夫の手書き「おさらいノート」

 本棚の整理の続き。先日あらかた値の張りそうなハードカバーの本を古書店へ持参し、残りはアルバムやら子供の卒業アルバムやら同窓会名簿、日記の類になりました。それらの間にあった古いノートの束を取り出してみれば、それは夫が子供たち3人の小学校低学年時代に課していた漢字と算数の手書きの課題でした。それぞれに毎日2ページ分ずつ、よくまあ。私も少しだけは出題したことがありましたが、とても続かず、夫がずっと手書きで問題をこしらえてやらせていました。長女のノートが一番多くて7冊、少ない子は4冊。元はもっとあったかもしれません。私がノートをまとめて紐で合本にしていました。こちらに新築し引っ越した時代からずっとそこにあったのを捨てられずに今まで来たのです。
 長女の所の孫はもう高校生になりましたが、母親の小学校低学年のこんなノートを見てどう思うでしょう。長男のところの孫は3年生だからちょうど父親がこのノートの課題をしていた時代になります。いずれにしても、子どもたち本人に一応見せてから、それぞれに処分してもらおうかと思います。

 19日(土)、昼間、たまたま旧知の近所の人に「樋口恵子氏講演会」のチラシをお見せしに行き、チケットを買っていただきました。その時に亡くなった奥様の蔵書を、つい先日資源ごみとして(たぶん)出してしまったということを聞き、古書店にもコミックの新しいものしか買い取ってもらえないところや、ほんとうの意味の古書を取り扱うお店があること、資源ごみにしてしまうのはもったいないと思われる著書ならそういう古書店に引き取ってもらったら全国の古書店ネットワークから探してお客様が来られることもあるようだ、と私の思いを話しました。
 その人は、書籍以外にも奥様のつけていた家計簿も資源ごみに出そうかと思うが、娘に見せてからお母さんがこんなに細かく熱心につけていたことを知ってもらったうえで処分したい、と言われていました。
 
 夫の手書きノートといい、ご近所さんの家計簿といい、手間をかけて丁寧に記したものは捨てがたいものですね。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-20 01:02 | しみじみしたこと | Comments(0)

本を売って

先日整理した本棚の中で、古書として売れそうな本を3山ほど 、以前にも持ち込んだ古書店へ持って行きました。この前には残していた卒論の資料だった岩波の古典文学大系、美術館の目録、3つほどの市史などなど。(なぜか夫が買った)
店主は買い取りなどに出向くこともあり、電話して行くと入り口はシャッターが閉まっていて、電話すると中から女性が出てきて、夕方店主が帰ったら査定して電話してくれるとのこと。
夕方電話があり、3,400円とのこと。
翌日代金をもらいに行きました。
過去の大切な物も、もう30年以上開くことなく、今後もないと、とうとう踏ん切りがつきました。

iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-16 20:38 | 日常 | Comments(0)

雨のドライブ2時間、JAあしんへ

13日(日)、前日に用事も終わったし、映画もいいのがないし、どこかへ出かけたくてたまらない夫の希望も入れて、いつか行ったJAあしんの食堂へ千屋牛を食べに行くことにしました。おりしも大雨の中、2時間がかりで新見へ。ちなみに前回高速道路岡山道から行ったら、そっちは大回りだったため高速道にもかかわらず時間的には一般道と大差なく、もったいなかったので今回は高梁川沿いの180号線をひたすら北へ行くルートで。
d0031853_11462983.jpg
d0031853_22191948.jpg
11時20分ごろ到着、すでに第1駐車場は満車、坂の下の第3駐車場へ。


d0031853_11462942.jpg
すでに10組ぐらい入っていて、名前を書く紙に書いたときは前に2組いらっしゃいました。すぐに後から5組くらいが申し込みしていました。
d0031853_22190016.jpg
夫と2人だと、必然的に4,5人前というメニューは選択肢から外れ、千屋牛定食2,500円か、あしん定食1,800円かになります。前回あしん定食を頼んだら肉がちょっと固めだったので今回は頑張って千屋牛定食2,500円を。
 
 
d0031853_11463065.jpg
来ました。お皿の上の方(左手前)にのっているのがカルビで下になっているのがロース肉との事。値段だけのことはあり、非常に柔らかで味わい深いお肉でした。JA直売の食堂だからこのお値段でしょうが、町の方へ出ると3、4,000円にも出るのでしょう。
 隣の直売所ではお花類、野菜や地元特産の牛肉やら猪肉やらがありました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-13 11:46 | 日常 | Comments(1)

早めの母の日のプレゼントでした

d0031853_10121576.jpg

こちらは実は9日に届けられたものです。ネット予約らしく、配達日に幅があり、その最速で来たのです。
ケーキの方は今夜息子たちと一緒にいただきます。

iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-13 10:12 | 日常 | Comments(0)

片付けに伴うお宝発見!?

 居間の本棚を片付けて、思わぬものも出てきました。
剣道の賞品メダル。低学年の部の3位と書いてありました。どうやら次男が何かの大会で珍しくいただいたもののようで、ケースがすっかり埃だらけになっていましたが、きれいに拭いて、次男に渡すことにしました。
 それから、同じくほこりだらけになっていたメキシコみやげのアステカの模様の石板を模したもの。これは紛れもなく長男の卒業旅行のおみやげ。ところが、土曜日の会食の時に長男にそういうと、「え?」と、すっかり忘れていた模様。だって、メキシコに行ったのはほかにいないもの。と言うと、アメリカから数時間行っただけなのになあ、との答え。でも間違いなく長男のおみやげなんですけどね。
 それから、長男が高校時代に怪しげな?文芸部に所属していて、文化祭に作って売っていたという小冊子の漫画やらエッセイ?小説?などが入った物。渡すと、「えー、これ、どこにあった?懐かしい」と言って持って行きました。
 それから、私の卒論原本。何年か前、保存していた大学図書館がもう満杯になったのか、本人に返すか処分するかを選択してくれとのことで、返してもらったものです。それと、学生時代の、当時はもちろん原稿用紙に手書きしたレポートも。曾祖母が撚ってくれた和紙のこよりで綴じてあります。中身は読み返していませんが、こちらは宝物です。
 レポートの原稿もさることながら、それを綴じている「こより」が私には大切なのです。ゼミの先生が、ホチキスで止めたものよりも穴をあけてこよりで綴じたのが好きだと言われ、自分でこよりを撚ることが出来なかったので、たまたま体が弱って寝た切りに近かった曾祖母の手すさびにと、頼んだのです。祖母が用意してくれたらしい真っ白な和紙で、それはそれは見事にぴんと撚ってくれたこよりが、薄いハンカチか何かの空き箱に整然とたぶん100本くらい入って届けられました。まさかそんなに数は必要なかったのですが、以来私のレポートは原稿用紙に4つの穴をあけてこよりで綴じたものになったのでした。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-12 22:54 | しみじみしたこと | Comments(0)

本棚の片付け

 居間の作り付け本棚には、入居以来ほとんど動かしていないものも含めかなり古い本があります。
昨年は私の大学時代の資料本ともいえる岩波の古典文学大系の一部やら、母からもらっていた瀬戸内寂聴訳の源氏物語全10巻だったか、などを古書店に持って行き、1万円ちょっとになったのでした。
 で、残っていた岩波の古典文学大系、これはいよいよというか私の卒論であった平家物語上下巻やら、平家関連の図録だの、第4版広辞苑だの国語辞典、それから夫と私の同窓会名簿の古い版何冊か、それになぜか玉野市史やらの郷土史みたいな本、大学関連の資料集みたいなの、昔行った文楽だののパンフレット類、などなど、その当時は大切だったけれどもここ何十年かは触っていない本の数々。片付け、断捨離とは過去の自分との決別を意味するのかなと思いました。2,3年くらいでは捨てられない大切な物でも何十年もたつと、ようやく思いきれるようになるのでしょうか。
 残すものはアルバムと日記。
 後悩ましいのは40冊になる家計簿。かつては「家事家計講習会」の選手(発表者)になった時などにその家計簿をずらーりと並べるのがあこがれであり目標でもあった時期がありましたし、昨年はお客様とのフリートークの時間に若い時代の家計簿を持参して見せたりしたのも説得力?になってそれはそれで面白かったのでしたが、その置き場を確保することがこの先出来るのか?
 とりあえず今回はまだゴミには出しません。
 本棚から出した上記の本は紐で縛って裏の自転車置き場兼物置へ置いてあります。折を見て古書店やら市の環境センターへ持ち込む予定。
 あと、2階納戸にある和ダンス。子どもたちの結婚式も終わったので留袖はもう着ないし、着物を着るようなお茶だとか観劇などの趣味もないし、外国へ行って盛装するような機会もさらさらないし。母は自分の着物はほぼ売り払ったけれどこれは高価ないい着物だからと最後にとっときの着物、というのをくれたけれど、それもまた和ダンスにぎゅー詰めにしただけで着る機会は今のところありません。私の成人式は大学の寮から参加したので黒のスーツで行ったし、卒業謝恩会に来て出た中振袖は、結婚披露宴に着たくらいで、娘も成人式に着物はいらないから旅行代をだしてくれ、と外国旅行に行ってしまいました。何年か前に友の会のお友達の娘さんに貸して、と頼まれて喜んで何枚かお貸ししたのがあるくらいで、ほんとうに出番のない着物たち。娘にも喪服だけ作ってやったけれど、もう身内のお葬式にも喪服を着る人は本当に少なくなってしまっているようです。
 悩みに悩むけれども、この際リサイクルに出そうかしら。


[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-12 22:05 | しみじみしたこと | Comments(0)

病院中庭

d0031853_9372032.jpg

医大病院の中庭。左手は山の斜面なのでもともとの松もあるようです。葉桜の若葉がこの季節らしいすがすがしさ。
今朝は検査の受付がこれまでになく大行列で、夫の順番もなかなかきません。これから3科受診です。
iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-05-10 09:37 | 日常 | Comments(0)