臨機応変、友愛セール

 この大雨災害に至る前日、実は倉敷友の会は友愛セールを予定していました。
その日、大雨・洪水警報が出て、子供が家にいる人はもしかしたら早退があるかもしれず、係になっていても出てこられない事態に。
それでも準備した商品をなんとか売らないと、という使命感と責任感で集まったシニア会員。
食堂は当初無理と判断されて、そのスペースで軒下でするはずだった贈答品を広げたり、野菜売り場を玄関に持って来たり。
係の人が電車が不通になり来られないでいると、お迎えに車を出す人がいて、遅れて到着。その時点ではもうすっかり店開きする体制が整っていて、係の彼女も感激していました。
 そんなこんなでてんやわんやではありましたが、友の会メンバーの危機管理能力と言いますか、応用力というのか、を示されてとても感動した半日でした。写真は友の会ホームページに載せていますのでこちらをご覧ください。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2018-07-08 14:53 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 災害後の周辺情報 大変な1日 豪雨から >>