ゴーヤー、スベリヒユ

 合唱団での休憩中の雑談から。
 隣に座っているSさんがゴーヤがたくさんできたから皆さんに、と持参してきたのですが、私、数年来ゴーヤを育ててみて飽きたというか、あの苦みがどうも苦手で、息子がいればまだチャンプルーなどにしていましたが2人になると食べきれないので、今年はグリーンカーテンもフウセンカズラにしている、と話すと、「あら、輪切りにして干してちょっと乾煎りして、密閉容器に入れてお茶にすれば年中飲めて冷え症に効くのに」と教えてもらいました。あまり置くと苦くなるので、お湯を入れたらすぐ注ぐとよいそうです。
・・・私、コーヒーやほうじ茶、麦茶はよく飲むけれど、ゴーヤ茶、飲む気にならないかも。

 草取りの話で、こう日差しが強くて地面がからからになってくると、スベリヒユが目立ってきたね、と言うと、「あら、スベリヒユは茹でてお浸しにしたら食べられるしおいしいよ」「十薬は干したらいいのに」。えー。
「十薬って、たしかドクダミだったね」
「そうよ。利尿さようもあるし」
とのこと。はびこって困る雑草も利用しているとは驚き、というか私が知らなかっただけなのでしょうが。
こまめに家の周りの物を利用するとお金がたまるよ、とも言われました。
確かに。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-08-17 05:28 | その他 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< いんげんを撒く 涼を求めて 新見市 満奇洞 >>