もうすぐコンサート

 9月10日に勝央町の老人ホームの行事で歌うことになっているわが混声合唱団、練習にも熱が入っています。
 先週は不覚にも私は腰痛で欠席してしまいましたが、30日(火)夜、元高校時代の恩師もいらっしゃって厳しく的確なご指導をしていただきました。毎回ビシビシと言ってくださるので、ぐっと曲想なども見違える(聞き違える)?ほどよくなってきました。

 庶務のS氏が作って配ってくださった「お知らせ」の中に、練習における注意点を書いてくれています。
① ”歌い出し”に当たっては、自分のパートの音を確実につかみ、曲のイメージ、曲のリズム(何拍子?)を頭に描いたうえで、mpであっても、緊張感を持って言葉をはっきり発音しましょう。
② 曲のテンポが遅れないよう、”だらだら歌わないよう、粘らないよう”指揮者をよく見て歌いましょう。
③ 歌詞の意味にあう表現、表情をつけて歌いましょう。
④ 指揮者の指示を見て緩急・強弱をつけ一本調子にならないように歌いましょう。
⑤ 他のパートの音を聞きつつ、音程が下がらない工夫をして歌いましょう。
⑥ メロディーパート部分はしっかり歌いましょう。

・・・指導してくださった先生も「いいことを書いてくれているじゃないの」。
 「花嫁人形」を歌い終えた直後、「今の曲は何拍子だった?」
 不意に言われたので(4分の2だったっけ?)と私もあまり自信が無かったら、
 「ほら、すぐに2拍子、て答えられないと。4拍子の歌い方してなかった?」なるほど。
 一つ一つをおさらいして注意しながらのびやかに楽しく歌うように心がけました。
 ちょっとは不安があっても、楽譜を離して指揮者を見て歌うと、全然曲想や表情が違うと実感します。

プログラムは例によって私の担当です。楽しんで作らせてもらっています。当日ご家族の方もお見えになるからと80部印刷することになりました。

d0031853_4164426.jpg
前回はもっとページ数が多かったのですが、今回は少し編集を替えてA4用紙裏表で作りました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-08-31 04:18 | 合唱団 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 初めての・孫のお守り 老人ホームの家族会 >>