足裏ケア

d0031853_16555964.jpg
 夫が先日から足が痛くて歩けないと言っており、小指が当たるというので、それでは足型まで取って作ってもらった靴を手直ししてもらえばよくなるのでは?と、「La・Vie木村」(倉敷市西中新田313-2)へ大雨の中を向かいました。
 見てもらうとすぐに、それは夫が脱ぎ履きがしやすいように靴紐をゆるめて履いていたため、細くてきゃしゃな足なので歩くたびに靴の中で前後にずれ、タコができたのだろう、との診断を受けました。そして靴紐をきちんと締め、チャックをあげさげしやすくする輪っかをつけてくれました。
 ふと見ると「フットケア、30分3,500円」とかの表示が。ちょうど他にお客もいなかったし、ガンコな巨大なタコをこの際きれいにしてもらっては?と、お願いすることにしました。
 別室で歯医者さんみたいなシートにかけ、まずはお湯で温めてから、歯医者さんみたいな電動やすりで丁寧にけずってくださり、すっかりきれいになり、感動ものでした。家では足の裏は見にくいし手入れも簡単ではありません。県内でもこんなお店は大変珍しいのではと思いました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-02-10 16:55 | 日常 | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2018-02-12 02:35 x
おはようございます。

きちんと診断、ケア、良かったですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-02-12 22:44
surgeon24hrs様、そうなんです。巨大なタコができていることはわかっていたのですが、その原因が靴の中で足が動いていたことによるとは、言われて納得しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 牛窓の鰆(さわら)の煮魚定食と... そば入門 >>