タグ:料理 ( 490 ) タグの人気記事

大根葉のカレー

d0031853_0243213.jpg
夫が泊りがけの同窓会に出かけ、今夜は1人。庭の大根を間引きながら食べているのですが、葉っぱがもったいないので、漬物、お豆腐やお揚げと煮浸しなどにしています。
 で、夫がいたらなかなか作らないカレー(油分が多いため)、今夜は以前「ためしてガッテン」に出ていたカレーを作りました。
以下、「ためしてガッテン」レシピです。
①大根葉100g(1本分)はみじん切りにして中華鍋を1分強火で熱し、油大さじ1で30秒炒め、水大さじ1をふりかけてふたをし、30秒加熱したらお皿に取り出します。
※カレーソースとは別にします。
②中華鍋に油大さじ2を入れて、ひき肉200gを炒める。
※いため油が透明になるまで(2分ほど)
③玉ねぎ150g、にんじん100gのみじん切りを加えて炒める
※野菜の香りが立つまで(1分ほど)
④水300mlを入れてふたをし、2分加熱。
⑤火を消して、あら熱をとってからカレールー(お好みの)4かけを入れる
⑥お好みの「カプセル」と一緒に召し上がれ。

★香りカプセル
.セロリ→1cm角に切る
.みょうが→5ミリ幅に切る
.バジル
.ミント

★辛味カプセル
.大根おろし
.キムチ→細かく切る
.さんしょうのつくだ煮
.万能ねぎの根元→2cmに切る

★酸味カプセル
.大根の甘酢漬け
.ミニトマト→1/4に切る
.種なしぶどう→1/2に切る
.キウイ→1cm角に切る

と、ガッテンレシピにはありましたが、
今夜は「カプセル」なるものは省略。炒め煮?にした大根葉を添えて、コールスロー(キャベツ、玉ねぎ、赤・黄パプリカ)を合わせました。カレーに大根葉を添える?ってどんなの、と思いますが、これが意外にもレシピの過熱時間が厳重に書かれている通りにしたら、歯ごたえがよくて、葉っぱに味がついているわけではないのにいけました。

iPhoneから送信

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-07 00:24 | 日常 | Comments(0)

例会食作りに学び

 10月10日(火)、自由学園から辻村透先生をお招きしての創立記念例会、例会食に岡山寿司を2つの最寄で担当することになりました。献立を印刷するにあたり一役買いました。字の大きさ、行数の兼ね合い、十月の書きかたを十とするか一0とするかで迷い、1行目と末尾の日付表記をそろえました。イラストは絵の上手なMさんに依頼、メールで送られてきたものを取り込み縮小加工しました。
 
d0031853_03130934.jpg
お料理はみんなで分担、私は錦糸卵と、金時豆の担当になりました。
 練習で作った錦糸卵は、たまたま試食にいられなくて届けただけになりました。あとで聞くと厚みも幅ももっと薄くもっと細く、ということだそうでした。また、金時豆の甘煮の試作をお弁当に詰めて持って行ってみてもらったらよさそうだったので、そのように作るつもりで、本番を迎えました。
 卵6個が10人分として30人分ずつを2人で担当。18個の卵を使って、できるだけ薄く延ばして、焦げないように注意しながら焼き、包丁で2㎜幅、と私としてはできるだけ細く細く心がけて切って、3単位分を密閉容器に詰めて持って行きました。
 金時豆は煮てから鍋帽子で4時間、さらに2時間と保温して柔らかくなった(つもり)で味付け、持参したのでしたが・・・
 結果から言えば、錦糸卵は若いもう一人の人が焼いたものはとてもとても細く繊細。しかも私の密閉容器への詰め方は、1単位分ずつ包丁ですくってなるべくその単位が崩れないように、と思って詰めたら、それがうまくほぐれなくてくっついて盛り付けの時に困ったようで、詰めるときにフワフワになるようにほぐして入れるべき、との注意があり、初めてそうだったのか、と知ったようなわけでした。
 また、金時豆は、私のは固いと言われてしまい、練習の時と違って確かに固かったので、味をつける前にもっと柔らかく煮ておかなければならなかった、とがっくりしました。

 だいぶ落ち込みましたが、こういう場に臨んで、もっともっと細心の注意で想像力を働かせて、丁寧な仕事をしなくては、と反省しきり、です。

 さらにもう一つ失敗。総リーダーから急に記念撮影を頼まれて、もともと持っているコンパクトデジカメを取り出したのはいいのですが、三脚がないのは机といすの上に置いて何とか、だったのですが、なんとしばらくスマホばかり使っていて、あれ?セルフタイマーはどこをどう操作するんだったっけ?と忘れてしまい、とりあえず動画で撮影して置いてパソコンで処理することに。
結果、みんなのもとに駆け付け横に立った私、1舜しか写っていなくて、そこを選ぶとなんともすごいおなかの大きなデブに写っていました。がっくり。
 というわけで、いろいろと自分という人間の粗雑さを改めて突き付けられたような1日でした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-11 02:06 | 反省したこと | Comments(0)

シソの実の利用法は?

d0031853_02004021.jpg
秋の気配漂う庭先、紫蘇の実がだいぶしっかりしてきたので、9月29日(金)、お天気もいいので根気よくしごいて取りました。
d0031853_02003045.jpg
午前中かかって直径30㎝くらいのざるにいっぱい。
これから葉っぱや茎のところを取り除いたり洗ってあくを取ったり。
今年は2分ほど茹でて水にさらし、塩と粉末昆布、鷹の爪を混ぜて塩漬けにしました。

 せっかく作った大量のそれを、どうやって食べたものかと考えているところです。ご飯の友に、と言いたいところですが、夫はご飯100g、塩分控えめに、と言われているのであまりお勧めでない。
30日はコールスローサラダに少し混ぜました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-10-01 02:08 | 菜園 | Comments(0)

しその実の天ぷら

 このごろ太ってきて、何を隠そう先日の合唱団のコンサートの時、久々にインサイドベルトのついたグレーのロングスカートの衣装を着てみたら、ウエストのカギホックが、5㎝くらい届かないので、後ろのファスナーの上のところを閉じて何とかしました。衣装が幸いオーバーブラウスだったのでそれで済んだのでしたが、前回よりたぶん2kgは太ったのです。
 んなわけで、普通に食べて痩せるには間食をなしにすれば、と、ゆるゆるダイエットを心がけています。そして夫と二人だと、揚げ物もめったにしないのですが。。。
 庭の青じそに実がつきだして、この時期しかできない天ぷらをしなくては、と週末息子一家との夕食に久々の天ぷらを作りました。大体天ぷらは下手なのですが、この時期ならではの食材なので。
 作ったものは、芋、かぼちゃ、海老、キス、かき揚げ(にんじん、ごぼう、玉ねぎ、ピーマン)、それにシソの葉(これはポテトチップスみたいで孫たちが大好き)、実でした。
 合わせる献立は、孫が好きな麩とわかめのお吸い物、小松菜のじゃこ和え(小松菜をいり卵とちりめんじゃこと一緒に、砂糖、白ワイン、醤油それぞれ小さじ2で和えたもの)でした。
d0031853_01031137.jpg
写真は私のお皿ですが、衣がつきすぎたり焦げたりした分を自分のお皿に付けているので失敗作ありありです。

 デザートは、お嫁さんが買ってきてくれた小ぶりのおはぎ一人1個ずつと、私が用意したピオーネでしたが…ピオーネは先日生協で配達されたものは新鮮でよかったのでしたが、今回スーパーで1房買ってきたものは店頭で日が経ったものだったのでしょう、少ししなびた粒があって残念でした。箱ごと買ったらもう少し新鮮な物だったのでしょうが、ちょっと多いなと思って倹約したらそんなことになり残念でした。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-25 01:05 | 料理 | Comments(0)

ゴーヤーの棚が。 そしてゴーヤー取れ過ぎて

台風5号は各地に大雨の被害をもたらしているようで、被害にあった方々にはお見舞い申し上げます。
さて、我が家的な台風被害といえば・・・d0031853_14104586.jpg

 トマトの木?の幹が2本、ぽっきりと折れたのと、もう一つ、わかりにくいかもしれませんが、グリーンカーテンのゴーヤーの支柱を、軒の幕板(?)にもたれかからせていたのですが、台風の影響の大雨で地面が柔らかくなったのと、育ったゴーヤーの重みとで、軒の支えのところがはずれ、窓に向かって倒れ掛かりました。
 で、3本の支柱でちょうど「入」という字のように突っ張り棒にしました。針金でくくってはいるのですが、いつまた窓側に倒れ掛かるかとひやひやしています。

 力学的に?、もう少し角度を急にしていればよかったのかもしれません。少しでも軽く、と先端部になっていた実を取ったりツルを間引いたり。




で、d0031853_14160885.jpgちょっと探したらこのくらいゴーヤーが取れました。
 1本だけよけておいて、お昼にはソーミンチャンプル―にしましたけれど、こちらは








量がレシピの3倍あったので、煮汁も3倍にして、煮詰めました。
d0031853_14105817.jpg

d0031853_14110501.jpgd0031853_14111440.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-10 14:22 | 菜園 | Comments(0)

病院内のアンケートに

 夫の2か月に1度の定期受診に、栄養指導を組み込んでもらっていて、例によって食事の写真をリストにして持参していました。3つの科を受診する合間に栄養指導に出向き、そこの待合で待っていると、栄養士の卵?の人から「アンケートに答えてもらえますか。近頃の市販のお弁当について」というので、そういえば、私がいないときには夫は外食だし、私が外出するときは手作り弁当持参なので、市販のお弁当を買ったことがない、と答えて、アンケートはたぶん市販のお弁当のおかずの内容の偏りについてらしかったのですが、該当しませんでした。
 私、手作り派は少ないのでしょうか。余談ですが、私、いまだにカップラーメンなるものを食べたことがありません。その昔は袋入りのラーメンを具沢山にして食べたことはありましたが。
 そんなわけで(どんなわけ)今回の我が家の晩ごはん(時々昼のおそうめんも入っています)の
写真はこちら。
d0031853_23345104.jpg
 左下隅の写真、シューマイは先日友の会の料理教室にキャンセルが出て入れていただいたときに習ったものです。手作りシューマイは昔「暮しの手帖」を見て作って以来何十年ぶりか。蒸すのでヘルシー。たくさん作って余ったのを息子たちにあげたら、後日、好き嫌いが結構ある孫が沢山食べたそうでうれしかったです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-07-27 23:32 | しみじみしたこと | Comments(2)

ブラウンソースをきっちり作りハヤシライス

d0031853_23425088.jpg
18日(日)夕食は私が婦人之友社刊『基本の家庭料理 洋食篇』を見てきっちりブラウンソースから作ったハヤシライスと、甘酢漬けでした。
 これまでは同じく婦人之友社刊ではありますが昭和56年19版の加藤正之著『家庭でできるフランス料理』を見て作っていたのを、2週間ほど前、別の簡単レシピにしたら息子に不評、おまけにしめじを入れたところ、孫がそのしめじの丸い頭のところが苦手、と食べなかったので、では、と、力を入れて、今回は最近の上記の本のレシピできっちりしてみることにしました。
 ブラウンソースも小麦粉をバターで炒めただけでなく、そこへ玉ねぎ、にんじん、セロリ、ニンニクをしばらく炒めたものを入れてスープを入れ、煮詰めて濾す、と手間暇かけました。そこへ玉ねぎ、肉、(マッシュルームがなかったので白マイタケ)を炒め、合わせてレシピにはなかったけれどにんじんを湯通しして投入し、レシピ通りにウスターソース、ケチャップ、醤油を入れてから鍋帽子®で保温。
民生委員の用事で配りものなどを愛育委員にお願いしに6か所ばかり夕方の在宅時間を狙って行くために、午後の早い時間から支度して出かけました。
苦心のハヤシライスを息子に味見してもらったところ、「塩味はいいけど、なんか足りないからウスターソースでも加えたら」との事。鍋の分量を見て、「大さじ1杯半くらいかな」。
息子の舌、結構鋭い。その通りに加えやっと食卓へ。息子「玉ねぎが結構しっかり残ってるし、にんじんが固い」。にんじんは先に湯通しではなく茹でるところまでしておかないといけなかったか。レシピにはなかったので。玉ねぎは本にも炒めすぎてはいけないとあったよ、というと納得してくれました。
という具合で、息子たちと会食する場合は息子の舌に結構判定を頼っております。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-06-18 23:46 | 料理 | Comments(0)

食パンを作りました

d0031853_22271419.jpg
「焼きました」としたい所ですが、そうするとメーカー品の一切れをトーストしたみたいですので。
ホームベーカリーでずっと楽チンに作っていたのですが、室温25℃を越えると過発酵?で山形にふっくらならずデコボコになったりきめが粗くなったりしてどうもうまく焼けず、2年間夏場は既製品を買ってきました。今回思い立って食パン型を購入、種をこねるのだけホームベーカリーでして、成型と二次発酵、焼きは自分で初めてしてみました。
正直、ホームベーカリーに比べて「めんどくさっ」。種を取り出してシートの上でスケッパーで切り分け麺棒で伸ばし成型。この段階で道具が3つ必要。
 型に入れて発酵させている間にうっかりうたた寝、あわててオーブンに入れてからお風呂に入り、出てみると、いい感じに焼けていました。焼く温度もよくわからずネットで調べて180℃20分、よかったみたいです。

iPhoneから送信

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-24 22:27 | 料理 | Comments(2)

夏バージョンの朝ごはん

d0031853_2175415.jpg
これまでの野菜100gのミネストローネに代わって、サラダとゆで卵半分の夏バージョンの朝ごはんに変わりました。
我が家のサラダは、基本はポテトですが、ゆで大豆、にんじん、キャベツ、きゅうり、それにらっきょう酢、らっきょうのみじん切りを入れてカロリーハーフのマヨネーズであえます。今回は庭のサラダ小松菜が彩りに入っていて、トマトが取れるようになればこれにトマトが入ります。
牛乳は低脂肪乳、果物は晩柑。出来るだけ柑橘類、150gにしています。ちなみに私はインスタントコーヒーを少量の湯でとかし牛乳を入れます。
夫はパンを食べませんが私は6枚切り食パンを2分の1枚食べます。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-13 21:07 | 料理 | Comments(0)

いちごアイスクリームの下ごしらえ

d0031853_09231773.jpg
スーパーで、小ぶりで1パック100円台の安売りイチゴ発見!
旬のこの時を待っていました。さっそく買ってきて・・・

d0031853_09232591.jpg
砂糖とレモン汁を加えてアルミ容器で冷凍しました。

暑くなったら生クリームを買ってきてイチゴアイスにするためです。
レシピはこちら↓にUPしてありますので、よかったらどうぞこの時期にイチゴを買ってシャーベットから作っておいてください。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-05-06 09:27 | 料理 | Comments(0)