本を売って

先日整理した本棚の中で、古書として売れそうな本を3山ほど 、以前にも持ち込んだ古書店へ持って行きました。この前には残していた卒論の資料だった岩波の古典文学大系、美術館の目録、3つほどの市史などなど。(なぜか夫が買った)
店主は買い取りなどに出向くこともあり、電話して行くと入り口はシャッターが閉まっていて、電話すると中から女性が出てきて、夕方店主が帰ったら査定して電話してくれるとのこと。
夕方電話があり、3,400円とのこと。
翌日代金をもらいに行きました。
過去の大切な物も、もう30年以上開くことなく、今後もないと、とうとう踏ん切りがつきました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-05-16 20:38 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夫の手書き「おさらいノート」 雨のドライブ2時間、JAあしんへ >>