大変な1日 豪雨から

 2018年7月7日は忘れられない日になりそうです。
 まずは前日になりますが夜10時半ごろか、ドン、という大音響。私はいきなりの落雷か?と思っていたらなんと、総社の方のアルミ工場の爆発音だったと判明。大体10㎞くらい離れているのにすごい音でした。
 そのうちに何度もビービーと大音量でスマホのアラームが鳴り、そのたびにどこそこの地区に避難準備情報?だのが流れ、うちの方は遅くについに避難指示が出ました。
d0031853_23500690.jpg
 写真は午前1時半ごろのものです。水位観測不能、というのは物差しのような観測用のポールを越えて水が増えているということと理解しました。息子が見せてくれるスマホの画面には、酒津の堤防のところの監視カメラで、今にも土手を越えそうな濁流。災害の少ない当地、まさかと思ってぞっとしました。ほかの家族は眠る夜中の1時ごろ、息子と二人で大事なデータを失くしては大変と、パソコン本体を2階に持って行ったり、友の会のお役の書類を上げたり。そうする間にもビービーとけたたましくアラーム。枕もとに携帯ラジオを持ち込み小さい音でかけつつ眠りにつきました。
 
 朝4時ごろ、相変わらずゴーゴーとすごい音の雨。少しずつ明るくなり、被害状況があちこちからもたらされて、真備地区は最初は1枚の写真でしたが、時間を追うにつけ空からの映像で、とんでもなく広い範囲、しかもだんだん水かさを増して2階まで水に浸かる、という惨状がわかってきました。
 友の会の人たちはと気になりましたが、酒津に住む人は近くの大型ショッピングセンターの3階駐車場に夜中に家族で避難したそうです。次男からは近くの倉敷川が周辺にあふれ出している映像が届いたり、娘婿からは矢掛あたりの浸水の写真が届いたり。
d0031853_23522835.jpg
 9時ごろ、牛乳が乏しいのもあって、食料の買い物に出かけました。すると、いつも通る道が、行く手に農業用水を渡る橋があるせいか、前を行くバイクがジャバジャバとすごい水しぶきを上げていきます。傘をさして立っていた地元の顔見知りの男性が、「スーパーニシナに行くなら別のあっちの方に行った方がいい」と右に曲がって別の店へ行くように、と教えてくださり、車でその浸水域を通過するのも心配だったのでアドバイスに従って方向を変えました。
d0031853_23532253.jpg
 店では、ないとは思うものの停電でもあったら、と思ってカセットボンベを買い足し、帰途に着きました。帰り道、東町の通りの入り口が通行止めの表示があり、古い家並みの通りなので土地が低いのかな、と思いました。写真は我が家の近所の浜川用水の様子。水位が地面とすれすれになっていました。
 息子が9時ごろがピークで後はたぶん雨脚が収まり、高梁川の水も引いてくるだろう、と踏んでいたのが当たったようで、幸い我が家のは浸水をまぬかれました。
 しかし特別警報はなかなか解除されず、しばらくはテレビ画面のニュースに釘付けでした。
d0031853_23543980.jpg
 これは娘婿からの写真で、矢掛だそうです。


d0031853_23552325.jpg
 こちらは次男からの映像で、藤戸の近くあたりの倉敷川があふれそうな様子。
d0031853_23561656.jpg
こちらは次男の嫁の実家近くの小田川の様子。問題の大洪水を起こした真備のあたりの少し上流と思います。

 何年も前ですが、県南が高潮の為に水害があった時、家電やら畳やら使えなくなった大型ごみが道の両端に山のように捨てられているのを見たことがあります。今後真備地区の水が引いたら、またあのような光景が見られるのかもしれません。本当に災害は恐ろしいものだと思います。
 とりあえず今は一人一人の命が助けられていく様子を、ありがたく見守ることしかできませんが、少しでも早くと願うばかりです。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-07 23:28 | ニュース | Comments(2)

Commented by tomozoushigaya at 2018-07-08 07:25
大雨の被害、心よりお見舞い申し上げます。
ニュースを聞きながら、一日案じておりました。
kurashiki-keikoさんの御宅はご無事だったとのことで安心しました。周りの方々の様子がご心配ですね。早く水が引き、一日も早く、元の生活が取り戻されますように。全国からいろいろな支援が送られることだろうと思います。こちらも、できることを淡々としていこうと思います。お大事になさってください。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-07-08 14:40
tomozoushigaya様、コメントありがとうございます。真備の方の水害は、高梁川の水位が高かったため支流の小田川からの水があふれたのが原因らしいです。広範囲のそれも深い水没で驚いています。こちらは岡山三大河川の高梁川の堰が酒津というところにあり、そこが決壊すると我が家の方はもちろん、それより低いJR倉敷駅前の商店街はじめ街の中心部が水没する危機に瀕していました。なんとかそれは避けられて本当によかったと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 臨機応変、友愛セール 大災害ー特別警報が >>