お正月準備あれこれ

 皆さんお正月準備に追われていることと思います。私も、何をいつすればいいのか、前にはお節の段取りとその日の献立まで綿密に計画を練っていたのですが、この頃では行き当たりばったりに手当たり次第少しずつやっています。
 例年27日にはお花を生けこむこととお飾りを買ってくる日ということにしていますが、今年は本棚の片付けをしていたので1日遅くて28日にしました。
また、お節は、酢の物は紅白なますも飽きたので大根、ニンジン、しらたき、油揚げ、きゅうりの入った胡麻酢和えにしました。
きんとんは今年はくちなしの実が昨年の残り1個分しかなかったのであまり鮮やかな黄色にすることができませんでした。
 今年の収穫は、例年うまくできなくて買っていた田作りと、伊達巻を友の会の最寄り会で実習したのでこれはぜひ作ってみよう、と恥ずかしながらこの年で初めて挑戦、鬼すだれも買って伊達巻はうまくいきました。やってみると簡単。はんぺんと卵と調味料をミキサーにかけてドロドロにして、うちのは天板が大きいので、カステラを焼こうと買っていたスクエア型に流しました。くっつかないアルミホイルを敷きました。200℃で20分くらい?焼いて完成。

d0031853_01591387.jpg
d0031853_01592186.jpg



田作りはレーズンとくるみ入りのもので「食べるいりこ」で作りました。いりこはぽきんと折れるくらいにしっかり炒っておくこと、レーズンもお湯に通して空炒りする事。
 絡める蜜は、いりこ100g、くるみ・レーズン各100gに対して砂糖100g、醤油大さじ2~3、酒または水50~60㏄
水の中に落としてみて下へたまるようになったら、しっかり炒っておいた田作り(いりこ)・くるみ・レーズンを絡めます。
バットに広げて冷ましますが、あめ状になって固まったときにはお酒を振りかけるとよいそうです。
 
d0031853_01592937.jpg
また、例年盛況で丹波の黒豆(お高いけど粒が大きい)を買って28日から煮るので、生協に注文していたのですが、なんと、配達されたものを見ると、加工済みの物でした。がっくりです。お店で乾いた豆を買ってこようかとだいぶ迷いましたが、例年最後まで残り私が食べて片付けることが多いので、たくさん煮るのは止めようと思いました。
             

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-12-30 02:12 | がんばったなあ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夜なべ仕事に写真の整理 国営讃岐まんのう公園の光の海を... >>