんてしたことなかったのに。しかも小学校以来5回目だそう。カルシウム不足か、体質か。
 修学旅行があったそうで、こちら方面からはやはり北九州、長崎平和記念像あたりで写真を撮るというのはお決まりらしいけれど、今はハウステンボスあたりに宿泊するらしい。その風景写真がありましたが、ババの家族新聞には風景写真はスペースが限られるので孫の写真が欲しいのよ。
 夫が兄と妹とで2泊3日の旅行をしてきたときにたまたまお宿で撮ってくれたという写真が1枚だけあったのでそれも載せました。妹がすべての旅程やお宿の予約をしてくれるらしいです。私はおかげで中の1日でエプロンが縫えました。
 私の中学校の同期会の写真も1枚。めったにない行事なので入れました。
 今回困ったのは毎月のコラムの「ごちそうさん」シリーズ。誰かしらがものを食べている関係の写真が毎月あるものなのですが、今回はそれが適当なのがなくて、仕方なく?孫3歳がエンドウ豆の皮むきを手伝っている写真でした。一番身近でいつも被写体になっている彼女だものだから、ついつい。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-22 04:40 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」240号ができました

 d0031853_04444381.jpg今月号は夫の検査入院中で病室にノートパソコンを持ち込んで編集しました。普段は夜中の作業なのですが、カテーテルの検査を終えた夫のベッドサイドでの編集となりました。ドクターや看護師さんは何をしているのかと思っておられたことでしょう。仕事していると思ったかな?幸か不幸か予定していた安いほうの個室がふさがっていてランクが高いほうのになって、テーブルセットが備品にあってありがたかったです。
 で、編集の最初に気づいた事は、なんと先月号の号数が先々月号のと同じ238号になっていたこと。というわけで、今月号のは正しく切りの良い240号です。
 トップの記事は、最初3月生まれの3人の誕生祝の会食、にしようと思っていたのですが、あいにくそれにふさわしい画像がなくて、季節柄お花見の画像が華やかでいい、と差し替えました。孫とじーじが顔を見合わせているほほえましい映像があったのでそれもいいかな、と決定。
 あとは春休みの孫とにんじんクッキー、孫たちが遊園地へ行ったこと、小2の孫の発案で車中でしりとりをして遊んだことなど。

相変わらず他愛もない家族の日常を記録しています。
 幸せとは、そんな一見他愛もない日常であることではないかと思われます。それが失われてみると初めてあれが幸せだったのだと気付くのかもしれませんね。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-04-21 04:53 | 健康 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」238号ができました

 d0031853_10592040.jpg今月のトップ記事は、長男のお嫁さんの実家へ息子たちが行ったことです。島根県の江津なので、今回は山陽道、尾道道、中国縦貫道、浜田道というルートで行ったとのこと。最近買い替えた車が自動運転機能がついているのでそのお試しということもあったのでしたが、道路わきの白線が消えかかっている中国縦貫道ではあまり役立たなかったそうで、自動運転ならずとも夜とか雨の日に道路わきの白線が頼りなので、道路メンテナンスをしっかりしてもらいたいと思ったことでした。
 2番目の記事は孫娘(中2)のmioが英検3級合格の記事。英検3級というのは中学卒業程度だそうなので、超難関というわけではなさそうではありますが、努力のかいあってのことなのでうれしいことでした。
 あとは、次男一家が県北の岡山国際サーキットのファン感謝デーに出かけた話やら、同居の孫がどんどん包丁で切った話だとか、小1の孫が学校でとってきたチビ大根を使ってポタージュを作ってみんなで食べたこととか、最後に私たち夫婦の沖縄旅行の話でした。
 今回は、子供たち一家の様子がまんべんなく取り上げられ、写真はそれぞれの子供たちが寄せてくれたことで、広い意味でのうちの一族全体で紙面を飾ることが出来たことがとてもうれしいことでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-21 11:07 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」238号ができました

 d0031853_02423442.jpg今月号のトップは、長男と、次男のお嫁さんの誕生月が1月だったので、合同での誕生会を焼肉屋さんでしたことでした。
娘のところを呼ばなかったのですが、そっちはまた3月に長男のお嫁さんと孫、娘のところの孫の3人の誕生日が控えているのでその時にしてやるつもり。
 久々の焼肉、少し高級なお店だったのでだいぶかかりましたけれど、若いものはうれしかったみたい。
 上段のもう一つのニュースは、次男のお嫁さんが親子クラブの遠足?の下見にイチゴ園に行ったそうでしたが、なんと私の弟夫婦が、娘と孫を連れて行っていたのにばったり会った、というものでした。めったに行かない場所だったのに、そこで会うなんてね。
 次は長男のところの孫娘3才の得意な行動について。窓枠にぶら下がって懸垂をして「見て見て! おばあちゃんできる?」とか言うもの。「おばあちゃんはね、重いから無理無理。」というと得意そう。公園の鉄棒で味をしめた?身長も体重も小さいものにしかできない芸当です。
 その他、囲み記事は、先日友の会の小学生の母の集まりで習っていたウインナロールとハムを入れたパンを習ったので(私は記録係として・・・)やっと12日の日曜日に孫たちに食べさせようと作ったこと。あとで小1の孫が宿題の日記に書いていたそうで、書く材料になってよかった。
 母の一周忌は、私たち夫婦しか列席しなかったので小さ目な扱いで載せました。

記事をd0031853_03032305.jpg編集している過程で、どうも弟の孫世代となると名前も忘れがちなので、息子の結婚に際してExcelのマス目を利用して作った家系図を手直しして孫世代の名前と生年月日もわかる限り書き込んでみました。
ついでに住所も簡単に書き入れ、何かあるとこれを見たらわかりやすいかなと思います。とはいえ、年を取るにつれてそれぞれの子孫も増え、兄弟同士も疎遠になってきたなあと思う今日この頃です。そういう意味では法事ではできるだけ一族集まっていたほうがよかったのかな?孫世代同士の交流に、うちの長男たちだけでも同席させておけばよかったかも、などと思うのでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-21 03:17 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」237号ができました。

 d0031853_01263412.jpgお正月のトップの写真は毎年子供たち一家との集合写真です。この3年くらいは一人ずつの年齢も書き入れることにしています。
次男のお嫁さんの誕生日が1月9日なので、新聞の発行日には一つ年を取っているのですが、写真の撮影日は元日なので、撮影時点での年にしています。3人の子供がそれぞれに一家を構え、子供(孫)にも恵まれ、お正月に全員集合できることはこの上ない幸せです。
 そのほかの記事は、14日のささやかな「どんど焼き」、長男のところのたこ揚げ風景、失ったと思っていた子供たちが小学生の頃の家の仕事の分担カードが出てきたこと。お手伝いをたまに、というのではなく、新聞取り、玄関掃き、ペットのウサギの世話など責任をもって家族の一員としての仕事をするように願って、子供のしるし(カニ、船、犬)を左に、午前のお日様、午後の月と星の絵を刺繍して、透明なポケットを作り、その中に仕事のカードを入れて、できたらひっくり返す、というもので、長い時間をかけて作ったので私にとっては大切な宝物でした。
 という風な記事を載せて、今月もまた楽しく編集作業をすることが出来ました。昨年、一昨年、さらにその前、と、お正月号だけをファイルから探して見るのも、家族の風景の移り変わりがみられて楽しみです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-01-22 01:37 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」236号ができました


d0031853_3214176.jpg今月はクリスマスを含めるかどうか迷ったのですが、あんまり遅くなると年末が忙しいのと、毎月20日をめどに作っているものですから、23日発行としました。
それで大した記事が見当たらず困って、トップに据えたのは土曜日の長男たちとの会食の人気メニュー?ピザの回。私が種を作ってどんと置くと、長男がそれを8つに分けてのしていき、夫やお嫁さにゃ孫2人がそれぞれにオリーブオイルやピザソースを塗り、ミニトマトだのピーマン輪切りだのソーセージだのコーンだのチーズだのをわいわいと乗せていきます。長男のところのオーブントースターだと7,8分焼き、私が人数分に切り分けてお皿に配ります。3歳の孫はコーンをどっと置いて「あとのが無くなる」と言われ、「いいのよ、こっちのはコーンのピザということにすれば、」などとフォローが入ったり、チーズを忘れて焼きそうになり、「それはピザじゃない」とじーじが言われたり。
 2番目の記事は、私と夫が川崎医科大学総合医療センター見学に行った時の物。病院開院の見学なんて一生にそう何度もあるものではありませんもの。興奮しました。
 あとは、次男のところの孫が、お嫁さんのお兄さんの結婚式のためにパリッとおめかしした写真。この写真がLINEで送られてきたものだから、先方にお祝いを上げることが出来ました。
 あと、私のクリスマスコンサートやら、友愛セールに立派に育った大根を出品した話。農家でもないのに庭先で出来るなんてありがたい。
 「ごちそうさん」囲み記事は、長男のお嫁さんが作ったスイートポテトをおすそ分けしてもらったこと。
 今月号は何もなさそうに見えて、なんとか誌面ができました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-12-23 03:33 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」235号ができました


d0031853_1425784.jpg今月号のトップは、孫娘の3歳の誕生祝をお嫁さんの両親も一緒にしたこと。島根から5時間、旅行を兼ねて出かけてこられたので、レストランでのディナーとなり、めったに食べられない和牛のヒレステーキと、アンパンマンのバーズデーケーキをいただきました。おいしかったです。
つぎはやっぱりこれまためったに行かない、動物園。「どんぐりポスト」に動物の餌となるどんぐりを園内で拾っていれるというのに3歳の孫娘はとても気に入っていっぱい拾いました。
 また、中2の孫1号が職場体験をしていたのに首尾よく(偶然)遭遇できたこと。紅葉狩り。家事家計講習会に二人のお嫁さんが参加してくれたこと。3歳の孫がこのごろ鉄棒の懸垂がお気に入りになって、窓枠だの椅子だのにぶら下がっては「見て見て」と得意顔。などなど。夫の骨折事故も載せていますが、明るく楽しい記事が満載でよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-11-23 14:07 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」234号ができました


d0031853_11343642.jpg孫が七五三の記念写真を撮ったのがトップニュースです。私としては七五三というと着物だろうと思うのは年代のせいか。本人はやっぱり「お姫様ドレス」のほうが気に入ったらしい。

次は長男一家と次男の野球観戦。広島ファンの兄弟、早くにチケットを手に入れていたらしい野球観戦でしたが…広島の優勝が決定してからの消化試合になってちょっとだけがっかりだった模様。しかし初めて連れて行ってもらった下の女の子はとても刺激的だったみたいで、カープ応援歌にはまっています。

 また、1年坊主の子供みこしに参加したのも家族新聞的にはビッグニュースでした。「疲れた、もう帰る」と言わないかとお嫁さんは心配しながらついて行っていましたが、幸い「お花」をくださった方にお菓子を差し上げるというお役目をいただいたので、緊張しつつもお渡ししていくうちについて歩けたようでした。なんでも小さくてもよいから役割を与えられるというのは大切なものなのだな、とあらためて思ったことでした。家庭内でもそうなのでしょうね。

 あとは次男が庭木の剪定をがんばっていて、切った枝の山ができているというLINEの写真より。私たち夫婦の子育て時代の家に再び住み始めた次男、あの頃はまだ苗木に近かった庭木も、すっかり見上げるような大木?に育ち、それなりに剪定も大変。休日を取られる、とぼやいています。これ以上庭木は増やせません。昔は田舎の家はその家の主人がたいてい剪定するものと思っていましたが、今では田舎でも業者を頼む家が多いのだとか。へー。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-10-20 11:35 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさい通信」233号ができました


d0031853_9263251.jpg今月号のトップは私たち夫婦の東京見物、次は孫のコンサートです。
一生懸命の孫の姿を見られたのは感激でした。これがスポーツだったら試合観戦ということになったのでしょう。身内の応援はたぶん何よりうれしいものと思います。
 あとは息子がパソコンを組み立ててくれた話、敬老の日に次男のお嫁さんが手作りカードをくれた話など。1歳の孫なのでなぐり書きにまで行ってないようなサイン?の書いてあるカードに写真とメッセージを張り付けて、さらに現在の身長体重を書いてくれていて、心がこもっていてうれしかったです。
 家族新聞の難しいところは、次男のお嫁さんはこうしてくれた、ということを書くと長男のお嫁さんがどう思うか、という点ですが、素直にうれしかったのだから書くことにしました。思いついたら思いついたときにそういうささやかなプレゼントをしてくれると嬉しいものですね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-09-21 09:32 | 家族新聞 | Comments(0)

家族新聞「あじさ通信」232号ができました


d0031853_13362772.jpg今月はパソコンダウンに備えて、早めの発行にしました。

 毎年恒例、墓参り特集。弟の所へ母の初盆のだめおまいりに行き、弟のカメラで記念撮影してもらいました。この時期の訪問はずいぶん長い間していません。息子の嫁2人と孫3人、初お目見えかも。楽しみにしていた弟の所の孫二人は、お嫁さんの実家に里帰り中でした。

 あとは、孫たちの夏休みの行事で写真がほぼ埋め尽くされています。自宅庭のビニールプールではしゃいだり、小学校区の夏祭りに行ったり、涼を求めて鍾乳洞(井倉洞)へ行ったり、デパートのイベントに連れて行ってもらったり、ママ友の家で手作りパンを習ったりと、盛りだくさんで楽しそうでした。
 また、娘が、母の愛車を売る手続きをしてくれたのでお小遣いにと売上金を任せたところ、それでビリヤードのキューを購入し、なんと大会?で優勝したのだとか。きっとおばあちゃんの霊が応援してくれていたのかもしれません。
 ごちそうさんと言うコラムには、孫が小学校の夏祭りでお友達とアイスを食べる写真でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-08-17 13:41 | 家族新聞 | Comments(0)