タグ:旅行 ( 182 ) タグの人気記事

能登の旅 その2


d0031853_52917.jpg
時国家住宅。時国家というのは、壇ノ浦の戦いで入水した二位の尼の弟、平時国はとらえられてこちらの地に配流されたのだそうで、その7代目とかの子孫が、親は資材集めに奔走、次の代で建設に着手、さらにその次の代で完成させたというなんとも壮大な民家でした。

d0031853_9543064.jpg
土間の上にかかる太い梁です。同じ曲がり具合の松をこれだけの数集めるというのもまたすごいことだったと思います。資材集めだけに一代かかったというのもうなづけます。

d0031853_954595.jpg
土間を上がったところには畳1畳分の囲炉裏と、その向こうにはめいめいのお膳を置く作り付けの棚がありました。
そのほかお座敷は3間続きで立派な欄間があったり、その裏側の寝室は窓が一切なく、無防備なので出入り口も1つだけだそう。

d0031853_591752.jpg
有名な千枚田。夫は、夕陽のころがきれいなんだと申しましたが、あいにくの曇り空で夕焼けは望めそうもなく、展望台から眺めただけで立ち去りました。


d0031853_5114598.jpg
4日の夜は輪島のホテル高州園というお宿に泊まりました。前の晩がシティホテルの形式だったので狭いユニットバスで、この日広々した大浴場につかると体も心も解放されるようで、日本人はやっぱりこういうのを求めてやってくるのかなあ、と思ったことでした。



 翌5日、雨。予報では小雨ということだったのにだんだん降水確率が上がってきて、しかも寒い。岡山を発つ前の日は25度を超える夏日だったのに、こちらは16℃くらいか。夫も裏無し一重のブレザーとチェックのカッターシャツといういでたち、私は宿で着るつもりで薄いカーディガンを持っていたのを薄い裏無しのコートの下に着込んで出かけました。輪島の朝市に向かいました。朝8時半過ぎ、結構な降りになり、そこらへんでビニール傘を1本だけ購入。持って歩くのも荷物になるかと。夫曰く、はぐれないからこの方がいいとのこと。お蔭様でずいぶん久しぶりに腕を組んで歩きました。観光客がたくさん。

d0031853_5123880.jpg
こちらの輪島塗のお店で、お土産のお箸を子供夫婦にそれぞれと、私用にちょっと頑張ってブローチを買ってもらいました。以前社員旅行のお土産に赤い地に金の模様のイヤリングを買ってきてくれたのですが、お正月などに華やかだし軽いしで気に入っているのですが、ここへきて値段を見て、あら、頑張って買ってくれていたんだわ、とうれしくなったことでした。
立派なお膳だとか重箱もいっぱい奥のショーケースに並んでいました。また、古くからの物も展示してあり、美術品みたいで鑑賞させていただきました。つい先日の羽仁もと子著作集の『みどりごの心』の読書で日本初の友愛セールでは本膳が出ていたのを、まさかそれは売れないだろうと思っていたら、病んでいるご老人にその素晴らしいお膳で食事を運んで喜ばせたいという人が買い取った、というところを読んだばかりだったのを思い出しました。昭和4年のお話でした。
・・・と、品物を包んでもらっていると、「デジカメでお写真をお撮りしていますので、そこへお立ちください」と、商品ケースの前に立たされて記念撮影。お盆とかお重箱の前に立った、と思ったら次は掛け軸に輪島塗のプレートを仕込んだものの前に立たされてもう1ショット。「お送りしましょうか、メールで送りましょうか」というので、メールを指定。
 すると、スマホで見たら帰りの電車の中ではもう来ていました。商売上手というか。二人の写真はなかなか旅行中にも撮れなかったのでありがたくいただきました。お店のホームページはこちら⇒http://k-yatsui.com/

d0031853_5145121.jpg
総持寺の山門です。壮大で、こんな能登の山の中に、ここまで壮大な門構えの立派なお寺があるとは知りませんでした。曹洞宗だそうで、中には禅堂があって、一般の人も座禅を組んでいる様子でした。

d0031853_5195711.jpg
回廊から本堂を見上げたところ。回廊もまた立派で、時折頭を青々と剃った修行僧が挨拶をしながら通り過ぎて行きました。禅宗というと物を言ってはならないのかと思っていたので逆になんだかうれしかったです。

d0031853_5202469.jpg
サスペンスドラマではおなじみの断崖絶壁ですが、ここはその発祥の地ともいえる、松本清張の「ゼロの焦点」のドラマのロケ地なのだそうです。ヤセの断崖というそうです。

d0031853_5224645.jpg
ヤセの断崖から300mほど海沿いの細い道を歩いていくとある、「義経の舟隠し」という断崖の裂け目のような場所。北陸へのがれた義経一行がここへ48艘の舟を隠したという伝説があるのだとか。義経とか、平時国の子孫の家だとか、源平に関係のある史跡にお目にかかれてうれしい私です。

d0031853_5252551.jpg
そして、有名な千里浜ドライブウエイです。砂が細かくて締まっているのでここだけは車で10km位走れるのだそうです。天候によっては海岸の狭いところは通行止めになることもあるとのこと。

d0031853_5271921.jpg
海岸の真ん中あたりに、小屋掛けの焼きはまぐりを売る店があります。そのうちの一軒に入りました。

d0031853_52807.jpg
コンロに乗せた網にハマグリを乗せて、古い電気釜の蓋を利用して蒸し焼きに。一皿600円。
女性2人はここでもう40年も商売をしているとのこと。外国人も時々やってきて、ドイツ人が来た時にも、「コレ」とサザエを指すので焼いて、ノンアルコールビールを指すので出し、手振りで料金を教えたのだとか。「通じるものよ」。さっすが。


d0031853_1010497.jpg
金沢発16:01のサンダーバードに間に合うように、ドキドキしながらレンタカーを営業所まで返しに行きました。駅はやはり人でごった返しており、金沢と言えば和菓子でしょう、と、お土産にきんつばを買い足しました。
12号車でホームの一番端っこだというのに、幅いっぱいに行列ができており最後尾に着きました。
新大阪乗換が10分ほどしかなく、混雑と荷物を持って駅弁買えるか?と心配だったのでサンダーバード車内販売のお弁当で。これまでのごちそうで太っていそうで、控えめなお弁当。780円。
d0031853_10132078.jpg


そんなこんなで能登の旅をしてきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-07 05:30 | | Comments(0)

能登の旅 その1


d0031853_4422285.jpg
高岡の宿を出て、反時計回りに能登半島をドライブしてきました。
 「あっ、ETCカード忘れた」「もう!」という場面があったのですが、高速料金がいるような道路は通ることがありませんでした。

d0031853_4464248.jpg
見附島。軍艦の形をしているので軍艦島ともいうそうです。
駐車場には車がいっぱい。ここの道の駅のレストランは海鮮丼みたいなのとかサザエカレー?とかがあったのですが人でいっぱいだったので、どこか別の民宿みたいなところを探しました。

d0031853_4482592.jpg
で、見つけたこちら、民宿併設の食堂。おすすめ定食というのを。
d0031853_4491367.jpg
カワハギの煮つけとメバルの唐揚げ。1,200円だったか。

d0031853_4495617.jpg
先客に6,7人のバイク仲間がワイワイといました。道がなだらかなカーブや高低差があるバイクツーリングにはとてもふさわしいような道のせいか、全国からバイクツーリングの人が集まっているような感じ、この人たちのバイクも、なんと川崎ナンバー。ずいぶん遠くから来たものです。

d0031853_4523340.jpg
こちら、「ランプの宿」岬の下の方にへばりつくように建っていました。

d0031853_4534855.jpg
ランプの宿のあたりの岬を見下ろす展望台、料金がいります。
夫、この景色を見て、目指すところとは違う、と頭をひねっていました。
で、

d0031853_4543743.jpg
こっちが夫の思い出の地への入口。フーフー言いながら急坂を上っていきます。白い藤の花が咲いていていい香りでした。

d0031853_4553410.jpg
ありました。夫の思い出の地の灯台でした。

d0031853_4561276.jpg
日本列島の中心になる、との碑が建っていました。


[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-07 05:00 | | Comments(0)

砺波チューリップフェア


d0031853_201413.jpg
砺波平野の典型的な民家は、鎮守の森かと思うくらいの立派な屋敷林に囲まれていて、強い季節風から家を守っているのです。

d0031853_20131324.jpg
やってきました。砺波チューリップフェア。

d0031853_20164733.jpg
上のほうから見下ろせるタワーは30分待ちとかで、モザイク模様がどうなっているのかは見られませんでしたが。

d0031853_20175433.jpg

品種の名前と、ものによってはこのあたりの人らしい、開発者の名前も記載された立札がありました。

d0031853_20184745.jpg
水車が5つも回っていました。横の川はものすごい勢いで流れています。立山あたりから流れてきた急流なのでしょうか。
 にしても、その軸受からは何も生まれないのはとても残念な気がしました。どうせならこれくらい急流ならば製粉ばかりではなく会場の電気を賄うくらいの発電ができるかもしれないのに。
 無駄に忙しがっているのに何も生産できていない人、いないだろうか。・・・


d0031853_20222329.jpg
夫が何か夕食にいいところは、と新湊まで行ったのですが、どうもお店がわからなくて困っていたら、たまたま発見したお寿司屋さんがあって入りました。
「ここらへん、店がないですねえ」というと、「新湊には15,6軒はありますよ」との答えでした。
ともかく、こちら、富山湾で取れたお魚ばかりというセット、2,600円、夫が奮発してくれました。ネタの名前は一通り説明があったのですが、ふーんと聞いてメモも取らなかったので右から左へと抜けてしまいまして。左下がホタルイカ、左端の上側がアカイカ、というくらいしか覚えていません。

d0031853_20251947.jpg
宿泊先のホテルニューオータニ高岡にチェックインし、散歩して帰っていると、ホテル裏口の通りでは、お祭りの獅子舞の連の一つが演技を披露していました。立派なお獅子と、お囃子たち。ほかにもいくつかのこういったグループが街を練り歩いているのを見かけました。

。。。たまたまですが、昨日見たサスペンス劇場の再放送で、このホテル前でのロケが入っていました。「あー、あそこ、止まりに行くところだわ」とうれしがって?見ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-03 14:42 | | Comments(2)

いい日、旅立ち

d0031853_9502663.jpg

連休、休めない人には申し訳ないですが、2泊3日の旅にでます。
迫ってからの手続きでしたがなんとか宿もとれました。
岡山駅手前で前の列車がホームにいるため、手前でしばらく停車。韓国の事故が思い出され、安全第一、と誰もが思ったことでしょう。


iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-03 09:50 | | Comments(0)

長府、角島(つのしま)、仙崎の旅

d0031853_108790.jpg

d0031853_4172317.jpg
関門海峡はとても狭く、海も川のように早く流れているように見えました。

d0031853_41812100.jpg
長府の功山寺。鎌倉時代の1320年の創建。

d0031853_420025.jpg
長府毛利亭の内部、天井がとても高く、また天井の明かりはオリジナル特注品のようで、どの部屋もこの梅型のものでした。お庭もとても立派でしたし、明治天皇のご宿泊のために特に作らせたというお部屋のたたずまいもよかったです。

d0031853_4224110.jpg
山口県の北西の端にある角島へ渡る長い橋。TVのCMでも見た気がします。海の色もきれいでした。
角島ナビ⇒  http://tsunoshima.info/
d0031853_9444814.jpg
泊りは湯本温泉でした。中居さんは珍しくピンクの和服姿でお出迎え、朝は事務服みたいなのに着替えるところも多いのに朝から和服でご苦労様。旅館形式ではありますが、ロビーには川がしつらえてあり吹き抜けもあり豪華な印象。
女性は6人だったので広い部屋で、縁側に掘りごたつ形式の長テーブルがあり、そこで食後寝る前のお楽しみタイムを持つことができ、大満足でした。
湯本温泉大谷山荘⇒ http://www.otanisanso.co.jp/ 
d0031853_4235168.jpg
一夜明けて、こちらは仙崎の町をガイドさんの案内で行った時の、童謡詩人金子みすゞのお墓です。金子家はもうこの地にいないし、長い間このお墓も場所がわからなかったのだそうです。

d0031853_4252737.jpg
仙崎の通りの家々に、町おこしの一環として、6200枚?だったか、板を配布し、その家の人が一番好きなみすゞの詩を書いて掲げてもらっているそうです。好きな詩なので重なることもあるそうですが、1枚ずつ見て歩くのも一興です。

d0031853_4505793.jpg
仙崎の街がにぎやかだったころの仙崎中央通りのようす。ねんねこ半纏を着た女性の姿もあり、みすゞの生きた時代の様子もまたこんな風だったようです。
仙崎の街は戦後の引き上げ港の一つに指定され、舞鶴よりずっと短い期間なのに大勢の帰還者が上陸した様子もありました。

d0031853_4305228.jpg
かまぼこで有名な仙崎らしく、かまぼこ板に一人一人が描いたものがびっしりと壁に貼り付けられています。

d0031853_432571.jpg
照明を消すと、夜光塗料(と今は言わないのかも)により景色が一変します。

d0031853_433173.jpg
みすゞの巨大な壁写真・・・ギネスに登録されているのだとか。なぜかというと、

d0031853_4341224.jpg
市民の顔写真をびっしりとモザイクのように並べたものだからだそうです。

d0031853_435276.jpg
仙崎の向いに浮かぶ青海島(おうみじま)。今では橋が架かっていますが、昔は渡船で、みすゞはその島の山から見る仙崎の街が竜宮城みたいでとても好きだったそうです。島に向かい合うほうは穏やかな海ですが、こちらの日本海側は奇岩が並び、様相は一変。海のアルプスと呼ばれているようです。

d0031853_4395275.jpg
島一周コースは約1時間半、2,200円。昔はこのあたりでもクジラが捕れたそうで、クジラ型の観光船は乗客たちが降りた後で潮吹きのパフォーマンスをしてくれました。

暑いさなかでしたが、お天気に恵まれ、観光船からの景色もとてもよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-23 04:41 | | Comments(0)

楽すると太る

 20日(土)、21日(日)と山口県の長府、角島(つのしま)、湯元温泉泊、仙崎(金子みすゞ記念館)、青海島遊覧というコースで10人のグループで旅行してきました。
で、休憩地の宮島SAでこの頃売り出し?の「生もみじ」の試食、暑さもあってのイチゴソフトクリーム、などの間食やら行く先々での会席膳をおいしく完食、(残したのは2日目のフグの唐揚げ?と、わかめ練りこみのうどんと一緒だったためのごはん少々だけ)。

d0031853_3423882.jpg
   初日のお昼。フグの産地なのでフグ刺しが付いています。

d0031853_343495.jpg
   お宿の朝食。

d0031853_3432476.jpg
帰途の北長門の道の駅?にて。

d0031853_3434872.jpg
暑かったのでつい。かき氷の上にソフトクリームが乗っていました。
で、帰宅した日は夕方だったため夫と外食、お店がなかなか決まらず結局お寿司定食となり似たよう内容になってしまい、さらにお土産に宮島SAで買ってきた生もみじまんじゅうを1個食べました。・・・・

で、

お風呂の時に体重計に乗るとな、な、なんと。


2kgも増えておりました。

電車だと重い荷物を持って駅の階段を上り下りするという運動も加わるし歩くので結構いいのでしょうが、今回はバスの旅だったのでお土産を買いこんでもバスが運んでくれるし、ろくに歩きもせずにごちそうを朝昼晩といただいた上にこの1年食べないで来た間食を気が緩んで食べたせい・・・・
いやはや、この1年のお気楽ダイエットが半分ほど消えてなくなり、ショックでした。
上記献立をよく見ると、やっぱり野菜不足、単価の高いそしてご当地の名物のフグ刺しなどは入っていますが、栄養にはかなりの偏りがあるように思われ、普段の食生活の大切さを改めて感じたことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-07-23 03:51 | | Comments(0)

那覇にて

与那国島を12時過ぎにたち、石垣空港経由で那覇に到着しました。
 ロワジールホテルにチェックイン、夕方まで休憩。
 6時ごろ、ホテルでタクシーに乗り込み、「地元食材の食べられるところでご飯を食べたいので、適当なところへ案内してください」とお願いすると、その女性ドライバーは携帯電話でお店のママに電話し、私たちの希望するお魚があるかどうか尋ねてくれ、3件目にグルクンもあるというお店に当たり、そこまで載せていってくれました。こちらです。
d0031853_8294371.jpg


着いたのがまだ早かったせいか、私たちが最初の客。若者2人ウエイターでいました。

d0031853_8362885.jpg
メニューを見て、お料理を注文。・・・

d0031853_837757.jpg
お通しのモズクです。

d0031853_8374610.jpg
島らっきょうです。それほど臭くなく、セロリみたい。

d0031853_8392486.jpg
d0031853_8395998.jpg


d0031853_840299.jpg
海鮮サラダ。モズクとかの土台の上にお刺身がてんこ盛り。タコ、イカ、マグロ、その他。。。

d0031853_8414279.jpg
d0031853_84207.jpg
チキナーって何?と聞くと、菜っ葉だというので、ゴーヤもいいけどヘルシーな青菜もいいなと思って。

d0031853_3371362.jpg
こちら、ミミガ―。豚の耳だそうですが、食感はくらげみたいでした。酢の物みたいにしています。

d0031853_3381036.jpg
d0031853_3382610.jpg
グルクンは2枚下ろしにしたのが頭のところだけつながっているのでこんな形でした。

d0031853_3395720.jpg
d0031853_3401559.jpg
中身とは豚の臓物のことだそうです。半分ほど食べてからの撮影。なかなかいい味でしたが夫は気味悪がって食べませんでした。

d0031853_3412694.jpg
出るととっぷりと暗くなっていました。

d0031853_3472161.jpg
せっかくなので国際通りをぶらぶら歩いていると・・・

d0031853_3475219.jpg
与那国島の通りのあちこちにあったこちらの石。魔除けなんだそうでした。やっと意味が分かってうれしかったです。

d0031853_3485286.jpg
そしてまた「彼」も発見。

d0031853_3492275.jpg
真っ白になって終わった「明日のジョー」。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-16 08:44 | | Comments(2)

与那国島2日目-その2


d0031853_616773.jpg
東崎からは墓地群のある海岸通りは前日通ったので内陸のほうの道を通り、一番大きい祖納(そない)集落へ。
 そこで旅の館阿壇(あだん)などの前を何度も通り、やっとこちら、「与那国町伝統工芸館」を見つけました。1階には売店があり、加工品のハンドバッグやネクタイ、ストラップなどの小物からシャツまで。奥のほうには機織り機があり、2人の女性が「トントン、カラリ」と機織り作業をしていました。トントン、というのは糸を奥のほうへ締める音、カラリというのは横糸を通した舟形の「杼(ひ、シャトル、shuttle)」が通る音です。「話しかけないようにしてください」との注意書き。
 その横のところでは、細かい織柄の製品を広げて検査している女性がいました。こちらのは絹織物だそうです。とても繊細な柄で、反物になるそうです。撮影禁止でしたのでお見せできなくて残念です。

d0031853_6285673.jpg
時間があったので祖納の集落をうろうろしたのちに、空港へ向かいました。

d0031853_6302312.jpg
空港内のレストランでこちら、野菜チャンプルーの定食。夫はそばを頼んだら野菜不足、おにぎりがついてきたのでした。

d0031853_6313492.jpg
レストランの壁面に、見ることのなかった台湾の島影のパネルが展示してありました・・・・。

d0031853_6322673.jpg
石垣への帰りの飛行機は、来た時と違いジェット機で少し大きいものでした。乗る人も多かったからでしょうか。
石垣経由で那覇へと飛びました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー



与那国町
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-16 06:33 |

与那国島2日目-その1

 ホテルをチェックアウトしていざ、レンタカーで出発、先日は時計回りでしたが、この日は逆時計回りに島を回り、ホテルのお向かいにあるスタンドでガソリンを給油してから空港で車を返すという手筈でした。
 途中の海岸に立ち寄ったりして、目指すのはやはり日本最西端の岬の西崎(いりざき)です。

d0031853_549308.jpg
日本全国晴れのこの日、あいにくこちらは小雨もぱらついて、台湾はとうとう見えずじまいでした。

d0031853_5502252.jpg
こちら最西端の碑の裏側に距離が示したリストがありました。この碑は地元の中学の卒業生たちによって建てられたものだそうでした。

d0031853_5511985.jpg
前日はもう一本内陸のほうの道路を通ったので、この海岸沿いの道路は初めてでした。馬が…

d0031853_552353.jpg
悠々と歩いています。何しろここは島の東西南北に牧場があり、私たちはその中を通らせていただいているという感じで、馬や牛はのんびりと草をはみ、落下物がいっぱいでした。そして牧場エリアの前後にはこんな仕掛けが。
d0031853_55313100.jpg
d0031853_554599.jpg
足がはまり込むのを恐れて、動物はここから出ないのです。テキサスゲートというそうです。確かに、このゲートから外には落下物はありませんでした。

比川集落のはずれの、前日行った「Dr.コトー診療所」ロケセットにも行ってみたのですが、ガラスドアの向こうにカーテンが引かれていて閉まっている様子でした。朝だったからかもしれません。
で、そこの近くの海岸沿いにこんな場所がありました。
d0031853_5571561.jpg
塩を作っているそうです。
・・・実は私は、塩田のある倉敷市児島で育ちました。
昭和30年代には「流下式」という製塩法が盛んで、広大な海岸沿いの土地には、高さ5~6m位、幅20m位?の竹ぼうきを逆さにしたものがずらりと並んだような装置がずらりと並んでいて、濃い塩水をその上から落として蒸発させて、塩を作っていたのです。その一つは1周2㎞位で、中学のマラソン大会の練習によく走ったものです。昭和40年代に入るとイオン交換法というのに変わったそうで、徐々になくなって、今では商業地区になっています。
・・・というわけで、この素朴な製塩法は・・・

d0031853_623542.jpg
女性2人がいて、なんでも島の廃材を燃やしてこちらの釜で煮詰めて作っているのだそうです。

d0031853_632653.jpg
酒の友としてつまみ代わりにというのやら、いろんな形の塩。私も土産に30g入りの小袋を購入。ミネラル分がしっかり残っていてうまみ成分がありそうでした。

d0031853_651283.jpg
d0031853_652971.jpg
名所の立神岩。

d0031853_661270.jpg
東のはずれの岬の遠望。

d0031853_665498.jpg
東崎の先まで行ってみました。前日は牛だったのに、この日はなぜか馬ばかりでした。

d0031853_68517.jpg


d0031853_683185.jpg
風力発電2基のうち1基は止まっていて、
d0031853_692028.jpg
人が・・・高い所にいました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-16 06:09 | | Comments(0)

夕食は…日本最西端の居酒屋で大満足


d0031853_17315134.jpg
「アイランドホテル与那国」は、与那国島では一番大きいホテルのようでしたが、夕食は用意できないようで、島内の食べ物屋さんのリストを渡され、そこで食べるようにとのこと。見ると、スナックとか居酒屋さん、ラーメン、餃子の店、焼肉屋などありましたが、その中から定休日の店を除き、スナックや飲み屋さんを除くと、私たちが夕食を食べられそうなお店は2、3軒ということがわかりました。どの店も夕方6時開店のようだったので、5時40分くらいから出かけました。最初に目星をつけていた「どぅーらい」(意味不明)(注釈:小さめの居酒屋さん、とのこと)は島内で一番のにぎやかな場所にあるので、そこかと思っていってもなかなか探しあたりません。

d0031853_17322867.jpg
で、もう一つの「どぅぐいわり(これまた意味不明)」というお店のほうへ。そこから先は人家がない、というくらいの町はずれに見つかり、6時前だったので開店を待っていると、
d0031853_1732576.jpg
6時になっていきなり、「本日7時開店」との張り紙が。それまで貸切ということなのでしょう。アラー。

d0031853_17332370.jpg
で、先ほど探してわからなかった「どぅーらい」を探して、やっと見つけ、ドアを開けてみると・・・狭いお店で、入ろうとすると「予約でいっぱいです」とのこと。そうなんだ、飛行機が満席だったのだから、お店が少ないということはキャパシティが限られているのだから、予約を入れてくればよかったのに。
 と、今度はだいぶ離れている久部良(くぶら)地区にある「食事処 海響(いすん)」に電話で予約してみることにしました。「今『祖納(そない)』にいます。これから行きますから」と、予約が成立してホッとしました。島内には信号が多分2か所だけあって、海響(いすん)はその数少ない信号のある交差点に面して建っていました。川向こうのお役所のようなところの駐車場に置かせてもらい、

d0031853_1734295.jpg
中へ入ると…先ほど満席で断られたお店よりずっと広くて、掘りごたつ形式の席に着くと、

d0031853_17342675.jpg
ご当地材料のおいしそうなメニューが一杯。

d0031853_17345483.jpg
島ごぼうとアーサーの天ぷら、山盛り、島の塩シママース?でいただきました。

d0031853_17354742.jpg
与那国の山菜サラダ。これまた山盛りで良心的。

d0031853_174014.jpg
こちらはジーマミ豆腐の揚げ出し豆腐。ねっとりとしたピーナツ豆腐です。

d0031853_17402328.jpg
また、ナーベラ(へちま)の味噌炒めは、昨年3月にホテルでいただいたものより少し歯ごたえがあって、こちらのほうがずっとおいしく思いました。

d0031853_1741172.jpg
どれもおいしかったので、食べたことのないものをもっと食べたくなり、以前生け花で生けたことがあるような気がする「オオタニワタリの料理でサラダ、天ぷら、炒めのうちどれにするか迷って、炒めを注文。すると緑の濃い山菜で、茎のところの歯ごたえがサクサクしていてとても好きでした。どれも地元の食材を上手に料理していて、

d0031853_174478.jpg
d0031853_17442318.jpg
そばにあった『仲村清司の独断偏見 沖縄とっておきの隠れ家』という本を見せてもらっていたら、この店のことが記事にされていました。
最後に、この辺りは黒潮が洗う土地柄で、カジキマグロ漁が盛んとのことでしたので、カジキの皮のポン酢を。
d0031853_17424789.jpg


d0031853_17431640.jpg
予約しておけばヤシガニも頂けるみたいでした。
前日小浜島のホテルで食べた、お皿や食器ばかりが場を取っていて、どこにでもありそうなお刺身などで値段は一人3,000円だったことを思うと、こちらの店のほうがずっと良心的でよかったです。ここは文字通り日本最西端の居酒屋さんだそうでした。で、お払いが2人で4,300円だったか、安くてびっくりでした。
d0031853_17531122.jpg


海響(いすん) TEL0980-87-2158 送迎要相談 18:00~22:00 定休日:水曜
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-15 17:50 | | Comments(0)