縫い物 洋裁グループにて

 毎月第4月曜日は基本的の会の洋裁グループの日で、これまで十何年も出たい出たいと思っていたのに翌日の委員会の準備が忙しい役目だったのでなかなか時間的に無理だとあきらめていたのです。ようやく昨年あたり、「白いスモックエプロンを縫いましょう」という呼びかけに答えて、子どもが生活団に入って以来もう40年ぶりくらいに白のスモックエプロンを縫い上げました。続いて孫の子供用エプロンを縫い、そして今回は、うまく縫えたらセールに出来るかと、胸当てエプロンを裁ちました。
 何しろ折り紙がきちっと折れないという性格なので、最後までうまくできるかはわかりません。が、何度も縫ううちに手が覚えるかと思って、縫ってみることにします。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-04-23 22:16 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 袖振り合うも他生の縁 家族新聞「あじさい通信」252... >>