虎は皮、母は編み物

d0031853_16235030.jpg
夫が検査入院しました。厳寒期の今、パジャマの上に着るためにカーディガンを持参。これは亡父の遺品です。夫にとって血縁ではないけれど、身長が同じで体型が似ているのでありがたく着ています。
これは昔機械編みが流行った頃に母が茶色のミックス糸で編んだ物。両親とも亡くなったけれど、温かく包んでくれて、ありがたく思います。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-01-24 15:52 | しみじみしたこと | Comments(4)

Commented by memmon at 2018-01-25 16:16
寒い毎日ですね。しっかり編み込まれたカーディガン暖かそうです。寒い時期の検査入院、おだいじになさってくださいませ。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-01-26 14:39
.memmon様、コメントありがとうございます。
Commented by surgeon24hrs at 2018-01-27 05:01 x
こんにちは。

検査入院ですか。良い結果が出ると良いですね。
お父様の遺品、いまだに活躍中。素敵です。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-01-27 09:43
surgeon24hrs様、父があたたかく包んでくれているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孫たちの「雪」体験 大寒たまご >>