十七回忌法要

 6月18日(土)、夫の父の十七回忌をしました。
義母ももうすぐ91歳になるし、たぶんこれが最後の法事出席になるだろうということで、なんとか出てもらいたいという意向がありました。
 1週間計画で準備をしました。
日頃使っていないお座敷、ほこりで真っ黒になっていたレースのカーテン洗い、窓ふき、お座敷から見える庭の草取り、ちょっとでもお花が、それもあまり華やか過ぎないお花(今回は「登り藤」ルピナス)のプランターを配しました。
 水曜日、翌日の木曜日が雨になりそう、というのでお墓の草取り。びっしりと小さな草が生えていたので1時間半くらいかかってしまいましたが、きれいになって、シキビだけ花筒に活けてきました。
 金曜日、庭に咲いていた釣鐘草?、仏壇用におばあちゃんエリアに植えていたアスターの紫のを生けました。

d0031853_4255042.jpg
d0031853_4261718.jpg
d0031853_4263752.jpg派手にならないように、庭の花だけでまかなえてよかった。



前日の金曜日、横須賀の義兄夫婦が帰省してきました。これまでほとんどを私と夫が準備していたので、今回はしたいと言われるので、祭壇を出すだけしておきました。
 御本尊やお位牌を仏壇から移動させたり、線香立ての線香かすを網でふるってきれいにしたもらったり、お供え物を盛ってもらったりお花を活けてもらったりするのを手伝ってもらいました。沖縄在住の、義兄夫婦の娘からお供え用にか、義母のところへパイナップルとマンゴーが送られてきたので、それもお供えの高坏に盛ってもらいました。「これだけしただけでもずいぶん手間がかかるのに今までみんなしてくれていてありがとう」と言われました。…遠方から時間とお金をかけて帰省してくるのだから地元にいる私がするのは当然なのですけれど。

d0031853_4315589.jpg
岡山の物が食べたいだろうと、やっぱりこれを作りました。中のごはんには法事の前なので動物タンパクはいれずに高野豆腐の含め煮を入れました。酢魚もさわらのお寿司用のがなくてママカリ、それに穴子を飾りましたら、お店では食べられないので喜んでもらえました。

d0031853_435385.jpg
当日朝、仏様のお膳を作りました。いつもこのお膳の食器の配置については仏具屋さんにいただいたパンフレットを参考にさせてもらっています。よく間違いやすいのが壺椀には煮豆などを盛り、高坏には酢の物を盛るということと、壺椀が中心になるということです。
今回の煮豆は先日作った白花豆(初めてこの白花がうまく炊けたので)。酢の物は家庭菜園でちょうどきゅうりがとれはじめた所なので、その細い部分を使って。お汁は毎回とろろ昆布とお豆腐に熱湯を注ぎ、貝割れの先っぽを緑に使います。煮物は昨日お寿司の具を煮るときに一緒にした高野豆腐、椎茸、人参、筍、きぬさやです。
お嫁さんにもいずれはしてもらうからね、と見てもらいました。

d0031853_4405811.jpg
長男が和尚さんの送迎を片道1時間ほどずつかけて行ってくれ、おじいさんのお葬式以来ずっとですがおなじみの和尚さんを迎えることが出来ました。4月に義妹の婿が亡くなったため、義妹のところが欠席になったのはとても痛ましい残念なことでしたし、沖縄にいる義兄の娘も子連れでの出席は難しく欠席。子供世代は我が家の3人の子供たちと連れ合いでした。家での読経が終わると、お花やお供え物を持って車で10分くらいの墓地へ向かうのですが、その時私は母を迎えに老人ホームへ向かいました。(長時間にならないようにと配慮)

d0031853_444565.jpg
以前より足取りがすこし重くなったおばあちゃんですが、到着するまで拝むのを待っていてくれていて、みんなと墓地で拝むことが出来、私の二男に手を取られておじいちゃんの墓碑銘のところにお水をあげることが出来ました。

d0031853_4462626.jpg
会食で、孫同士の久しぶりの出会い。mioは小学3年生、ゆうくんは1歳3か月になりました。
90歳のおばあちゃんから1歳3か月のひ孫世代まで、みんな揃っての法事が無事できてほっとしました。子供3人と2人の連れ合い、2人の孫。和尚の送迎を長男が、お供え物を墓地に供えたり会食の給仕を娘がしたり次男はおばあちゃんの手を引いたり、「それぞれ大人になったなあ」と言う感慨がありました。
空港行きのバスに義兄夫婦を送るとき、これまでの法事などの世話についての感謝の言葉を言われた時、当たり前だと思って淡々とこなしてきたお葬式以来の法事やお盆の準備のことなどのことが報われた気持ちがしました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-06-19 04:49 | しみじみしたこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 我が家の夕食 皆既月食 >>