鞆の浦を歩いて

d0031853_05452477.jpg
 私は家事と庭の木の剪定やら家庭菜園やらしたいことが山積みなのですが、夫は家にいるとなーんにもしてくれず、どこかへ出かけたい人なので、お付き合いして広島県福山市の鞆の浦へ出かけました。以前にボランティアガイドの主婦の方について回ったことがあり、気に入りの場所です。
 鞆鉄のバスの売店の駐車場に残り1台分だけのスペースが開いていたので車を止めると、駐車料金は500円ですが、1000円支払わされ、売店で何か買うと500円キャッシュバックすると言われました。
 そこから2ブロック先の所を山側に曲がり、歩き始めました。
 上の写真は沼名前(ぬなくま)神社です。鳥居の奥の右手には戦場に持って行ったとかいう移動式の能舞台というのがありました。今回は奥には入りませんでしたが。


d0031853_05492968.jpg
 日蓮宗のお寺です。この辺りには非常にお寺が多いなと思います。古い街だからでしょうか。


d0031853_05505830.jpg
手前の小さな石橋が「ささやき橋」という史跡です。この道幅で車が向こうからやってくるので気をつけないといけないのですけれど、ガイドさんによると恋のささやきを交わしたところだとか言っていたような。誰がというのを忘れてしまいました。

d0031853_05524807.jpg
ささやき橋のすぐ近くに、山中鹿之助の首塚があります。山中鹿之助、と言われても私にはよくわからないのですけれど。胴体の方は岡山県の総社だったかの方に葬られていると聞きました。

d0031853_05542130.jpg
d0031853_05543010.jpg
 少し歩く間にお寺が次々にあります。

d0031853_05585004.jpg
街並みに入ると、こちら、元銭湯。脱衣所の折りあげ天上がそのまま残っていて、往時をしのばせます。

d0031853_05585951.jpg
こちらは銭湯のお隣、もと散髪屋さん。建物が風情があっていいですね。以前はバーバー何とかというのが壁にあったのを取った跡があります。
d0031853_06014530.jpg
こちらは保命酒のお店。中に立派な龍のレリーフのある大きな看板があります。今の養命酒の元みたいです。

d0031853_06025243.jpg
 アルコール分は飛ばしてあるそうで、ちょうど休憩がてらアイスキャンデーをいただきました。

d0031853_06035531.jpg
 ひなびた感じの食堂。以前ここで定食をいただいたことがありました。

d0031853_06043278.jpg
港も近いので、こちらは漁具を売るお店で、のぞいて見るのが楽しみだったのですが、この日は閉まっていました。

d0031853_06052108.jpg
 こちらは喫茶店です。スタジオジブリの宮崎駿さんのお気に入りだったと聞いています。ちなみに鞆の浦は「崖の上のポニョ」の舞台のモデルになったそうですね。
d0031853_06083456.jpg
こちらは名物おばあちゃんのいるいりこやさん。時々地元巡りなどのテレビ番組の取材をよく受けていらっしゃいます。



d0031853_06093522.jpg
こちらも保命酒の大田家住宅。奥の酒蔵には多くの備前焼の大きなかめが並んでいました。私の父方の実家にも子供の背丈ほどの大甕がありますので、備前の甕が懐かしい感じでした。


d0031853_06124779.jpg
こちらが一番鞆の浦で有名な風景です。右手に坂本竜馬の写真を飾ったいろは丸の記念館があります。この港の向こうに龍馬ゆかりのいろは丸が沈んでいるそうで。
また、映画のロケ地になったと言うので、主演の玉木宏さんの等身大パネルがありました。




d0031853_06144457.jpg
港の周囲には雁木(がんぎ)とよばれる荷揚げのための石段がぐるりと取り囲んでいて、往時をしのばせるものがあります。
ぶらり散歩、およそ5000歩(中のお寺や神社などを見るともっと多くなります)、時候もよくてよかったです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-04-30 06:17 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハーバリウム 西田敏行さんの泣かせる話 衣笠... >>