秋桜演奏会(こすもすコンサート)、行ってきました


d0031853_714516.jpg岡山県の南の端、倉敷市児島で活動している混声合唱団、ジョイ・エコーの面々が、バスを借りて、先日「なでしこジャパン」の合宿地として有名になった湯郷温泉のもっと北、勝央町の特別養護老人ホームあかりの敬老会の一部としておよびいただいたので出かけてきました。
、約2時間半の道のり、途中、早島インターの手前で私とIさんが、山陽町の下市バス停付近でIさんとAさん、それにピアノのF先生が乗ってこられました。普段夜の練習ばかりのメンバーなので、半分は遠足気分でした。

d0031853_76765.jpg会場に到着。
d0031853_762769.jpg控室に案内されて、女性陣は苦心して布選びから裁断、縫製と得意なメンバーが縫ってくださった白のロングスカートと、こちらはイージーオーダーのミントグリーンのブラウスに着替えました。

d0031853_78332.jpg
入居者とご家族の人たちに聞いていただき、いざ、「エデンの東」「荒城の月」「月の沙漠」「花嫁人形」、アカペラ曲から。





d0031853_7105645.jpg続いて客席にみんな入って、「幸せなら手をたたこう」と、「赤とんぼ」をご一緒に。

d0031853_7115362.jpgピアノ独奏は、中村佐和子作曲の「ワッハッハッ」という短い面白い曲と、あの「威風堂々」も作曲したエルガーの「愛の挨拶」の優しいゆったりとした調べ。

d0031853_7133597.jpg次にまた合唱に入る前に、各パートの紹介。ソプラノ、アルト、バス、とそれぞれにメンバーが手を挙げ、「残りがテナーです。」ガクッ。司会者がテナーだったので?
続いてF先生のピアノ伴奏つきで、「いい日旅立ち」、「見上げてごらん夜の星を」。
「見上げてごらん・・・」のピアノの流れる中、司会がお別れの挨拶、そして皆さんとご一緒に「故郷(ふるさと)」。さすがに「故郷」はみなさんよく知っておられるので、お口をあけてしっかりと歌っておられました。

d0031853_7155935.jpg実はピアノのF先生が今年古希を迎えられるとのことだったので、あらかじめプリザーブドフラワーという、生の花を枯れない加工したものだそうですが、その花かごを用意していて、帰りに食事する場所でお渡しする予定でしたが、老人ホームの方でお弁当をいただき、途中の「ドイツの森」の駐車場に停めて食べることになりました。そこで、そのバスの中でお渡しすることになりました。
高校時代の音楽部顧問から、子育てを終えた私たちが合唱団を立ち上げるときにも顧問になっていただいていますからいったい何年?変わらずお元気でビシビシと指導してくださる先生には元気をいつもいただいています。

d0031853_7201737.jpgお弁当タイム。施設で出していただいたお弁当とお茶をいただき・・・

d0031853_720544.jpgトイレ休憩で寄った途中のドライブイン「西の屋」では、観光客向けにあったももとマスカットのソフトクリームにみんな寄って行って・・・

d0031853_7214712.jpgd0031853_722029.jpg2種類あったのになぜかみんなマスカットのソフトでした。
三重県からの観光バスが4台止まっていて、岡山の高級ブドウ食べ歩きツアー、だそうでした。なるほど。
岡山の果物、ぜひたくさん食べて行ってくださいと思いました。


と言うわけで、遠路はるばるではありましたが、楽しく歌ってくることが出来ました。
芸術性豊か、ではないけれども、聞き覚えのある懐かしい曲を、喜んでくださる人の前で歌わせていただいて、何より自分たちも楽しめて、幸せなコンサートでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-09-11 07:26 | 合唱団 | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2011-09-11 14:21
お疲れ様でした。
すばらしいコンサート、みなさん大喜びされたことでしょう。
長~く続いている合唱団、気心も知れすばらしい発表会になりましたね。
お忙しい中、多方面で活躍されるkeikoさんを尊敬しています。
Commented by kurashiki-keiko at 2011-09-11 22:04
miyakeoriibu様、あまり上手でもない私たちの歌でも楽しんでいただけたらとてもうれしいことです。
尊敬だなどととんでもないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 9.11、住民の自主防災訓練 我が家の夕食 >>