いんげんを撒く

 昨日は夫の出勤が早かったので午前中2時間草取り、と決めて作業着で草取りにかかりました。旅行から帰った時にはびっしり生えていた雑草も、その後2週間がかりで一通り取ってあるのでちょぼちょぼと生えているのを、スベリヒユとかドクダミを含め「ねじり鎌」で根こそぎとり、ふるいの上に取って泥だけ落とし、干すために防草シートの上に。
 最初のうちはまだ涼しく快適だったけれど、そのうち汗びっしょりに。
 トマトが終わったので抜いて乾かしていたけれど、その場所がもったいないと思っていたので、先日生協カタログに会って購入していたいんげん豆、撒き時は7月から8月とあり、暑くてなかなか手が出ないでいたのを、ちょうどいい機会だからとそのトマトの後に有機石灰と牛糞を入れて撒くことにしました。
 何しろ狭い場所だからかなりぎゅうづめだけれど、撒いて腐葉土をかぶせて、ついでに早いけれどネットまで張って完成。ただしもうすぐ大根、春菊を撒く時期なのだけど、それらを今年はどこにするか、考えていません。
d0031853_9153459.jpg

先日の迎え火を焚くときに息子が久しぶりに庭に出てみて、「おふくろ、もうちょっと庭を整理したら?かなり行き当たりばったりに植えてるなあ」と、枯れた草花の入っているプランター多数を見ながら言った物でした。
そうね、庭には必ず咲いた花が欲しいからと行き当たりばったりで苗を買ってはプランターを増やして通路の両側に置いていたから、夏の暑さで枯れても暑いのでなかなか処分もできずにいたのです。
 もうちょっと庭仕事によい時候になってくれたら少しは頑張れるのだけれどね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-08-18 09:10 | 菜園 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 携帯ストラップの紐を組みなおし... ゴーヤー、スベリヒユ >>