今朝の収穫

d0031853_6542086.jpg

だいぶ終わりに近づいてきましたが、13本のきゅうりとトマト、ミニトマト。トマトはこれからです。??

iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-16 06:54 | 日常 | Comments(0)

「同じ釜の飯」同期会の感慨

 
d0031853_02390927.jpg
こちら、1969年の夏の合宿の時の記念写真です。場所は当時合宿を受け入れてくれていた牛窓の本蓮寺の庭です。真ん中の若い男性は、現在ニューヨークシンフォニックアンサンブルでご活躍中の指揮者となられている高原守氏。当時はグリークラブの顧問でした。
 ちなみに私はというと、最前列右から2人目の黄緑色のショートパンツ姿。
現在のメンバーはとても少ないと聞いていますが、当時は部員80人ほどの大所帯でした。
そんなわけで、同期生が20人ほど。
 ありがたいことに、このところ毎年幹事をしてもよいと言ってくれている人がいて、今年は泊りがけでこの写真を撮った地でもある牛窓へ出かけました。
 岡山駅から赤穂線に乗って、邑久駅で降りる、・・・はずが、おしゃべりに夢中になりあれ、とおもったら乗り過ごし、終点長船まで。長船で降りて次の列車は?と聞くとなんと、同じ列車がそこで折り返し運転になるとのことでよかった、また乗車して邑久駅で下車。
 ところがバスにあとちょっとの所で乗り遅れ、牛窓まではタクシー乗り合わせて3,140円でした。
 宿は、3連休ということもありホテルリマ―ニは一杯ということと、ツインとシングルではみんなでワイワイできないということで、古い旅館「とみ川」。新鮮獲れたてのお魚料理が自慢。お風呂は沸かし湯でしたがまずまず。設備面では洗面所が廊下一角にあることと、特にトイレが汲み取り式というのが今時少しテンション↓…。

今回の目玉は、大潮の干潮の時にだけ渡れるという「ヴィーナスロード」。
d0031853_01494510.jpg
 
 渡船が出るまで暑いのでホテルリマーニのラウンジで待たせてもらいました。果物を凍らせた氷を削って作ったかき氷、1,200円+税。お高めではありましたが、全部果物からできている氷で、ふわーっとして美味しかったです。待っている間に目の前のテラスで結婚式があり、見物させてもらいました。

d0031853_01495497.jpg
 
 午後4時頃、この時期、この時間帯だけしか現れないというヴィーナスロード。貴重な体験でした。グループの女性を撮ってあげる代わりにこちらも撮ってもらいました。迎えの船に乗って帰り、しばらくしてみるともう、見当たりませんでした。


d0031853_03060007.jpg
 夜は新鮮なお魚料理でささやかな宴会。私たち一行のほかにはシニア男性一人だけの宿泊でしたのでほぼ貸し切り状態。ワイワイと食べ、少し飲み、部屋へ帰るとサッカーの3位決定戦を12時ごろまで見ながら就寝。ベルギーが勝ってよかったね。

 翌朝は暑いので10時のチェックアウトギリギリまで宿にいてから、朝鮮通信使の歴史などがみられるという牛窓海遊文化館へ。舟型のだんじりの横で説明をしていただき、お祭りでその船形だんじりの練り歩きや唐子踊りのビデオを見せて頂いたり、朝鮮通信使を描いた絵を見ながらの説明を受けたりした後、朝鮮の衣装をみんなで着せてもらって記念撮影。

それから柄本明さん主演の「カンゾー先生」のロケ地にもなった古い町並み「しおまち唐琴通り」を散策した後、ホテルリマーニで昼食。

d0031853_01500124.jpg


d0031853_01501898.jpg
d0031853_01500971.jpg
ヨットやクルーザーを目の前に見ながらのギリシャ風?海鮮料理。この日は地元では「ゲタ」と呼んでいる舌平目か鯛かを選び、オリーブを練りこんだパンなどと一緒にいただきました。
 ここでも帰りのバスが3時25分でその直前までしっかりおしゃべり。
非常に暑い日でしたが楽しい同期会でした。



みんな元気でバイタリティある人人
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-16 03:21 | うれしかったこと | Comments(0)

みんなの力、すごい

 昨日、水害の被害に遭った人々の避難所の様子を見てきた総リーダーからのFaxの呼びかけによって私も家に眠っていたサンダル、長靴、デッキブラシ、マスク100枚入りの箱、貰い物のペットボトルの飲料、日除け用の長袖ブラウスなどなどをかき集めて、今朝持参しました。
 集会日に集まった会員たちによって仕訳けられ、数が数えられてから、被災した会員や元会員らの手元にもわたり、さらに避難所に持ち込んだところ、それが欲しかった、ととても喜ばれたそうです。よかったです。
 ご要望の角スコップは某会社から多数の寄附があったとの事です。みんなの力が集まるとすごいなあと感動しました。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-13 18:03 | がんばったなあ | Comments(2)

ピンクの梅サワージュース

d0031853_21524968.jpg


我が家は下戸なので青梅のジュースは毎年作ります。今年も2kg分作ったあと、さらに婦人之友6月号に出ていた赤じそのジュースを作り、そのあと、たまたまスーパーで見たのがこの赤い、そう、紫蘇に浸けてないのに最初から赤い小梅。愛称があったのに忘れましたが、赤いジュースが取れる、とあったので、またまた作りました。スーパーにあったレシピだと砂糖は500gだったのですが、味見してみると酸っぱすぎたので500g足して1kgになりました。
順番にそれらのジュースを飲み、とうとう最後にこの小梅ちゃんジュースを今日から飲み始めたところです。
コップに取って薄めるとほんのり桜色。リンゴ酢も500ml入っているのでさわゆかな酸味。いいわ〜。

iPhoneから送信
[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-12 21:52 | 日常 | Comments(2)

避難所に直接持ち込み

 今日12日(木)は久々に庭の草取りをしました。朝8時半から11時半まで、給水休憩をはさみながら汗だくになって、顔からぽたぽたと汗が流れました。ずっと雨模様だったし忙しかったしで、キュウリやトマトも、コスモスの苗も草から助け出した、という感じ。はびこっているドクダミはどうしようもなく、地下茎でまた生えるであろうと思いながらもなんとか表面上はまあまあのところまでこぎつけました。それにしても、泥をかぶったお宅では、庭どころではなく、家の中の泥をかきだすのに大わらわで大変だなあ、と思いつつ。
 
 疲れたので、昼からはお昼ね、と思っていたら1通のFaxが。
いわく、
直接避難所からの依頼があったとのことで、希望される支援物資のリストがありました。
友の会の係の人がまとめて持ち込む予定のようです。

虫よけスプレー
ハンガー 大・中・小
洗濯ばさみ
帽子、麦わら帽子
軍手
ひも
長靴、サンダル
たわし、デッキブラシ
ゴム手袋
500mlペットボトル(スポーツ飲料、麦茶、ジュース等)
角スコップ
野菜ジュース
塩あめ
ゴミ袋90ml
のどスプレー
長袖シャツ(各サイズ) 薄いもの(日除け用)
日焼け止め
ゴーグル

・・・とのこと。急いで思いつく品々を出して来ました。夫の母がため込んでいたゴム手袋の最後の2袋がまだありました。会議の時にもらうペットボトルが3本。ひも。役立つかどうかわからないけれど、ビーチサンダル3足。玄関のタイルを磨こうと思って購入したものの使っていないデッキブラシ。野菜ジュースのパック6個。農作業用の長袖ブラウス2枚。
わが家はこんなものでしたが、明日の集会日にみんなから集まるといいと思います。
ペットボトル3本は凍らせて、使っていなかった保冷バッグに入れて持って行こうかと思っています。冷たいうちに届くといいのだけれど。
 近場で、この災害にわずかの差で遭わずに済んだ者として、出来ることをしていこうと思います。


[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-12 16:50 | ニュース | Comments(0)

豪雨被害 その後

 豪雨の中買い物した7日以来初めて、11日(水)にスーパーへ行きました。7日には浸水のため行けなかったほうのスーパーです。
その前後用事をいくつかしてから行ったのですが、印象としてはいつになく道が混んでいるなあ、ということでした。
 後で帰宅した息子によると、倉敷から旧国道2号線や山陽本線の鉄道を越えて北へ向かう道が、マスカット球場の東側の道も通行止めになっているなどで、普段私たちが使っている道が唯一と言っていいくらい通れるのと、支援の車だとか普段いない車も入っているせいで、やたらに混んでいるのだそうです。1台通るのがやっとという用水沿いの道にも、知らずに入ってきて強引に行こうとする車が、普段通って知っている車なら待避所で待っているところを突っ込んでくるためにやたら時間がかかってしまうのだそうです。
 スーパーの品ぞろえを見ると、野菜売り場の手前にいつもなら並んでいる果物のところの棚が空っぽでした。お魚は濁った川の水が注ぐ近海物はたぶん影響を受けていると思うのですが、お店の工夫か、特に変わったようには見えませんでした。牛乳売り場には、
d0031853_01422770.jpg
見たところ空っぽというわけではなかったけれど、こんな貼り紙がありました。
また、被災地では避難所への支援品以外では手に入らなくなっているらしい、水のペットボトルが、何とかの水、といったブランド品?ではないにしても2リットル6本入りのがあったので、支援品にするつもりでひと箱買いました。

直接の被災地ではない倉敷の当地ですが、蛇口から出てくる水道水の柱をよく見ると、どうも透明ではなくて濁っているようです。取水口の所が大雨のせいで濁っているからでしょうか。不断ならおいしい部類の倉敷の水ですが、生水を飲むのは気持ち悪いと感じ、麦茶などにして沸かしたものにしようと思うことです。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-12 01:49 | ニュース | Comments(0)

数の恩寵

 倉敷友の会でも1階の天井近くまで水に浸かった家の人が1人いることがわかりました。その人からの要望で、本人やご家族の衣服や当座の食べ物があったので、さっそく電話連絡網が回り、委員会に続々と持ち込まれました。
 一番必要なのはお掃除用のぼろ布との事だったので、古タオルがテーブル1杯。衣服の類も一杯。それをサイズ別などに仕分けして、家の近くの人が運ぶことになりました。
 また、市からの要望で、同じく古布、履き物、ソックス、ズボンなどがあったのでそれも別のテーブルに山のように積まれて仕分けされ、何が何点、という風に分けて係が運ぶことになりました。
 また、本人が言い忘れていたことに「水」がありました。我が家に備蓄用にと2リットルのペットボトルの箱が2箱、12本分あるので、次の集会日に持参するつもり。こういう時にはお店の品物はすぐに無くなるのでしょう。我が家用のが役に立ってよかった。
 そんなこんなで、てんやわんやの中にもテキパキとした動きがあって、やっぱり友の会の働きはすごいなあ、と感動した半日でした。

[PR]

# by kurashiki-keiko | 2018-07-10 16:39 | ニュース | Comments(0)